出版業界に興味のある女性もいらっしゃるかもしれません。未経験でも出版業界へ転職を成功させる女性もいます。

しかし転職を希望しても働く環境や業界の情報がなければ不安になるものです。

そこでこの記事では出版業界への転職を未経験で成功させる方法を解説します。

働く環境や出版業界の魅力・転職の注意点も紹介しますので参考にしてください。

出版業界への転職を未経験で成功させる方法を解説!

女性

出版業界は前職までのスキル経験を重視する傾向があるようです。

そのため出版社が求めるスキルをアピールできれば採用担当者に良い印象を与えることができるでしょう。

教育系出版社の採用には実は4大卒以外の条件はありません。

学問的な知識が必要になりますが、出版業界が未経験であっても教育の知識があればアピールできるでしょう。

その他の編集社では編集プロダクションでの経験を積むなどの方法もあります。

出版業界の働く環境は

メモ

出版業界の業種は大きく分けて「出版社」と「編集プロダクション」に分かれます。

同じように本や雑誌を作成するのですが違う部分もあるようです。

この章では出版業界の働く環境を解説しています。

出版社と編集プロダクションの違いなどを確認してください。

出版社

パソコン

出版社は本や雑誌を作る企業です。出版社は発行物に関して出版権や版権のような複製や販売の権利を占有します。

発行元として奥付に記されるのが出版社です。

大手の出版社は雑誌などの発行から読者に届けるところまですべてに関わりを持ちます。

総務部や経理部などの部署も存在するので、すべての社員が出版物の制作にあたるわけではありません。

出版業界へ転職を希望しているけれど編集作業にこだわりがない方は他部署も視野に入れておくと良いでしょう。

大手と呼ばれるような出版社の正社員は狭き門だといわれています。

必要に応じて募集している資料整理やアンケート集計のアルバイトから正社員への登用は期待できません。

編集プロダクション

相談

編集プロダクションは出版社と同様本や雑誌を作ります。

ただし版権を所有せずに出版社の下請けとしての業務を行うことが多いです。

規模も大小様々で10人に満たない人数の編集プロダクションもあります。

出版社とは違い販売や広告などは行いません。

本や雑誌を作ることが業務ですので、取材や原稿の執筆・外部クリエイターへの発注などの作業があります。

発行元や印刷所などとの話し合いも業務に含まれます。

編集プロダクションでは人の移動がよくありますのでアルバイトから正社員への登用などもあるでしょう。

転職も出版社に比べれば比較的しやすいです。

ただし給与面や福利厚生は安定していない部分もありますので転職前に確認しておきましょう。

 

ワンポイント
編集プロダクションは出版社からの依頼で制作をする。

出版社と編集プロダクションの関連性は?

パソコン

出版社は雑誌の企画発行を行う企業です。

編集・営業・管理といった部門がありそれぞれが受け持つ業務をこなします。

編集は雑誌や本を企画して誌面構成を考え原稿を作成する業務です。完成した原稿を印刷会社へ渡し仕上がりを確認します。

営業は取次や小売店へ自社の出版物の売上を伸ばすようにするのが仕事です。

新しい雑誌のPRや企画・イベントの運営なども手掛けます。

管理の仕事は経理や総務の業務です。

編集プロダクションでは制作だけを扱います。出版社から依頼を受けて取材や編集など工程の一部を担当することが仕事といえるでしょう。

未経験で転職するなら出版社がおすすめ

パソコン

未経験で転職するのであれば出版社はおすすめになります。

給与や福利厚生は安定していますし業界の知識が就くことも魅力的です。

編集作業だけでなく様々な職種があることも理由になります。

それではおすすめの点を紹介していきます。

様々な職種がある

女性

出版社の業務は編集だけではありません。その他にも広告営業や書店営業・総務や事務職などがあります。

出版業界に関わりたいという方は編集だけではなくその他の部署にも目を向けてみてください。

営業や経理などは前職での経験が特に活かせる仕事です。

出版業界に関わりながら自分の得意な分野で活躍できるのが出版社の良いところになります。

編集業を目指したいという方もいらっしゃるかもしれません。

一般的に大手出版社の編集業の募集は少ない傾向にあります。

ただし給与などの待遇は良いので熱意のある方は一度転職エージェントにご相談ください。

幅広い業界知識がつく

女性

出版社の編集は自分のアイデアで雑誌や本を出版していかなければなりません。

そのために沢山取材を重ねてアイデア力を身に着けていく必要があります。

良い発行物を作るために業務をこなしていくことにより様々な知識が身につくことになるでしょう。

日常生活でもアンテナを張り巡らせ流行を追うことになるかもしれません。

最新の芸能のニュース常に調べておくこともあるでしょう。

配属された編集部で出版されているジャンルには必然的に詳しくなっていきます。

幅広い業界の知識が身につくことは自分の知識が豊富になるということです。

自分自身の知識が磨かれるということが大きなメリットでしょう。

待遇が良い

女性

出版社は給与などの待遇が安定しています。

大手の出版社であれば1000万円を超える年収の女性も多くいるようです。

準大手であっても1000万円を超える年収がある方もいらっしゃるかもしれません。

中堅の出版社であっても600万円ほどの年収だといわれています。

一般的に大手は年収が良く規模が小さくなるにつれて年収も下がると聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし小規模な出版社であっても年収が良いところはたくさんあります。

転職して待遇を改善したいと思っていらっしゃる方にも出版社はおすすめです。

 

ワンポイント
出版社には多くの業務があります。

出版業界へ転職するために準備をしよう

メモ

出版業界への転職までに準備しておきたいことを紹介します。

出版社の編集部では多くの業務をこなしますので少しでも自分のスキルアップを目指すと良いでしょう。

写真や動画撮影のスキルを磨く

メモ

本や雑誌に掲載されている写真は編集部が撮影することも多いです。

そのため写真や動画撮影のスキルがある女性は喜ばれます。

  • どんな角度で撮ったら良いのか
  • どのように光を意識するのか
  • どうしたら対象を綺麗に見せられるのか

このように写真を撮るといっても様々なことに着目する必要があるでしょう。

最初から全てができなくても構いませんので出来る範囲で写真の撮影スキルを磨いておいてください。

Web制作知識をつける

スマホ

出版業界でもWebに力を入れている企業も多くあります。

その都度クリエイターに発注するのも良いのですが、少しの手直しなどが出来ると現場では重宝されるでしょう。

Web制作の知識があればクリエイターに的確な発注ができることも大きなポイントです。

出版社はずっと紙媒体で続いてきた業界になります。まだまだWebに弱い部分もあるでしょう。

そこを補えるようなスキルがあれば大きなアピールになります。

転職エージェントを利用する

転職

転職の準備には転職エージェントを活用するのもポイントです。

転職エージェントは転職のプロとして様々な情報を持っています。

個人では思いつかなかったアドバイスや準備方法を教えてくれることもあるでしょう。

転職活動をスムーズに行うために転職エージェントを活用するのも手です。

自分が転職活動しやすいようにうまく転職エージェントを活用してみてください。

 

ワンポイント
出版業界への転職までに準備しておきたいこと
・写真や動画撮影のスキルを磨く
・Web制作知識をつける
・転職エージェントを利用する

出版業界の魅力は?

本

出版業界の魅力は本や雑誌が完成した時の達成感にあります。

自分の意見を取り入れた企画が本や雑誌といった完成品として手元に届く瞬間は何より嬉しいものでしょう。

またその発行物が世間で話題になったり売上を伸ばしたりといった感動も味わうことができます。

さらに読者からの反応が嬉しいという女性も多いです。

それだけ読者の心に響くものを作れたということは自分の自信へと繋がっていきます。

様々な記事の取材で多くの出会いがあることも特徴的です。

本や雑誌を作りながら自分の知識を増やしていくこともできます。

出版業界に転職する時の注意点

本

出版業界への転職を考えるときの注意点も紹介します。

出版社ではやりがい達成を大きく感じられる業務を行うことになるでしょう。

しかし大きなやりがいを感じるということはそれだけ大変なこともあるということです。

注意点を確認して本当に自分に合った業界かどうかを見てください。

精神力と体力が試される

相談

出版社の業務は基本的にハードワークになります。

常に情報の最先端を意識してアンテナを張る必要がありますし調査も必要です。

また雑誌や本には多くの出版日が決まっていますので期限に追われる日々になるでしょう。

常にスケジュールを確認しながらの作業になるのでストレスを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

締め切りが近づいてくると定時に上がれないこともありますので体力も必要です。

スケジュールに追われることに耐える精神力と締切りを乗り越える体力を試されることになります。

「好き」だけでは通用しない

悩み

転職先に出版社を希望する方の中には雑誌や本が好きな方もいらっしゃるかもしれません。

好きなことを仕事にできるとモチベーションも維持できるでしょう。

しかし出版社の業務はあくまで仕事です。

時には自分のアイデアが全く通らない雑誌を作らなければならないこともあります。

イラストレイターやライターとのやり取りでは自分の思い通りにはならずにストレスを感じることもあるでしょう。

「好き」だけで乗り越えられないこともあることを覚えておいてください。

自分なりのストレス発散方法などを考えておくと良いでしょう。

今より給与が低くなることも

悩み

大手出版社は年収も高いです。しかし中には400万円に届かない給与を提示する企業もあります。

場合によっては現在の職業よりも給与が下がる可能性もあることを念頭に入れておきましょう。

出版業界で必要なスキルを磨いて転職活動をしよう

女性

出版社にアピールするためには業界で必要なスキルを身につけておいたほうが良いでしょう。

この章では転職活動のために磨いておいたほうが良い出版業界で必要なスキルを紹介します。

未経験から出版社へ転職するためには出版社が求めるようなスキルをアピールすることが重要です。

自分に合った方法でアピールするためにも伸ばせるスキルは伸ばしておきましょう。

スキルを磨く目的で編集プロダクションもあり

本

編集プロダクションは出版社に比べて転職しやすいといわれています。

待遇面では劣るのですが編集社としての実績が積めることは大きいです。

いずれ出版社への転職を見据えて編集のスキルを磨くというのも一つの手でしょう。

完全な未経験者より編集業務の実績がある方がアピールになります。

遠回りに思えたとしても確実に編集のスキルを磨きたいのであれば編集プロダクションに転職することも考えてみてください。

将来性を考えてSEO知識を身につける

女性

SEOとは検索エンジン最適化のことです。

多くの人がインターネットから情報を得ている中でSEO対策のスキルは需要が高まっています。

現時点でインターネット業務に力を入れていない出版社であってもネットへの展開は避けて通れないものでしょう。

SEO対策をしていない記事は検索エンジンの下方に追いやられてしまいます。

検索エンジンの検索結果の上部へ表示される記事こそが多く人の目に触れることになるのです。

出版社がインターネット業務に本格的に乗り出す将来に備えてSEOの知識を身につけておくことは重要になるでしょう。

 

ワンポイント
将来性を考えてSEO知識を身につける手もある。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

転職の悩みは転職エージェントに粗相談するのも一つの手です。

出版業界のように特殊な業界への転職には不安や疑問もあるかもしれません。

希望する求人になかなか出会えないといったこともよくあります。

そんな時は転職エージェントを活用しましょう。

転職の悩みや不安に対して的確なアドバイスを貰えます。

転職エージェントであれば一般に公開されていない非公開の求人の紹介なども受けられるでしょう。

うまく転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

相談

未経験での出版社への転職は出版社が求めるスキルをアピールしていきましょう。

将来を見据えてSEO対策の知識を積み重ねるのも一つの手です。

出版社には編集の他にも多くの業務があります。出版社へ転職することが目標の女性は他部署も視野に入れてください。

経験を積みたいのであれば比較的転職しやすいといわれている編集プロダクションを希望するのも手です。

自分の目標を見据えて転職活動を行いましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する