女性は結婚や出産、子育てという環境の変化から、社会との壁を感じることもあります。

しかし、在宅で仕事をしながら社会との繋がりを保ち、楽しく仕事ができる職業もあるのはご存知でしょうか。

それが「コピーライター」や「ウェブライター」です。

ライターとして働くことができれば、自分のライフスタイルを維持しながら隙間時間を有効に利用可能。

今回は、コピーライターとして働くための求人情報、また、仕事内容や単価相場について紹介いたします。

さらに、未経験の人でも副業でコピーライターとして稼ぐコツなど、様々な情報を詳しく解説していきます。

在宅で稼ぐ方法とは

読書、女性

会社に出社することなく在宅で稼ぐ方法にはいったいどのような職業があるのでしょうか?

在宅で稼ぐためには、コピーライターやウェブライターとして登録して稼ぐ方法があります。

横文字だけを見ているととても難しい職種に思える方も多いでしょう。

実は大半の方はライター経験がない、いわゆる「未経験」からのスタートとなっています。

そのため、ライター登録を行って仕事をしてみるというのは、誰でもチャレンジできるのです。

コピーライターの求人情報の探し方

女性、ラップトップ

では、コピーライターやウェブライターとして働くためには、どう求人情報を探すことができるのでしょうか?

実際のところ、ライターとしての仕事は一般的な求人情報誌などには掲載されていることはないようです。

そのため、求人情報誌は参考にならないことが分かります。

では、コピーライターとして稼ぐための求人情報の探し方について詳しく見ていきましょう。

ウェブライターとしてクラウドソーシングサイトを活用する

コピーライターやウェブライターとしての求人情報を探すには「クラウドソーシングサービス」を活用してみましょう。

クラウドソーシングサービスは、仕事を発注する「クライアント」、仕事を受注する「ワーカー」が双方合意することで契約が成立。

仕事を受注することができます。

また、クラウドソーシングサイトには驚くほど多くの仕事が掲載されています。

あなたにとって大きなビジネスチャンスを掴むことができるといえるでしょう。

そのため、ライターとしての求人情報を探すには、クラウドソーシングサービスへの登録を行いましょう。

あなたが挑戦してみたいと思う内容の仕事をサイト内から探すことからはじめてみましょう。

代表的なクラウドソーシングサイトをご紹介

代表的なクラウドソーシングサイトの上位3位をご紹介していきます。

第1位:ランサーズ

第2位:クラウドワークス

第3位:@SOHO

どれかのサイトに絞るのではなく、複数サイトへ同時に登録しておきましょう。

それぞれのサイトで常にアンテナを張り、自分のやりたい仕事・できる仕事を探すことをおすすめします。

コピーライターとして働く内容と単価相場

ドル

さて、次にチェックしたいのは、コピーライターとして働く際の内容と単価相場についてです。

ここからは、気になるコピーライターとして働く際の内容や、それぞれの仕事を行う場合の単価相場についてみていきましょう。

ライティング・タスク・プロジェクトがおすすめ

コピーライターとして働く内容として代表的なものは、主にコラムや商品情報の紹介です。

また、ライフスタイルや美容などの情報を発信するライティング業務、また、単発の仕事として受けるタスク形式の仕事があります。

その他、多くの受注を受けることができるプロジェクトもおすすめです。

単価相場は1文字0.3円〜が一般的

いざ、コピーライターとして働く際は、やはり気になるのはその単価相場や報酬ではないでしょうか。

実際、ライターとして稼ぐことができる単価相場は、1文字あたり0.3円〜が一般的だといわれています。

もちろん仕事内容やライターが持つスキルや実績次第では、単価相場を1.0〜2.0円まで引き上げ可能です。

実績や信頼を積み重ねていけば、クライアントから特別単価を提示されることもあるでしょう。

未経験の場合は、ひとまず一般的な単価相場となる仕事にチャレンジすることをおすすめします。

少しずつでいいので実績をつけていくことが重要です。

仕事を受注する流れから報酬の受け取り方まで説明

電話をする女性の写真

それでは、コピーライターとして仕事を受注することとなった場合に注目していきます。

どのような流れで仕事を受け、どのように報酬の受け取りを行えばよいかについてチェックしていきましょう。

仕事を受注する方法

まずは仕事を受注する方法をみていきましょう。

  1. あなたが登録したクラウドソーシングサイトより、興味あるライティングや書けそうな内容の仕事を探す
  2. 「未経験者歓迎」「ライター経験不問」など記載のある仕事を選ぶ
  3. 仕事が決まったら、応募する
  4. 契約
  5. 納品&修正
  6. 納品完了
  7. 報酬振込

こういったプロセスで進んでいきます。

初めのうちは難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば非常に簡単です。

報酬の受け取り方

あなたが受注した仕事をしっかりとやり遂げ、納品完了した後は、指定銀行口座へ報酬の支払いが行われます。

その際注意したいことは、利用手数料など。

また、各クラウドソーシングサイトへの利用手数料、指定口座へ振込を行う際の振込手数料、税率10.21%の源泉徴収が引かれることをお忘れなく。

トラブルを未然に防ぐためにも必要です。

そのため、報酬金額がある程度貯まった段階で振込依頼を行う方が、手数料を削減できます。

コストカットすることができるので、検討してみてください。

報酬の受け取り方は、利用する各クラウドソーシングサイトによって異なるので利用前に確認しておくと安心です。

仕事の発注者にも良し悪しあり

女性、ハッカー

クラウドソーシングサイトで仕事を発注しているクライアントは、あなたにとって「良い」存在であるとは限りません。

仕事途中で連絡が途絶えてしまう発注者も中には存在します。

仕事を受注する場合は気を付けなければなりません。

では、どのようなことに注意すれば、発注者の良し悪しを判断できるのでしょうか。

評価の高さに注目する

「良い発注者」といわれるポイントは、どれだけの発注・受注作業が行われているかという実績面です。

その実績を確認するためにも、評価の高さに注目してみてください。

良い発注者であれば5つ星などの高い評価を得ていることが多く、評価内容も非常に良いです。

一方で悪い発注者の場合は、評価全体が低く、内容もあまり良いものではありません。

また、評価ゼロの新規アカウントを利用しているパターンもあります。

そのポイントを見極めるようにしましょう。

テストライティングやトライアルに報酬支払を行うか否か

女性、Macbook

「良い発注者」は、テストライティングやトライアルに対しても報酬支払を行うケースが目立ちます。

しかし、中にはテストライティング等不合格の場合は報酬が発生しない旨記載されていることもあるのが事実です。

もちろん、そのような発注を行うクライアントが悪い発注者とは断定はできません。

しかし、あなたが書いた記事を無断利用していることも考えられます。

そのため、可能な限りテストライティング等に対しても報酬支払を行うクライアントを選ぶようにしましょう。

コピーライターとして稼ぐ3つのコツ

コツ①:コピペのライティングにしないこと

すでに別のライターが記事にしている内容と重複するようなコピペの記事作成を行わないようにしてください。

コピペは著作権侵害となり法律違反です。

あくまであなたの考えをもとにしたオリジナルのライティングを心掛けましょう。

コツ②:決められた期日までに納品を行うこと

スケジュール帳

コピーライターとして稼ぐためには、必ず決められた期日までに納品を行うようにしましょう。

これは、受注した仕事には必ず決められた期日までに納品を行うことを前提に契約が行われているからです。

そのため、その契約に違反する行為はその後の仕事を受注することができなくなる可能性が高くなります。

そのようなことにならないためにも、自身の技量や納期に向けてのスケジューリングを立てて仕事を進めていきましょう。

万一何らかの理由で期日までに納品ができない場合は、事前にクライアントへ相談をするのも方法です。

何も連絡を行わない場合は、あなたの信用問題にも関わるため注意が必要です。

その際はなるべく早めに相談のメッセージ等を送信するよう意識しましょう。

コツ③:クライアントの指示通りに仕上げること

疑問に感じることを質問せずに自分の思うままに業務をしてしまうと、クライアントが求める仕事内容から逸脱してしまう恐れがあります。

継続して仕事を受注するためにも、クライアントの指示通りに仕事を仕上げるようにしましょう。

そうすることで継続発注となり、報酬アップにもつながります。

まとめ

ベッド、仕事、女性

コピーライターとして働くための求人情報、仕事内容や単価相場についてチェックしてきました。

コピーライターは、独自の素晴らしい業務を行えば、場合によっては単価アップも可能となります。

未経験の人でも十分に稼げる可能性が広がっている職業です。

現在、在宅で仕事を探している方は、ぜひクラウドソーシングサイトなどを活用して仕事を探してみてください。

ぜひこの機会に新しいことにチャレンジしてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら