市場にはたくさんの商品が溢れています。そして、多くの企業が売り上げアップのために様々な広告を活用していることでしょう。

商品を販売する際に重要となる戦略を立てるためには市場調査が必要とされています。

その市場調査を仕事としているのがマーケティングリサーチャーです。

求人数も多くマーケティングリサーチャーに興味を持っている人は多いでしょう。

今回は、マーケティングリサーチャーの仕事内容と将来性について紹介していきます。

マーケティングリサーチャーに興味がある人はぜひご覧ください。

Contents

マーケティングリサーチャーの仕事内容を解説

女性、パソコン

マーケティングリサーチャーの仕事は主に企業が抱える課題を知り、どういった調査を行うべきか考えることです。

また、どういった回答方式にして集計結果をどのように分析するのか考えるのもマーケティングリサーチャーの仕事となります。

マーケティングリサーチャーの仕事が企業の成長のきっかけとなることもあるでしょう。

では、具体的にはどういった仕事をしているのでしょうか。詳しく紹介していきます。

市場調査

マーケティングリサーチャー仕事は市場調査を行うのが基本です。

クライアントから依頼された商材について地域や属性ごとに市場調査を行います。

現在その業界がそういった状況にあるのか。また、今後どのように変化する兆候があるのかなどを調査します。

今後の新商品開発や改良のために必要な情報をクライアントへと提供できるかどうかが重要なポイントとなるでしょう。

製品やサービスの企画・開発

応対する女性

企業のマーケティング部門でマーケティングリサーチャーとして働いている場合は、製品やサービスの企画・開発も行います。

市場調査の結果をもとにターゲット層の購買意欲を高めるような商品を開発することが基本です。

また、市場調査に基づいた適切な価格設定をすることもマーケティングリサーチャーの仕事となります。

広い視野を持ったマーケティングリサーチャーだからこそ、顧客の求めるものを把握することができ売上アップへと繋がるでしょう。

マーケティングリサーチを行う意味

マーケティングリサーチを行う意味は市場を把握するためです。

消費者のニーズに合わせた商品を開発し販売しなければ売上アップは期待できません。

また、新商品を開発する際に市場調査を行わなければ、大きなリスクを背負った新商品を販売することになるのです。

マーケティングリサーチをすることで、消費者の求める売れる商品を開発・改良することができます。

それは事業リスクの軽減にもなるため企業から求められるでしょう。

 

ワンポイント
マーケティングリサーチを行う主な理由は商品開発のための市場調査です。

マーケティングリサーチャーはどのような人がなれる?

女性と疑問符

企業の売上アップに大きく関係するマーケティングリサーチャーは企業にとって必要な人材です。

だからこそ難易度が高いと感じる人の多いマーケティングリサーチャーは、学歴や資格などが必要だと思ってしまう人が多くいます。

では、どのような人がマーケティングリサーチャーになることができるのでしょうか。

詳しく解説していきますのでチェックしてみてください。

学歴は関係ある?

マーケティングリサーチャーになるために特定の学歴が必要なわけではありません。

しかし、企業によって経営学・統計学・マーケティング理論などの知識が必要です。

そのため、経営について学んだ学歴があればプラスの要素となります。

学歴がなくても実務経験があるなどマーケティングリサーチャーとして必要な知識を得ていれば問題ありません。

資格は必要

女性

マーケティングリサーチャーになるために必要な資格はありません。しかし、資格を取得していることは大きなメリットです。

また、未経験の場合は余計に資格が必要となるでしょう。マーケティングリサーチャーに求められるのは即戦力です。

実際の求人でも未経験可の求人はあまりありません。

経験がある場合は問題ありませんが、未経験の場合は資格を取得していることを求められます。

資格を取得していれば経験がなくても、ある程度の知識を持っていることを証明できるのでチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
マーケティングリサーチャーになる為に学歴や資格は不要ですが、知識は必要とされています。

マーケティングリサーチャーに向いている人

チェックマーク

マーケティングリサーチャーを目指している人の中には、自分が向いているのか不安になってしまう人もいるでしょう。

また、向き不向きが分かれる職種でもあるため確認しておくことが大切です。

ここからは、マーケティングリサーチャーに向いている人について紹介していきます。

マーケティングリサーチャーを目指している人はチェックしてみてください。

常に世の中対してのアンテナが立っている

マーケティングリサーチャーのメインの仕事である市場調査には、世の中に対してのアンテナを張ることが必要です。

今の時代の流行を知ることがマーケティングリサーチには求められます。

普段から情報収集をしていたりテレビやネットで新しい情報をチェックしている人は、マーケティングリサーチャーに向いているでしょう。

反対に流行に取り残されるようなタイプの人はマーケティングリサーチャーに向いていません。

倫理的に物事をとらえられる

考える女性

論理的に物事をとらえられる人はマーケティングリサーチャーに向いています。

市場調査を行う上で重要となるのが客観的に物事を捉えることです。

偏った視点でしか物事を見ることができない人は、企業に求められません。

周囲に流されることなく論理的に考えることが売り上げアップにも繋がります。

広い視野を持ち論理的な思考で結果をまとめることができれば、マーケティングリサーチャーとしての仕事をこなすことができるでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力の高い人もマーケティングリサーチャーに向いています。

市場調査を行うためには多くの人と連携を取らなくてはなりません。

企業のマーケティング部門に属する場合なら他の部署との連携が必要不可欠です。

また、消費者からニーズを聞き出すための質問力や会話力も必要とされています。

コミュニケーションをとることが重要な仕事ですので、コミュニケーション能力の高い人はリサーチャーに向いているでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

マーケティングリサーチャーの将来性

マーケティング会議

どんな職業であっても、転職する際は将来性を知っておく必要があります。マーケティングリサーチャーは今後需要が高まるでしょう。

その理由は、現在のマーケティングリサーチ業界の課題が人材不足であるからです。

業界全体で人材が不足しているため、未経験者の採用をする企業も増えていきます。

また、企業内でマーケティングリサーチャーの人材育成をしていくことも増えるため経験者は重宝されることでしょう。

将来性があるため、マーケティングリサーチャーとしてのキャリアプランも立てやすくなります。

 

ワンポイント
マーケティングリサーチャーは将来性のある仕事です。

マーケティングリサーチのキャリアパス

女性

マーケティングリサーチャーのキャリアパスは非常に幅広く様々な業種からの転職が期待できます

マーケティングリサーチを導入している企業は多くメーカーや広告代理店など業種も様々です。

そのため、関わりのある業種からの転職であればチャンスが大きくなります。

また、調査会社の営業からマーケティングリサーチャーへのキャリアパスも期待できるでしょう。

様々な方向からマーケティングリサーチャーは目指すことができる職業です。

マーケティングリサーチャーの年収

怒る 女性

マーケティングリサーチャーの年収は300万円~500万円です。

企業の経営に大きく影響する仕事のため、高収入だと思われがちですが平均年収程度となります。

基本的にリサーチ業務はマーケティング業務の一部です。業種的にも高収入ではありません。

しかし、個人の評価やスキルが結果へと結びつく業種でもあります。

そのため、経験を積むことによって収入アップを期待できます。管理職になると平均年収は600万程度となるでしょう。

マーケティングリサーチャーの活躍の場

笑顔で話す女性

マーケティングリサーチャーの仕事内容について解説してきましたが、実際にどのような場で活躍しているのでしょうか。

ここからは、マーケティングリサーチャーの活躍の場を詳しく紹介していきます。

マーケティングリサーチャーの仕事について興味のある人はチェックしておきましょう。

一般企業のマーケティング部門

まず、一般企業のマーケティング部門に所属しているマーケティングリサーチャーについて紹介していきます。

一般企業のマーケティング部門は自社商品を開発するために必要な市場調査をすることが主な仕事内容です。

また、社内の依頼された部門に市場調査の結果を報告します。

場合によって調査内容をまとめたものをプレゼすることもあるでしょう。

自分の勤めている企業の売上アップに必要なマーケティングリサーチを行うことが仕事内容です。

一般企業の商品開発部署

仕事をする女性

一般企業の商品開発部署でもマーケティングリサーチは行われます。

商品開発をするために必要な情報を集めることがマーケティングリサーチをする目的です。

一般企業の商品開発部署では自ら商品開発のためのアイディアを提案します。

そして、商品開発に必要な根拠を示すためにマーケティングリサーチを行います。

商品開発をする部署でマーケティングリサーチを行うため、より顧客のニーズを集めやすくヒット商品を開発できるようになるでしょう。

リサーチ会社

マーケティングリサーチを事業としているリサーチ会社に勤めるマーケティングリサーチャーもいます。

自社製品の開発のために必要な市場調査を行いたいという企業からの依頼を受けるのが事業内容です。

リサーチ会社によって特定のジャンルの市場調査を行う企業もあれば幅広いジャンルに対応している企業もあります。

 

ワンポイント
マーケティングリサーチャーは様々な場面で活躍している。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

マーケティングリサーチャーの実態

女性

マーケティングリサーチャーという仕事に対して憧れを抱いている人もいるでしょう。

また、仕事内容に対して不安を感じてしまう人もいます。

ここからはマーケティングリサーチャーに転職してから後悔することのないよう、リサーチャーの実態について紹介していきます。

転職後に不一致を感じないよう、マーケティングリサーチャーを目指している人は確認しておきましょう。

需要がある

マーケティングリサーチャーは需要のある職業です。様々な業種がマーケティングリサーチを行っています。

企業経営になくてはならないものであり、これから先も必要とされる仕事です。

コンピューターによって自動化される仕事も増えていますが、顧客のニーズを知るためには人的に調査をする必要があります。

マーケティングリサーチャーの需要は減るどころか増えていくでしょう。

不規則な生活になりがち

考える女性

マーケティングリサーチャーの求人の多くは「週休2日制」です。

しかし、シフト制を導入している企業が多く毎週決まった曜日が休みとなることは少ないでしょう。

その理由は、クライアントごとで休みが異なるからです。

クライアントに合わせて休みを取る形になることが多く、生活も不規則になってしまいます。

また、仕事量が増えることで休みがなかなか取れなくなってしまうこともあるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

呼びかけ

マーケティングリサーチャーの転職を考えている方は、転職エージェントを利用してみましょう。

企業によって給料や休みに大きな差があるマーケティングリサーチャーは、転職先選びで悩みを抱えやすくなります。

転職のプロである転職エージェントを利用することによって、悩みを解決できることでしょう。

また、転職エージェントにしか出していない求人もあるため、転職の幅を広げることにも繋がります。

まとめ

笑顔の女性とパソコン

マーケティングリサーチャーは未経験からでも転職できる職種です。

しかし、即戦力を求めている企業が多いため転職先選びがとても重要となります。

同じマーケティングリサーチャーという職種でも、企業によって待遇はことなるのです。

自分にあった転職先を探すためにも、転職エージェントを上手く利用していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら