校正の仕事で活かせる資格は校正技能検定と校正士の2つがあり、取得にかかる期間・費用や学び方がそれぞれ違います。

どちらが良いのかはキャリアアップの方向性によって変わるので転職と資格取得はセットで考えましょう。

また、資格を活かして転職するなら企業・業界選びも重要です。

校正の仕事で活かせる資格を転職エージェントが解説

女性,チェック

校正の仕事は文章・言葉の使い方に間違いがないかをチェックする仕事です。

校正スキルを証明する資格はニーズが高く、出版・印刷・広告・Web業界で活躍できる可能性があります。

中でもメジャーな資格として挙げられるのが校正技能検定と校正士の2つです。

また、校正技能検定は難易度やカリキュラム内容の異なるコースが複数あります。

  • 自分がどの程度のレベルのスキルを獲得したいのか
  • どのような働き方をしたいのか
  • どのような業界で活躍したいのか など

どちらを取得するのか検討する場合は上記3つのポイントに注目して資格取得計画を立ててみてください。

校正の仕事で活かせる資格「校正技能検定」

校正技能検定は校正の資格の中で最もメジャーで目指すレベルや働き方に合わせた幅広い学び方ができるのが魅力です。

ただし、中級・上級は比較的難易度も高く関東・関西の都市部にお住まいでないと取得が難しい面もあります。

資格の特徴

女性,外回り

校正技能検定は校正スキルを養う資格として歴史が古く業界での信頼度も高いのが特徴です。

取得後に知名度の高い企業に転職成功した事例も多数あります。

受講コースには全日制・夜間講座・土曜講座・通信講座が用意されていて、自分に合った受講スタイルを選べるのが便利です。

カリキュラム内容も初心者向けコースからプロを目指す人向けのコースまで幅広い選択肢が用意されています。

ただし、コースによっては定員があることと受講条件として高校卒業程度の学力が求められる点に注意が必要です。

難易度

校正技能検定には初級・中級・上級の3つのランクがあります。

初級は指定されたカリキュラムを修了できれば全員認定されるので難易度は高くありません。

中級・上級の合格率は年によって差がありますが、中級はおよそ30~40%台上級は20~30%台で推移しています。

通学講座と通信講座を比較した場合のカリキュラム修了率は通学講座の方が高いです。

可能であれば通学講座の方がおすすめでしょう。

また、資格そのものの難易度ではありませんが、中級以上の実技・学科試験は東京・兵庫でしか行われません。

遠方にお住まいの方にとっては試験地に行くまでの難易度が高い資格でもあります。

 

ワンポイント
現状のレベルや学習に割ける時間などを考えたコース選びができるのが校正技能検定です。

校正の仕事で活かせる資格「校正士」

校正士は在宅ワークを想定した校正実務講座を受講しスキルを習得できるのが強みです。

テキストで習う学習範囲をしっかり習得すれば認定試験の合格難易度もそこまで高くはありません。

資格の特徴

女性,在宅ワーク

校正士は文科省認定講座なので転職の際にアピールできる資格として強いのが特徴です。

受験資格はなく誰でも受講可能なので未経験から始められます。

カリキュラム内容は在宅で受講できる通信講座で資格取得後の実務でも在宅で業務にあたることを想定した内容です。

働き方を見直して在宅ワークにシフトしたい、場所にとらわれずに仕事をしたいという方におすすめの資格といえるでしょう。

難易度

校正士の合格率や難易度は公式発表されていませんが80%程度と予想されています。

試験範囲はテキストで学習したところからのみの出題です。

学習範囲を確実に身につけていれば合格難易度は比較的高くないと考えられます。

 

ワンポイント
校正士は在宅の仕事に転職したい方や場所にとらわれず働きたい方のキャリアアップに適した資格です。

校正資格を取得するメリットをチェック

校正の資格取得は出版・印刷・Web業界への転職を考える上で有利です。

また「正しい文章かチェックできる」スキルはどのような仕事であっても役立ちます。

職種や業界にかかわらずキャリアアップにつながるのも校正の資格を取得するメリットの1つといえるでしょう。

校正の正しい知識がつく

文章を読む・書くという作業は職種や業界を問わずあらゆる業務で登場します。

例えば、一般事務でも作成したビジネス文書に誤りがないかチェックすることは日常茶飯事です。

また、営業職であればメールや年賀状・暑中見舞いなど自分で作成した文章をクライアントに送る機会も少なくありません。

どのような職種・業界であったとしても「正しい文章かどうかチェックする」スキルは必要になります。

業種や業界を問わず校正の資格取得によって確実なスキルアップにつながるでしょう。

スキルの証明になる

階段,,成長

資格取得はスキルを第3者に証明できるのも大きなメリットです。

例えば、転職などの場面で校正スキルが高いことをアピールするのであれば証拠が必要になります。

そのような場合に資格は客観的な証拠として有効なアピールポイントとなるでしょう。

転職活動でアピールできる

女性,面接

資格は客観的なスキルの証明であり転職でも有効なアピールポイントとして履歴書に書くことができます。

特に注目したいのがWeb上の文章を商材にしている企業に転職する場合です。

インターネット上にある文章は一般的に玉石混合のイメージが強く紙媒体の出版物に比べると信用性が課題といわれています。

そのため、Web業界では高いレベルの校正スキルを持った人材に対するニーズが高い傾向です。

例えば、主な活躍の場としてWebメディア運営企業やWebライティングプロダクションが挙げられます。

出版社や広告業界はもちろん今後の伸びしろが大きいWeb業界への転職でアピールできるのが強みです。

 

ワンポイント
校正の資格を取得することは業界を問わずキャリアアップにつながる可能性があります。

資格を取得する時の注意点

校正の資格取得はそれなりの費用と期間を要することもあります。

どの資格をいつまでに取得するのか、目標設定と計画をしっかりと立てましょう。

特定の講座を受講する必要がある

女性,セミナー

校正の資格は校正技能検定・校正士いずれも指定のカリキュラムを修了する必要があります。

資格・コースによって内容は異なりますが、指定のカリキュラム内容を修了しないと資格取得ができないシステムです。

また、校正技能検定の上級は中級をクリアしないと受験できないようになっています。

段階を踏まえる必要があるのでどのくらいの期間をかけて資格取得するか目標設定が重要です。

多くの費用がかかる

校正の資格は取得する資格や受講するコースによって費用面も考慮する必要があります。

特に幅が広いのが校正技能検定です。

初心者向けコースであればおよそ半年の受講期間でトータル40,000円弱程度かかります。

最も高額な全日制コースであればおよそ5か月間で受験料や諸費用を含め500,000円程度必要です。

校正士の方は受講料などを含めた費用の目安が50,000円弱程度となっています。

比較的短期間でリーズナブルに取得できるもののこちらもそれなりに費用が必要でしょう。

資格を取得する手順は?

手順

資格を取得する手順は校正技能検定と校正士で細かい違いはあるものの、大まかな流れは共通しています。

校正技能検定に合格するまでの流れ

ここでは通信講座校正コースを受講する場合を例にして説明します。

1)日本エディタースクールに受講申し込み、コースを選択し学習スタート

2)テキストに沿って学習と練習問題をこなす

3)不明点は都度質疑応答

4)セクションごとに設定された課題を提出

5)学習課題・実習課題を提出、定められた成績を修めれば校正技能検定初級認定

6)さらに学びを深め、年に2回開催される校正技能検定中級を受験

7)中級合格後、さらに学び年に1回開催される校正技能検定上級を受験

各セクションは1か月単位での修了を想定しています。

質疑応答はメールもしくは1月ごとに提出する課題の質疑応答欄を利用する流れです。

通信講座校正コースは受講期間の目安として8か月を想定しており、コースによっても修了までにかかる期間は変わります。

校正士の場合

女性,自宅学習

校正士として認定されるまでの流れは下記の通りです。

1)校正実務講座の受講を開始

2)テキストに沿って学習を進める

3)不明点について都度質疑応答

4)各セクションの課題を提出

5)添削・指導・アドバイスが記載された課題が返送されるので、内容を確認し復習

6)指定カリキュラムが終了した段階で終末試験に挑戦

7)終末試験合格によりカリキュラム修了、認定試験の受験資格を取得

8)認定試験の合格により校正士の資格取得

カリキュラムをこなしていく中での質疑応答・課題提出・フィードバックについては基本的に郵送で行われます。

年に1回ペースで東京でのスクーリングも開催されますので、直接の質疑応答が必要と感じているなら参加してみてください。

ここまでの流れに要する受講期間の目安はおよそ半年間です。

校正の仕事に必要なスキルもチェック

校正の仕事は文字や言葉の使い方などを確認する業務がメインです。

1文字ずつ確実に判断するため忍耐力・集中力が求められます。

また、本当に正しい使い方なのか注意深く検討する慎重さや正しい使い方である証拠を見つける情報収集力も必須です。

忍耐力

女性,真剣

校正者の仕事に求められるスキルとしてコツコツと確実に問題をクリアしていく忍耐力が挙げられます。

校正の仕事は誤字脱字がないかどうかをはじめ、言葉の使い方が適切かどうか1文字ごとに確認する仕事です。

例えば、現在発売されている文庫本の小説は50ページ程度の短編小説でおよそ原稿用紙75枚分あります。

長編ともなると原稿用紙にして750枚分を超える文章も珍しくありません。

膨大な文字を1文字ずつ追いながら、時には1週間以上集中して確認作業を進める忍耐力が必須です。

また、指摘箇所を修正してもらう作業もクリエイターの意図を確認しながらのやり取りとなります。

時には複数回に及ぶやりとりが必要となり、粘り強く問題を解決していくことが求められる仕事です。

集中力

校正の仕事に求められるスキルとして集中力も必要です。

校正者の仕事はあくまでも使用されている文字が適切かどうかを1文字ずつ確認していくこと。

しかし、校正作業を進めているうちにいつの間にか文章を“読んで”しまい校閲になってしまうことも珍しくありません。

文章を読みすぎず“校正”に集中して1文字ずつ確実に検証していく力が必要です。

情報収集力

女性,デジタル

校正の仕事は情報収集力も欠かせないスキルの1つです。

例えば、文章の内容によっては人物名などの固有名詞が登場することも少なくありません。

実在の人物であれば名前の漢字や生没年の確認が必要になることもあるでしょう。

他にも地名・国名・法律名など固有名詞は数多くあり知識がゼロの状態からでも正誤の判断をしなければなりません。

記載内容が正しい、もしくは間違っているエビデンスを発見する情報収集力が求められます。

注意深さも大事

校正の仕事では「本当にその記載が正しいかどうか?」を冷静に検証できる注意深さも重要なスキルです。

例えば、推理小説などでは登場する部屋の広さや家具の配置が重要なトリックに関わることもあります。

小説全体でその空間に関する記載に一貫性があるかどうかを確かめるのも校正の仕事です。

また、句読点や表記ゆれは書き手によって個性が表れるポイントの1つです。

用例として正しいかどうかを1度立ち止まって確認する注意深さが質の高い校正を担保してくれるでしょう。

 

ワンポイント
校正の業務は「地道に」「コツコツ」「確実に」クリアしていくのが基本です。

校正の資格を転職活動に活かすには

女性,パソコン

校正の資格は取得すれば100%確実に転職成功できるというものではありません。

しかし、校正者としてキャリアアップを図る上で必要な知識を体系的に学ぶことができます。

また、校正スキルが必要な業界への転職を考えている方にとっては転職へのモチベーションを維持するツールとしても活用できるでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性,ビジネス

校正の資格は転職に有利ですが、資格を確実にキャリアアップにつなげるために転職エージェントを活用してみてください。

資格取得は転職成功を確実にするわけではありません。

企業によっては大卒限定など条件を設けていることがあり、転職成功するためには自分に合った企業選びが重要です。

そこで転職エージェントのサポートをおすすめします。

転職エージェントは様々な求人の中から希望や適性に合わせた企業選びの提案・アドバイスができるのが強みです。

出版・広告業界でなくても校正のスキルがキャリアアップにつながる職種・業界の提案が可能な場合もあります。

校正の資格で転職成功やキャリアップの確実性を高めるならぜひ、相談してみてください。

まとめ

女性,カレンダー

校正の資格は出版・印刷・Web業界でニーズが高く、どの職種であってもスキルアップにつながります。

転職に活かすためにはどの資格を取得するのか・取得にかける期間・費用をしっかり検討することが必要です。

転職を目的として資格を取得するならキャリアプランも含めて取得するまでの計画を立てましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら