秘書検定は正式名称を秘書技能検定という資格試験であり、ビジネスの場で必要となる一般常識やマナーが問われます。

そのため秘書に就く人だけではなく、役員や社会人としてのスキルを高めたい方におすすめの資格です。

今回は秘書検定を活かすことができる職種や、他に取得すると良い資格などをご紹介していきます。

秘書検定を活かせる職種や業界を解説!

両手でいいねのジェスチャーをする女性

秘書検定というのは秘書業務だけでなく、ビジネスマナー一般常識などに関する問題も出されます。

そのためそうした能力・スキルを身につけたいという方には最適な資格だといえるでしょう。

秘書の仕事に就かなくても、職種や業界によってはその資格を活かすことができる職種・業界が存在しています。

今回の記事では秘書検定の資格を活かせる職種や業界について解説していきます。

秘書検定の特徴は?

転職相談

まずは秘書検定という資格の特徴について解説していきます。

秘書検定を受験するにあたって、どういった試験内容や難易度であるかというのは知っておかなければなりません。

秘書検定は「3級」から「1級」まで専門度別に4段階に分かれており、それぞれ試験内容や難易度が異なります。

秘書検定の試験内容

秘書検定は筆記試験の内容は理論実技の2つに分かれており、これはどの階級にも共通している部分です。

理論では、職務知識・一般常識・必要とされる資質の3つが問われます。

秘書として仕事を行う上で必要となる資質や社会常識・秘書の役割などについて問われるのが理論です。

また、実技ではマナー・接遇・技能などについて問われるためより実用的な知識が求められるでしょう。

こちらではビジネスマナー・話し方・文書作成・資料管理などの知識・スキルが問われます。

3級から準1級は択一形式と記述形式の2種類によって出題されますが、1級は全問が記述形式となっており難易度が上がるでしょう。

これに加えて準1級と1級ではロールプレイング形式の面接試験が実施されます。

難易度は?

ポイント

秘書検定は3級・2級・準1級・1級の4段階で分かれておりそれぞれ求められる知識が異なります。

3級から1級に向かうに従って難易度も上昇していくため自分に合った階級のものを受験するようにしましょう。

3級では一般常識や基本的なビジネスマナーが問われます。

2級では3級よりも実践的な内容となり、実際に業務で活かせるような知識が問われることになるでしょう。

準1級では判断力や対応力など中堅秘書として必要な能力が求められます。

1級では上司の仕事を理解し、先読みしてサポートする上級秘書としての能力が求められる試験です。

合格率は3級・2級が60%前後となっており、準1級が30%前後、1級が20%前後となっています。

準1級と1級は大きく難易度が上がるため、それ相応の対策が必要となるでしょう。

 

ワンポイント
・秘書検定の階級は3級から1級までの4段階に分かれている
・筆記試験は理論と実技に分かれており、準1級と1級ではそれに加えて面接試験が実施される
・合格率は3級・2級が60%前後、準1級が30%前後、1級が20%前後となっている

秘書検定は秘書以外にも活かせる

女性

秘書検定では社会人として必要となるビジネスマナーや一般常識なども問われます。

これらは秘書以外の仕事でも活用することができる知識です。

そのため社会人としてスキルアップしていきたいと考えている方にはおすすめの資格となっています。

例えば敬語の使い方や来客・電話対応、ビジネス文書の形式などはどのような仕事でもある程度理解していることが求められるでしょう。

普段の振る舞いは仕事への評価にも少なからず影響します。

そのため、秘書検定を取得することで社会人として十分なビジネスマナーを習得することができるでしょう。

また、資格というのは転職においても自身の能力を証明するために役立ちます。

秘書検定を取得すれば社会人としてのマナーや常識などを備えた人材であるということをアピールできるでしょう。

 

ワンポイント
秘書検定で習得できるビジネスマナーや一般常識などの知識は秘書以外の職種でも活かすことができます。

秘書検定が活かせる職種をチェック

相談

次は具体的に秘書検定を活かせる職種をご紹介していきます。

以下のような職種では秘書検定で習得した能力・スキルを活かしていくことができるでしょう。

転職を考えている方は以下の職種へ転職してみてはいかがでしょうか。

事務職

事務職は社員のサポートが主な業務であるため、秘書検定で学んだ知識を仕事に活かすことができる職種です。

それだけでなく、電話や訪問の応対も担当するため顧客からの連絡を受ける窓口にもなります。

自身の応対が悪ければ会社へのイメージが悪くなってしまうでしょう。

秘書検定で学ぶビジネスマナーなどは実務にもそのまま活かすことができます。

そのため秘書検定を取得すれば、事務職への転職でも自身のビジネスマナーを証明することができます。

転職活動でも効果を発揮するためおすすめです。

営業職

女性、パソコン

営業職では顧客に対して自社の製品・サービスを売り込み契約を得るのが仕事です。

その際、自ら顧客を訪問したり電話をしたりといった営業活動が必要となります。

そのため相手に失礼のないように顧客に対しての丁寧な対応が重要となります。

営業職として成果を出していくためには顧客に信頼してもらうことが必要です。

信頼してもらうためには、ビジネスマナーや正しい敬語は欠かすことができません。

秘書検定を取得することができれば自分のビジネスマナーや敬語に対して自信を持つことができるでしょう。

販売職

販売職も営業職と同じように製品を顧客に売ることが主な業務となります。

しかし販売職では店舗への来客者に対して接客を行うことになるため営業職のように自身から売り込みに行くということはないでしょう。

営業職と違って、事前に店舗に興味があって来ている顧客が多いのが特徴です。

店舗に来た顧客に対して接客を行い、製品を売ることとなるため、コミュニケーション能力や敬語の使い方が重要となります。

相手に気持ち良く買い物をしてもらうために、販売員としてしっかりとした対応を心がける必要があるでしょう。

そのためには秘書検定で習得できる能力・スキルが大いに役立ちます。

販売職への転職を考えている場合は秘書検定の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

秘書検定が活かせる業界は?

パソコン

秘書検定を必ず取得しなければならない業界というのは存在しません。

しかし、秘書検定で学べるビジネスマナー・敬語・一般常識などに関する知識はどのような場所でも活かすことができます。

内定に大きく影響するというわけではありませんが、秘書検定を取得することで自身の社会人としてのマナーを証明できるでしょう。

どの業界で働くにしても秘書検定が無駄になることはないため、おすすめの資格です。

秘書検定を取得するメリット

ガッツポーズする女性

次は秘書検定を取得することで期待できるメリットを解説していきます。

以下のようなメリットがあるということが分かれば、資格の勉強のモチベーションにもつながるでしょう。

どこでも通じるビジネスマナーが身につく

ビジネスマナーというのは社会人としては基本となるスキルであるため今後の社会人人生でずっと役立てることができます。

長い間活用していくことができるスキルが身につくというのはその後のことを考えると大きなメリットとなります。

秘書検定を取得するまでにはそれ相応の時間がかかりますが、それによるリターンは大きいと考えられるでしょう。

この資格1つで内定が決まるといったほどの効果は期待できませんが、資格で学習したことはずっと活きていきます。

実務に活かせるスキルが身につく

秘書検定で勉強する内容は電話応対やビジネス文書の作成など実用的なものが多いため、実務に活かしやすくなっています。

実務に活かせるということは資格を取得しておけば企業からも即戦力として期待してもらいやすいということです。

特に顧客宛のメール・文書などは、会社のイメージにも大きく影響を与えます。

そのためそうしたメール・文書の作成がしっかりと行えるというのは大きなアドバンテージになるのです。

企業からの信頼度がアップ

働く女性の画像

秘書検定というのは文部科学省が後援している資格であるため資格の知名度が高く企業からも信頼されやすいのが特徴です。

秘書検定を取得しておくことでビジネスマナーや一般常識がしっかりしている人材だと思ってもらうことができます。

このメリットは特に転職において大きなアピールポイントとなるでしょう。

 

ワンポイント
・ビジネスマナーは社会人として基本となるスキルであるためどこでも役立つ
・電話応対やビジネス文書の作成は実務に活かしやすい
・秘書検定は知名度が高いため企業から信頼を得やすい

秘書検定の勉強法は?

メモ

次は秘書検定を受験するにあたってどのような勉強をすれば良いのかをご紹介していきます。

勉強の仕方というのは資格を取得できるかどうかに大きく影響を与えるためしっかりと適切な勉強法を選択していきましょう。

通信講座

通信講座ではカリキュラムに沿って勉強を進めることができるため、体系的に知識を得られます。

また、講師に質問することで疑問点を解消できるというメリットもあり、独学で勉強するのは不安な方におすすめの勉強法です。

通信講座はスクールと違い、時間的に拘束されることがないため、働きながら空き時間に勉強をすることもできます。

独学

秘書検定の資格取得は独学でも不可能ではありません。

テキストや問題集を購入して自分のペースで勉強を進めていくことができます。

スクールに通ったり通信講座を受講したりするよりもコストが低いというのもメリットの1つです。

しかし自分でスケジュールをしっかり管理しなければ、途中で挫折してしまう可能性があります。

そのため自己管理が上手ではない方には独学での勉強はおすすめできません。

 

ワンポイント
・通信講座では体系的に知識を得られる他、講師に質問して疑問点を解消できる
・独学ではテキストや問題集を購入して自分のペースで勉強を進められる

秘書検定と合わせて取得しておきたい資格

スーツの女性

次は秘書検定と合わせて取得しておくと良い資格をご紹介していきます。

転職活動や業務に大きく役立つ資格を具体的に紹介していきましょう。

TOEIC

TOEICはビジネス英語の能力が問われる資格です。

この資格ではスコア形式で自身のビジネス英語がどれくらいのレベルにあるのかが明確に分かります。

高得点を取得することができれば、企業に対して自身の英語力をアピールすることができるでしょう。

企業によっては外国とのやりとりがある場合があるため、TOEICで高得点を取得すればそういった企業への転職に効果的です。

秘書検定で習得したビジネスマナーと合わせてアピールすることによって自身のスキルの証明に役立てることができます。

MOS

MOS(Microsoft Office Specialist)はWord・Excel・PowerPointなどを使用するスキルを証明する資格です。

この資格を取得しておくことによって、これらのMicrosoft Officeソフトを効率的に扱えることを証明できます。

秘書検定というのは事務職への転職にとても相性が良い資格であり、MOSも事務職への転職で大変役立つ資格です。

そのため、この両方を取得しておけば事務職への適性が高いということをアピールできることでしょう。

日商簿記

日商簿記は経理への転職で応募条件となることが多く、経理業務に携わる際に大きな効果を発揮する資格です。

しかし経理以外でも営業職や保険会社・証券会社など様々な企業への転職で活かすことができます。

そのため秘書検定と一緒に取得しておくと、ビジネスマナーと数字に強い人材であるということをアピールできるでしょう。

経理業務が行えるというのは大きなアピールポイントとなるため、秘書検定と合わせて取得を目指してみてはいかがでしょうか。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性手帳

もし転職活動で悩みを抱えている場合には転職エージェントへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

転職というのは対策しなければいけないことが多く、自分だけでは全てに手が回らなくなってしまうこともあります。

特に勤めながら転職活動をする場合は時間が足りなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時、転職エージェントを活用すればあなたの転職活動を様々な面からサポートしてくれます。

この機会に転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

パソコンを使って働く女性

今回は秘書検定を活かせる職種や業界を解説してきました。

資格というのは、業務においても転職活動においても大いに役立つものであり、秘書検定は特に役立つ幅が広いためおすすめの資格です。

秘書検定を取得することで社会人としてのマナーを証明することができ、信頼にもつながります。

取得しておいて損はない資格だといえるのではないでしょうか。

また、転職活動で不安を抱えている方は転職エージェントを活用すると安心することができるでしょう。

転職対策というのは自分だけでは限界があるため、プロの視点から見て意見をもらうことで理想の転職の実現に近づくことができます。

転職活動を上手に行っていくためにも、転職エージェントに相談することを検討してみると良いでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する