Web検定の資格に興味のある方もいらっしゃるかもしれません。

この資格を取ればどのような求人に活かせるのか分かれば資格を取る励みになるでしょう。

この記事ではWeb検定を活かして転職するにはどうすれば良いか・Web検定を取得するメリットなどを説明していきます。

活かせる仕事も紹介していますので参考にしてください。

Web検定を活かせる求人情報を解説!

パソコン

Web検定を活かせる求人情報を解説していきます。IT業界の職種を中心に求人が多く見られました。

Web検定はWeb業界の基礎知識が詰まった資格になります。様々な職種に活用できますので参考にしてください。

もし求人情報について疑問がありましたら転職エージェントを活用するのも手です。

一般にはない非公開の求人も取り扱っていますので自分によりマッチした求人も紹介してもらえるでしょう。

例①システムエンジニア

パソコン

Web検定を活かせる仕事は沢山あります。その仕事の1つがシステムエンジニアです。

システムエンジニアとはクライアントの要望を聞きその要望に合わせてシステムを構築する仕事です。

システムがクライアントの要望通りに稼働するかどうかを確認するまでがシステムエンジニアの仕事になります。

クライアントとコミュニケーションをとりサポートしたい人にはこの『システムエンジニア』という職業はおすすめです。

特にWeb関係のプログラムについて知識を活かせるでしょう。

例②SNS広告ディレクター

ウェブ

Web検定を活かせる仕事の一つにSNS広告ディレクターがあります。

スマートフォンの普及によりSNSもビジネスを行う上で必要不可欠な情報発信の場になっています。

SNS広告ディレクターとは名前の通りSNS広告を中心に企業の情報やブランディングの発信を統括する仕事です。

年収は会社によっても異なりますが400万〜800万といわれています。

WebデザインやWebプロデュースの知識を活用できるでしょう。

例③プレイングマネージャー

プレイング

プレイングマネージャーについて紹介します。

プレイングマネージャーの仕事は部下の育成に携わるマネージャーだけでなく1人のプレイヤーとして会社の売り上げに貢献することです。

インターネットビジネスを展開する企業は増加傾向にあります。

そのため多くの企業がWeb検定を取得した人材をプレイングマネージャーとして採用したいと考えているようです。

プレイングマネージャーの平均年収は600万円といわれています。また業績によってはさらに高い年収が支払われます。

インターネット普及に伴いWeb検定の需要は増加傾向にあるといえるでしょう。

 

ワンポイント
Web検定を活かせる求人
・システムエンジニア
・SNS広告ディレクター
・プレイングマネージャー

Web検定を活かせる仕事につくには

パソコン

Web検定を生かせる仕事に就くにはWeb業界に関わる仕事を探す必要があります。

例えば「Webディレクター」「Webプロデューサー」「Webデザイナー」が例に挙げられるでしょう。

インターネットの普及に伴いオンラインでのビジネスを展開する企業は増加しています。

Web業界の求人も増加傾向にあるといえるでしょう。

もしどんな求人を選べば良いのか不安に思われたら転職エージェントにご相談ください。

非公開の求人の紹介や資格を活かすアドバイスがもらえます。その他転職の悩みや不安の相談に乗ってもらうことも可能です。

不安を解消して転職活動を行いましょう。

Web検定の目的

スマホ

インターネットの普及によってオンラインで簡単に人とコミュニケーションが取れるようになりました。

分からないことがあればスマートフォンを使ってすぐに調べることもできます。

日常生活にインターネットが欠かせないものとなり、多くの企業がWebを中心としたビジネスを展開するようになったといえるでしょう。

Web検定は仕事でWebに関わる全ての人の共通認識となる基礎の構築を目指して作られました。

Web上で齟齬のないコミュニケーションをとることができればそれだけ生産性も向上するでしょう。

基礎的な知識を統一することにより取引をスムーズに行うことができると考える企業も多くあります。

Web検定を行うことによりますますWeb業界が発展していくことが望まれているといえるでしょう。

Web検定の4つの資格

ポイント

Web検定には4つの資格があります。この章では4つの資格について説明しますので参考にして下さい。

自分の希望する職種に合った資格の取得を目指しましょう。

資格について疑問がありましたら転職エージェントにご相談ください。転職のプロが転職についてアドバイスします。

転職に有利な資格の情報について相談するのも良いでしょう。

Webアソシエイト

資料

1つ目の資格は『Webアソシエイト』です。

Webアソシエイトを取得するには『Webリテラシー試験』という検定試験を受ける必要があります。

この試験ではWebに関わる仕事に就く際に知らなければいけない基礎が出題範囲となるでしょう。

WebアソシエイトはWebに関わる仕事への転職を考えている方におすすめの資格です。

Webデザイナー

イメージ

『Webデザイナー』は『Webデザイン』という検定試験に合格することで取得できる資格です。

サイトの見た目をどのようにするかを考えたり画像や動画を用意したりすることもあるかもしれません。

ユーザーが気持ち良く使用できるデザインは長く利用してもらえます。そのためWebデザインはとても重要になるでしょう。

企業は顧客の心をつかむためのWebサイトのデザインにこだわります。従いましてWebデザイナーは転職に有利な資格といえるでしょう。

Web デザイナーの勉強をする上でサイト内の画像や動画編集・コーディングなどのスキルが身につくことも魅力的です。

Webデザイナーを目指す方は『Webデザイナー』の他にもWebデザインに関する資格があると有利になるでしょう。

Webディレクター

相談

Webディレクターを目指す方におすすめの資格は『Webディレクター』です。

この資格は『Webディレクション』という検定試験に受かることで取得する事ができます。

WebディレクターはWebサイトを指揮するリーダーです。

プロジェクトのスタッフたちを取りまとめて、より良いWebコンテンツを作る役職となります。

Webディレクターを目指すためには『Webディレクター』に加えて『Webアソシエイト』などの資格も取得すると良いでしょう。

Webプロデューサー

スマホ

『Webプロデュース試験』という検定試験に合格することで取得できる『Webプロデューサー』という資格についての解説です。

この資格を取得するとWebプロデューサーへの転職が有利になります。

Webプロデューサーはサイトを運営する際に必要となる予算を立案したり人員などを確保する役職です。

WebディレクターがリーダーであればWebプロデューサーは計画立案者になります。

基本的にWebディレクターとWebプロデューサーは別の人が仕事を行いますがこの2つの仕事を兼任する企業もあるようです。

Webプロデューサーを目指すのであれば『Webプロデューサー』『Webディレクター』はどちらとも取得することをおすすめします。

 

ワンポイント
Web検定の4つの資格
・Webアソシエイト
・Webデザイナー
・Webディレクター
・Webプロデューサー

Web検定を取得するメリット

オッケー

Web検定を取得するメリットについて解説します。

資格を取得すると自分の強みを証明することができるでしょう。資格の勉強をするとWebに関する知識も身につきます。

転職の際の強みになりますので参考にしてください。

幅広い知識が身に付く

女性

Web検定には『Webアソシエイト』『Webデザイナー』『Webディレクター』『Webプロデューサー』と4つの資格があります。

資格を取得することでWebに関する基礎知識からより深い知識までの幅広い知識を身に付ける事ができるでしょう。

知識を積み上げていくとWeb業界の業務に活用できます。

転職時には即戦力としての知識量をアピールできることなどがメリットになるでしょう。

スキルや知識の証明になる

メモ

資格はスキルや知識を証明してくれます。

「Webに詳しいです」と主張するよりも「資格を有しています」と伝える方がより明確に自分の強みをアピールできるでしょう。

採用担当者も応募者が資格を取得していれば採用後に活躍してくれる人材だと安心できます。

Web検定を取得していれば知識の証明にもなるので転職に有利になるでしょう。

転職の面接でアピールできることは大きなメリットです。

Web検定の特徴

メモ

Web検定の特徴について解説します。

難易度や有効期限などありますので確認してください。

試験の難易度は?

女性

『Webデザイン』と『Webディレクション』に関しては他の資格よりも合格率が高くなっています。

ある程度Webに関する知識を持った人が受ける試験を想定しているからという理由が考えられるでしょう。

『Webアソシエイト』を取得した後に挑戦するならば難易度はそこまで高くないといえます。

『Webリテラシー試験』は入門検定試験の位置付けです。受験者の人数が多く合格率も高くなっています。

難易度が一番高い検定試験は『Webプロデュース試験』です。

この試験はWebに関する知識だけてなくマーケティングや集客施策に関する知識を問う問題も含まれているので難易度が高いと考えられます。

資格の有効期限

4つの資格の有効期限は全て2年間です。更新には継続試験を受ける必要があります。

資格を失効してしまわないように注意しましょう。

Web検定に合格するために

女性

Web検定に合格するためにはどのように勉強したら良いか不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

この章ではWeb検定に合格するための勉強方法や実際の勉強時間を紹介しています。

自分に合った勉強方法が見つかれば効率よく勉強できるでしょう。

合格を目指して勉強してください。

勉強方法

女性

勉強方法は基本的にはそれぞれの試験に対応している『公式テキスト』を使用すれば良いとされています。

問題形式にも慣れる事ができますので実際の試験でも落ち着いて回答することができるでしょう。

基本的に出題範囲は広いので公式テキストを何周も熟読してください。

もし独学だけでは不安であればWeb検定に対応している教育機関やスクールでもテスト対策をすることは可能です。

自分にあった勉強方法で合格を目指しましょう。

必要な勉強時間

カレンダー

必要な勉強時間は基本的にどの分野も30時間程度といわれています。1日1時間を目安に1ヶ月続けて勉強すれば合格が可能なテストなのです。

しかしWebに関する知識がまったく無い状態から『Webプロデュース試験』に受かるのは難しいでしょう。

もしWebの知識に不安がある方でしたら、まずは『Webアソシエイト』のための勉強をおすすめします。

Webに関しての知識量を増やしていくことにより、難しい資格にもチャレンジできるでしょう。

 

ワンポイント
Web検定に合格するために自分に合った勉強方法を見つけよう。

Web検定は転職に有利?

女性

基本的に企業の採用担当者は人材を採用する際に取得資格もしっかりと確認しています。

転職では取得資格は採用・不採用の大事なポイントになることもあるでしょう。

『Web検定を取得するメリット』として幅広い知識が身に付くだけでなくスキルや知識の証明にもなります。

Web検定を取得していれば採用担当者に自分が即戦力の人材であるというアピールができるでしょう。

 

ワンポイント
Web検定はスキルの証明になる。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性たち

転職について悩みや不安があれば転職エージェントを活用するのも手です。

必要なスキルや転職に有利な資格のアドバイスをもらうことができます。

転職には様々な情報が必要です。しかし個人で集める情報には限界があるでしょう。

転職に関する情報は転職のプロを頼ってください。

転職に関する不安や悩みを転職エージェントと解消して転職を成功させましょう。

まとめ

エージェント

Web検定の資格には『Webアソシエイト』『Webデザイナー』『Webディレクター』『Webプロデューサー』の4種類の資格がありました。

インターネットの普及に伴いWebに関わる企業は増加傾向にあります。

そのような企業に転職する際にはWeb検定を取得していることが自分の強みになるでしょう。

転職後も活躍できる人材だということがアピールできます。

またWeb検定の勉強をすることによりWebに関する知識を得ることができるでしょう。

手に入れた知識はWeb業界の業務に役立ちます。資格をうまく活かして自分に合った職種に転職を成功させましょう。

もし転職について不安がありましたら転職エージェントにご相談ください。

不安を解消して転職後も活躍してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら