中小企業の経営について、幅広い視野をもってアドバイスを行う中小企業診断士

中小企業診断士の資格を持っていると、転職に有利になるのでしょうか?

ここでは中小企業診断士を活かせる求人情報について解説していきます。

資格をもっていると女性の転職に有利なのか検証してみましょう。

中小企業診断士の資格についての特徴をはじめ、資格を活かせる仕事についてもまとめています。

中小企業診断士の資格を取るメリットや求人の探し方もあります。

中小企業診断士の資格に興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

中小企業診断士を活かせる求人情報を解説!

パソコン女性

中小企業診断士は、主に経営コンサルタントや中小企業支援センターなどで働くことが多くあります。

国家資格である中小企業診断士は、中小企業にとってかかせない必要な人材であることは確かでしょう。

中小企業自体に専用の部署を作っておく会社もありますが、一般的には外部から委託して依頼することが多いようです。

中小企業診断士は公的機関や一般企業での求人が多く、求人情報が幅広いという特徴があるといえるでしょう。

メリットや資格の特徴などをみて、自分にあっているかを見極めてみてください。

中小企業診断士の特徴

最初に、中小企業診断士という資格の特徴について説明していきます。

資格概要

ノート手元

中小企業診断士の資格は、中小企業診断会が主催する試験となっています。

受験の要件などはないため、誰でも試験を受けられるのが特徴でしょう。

マークシート式の1次試験や筆記、口述式の2次試験など、試験内容が幅広いのも特徴です。

試験に受かって初めて実務補修を受ける権利をもらえることができ、それを受講して初めて合格となります。

試験の難易度

パソコン横顔

中小企業診断士はかなり難易度が高い資格ともいわれています。

近年の合格率は20%程度となっており、数字だけみてもかなり難易度の高い資格だとわかるでしょう。

特に他の資格ではマークシート式のみを採用しているところも多い中、中小企業診断士では口述式も採用しています。

また、1次試験と2次試験がそれぞれを合格しなくてはならず、年度によっても難易度が異なることもあるでしょう。

こういった理由が試験の難易度が高いといわれている原因といえるかもしれません。

勉強方法

考える女性

中小企業診断士は通信や通学での勉強など、種類が豊富にあります。

もちろん独学で合格される方もいますが、独学での勉強はかなり難しいともいわれています。

しかし、費用がかかる通学や通信の一方で、独学ではテキストや参考書のみの費用しかかからないことはメリットでしょう。

それぞれにメリットデメリットはあるので、自分にあった勉強法を選ぶと良いかもしれません。

どの種類を選んだとしても、過去問を解くことやわからない点をしっかり解決することが求められるでしょう。

初心者でも大丈夫?

女性

これまで経営学などとは無縁だった場合も、中小企業診断士に挑戦したいと思っている方もいるかもしれません。

中小企業診断士の資格は、初心者でも挑戦することは可能です。

しかし、中小企業診断士の資格取得には約1000時間の勉強時間が必要ともいわれています。

短いスパンでの取得を考えると1000時間の確保はかなり厳しく感じますが、数年単位など長いスパンで考えると良いでしょう。

毎日少しずつ勉強をしていくことで資格取得も夢ではありません。

 

ワンポイント
・国家資格である中小企業診断士は1次試験と2次試験がある
・通信や通学、独学など幅広い勉強方法がある

中小企業診断士は転職に有利?

女性

中小企業診断士の資格をもっていると、転職にはどう有利なのでしょうか?

中小企業診断士は、公的機関での仕事をはじめ、実際に企業に入って仕事をすることもあります。

また、独立してコンサルタントとして活躍することもできるでしょう。

このように中小企業診断士の仕事は多岐にわたっており、仕事内容が幅広いのも特徴。

転職をする上でも仕事を選ぶことができるのも人気の理由となっているのです。

中小企業診断士の資格をもっていると、転職に有利であるといえるかもしれません。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

中小企業診断士を活かせる職種

中小企業診断士の資格をとると、どういった職種で資格が活かせるのでしょうか?

次に、中小企業診断士を活かせる職種について具体的に説明していきます。

コンサルティング業界

社内

中小企業が多い現在では、企業に対してアドバイスができる中小企業診断士はかなり求められています。

企業の課題や悩みを解決し、今後どうしていくべきかのアドバイスを必要としている企業が多いといえます。

コンサルティング業界でも、企業の課題を解決してほしいという依頼が多く入ってきているのが事実。

そのため、中小企業診断士の資格がある方を優遇している求人が多いのも特徴でしょう。

コンサルティング業界では中小企業診断士の資格を大きく活かせるといえるかもしれません。

士業の事務所

案内

中小企業診断士が独立して事務所を作っていることも多くあります。

中小企業診断士の資格を持って最初の頃は、こういった事務所に入って勉強をしていくことも一つの方法でしょう。

特に会社に入らず独立していきたいと考える場合、士業の事務所では勉強できることも多いかもしれません。

ただし、独立前提での入社を認めていない事務所もあるのでよく確認しておいてください。

公的中小企業支援機関

面接

求人が特に多いといえるのが公的中小企業支援機関ではないでしょうか。

商工会議所や中小企業支援センターなどでは、中小企業診断士の資格を持った方を多く必要としています。

依頼がきた中小企業に直接出向き、アドバイスを行うこともあるでしょう。

また公的機関に窓口が開設され、その窓口相談として対応することもあります。

公的機関でも中小企業診断士の資格を持っている人材を必要としており、求人情報も多いといえるかもしれません。

 

ワンポイント
・コンサルティング業界や士業の事務所などでも資格を活かせる
・公的中小企業支援機関での求人が特に多いといえる

中小企業診断士は転職に有利?

女性

中小企業診断士の資格をもっていると転職に有利なのでしょうか?

これまで見てきた通り、中小企業診断士はコンサルティング業界や士業の事務所、公的機関など幅広い求人情報があります。

中小企業が増えている現在、中小企業にアドバイスができる中小企業診断士はたくさんの職種で求められます。

中小企業診断士の資格をもっていると優遇されることも多く、求められる資格ともいえるでしょう。

実務経験はなくても、資格をもっていることで採用されることもあるかもしれません。

幅広い職種での採用がある中小企業診断士は、転職にも有利な仕事といえます。

中小企業診断士の年収は?

女性、パソコン

 

一般的に中小企業診断士の年収は、700万~800万円程度だといわれています。

ただし、これまでも説明してきた通り、中小企業診断士の職種は幅広いのが特徴です。

税金で行われている公的機関の仕事をはじめ、コンサルティング業界では会社によっても収入が異なるでしょう。

また、独立して自分の事務所をもてば年収はさらにアップすることもあるかもしれません。

このように、中小企業診断士の年収は仕事をする職種によっても大きく異なるため一概に言えないのが特徴となっています。

中小企業診断士を取得するメリット

求人情報も多く、年収も一般的に多いことが特徴である中小企業診断士

中小企業診断士を取得するメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

仕事の幅が広がる

女性

職種も幅広い中小企業診断士の仕事をすると、仕事の幅が広がるということがメリットではないでしょうか。

中小企業診断士は、中小企業の課題解決やアドバイスをすることが主な仕事です。

また、企業向けにセミナーを開いたり資料を分析したりといった仕事を行うこともあります。

企業側との相談に応じることがある一方で、事務作業などもあり、その仕事は多岐にわたっているでしょう。

一つの仕事ではあきてしまうような方は、中小企業診断士の仕事はメリットが多いといえるかもしれません。

地方での転職に強い

女性

働く場所といえば都心の方が求人が多いことがほとんどでしょう。

しかし、中小企業診断士では地方でも求人が多いのが特徴です。

都心部で中小企業診断士が事務所を開いていることが多く、逆に地方では中小企業診断士が少ないという状況が生まれています。

そのため、地方の企業は公的機関を頼りにしていることもあるので求人が増えているのでしょう。

地方での転職を考えている方は、中小企業診断士を取得するメリットは大きいかもしれません。

人脈を活かした転職につながる

紹介

中小企業診断士を取得する最も大きいメリットといえば、人脈を活かした転職につながることでしょう。

中小企業診断士同士のメリットをはじめ、中小企業の社長や社員との人脈も生まれる可能性もあります。

自分が担当した中小企業だけではなく、その担当者が別の会社を紹介してくれることもあるでしょう。

たくさんの人とである可能性がある中小企業診断士は、人脈を活かした転職につなげることができるのも人気の理由です。

女性の中小企業診断士は需要度が高い

ポイント

中小企業診断士の資格を取るのはほとんどが男性といわれています。

そのため、実際に中小企業診断士として仕事をしているのも男性がほとんどでしょう。

一方で、中小企業の社長には女性も増えてきています。

女性ならではの繊細さや丁寧さを求めている方もいるかもしれません。

このように女性が少ないという中小企業診断士は、女性の需要度が高いということも大きなメリットなのです。

 

ワンポイント
・仕事の幅が広がり、地方での転職に強いのが大きなメリット
・中小企業診断士は、人脈を活かした転職や女性の需要度が高い

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

中小企業診断士が向いている女性の特徴

女性

中小企業診断士は、中小企業へ課題を解決したりアドバイスをしたりといった仕事が主な内容です。

そのためコミュニケーション能力が高いことがまず求められるでしょう。

毎日のクライアントとのやり取りで、笑顔で対応できることが大切なポイントです。

また、中小企業診断士は課題を論理的に解決していく必要があります。

原因となるものを見つけ、それを解決するためにどうしていく必要があるのか、わかりやすく説明する必要があるでしょう。

論理的に解決できなければ、クライアント側も納得できません。

論理的に話すことが得意な方は、中小企業診断士に向いているといえるでしょう。

中小企業診断士の求人の探し方

ここでは、中小企業診断士の求人の探し方をまとめていきます。

実際に求人を探すときに参考にしてみてください。

転職サイト

電話をする女性

中小企業診断士の仕事以外でも、まず求人を探すときには転職サイトを見る方が多いでしょう。

今やたくさんの転職サイトがあり、求人と検索するだけでもたくさんの会社がヒットします。

その中から、中小企業診断士のキーワードをいれるだけで、中小企業診断士の資格を活かした仕事が見つかるでしょう。

どのような仕事があるのか、給料はどのくらいかなどを調査するためにも使えます。

中小企業診断士の求人を探したいときには、まず使ってみてください。

転職エージェント

電話をする女性

転職サイトでは、探したい求人が中々見つからないことや何が良いのかわからないといったことがあるかもしれません。

そのようなときは、転職エージェントに相談することも一つの方法です。

転職エージェントでは未公開の求人を案内してくれることもあります。

プロである転職エージェントがおすすめの求人を直接みてくれるので、安心することもできるでしょう。

転職サイトで見つけたけれども、本当に自分にあっているかわからないといったときも利用できます。

転職エージェントも求人探しの際には、ぜひ活用してみてください。

 

ワンポイント
・求人サイトは求人を探すのに最も手軽な探し方
・自分にあっている求人を見つけたいときには、転職エージェントに相談する

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性

中小企業診断士は難しい資格ですが、その職種が多岐にわたっており仕事も豊富にあります。

キーワードをいれて検索をすると、求人情報も多くヒットするのも特徴でしょう。

何があっているのかわからない、どれが良いかわからないといったときには転職エージェントを活用してください。

プロの目からおすすめの求人を紹介してくれるかもしれません。

無料転職相談では未公開の求人も紹介してくれます。

この機会にぜひ転職エージェントを活用してみてください。

まとめ

女性

中小企業診断士について解説してきてきました。

難易度が高い資格ですが、資格を取るメリットもたくさんある中小企業診断士

少しでも興味がある方は挑戦する価値も十分にあるでしょう。

職種が幅広く、その後の転職にも有利に運ぶ可能性も大きいです。

中小企業診断士を目指して、転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら