アクション・RPG・恋愛シミュレーションなど、世の中には色々なジャンルのゲームが溢れています。

心ゆくまで遊んだ後、自分もこんなゲームを作ってみたい、と夢を膨らませたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回の記事ではゲームプランナーの仕事の内容・やりがい・年収などについて詳しくご紹介します。

向いている女性の特徴やキャリアパスについても解説しますので、ゲームプランナーに興味がある方はぜひ参考にしてください。

ゲームプランナーの仕事内容を解説

パソコンを操作する手

ゲームプランナーの仕事は新しいゲームを企画することです。

世の中の流行や市場の動向など、様々なことを勘案した上で企画を立案します。

クライアントの要望やプロデューサー・ディレクターらの意向にも配慮しなければなりません。

社内でプレゼンして企画が通ったら仕様書を作成して、いよいよ制作の準備に取りかかります。

会社によっては、この製作準備の段階をプロデューサやディレクターが行うこともあるでしょう。

準備ができたら仕様書に従ってプログラマーやデザイナーがゲーム制作を進めていきます。

制作が円滑に進むよう、必要に応じて方向性を指示したり修正案を出したりすることもゲームプランナーの仕事です。

ゲームの試作品ができあがったら実際にプレイして、プログラムの誤りや改善点を見つける作業をしなければなりません。

ゲームのリリース後はユーザーの反応の分析や修正点のピックアップといった作業が待っています。

そうして得た情報をリリースしたゲームの改良や修正、そして次の企画へと繋げていくのです。

ゲームプランナーはどんな業務があるの?

パソコンと女性

ゲームプランナーの業務は企画立案・仕様書の作成・制作支援・動作確認・分析と改善という5つの段階に分けることができます。

この項目ではそれぞれの段階についてより詳しく解説していきます。

企画立案

女性、パソコン

ゲームプランナーの主な業務、1つ目は新しいゲームの企画立案です。

市場の動向や世の中の流行・ブランドのカラーや過去作との関係など、様々なことを考慮しながらアイデアを出します。

ストーリー・ゲームシステム・やり込み要素など、そのゲームの売りがどこにあるのかもこの段階で決めることになるでしょう。

ゲームにはソフトウェアとして発売されるものとアプリケーションとしてリリースされるものがあります。

後者の場合、ダウンロード自体は無料で、ゲーム内の課金要素で収益を得るパターンが大多数です。

そうした課金のプランについて詳しく決めるのも企画立案の大事な仕事といえるでしょう。

仕様書の作成

パソコン作業をする女性

仕様書はそのゲームのすべてを記した設計図に当たるとても重要なものです。

ストーリーやキャラクター・世界観の設定・ゲームシステムなどあらゆることを具体的に書かなければなりません。

仕様書は1つだけではなく、システム・マップ・チュートリアル・アイテム・NPCなど様々な項目に分けて作られます。

作業が進むにつれてそれらの仕様書に追加や更新が発生するので、仕様書用の管理リストを準備することもしばしばです。

制作支援

相談

ゲームのデザインやプログラミングの作業を実際に行うのはデザイナーやプログラマーです。

では制作中にゲームプランナーがする仕事はないのかというと、もちろんそんなことはありません。

ゲームプランナーは制作のすべての過程に目を走らせ、仕様書とのズレや齟齬がないかをチェックし続けます。

また制作チームからの質問や確認依頼もどんどん上がってくるので、都度それらについて回答することになるでしょう。

制作中に上がってきたより良い案を採用して仕様書を更新する場合もあります。

そのようにして制作支援をするのもゲームプランナーの重要な仕事です。

動作確認

仲間

ゲームは試作プログラムであるプロトタイプ版・メイン部分のみプレイできるα版・一通り完成させたβ版の順に制作されます。

α版以降の試作品はデバッガーやゲームテスターと呼ばれる作業者たちによる動作確認を受け、バグ修正が施されます。

必要があればゲームプランナーも自らデバッグの作業に取り組み、見つけたバグの修正指示を出すことになるでしょう。

バグ取りがすべて終了すれば晴れてマスターアップ版の完成となります。

分析・改善

パソコンの画像

ゲームが完成してもゲームプランナーの仕事は終わりません。リリース後の分析・改善の仕事が待っています。

売り上げの推移やプレイしたユーザーの反応を日々チェックし、次のゲーム制作のための資料を作るのです。

リリース後にユーザーからバグの発見報告が寄せられ、ただちに修正が必要になるということも少なくありません。

オンラインゲームの場合はイベントを挟みつつ長期間にわたって運用が続くこともあり、プランナーの仕事も長期化しがちです。

 

ワンポイント
企画段階も制作段階もリリース後もゲームプランナーの仕事はたくさんある。

ゲームプランナーのやりがいは?

働く女性の画像

幅広い世代から人気を集めるゲーム業界の仕事の中でも、ゲームプランナーはとりわけ注目度の高い職種の1つです。

魅力は何といってもゲームに自分の「好き」を反映させやすいことでしょう。

分析したニーズやトレンドと摺り合わせながら、自分がプレイしてみたいゲームを自分で作ることができるのです。

ゲームがヒットすればその企画者として名を残すこともできます。

その場合、他の多くのゲーム制作会社から声がかかり、新たな仕事や実績作りへと繋げていくことができるでしょう。

残業が多くなりがちでハードな分、やりがいも大きいのがゲームプランナーの仕事だといえます。

ゲームプランナーは未経験でも目指せる?

悩む女性

まったくの未経験でもゲームプランナーとして活躍することはできるのでしょうか。

結論から述べると、無資格未経験でもゲームプランナーの仕事に就くことは可能です。方法は3つあります。

1つはゲームプランナーの養成学校に通った後でゲーム制作会社の求人に応募すること。

次にデバッガーなどアルバイトの社員から始めてきっかけを掴み、ゲームプランナーとしてのキャリアを始めること。

最後は独学で知識や技術を獲得して他業種からゲームプランナーとしてデビューすることです。

自分の状況に最も適した方法を選択すると良いでしょう。

 

ワンポイント
未経験からゲームプランナーになる方法は複数ある。

ゲームプランナーに向いている女性の特徴

3人の女性

ゲームプランナーに向いている女性にはどのような特徴が見られるでしょうか。

この項目では特に顕著な点を4つ挙げてご紹介します。

もちろん、必ずしもこれらすべての性格的特徴やスキルを備えていなければゲームプランナーになれないわけではありません。

仕事の特性から帰納的に考えた時に挙げられる4点であって、こうした傾向が多く見られるだけだということをご了承ください。

コミュニケーションスキルが高い人

ゲームプランナーに向いている女性の特徴、1つ目はコミュニケーションスキルが高い人です。

内容にもよりますが、ゲームの制作は多数の部署の仕事の集まりであって、携わる人の数も膨大になることがあります。

ゲームプランナーはそれら多くの人とコミュニケーションを取り、作業を円滑に進めて行かなければなりません。

コミュニケーションスキルが高いに越したことはなく、低いとプロジェクトに支障をきたすことさえあるのです。

様々なことに興味関心を持てる人

ゲームプランナーに向いている女性の特徴、2つ目は様々なことに興味関心を持てる人です。

携帯型端末の普及や制作環境の変化に伴って、世界中で日々多くのゲームタイトルがリリースされるようになりました。

よほど優れた内容でなければ他を出し抜いて人気ゲームの座を射止めることはできません。ゲームプランナーの責任は重大です。

優れたアイデアを出すために大事なのは、世の中の様々なことに興味や関心を持つことに他なりません。

細かい作業が苦手ではない人

ゲームプランナーに向いている女性の特徴、3つ目は細かい作業が苦手ではない人です。

ゲームプランナーは、ゲームの制作期間中もその後もパソコンと睨めっこで細かい作業のし通しになります。

複数の仕様書を修正したり更新したりしながら、常に全体の進捗状況を把握して作業をコントロールしなければなりません。

そのための手間は膨大であり、細かいことが苦手な人にはとても向かないといって良いでしょう。

ゲームが好きな人

ゲームプランナーに向いている女性の特徴、4つ目は何といってもゲームが好きな人です。

ゲームプランナーはその仕事の特性上どうしても残業が多くなる傾向にあります。

全体の作業の進行を把握していなければならないので無理もありません。

しかしそんな辛さも、ゲームが好きな気持ちが強ければ乗り越えることも容易になります。

ゲームが嫌いではとても務まらないほどタフな仕事がゲームプランナーだといって良いでしょう。

ゲームプランナーに必要なスキル

ゲーム機

ゲームプランナーに必要なスキルは数多くあります。その中でも特に重要と思われる3つのスキルについて紹介しましょう。

まずは企画力です。市場のニーズや流行の分析を踏まえてより良い企画を提案する力だと捉えてください。

次にコミュニケーションスキルです。デザイナーやプログラマーなど様々な社員とやり取りをする必要があります。

最後は何といってもマネジメントスキルでしょう。複数の工程・項目を同時に管理・進行させなければなりません。

単に斬新なアイデアを出せるだけでは務まらないのがゲームプランナーだといえるでしょう。

 

ワンポイント
企画力・コミュニケーションスキル・マネジメントスキルを兼ね備えたゲームプランナーが理想。

ゲームプランナー年収

女性スーツ

ゲームプランナーの年収はおおよそどれくらいになるのでしょうか。

この項目では、未経験からゲームプランナーになった場合と経験者の場合に分けて給与の額を検証します。

未経験

未経験からゲームプランナーになった場合、初任給は一般企業の大卒初任給とさほど変わらない場合が多いでしょう。

会社の規模にも大きく左右されますが、額にして20万円前後、年収は240万円前後です。

ただ注目すべきは、ゲーム制作の全体に目を配らなければならない立場上、残業が多くなる傾向にあることです。

その分、残業手当が支給されて給与の中でも大きな割合を占めることになるでしょう。

経験者

経験者で、すでに実績のあるゲームプランナーの場合、年収は未経験者よりもずっと高くなります。

500万円以上や800万円以上という例も少なくありません。

ただこれも、会社の規模によって大きく違ってきます。

任天堂やスクエアエニックスといったトップ企業の場合は社員の年収そのものが高く、その分プランナーの給与も高くなります。

ゲームプランナーの将来性とキャリアパス

女性,パソコン,ビジネス街

この項目ではゲームプランナーの将来性とキャリアパスについて考察します。

キャリアパスという言葉に馴染みがないという方も多くいらっしゃることでしょう。

キャリアパスとは、一言で表わすならキャリアアップのためのルートのことです。

今回の場合、ゲームプランナーという仕事に就くために必要とされる経験や配置転換の流れということになります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

将来性

ゲームプランナーという職業の将来性を考える時、ゲーム業界そのものの将来性を考えないわけにはいきません。

日本のゲーム業界は少子化などの影響を受けて衰退の一途を辿っているといわれており、市場の縮小が続いています。

しかし世界規模で見るとそうではありません。

ゲームを取り巻く市場、とりわけモバイルゲームに関連する市場は拡大し続けています。

活躍の場を国内だけに限定しないのであれば、ゲームプランナーという仕事には大いに将来性があるといえるでしょう。

キャリアパス

ゲームプランナーに想定されるキャリアパスには大きく分けて2つのルートがあります。

企業に勤めて実績と共に職位を上げていくパターンと、独立して自分の会社を立ち上げるパターンです。

プランナーとして実績を残した後、社内でディレクターやプロデューサーへの栄進の可能性が出てくることでしょう。

その他、同業他社からより良い条件を提示されて引き抜きを受けることもありえます。

もう1つ考えられる独立ルートでは、それまでゲーム制作を通じて築いてきた人脈や獲得したノウハウを元に起業します。

起業後はゲーム関連の仕事を受注したりオリジナルゲームを開発したりと忙しい日々が待っていることでしょう。

 

ワンポイント
世界規模で見ればゲームプランナーの仕事にはまだまだ将来性がある。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

前向きな女性

ゲームプランナーとしてゲーム業界に飛び込んでみたいけれど踏ん切りが付かない。興味はあるのに情報がなくて困っている。

そんな悩ましい状況に陥った時は迷わず転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは転職のプロフェッショナル。ゲーム業界の事情にも深く精通しています。

ゲームプランナーとして転職を果たすためにはどのような行動を取れば良いか、きっとより良いアドバイスをくれるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、ゲームプランナーの仕事内容・やりがい・年収などについて詳しく解説しました。

携帯端末の普及に伴ってゲーム愛好者の数は増え、年齢層も広がりました。ゲーム業界は今や転職市場でも大人気です。

ゲーム業界への転職を目指すライバルたちに差を付けたいなら、転職エージェントに転職のコツを尋ねることをおすすめします。

様々な業界に精通した転職エージェントなら、きっとあなたの力になってくれることでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら