転職面接や履歴書では仕事に対する熱意をアピールすることが大切です。

そのためには挑戦心を前面に押し出して面接官に好印象を与えたいところ。

ではどうすれば挑戦心を魅力的に伝えられるのか、具体的な例文とともに当記事で解説します。

Contents

自己PRで挑戦心を魅力的に伝える方法を解説

女性

挑戦心を持っている人は仕事に対して熱意があるということです。

企業としても意欲が高い人と低い人がいれば間違いなく前者を選びます。

うまくアピールすることで面接官に良い印象を与え高評価が得られるでしょう。

一方で挑戦心はほとんどの人が持っているマインドなので、魅力的に伝えるには工夫が必要です。

単に「私には挑戦心があります」と伝えても魅力はアピールしきれないでしょう。

では自己PRで挑戦心を最大限伝えるにはどうすればいいのか続けてご説明します。

自己PRで挑戦心をアピールする書き方

メモ

自己PRで挑戦心について書くときはいくつかポイントがあります。

ポイントを抑えることで面接官に好印象を与えることができるでしょう。

挑戦心を書くときに抑えておきたいポイントを3つご紹介します。

具体的なエピソードを書く

挑戦心を書くときは具体的なエピソードを盛り込んでください。

実体験とともに挑戦心があることを伝えればより信ぴょう性が増します。

いくら「挑戦心があります」と書いても本当に備わっているのか分かりません。

あなたに挑戦心があることを伝えるには過去の経験を踏まえることが重要です。

経験で得た成果を書く

女性

過去のエピソードに触れたらその経験から得た成果も書きましょう。

具体的な経験談に加え、何を学びどう感じたかについてあなたの気持ちを伝えるのです。

「挑戦心」とはメンタル面のことなので目に見えるものではありません。

だからこそエピソードに経験から得た成果を盛り込むことでより一層話に深みが出ます。

採用後の活かし方を書く

あなたが持つ挑戦心を採用後どう活かせるのか具体的なビジョンを伝えましょう。

採用後の話ができるということは自分に自信がある人という印象を与えることにつながります。

企業としては自信がある人とない人がいれば、間違いなく自信がある人を選ぶでしょう。

採用後の具体的なビジョンがみえているならしっかり伝えてください。

挑戦心がどのような場面で活きるかアピールできれば高評価につながります。

 

ワンポイント
過去の実体験や転職後のビジョンを語ってアピールしよう!

よくある内容と差を付ける方法

メモ

挑戦心はほとんどの人が持ち合わせているのでありきたりな内容になりがちです。

面接官に好印象を与えるにはほかの転職者と差別化を図る必要があります。

ではどうすればよくある内容と差を付けられるのか、抑えておきたい3つのポイントをみていきましょう。

動機やきっかけを具体的に書く

あなたが挑戦心を抱いた動機やきっかけを具体的に書きましょう。

なぜ挑戦心を抱くようになったのか必ずきっかけがあるはずです。

具体的なきっかけを伝えることで面接官もあなたの実体験をイメージしやすくなります。

挑戦心は目に見えないものなので具体的なエピソードが必要不可欠。

したがって、挑戦心を抱くようになったきっかけや動機も丁寧に書くことがポイントです。

どのように取り組んだかプロセスを書く

パソコンを操作する女性

挑戦心を持ってどのように取り組んできたのかプロセスを書きましょう。

結果に至るまでの過程に触れることで話により具体性が増します。

時には結果よりプロセスの方が大切だといわれるほど物事の過程は大切です。

あなたが挑戦心を持ってどう取り組んできたのか、その過程も書いてアピールしましょう。

似た言葉で言い換える

「挑戦心」とは汎用性が高い言葉なので多くの人が使いがちです。

決して使ってはいけない言葉ではありませんが、面接官も同じ言葉ばかり並ぶと飽きてしまうでしょう。

ポイントは似た言葉で言い換えること。

言い換え言葉によって表現が豊かな人材だとアピールできるでしょう。

さらに同じニュアンスの言葉に言い換えることでボキャブラリーの豊富さもアピールできます。

具体的にどのような言葉で言い換えればいいのか続けてみていきましょう。

挑戦心の言い換え表現の紹介

人差し指を立てる女性

挑戦心の言い換え表現には次のようなものがあります。

  • 好奇心旺盛
  • 一歩踏み出す
  • 勇気を持って行動する
  • 失敗を恐れない
  • 困難に立ち向かう
  • 学習意欲がある

挑戦心という言葉は前向きなニュアンスを含んでいるので多くの言葉で言い換えることができます。

たとえば「一歩踏み出す勇気がある」なら未経験の仕事でも前向きにトライできるとアピール可能です。

仕事では数多くの困難にぶつかることがあります。

そんなとき挑戦心を持っていれば臆することなく立ち向かうことができるでしょう。

入社後のビジョンも踏まえて、言い換え表現を駆使し挑戦心があることを最大限アピールしてください。

 

ワンポイント
言い換え表現を駆使して魅力的にアピールしよう!

挑戦心を自己PRする注意点

転職エージェント

挑戦心をアピールすることで仕事に対する意欲の高さを伝えることができます。

一方でアピール方法を間違えるとマイナス評価につながることもあるので注意が必要です。

では挑戦心を自己PRするときはどのようなことに気を付ければいいのか、2つの注意点をご紹介します。

自慢話にならないように意識する

挑戦心をアピールするときは具体的なエピソードを盛り込むことがポイントです。

しかし、実体験が自慢話にならないように注意してください。

単なる自慢話では高評価につながりません。

むしろ自分本位な人だというマイナスの評価につながる危険性があります。

挑戦心を持つのはいいことですが自慢話にならないよう意識してください。

嘘をついたり大袈裟に話したりしない

マルバツを出す女性

挑戦心をアピールしたいからとはいえ嘘をついたり大袈裟に話したりしないでください。

嘘はいずれバレてしまいます。

平気で嘘をつく人は信頼できないので面接でも評価は下がるでしょう。

仮に嘘を通せたとしても、入社後にほころびが出てしまうと「話が違う」とミスマッチが起きてしまいます。

嘘をついて苦しくなるのはあなた自身です。

自分をよくみせたい気持ちも分かりますが、後のことを考えて噓をついたり大袈裟に話したりするのは止めましょう。

挑戦心を自己PRする例文

パソコン女性

挑戦心をうまくアピールできれば高評価につながります。

具体的な自己PRの例文をみていきましょう。

好奇心旺盛なことをアピールする例文

私は好奇心旺盛で何でも「とりあえずやってみる」ことを大切にしています。

前職は事務職に携わっておりました。

作業効率化を図るため新しいシステムが導入されたのですが、使い方が複雑で職員全員が使うことをためらっていました。

そんな中、触ってみないと分からないと考えた私は誰よりも早くシステムを使ってみたのです。

たしかに使い方は複雑でしたが、1つずつ丁寧に設定することで簡単に使えるようになりました。

好奇心旺盛な性格を活かし、御社でも「まずやってみる」の精神を持ち仕事に携わりたいと考えております。

学習意欲がある例文

私は新しい知識を得ることに喜びを感じます。

前職は○○という仕事に携わっておりましたが、○○という資格が仕事を進めるうえで便利でした。

しかし、○○は試験難易度が高くほとんどの同僚が試験に合格することはできませんでした。

私は学ぶことが好きなので、仕事終わりに毎日2時間勉強したほかスキマ時間をみつけては勉強を続けたのです。

その甲斐あって試験には一発合格することができ、資格を取得したことでさらに仕事の幅が広がりました。

新しい知識を得ることが好きなので強制されて勉強したわけではありません。

学習意欲の高さを活かし、どんどん新しいことを吸収しながら御社の力になりたいと考えております。

失敗を恐れない例文

私の長所は失敗を恐れないことです。

前職は○○という仕事に携わっていましたが、未経験から挑戦した仕事でした。

業界研究は行いましたがそれでも不安の方が大きくうまくやっていけるか心配になったのです。

しかし、失敗を恐れない私の性格が功を奏し、苦戦しながらもなんとか仕事に慣れることができました。

上司からは「仕事の飲み込みが早いね」と褒めていただいたこともあります。

初めての仕事や分からないことに取り組むのは怖いものですが、時には大胆に行動することも大切です。

失敗を恐れずチャレンジする気持ちをでどのような仕事にも果敢に挑戦していきたいと考えております。

 

ワンポイント
自己PRは具体的なエピソードや転職後のビジョンを盛り込むことがポイント!

挑戦心を自己PRしたNG例

考える女性

挑戦心はうまくアピールできれば高評価につながります。

しかし間違った方法で伝えてしまうとマイナスの評価につながるので注意が必要です。

具体的な自己PRのNG例文とともに改善点をみていきましょう。

具体性に欠いたNG例文

「私は好奇心が旺盛です。

とりあえずやってみるという精神を大切に行動しています。

分からないことや不安なことでも一歩目を踏み出さなければ始まりません。

はじめの一歩は怖いものですが、好奇心旺盛な私はすぐにチャレンジできます。

好奇心旺盛な性格を活かして御社に貢献したいです。」

NG例ではただ「好奇心が旺盛だ」と述べているだけです。

具体的なエピソードがないので本当にチャレンジ精神があるのかみえてきません。

抽象的な話では面接官に好印象を与えることはできないので、必ず具体的なエピソードを盛り込みましょう。

事実を書くだけのNG例文

「私は何事も失敗を恐れずチャレンジすることができます。

また、どのような困難にぶつかっても臆せず立ち向かうことができるのも私の強みです。

困難から目を背けたくなる人は多くいますが、私は果敢に立ち向かいます。」

NG例では「失敗を恐れない」という事実を書いているだけです。

それがどのような場面で活かされてきたのかについて触れられていません。

実体験に基づかない話は信ぴょう性が低くなります。

エピソードがないと「本当に失敗を恐れないで挑戦できるの?」という不信感を与えてしまうでしょう。

自己PRでは事実を書くだけでなく必ず実体験と絡めて書くようにしましょう。

批判的なNG例文

「私は一歩踏み出す勇気を持っています。

前職は事務職に携わっていましたが、業務効率化のため新しいシステムを導入しました。

ほとんどの職員はためらっていたのですが、使ってみないことには何も始まらないのでとりあえず触ってみました。

使い方は複雑でしたが1つずつ設定することで簡単に使えたのです。

誰かがやるだろうと傍観する態度はよくありません。

私が一歩踏み出したから良かったものの、もしかしたらあのまま放置されていたかもしれないのです。

前職は人任せにする人が多く仕事でも苦労しました。

御社でも一歩踏み出す勇気を持って仕事に携わりたいと考えております。」

どのような事情があっても前職の不満を言うのはNG

転職活動において前職や他社の悪口はタブーです。

採否に直結することもあるので、絶対に批判的な文章は書かないようにしてください。

自己PRのまとめ方がわからない場合は?

学習する女性

自己PRのまとめ方が分からないときはもう一度自己分析を行ってみてください。

自分のことは自分が一番分かっているといわれますが、本当にそうでしょうか。

自分を深く見つめ直すことで新たな一面が見つかるかもしれません。

自己分析を丁寧に行っている人ほど自己PRもうまくいく傾向にあります。

あなた自身が気づいていない魅力的な特徴が隠されているかもしれないので、もう一度自己分析を行ってください。

自己PRをうまくまとめることができるはずです。

 

ワンポイント
自己PRのまとめ方が分からない場合はもう一度自己分析してみよう!

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

転職相談

転職活動はほとんど1人で行うため不安に悩まされることがよくあります。

一度不安に陥ると今のやり方でいいのか、本当に転職がうまくいくのかさらに不安が押し寄せてくるでしょう。

マイナス思考はネガティブな感情で心を満たしてしまうため、できるだけ早く前向きな心に切り替えたいところ。

そのためには転職のプロである転職エージェントに相談しましょう。

エージェントはこれまで数多くの転職者の悩みを聞いてきたので、人の話を聞くプロとも言い換えることができます。

転職の悩みや不安は1人で抱え込まないでください。

不安な気持ちを引きずってしまえば転職活動も思うように進められないでしょう。

うまくエージェントを活用してあなたが理想とする未来を手に入れましょう。

まとめ

楽しく働く

挑戦心をアピールすることで仕事に対する意欲の高さを伝えることができます。

意欲の高い人と低い人がいれば、企業は間違いなく前者を選ぶでしょう。

一方で挑戦心はほとんどの人が持ち合わせているので、あなたの魅力が伝わるようアピールする必要があります。

具体的なエピソードを盛り込んだり言い換え表現を駆使したりしてアピールしましょう。

転職活動で不安や悩みがあれば転職エージェントに相談してみてください。

エージェントとうまく連携して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら