自己PRと志望動機は転職活動においてとても重要なものです。

そこで自己PRと志望動機はどう書き分けたらいいの?と迷う女性も多いのではないでしょうか。

今回は自己PRと志望動機の使い分け方を採用担当者が見ているポイントも含めて解説します。

Contents

自己PRと志望動機の使い分け方を解説

ノートにメモをとる女性

転職活動ではいかに自分をアピールするかが成功のカギになります。

そして応募した企業への志望度をしっかり伝えることも大切です。

そこで転職成功の第一歩として履歴書・職務経歴書に書く自己PRや志望動機を熟考する女性も多いのではないでしょうか。

しかし自己PRと志望動機は書いているうちに「同じような内容になってしまった」ということもあるでしょう。

どちらも転職時のアピールとして大切ですがどのように使い分ければいいのでしょうか。

今回は自己PRと志望動機の使い分け方を詳しく解説していきます。

ポイントを押さえて「伝わる」自己PRや志望動機を作成してください。

それこそが転職の成功につながるでしょう。

自己PRと志望動機で伝える内容

パソコン作業をする女性

自己PRと志望動機はそれぞれどのようなことを伝えるのでしょうか。

伝える内容を押さえておくことで使い分けることができます。

まず自己PRで伝える内容を見ていきましょう。

  • 自分の強み
  • これまでの経験やスキル
  • 企業に貢献できること
  • 仕事へのこだわり

自己PRではこのように「自分とはどのような人間なのか」をメインで書きます。

またこれまでの経験やすでにもっているスキルをアピールすることから「現在・過去」について書くといいでしょう。

続いて志望動機で伝える内容です。

  • 企業への志望度や意欲
  • 企業への理解度
  • どのように貢献・活躍したいか

これらが志望動機で伝える内容ですが自己PRとの違いに気づいたでしょうか。

自己PRは「人物像」や「現在・過去」を伝えるのに対し志望動機は「企業への理解」や「未来」がメインです。

詳しい書き方はこの後ご紹介するのでぜひ読み進めてくださいね。

 

ワンポイント
 自己PRでは「過去・現在」について志望動機では「未来」について伝えよう。

採用担当者が見ているポイント

チェックマークをもつ女性

採用担当者は応募者の自己PRと志望動機についてどのように見ているのでしょうか。

ここでは採用担当者が見ているポイントをご紹介します。

採用担当者の視点を知ることで「伝わる」自己PRや志望動機を書くことができるでしょう。

「自己PR」を通して見ているポイント

OKサインを出す女性

採用担当者は自己PRを通して応募者の全体像を理解しようとします。

つまり自己PRを通して見ているポイントはこちらです。

  • 企業が求める人物像か
  • 企業の風土や慣習に合っているか
  • 入社後どのような活躍が期待できるか
  • 仕事への姿勢や態度

採用担当者は応募者と企業をマッチングさせるのが仕事です。

企業が求める人材かどうかを見極めなければなりません。

そのため自己PRを通して応募者の人物像を知り企業とマッチするのかをチェックします。

また入社後にどのような活躍が期待できるかも重要なポイントです。

自分の強み・経験・スキルといった内容で活躍のイメージをすることが多いでしょう。

「志望動機」を通して見ているポイント

マルの札を持つ女性とパソコン

続いて採用担当者が志望動機を通して見ているポイントをご紹介します。

  • 企業についてどの程度理解しているか
  • 仕事内容や働き方を理解できているか
  • 企業への志望度の高さ

志望動機は応募者が企業への志望度をアピールするものです。

そのため志望度の高さをチェックするのですがそれには企業への理解度も大切といえるでしょう。

応募した企業について理解できているということは「企業研究をした」という証です。

転職活動では企業についてしっかりと調べて理解することが求められます。

採用担当者はなぜ企業への理解度をチェックしているのでしょうか。

それは入社後のミスマッチを防ぐためです。

入社してから「思っていたのと違った」となりすぐに退職することはお互いに避けたいですからね。

ミスマッチを防ぐためには応募者が企業研究をしっかりしていることがポイントです。

志望動機で経営方針・理念・社風・仕事内容・研修制度などについて触れることで企業への理解度が伝わるでしょう。

自己PRと志望動機に同じことを書いてもいいの?

考えるビズネスウーマン

ここまでは自己PRと志望動機の特徴や違いをお伝えしてきました。

しかしこの2つに違いがあるものの同じような内容になってしまうと悩む女性もいるでしょう。

それでは自己PRと志望動機には同じ内容を書いてもいいのでしょうか。

一貫性がある方が良い

自己PRを「現在・過去」として志望動機を「未来」として伝えます。

その現在・過去・未来に一貫性がなければ説得力のあるものとはいえないでしょう。

例えば自己PRで自分の強みを「コツコツと作業をするのが得意」と伝えたとします。

しかし志望動機で「大胆な行動力で御社に貢献したい」としたら採用担当者はどう思うでしょうか。

前者と後者では別人のイメージをもつ人も多いでしょう。

一体どちらが本当のことなの?と思われ説得力にかけてしまう可能性があります。

そのため自己PRと志望動機に書く内容には一貫性があることが求められるのです。

全く同じ内容では評価されない

自己PRと志望動機の書き方に悩み同じような内容になる人もいるでしょう。

しかし全く同じ内容では採用担当者から評価されないので注意してください。

先ほどお伝えしたように自己PRと志望動機では見ているポイントが違います。

そのため全く同じ内容だと「意図をわかっていない」「アピールできていない」と思われてしまう可能性があるのです。

 

ワンポイント
 自己PRと志望動機は意図を理解して一貫性のある内容にしよう。

書き分けのポイント

ノートをもつ女性とひらめきマーク

自己PRと志望動機は同じ内容では評価されません。

それではこの2つはどのように書き分ければいいのでしょうか。

自己PRと志望動機の書き分けのポイントを見ていきましょう。

自己PRは「具体的な強み」を書く

自己PRで書くべき内容は「具体的な強み」です。

自分自身の強みは何かを採用担当者に伝えることを意識してください。

そして強みをどう活かすのかをアピールしましょう。

具体的な強みを書くことで企業への貢献や活躍に説得力が生まれるのです。

志望動機は「なぜこの会社に応募したのか」を書く

志望動機の書き分けのポイントは「なぜこの会社に応募したのか」を書くことです。

そもそも志望動機というからには明確な理由を伝える必要があります。

同業界の他の会社ではなく、なぜその会社に応募したのかを明らかにすることが大切です。

 

ワンポイント
 自己PR・志望動機を書く時は具体性や明確な理由で説得力をもたせよう。

自己PRの書き方

女性

自己PRの書き方をご紹介します。

ここまでお伝えしてきたポイントを押さえながら見ていきましょう。

自分がアピールできる強みは何か

自己PRではまず自分がアピールできる強みは何かを書きます。

強みが何かわからないという女性もいるのではないでしょうか。

その場合は得意なこと・長所・もっているスキルを思い浮かべてみてください。

自己分析をすることで自分の強みを見出すことができるでしょう。

そのスキルが身についたエピソード

あなたの強みやスキルはどのようにして身についたでしょうか。

そのエピソードは転職時のアピールになりあなたの糧にもなる大切なものです。

自己PRではスキルを身につけたエピソードを具体的に書くようにしてください。

具体性のあるエピソードはあなたの強みに説得力をもたせることができるからです。

また具体的な内容があれば採用担当者もイメージをもちやすいでしょう。

業務にどのように活かせるか

入社後に企業にどのような貢献ができるかというのは自己PRで重要なポイントです。

そのため自分の強みやスキルを業務にどのように活かせるかを書きます。

ここでも具体的な内容を書くことを心がけてください。

特に応募する企業の業務内容に触れながらアピールするとプラス評価になるでしょう。

志望動機の書き方

オフィスの女性

次に志望動機の書き方をご紹介します。

自己PRとの違いを意識しながら志望動機の書き方をチャックしていきましょう。

なぜその業界を選んだのか

志望動機ではなぜその業界を選んだのかを書きましょう。

多くの業界がある中でなぜあなたはその業界で働きたいと思ったのでしょうか。

業界への魅力・興味・目的など自分なりの思いがあるはずです。

具体的なエピソードがあればそれを書くことで伝わりやすくなるでしょう。

なぜその企業を選んだのか

仕事をする女性

なぜその企業を選んだのかは企業が最も知りたいことの1つです。

同じ業界の中には他にも企業があるでしょう。

それでもその企業を選んだ明確な理由を書くようにしてください。

その理由では経営方針・理念・教育制度・企業イメージなど具体的な内容を含めて書きます。

具体的に書くことで企業研究をしたことをアピールでき志望度の高さが伝わりやすくなるでしょう。

就職後どのようになりたいか

志望動機には就職後に自分がどのようになりたいかを書きます。

どのようになりたいかというのは企業への貢献や活躍についてです。

またどのような仕事がしたいのかやキャリアアップについて触れるのもいいでしょう。

ここで注意したいのが実際の仕事内容と合っているかということです。

就職後にやりたい仕事と企業が提示している仕事内容が違っていると「理解できていない」と思われる可能性があります。

そのため志望動機を書く上で求人内容のチェックや企業研究が大切なのです。

 

ワンポイント
 企業研究をして志望度が伝わる志望動機を書こう。

それぞれの例文をご紹介

文章を書く女性

自己PRと志望動機のポイントや使い分け方はご理解いただけたでしょうか。

ここまで説明してきた内容をもとに自己PRと志望動機の例文をご紹介します。

自己PRの例文

「私は前職で3年間食品メーカーの営業の仕事に携わりました。

営業職として1か月の成約数を〇〇件という目標を立てました。

しかし最初はその半分にも満たない成約数で悩むことも多かったです。

そこで自分の業務やスケジュール管理について見なおすことにしたのです。

問題点を洗い出すことで自分なりの解決策を考えました。

その中でしっかりと顧客の話を伺うことの大切さに気づいたのです。

元々人の話を聞くのが得意だったのでお客様の話にじっくりと耳を傾けることを心がけました。

するとお客様と接する機会が増え目標達成につながりました。

私はこの経験を活かし御社でもお客様との関りを大切にしていきたいです。

それが結果として成約数アップや顧客満足度につながると思っています」

志望動機の例文

「私は前職で5年間一般事務の仕事をしてきました。

その中で社員のサポートをすることにやりがいを感じることができました。

前職の会社では一般事務が経理の仕事を一部兼務することがあり簿記の勉強もしています。

経理の仕事をやっていくうちに経理事務としての経験を積みたいという思いが強くなり転職を決意しました。

御社を希望した理由は経理事務のキャリアアップ制度があり経験を積むことができると思ったからです。

経理の仕事はほとんど未経験の転職だからこそ御社のような制度が充実しているところでキャリアを積みたいと思い志望しました。

事務職としての経験を活かしつつ御社で経理事務のキャリアを積みたいと思っています」

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

悩む女性

転職活動において自己PRや志望動機は成功のカギを握る重要なポイントです。

しかし2つの使い分け方がわからないという女性もいるでしょう。

また書いてみたものの「これで伝わる?」「ちゃんと書けている?」と不安になる人もいます。

そんな転職活動の悩みは転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロがあなたの自己PRや志望動機の作成のサポートをします。

悩みがちな転職活動だからこそ転職エージェントに相談しながら進めていきましょう。

まとめ

笑顔の女性

今回は自己PRと志望動機の使い分け方についてご紹介しました。

転職活動をする中で自己PRと志望動機はとても大切です。

そのため書き方に悩む女性も多いでしょう。

この2つは似ているようですが採用担当者が見ているポイントが異なるので注意が必要です。

それぞれの書き方やポイントを押さえて採用担当者に伝わる自己PR・志望動機を書いてください。

全く同じ内容にならないことや一貫性をもたせることを意識しましょう。

転職活動で不安や悩みがあれば転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら