ネットショップ(以下EC)を専業としている企業や、社内にECサイトを新たに開設も企業増えてきました。

転職においても、未経験でも応募できるECの職種もありますがやはり一定のスキルや経験がある方が優位になります。

ネットショップ実務士も転職をより有利に進められる資格の1つです。一体どんな資格なのか解説します。

Contents

ネットショップ実務士の求人情報を解説

まずはネットショップ実務士の資格があれば、どのような仕事に就けられるか求人情報をご紹介します。

求人には具体的に求められる資格として明記していませんが、実務面で求められるレベルが想定されるものばかりです。

ご参考までに、以下のとおり求人情報を3件提示します。

例①ECサイト運営スタッフ

キーボード

自社ECサイトにて、商品の登録などの更新・新商品企画・Web広告の制作・SNSの管理です。

未経験でも可能ですが、ある程度の経験があれば優位でしょう。

例②ECサイト運用ディレクター(Webディレクション、運営代行)

モール型ECサイトに関わるディレクションや運営代行業務の求人です。

モール型ECサイトとは、Amazon・楽天市場など多くのジャンルの商品を扱う、ショッピングモールのようなECサイトを指します。

具体的な業務は、メルマガ、Web広告、キャンペーンーン、デザインなどです。

例③ECサイト運営管理ディレクター

この求人は、単なる個別の応対ではなくECサイトの運営と統括する立場です。

特に、売り上げや顧客動向といった数字を把握するスキルとECサイト運営の実践経験が問われます。

ネットショップ実務士の特徴

レベルは1~5までの5段階あり、各レベルのネットショップ検定を合格することで、資格が取得できます。

それぞれしかしながら、レベル3以上は一定水準のECでの実践経験が必要です。

今回はレベル1~3までの特徴について説明します。

「レベル3」

女性

レベル3はそれぞれの職種に対する専門家として認定されるレベルです。

マネジメント・プロモーション・Web制作・運営という4つの職種ごとに試験が実施されます。

マネジメントはEC全体に欠かせないマーケティング・制作・運営などの専門知識と実践スキルが試される分野です。

プロモーションは優良ECにて所定の条件以上にプロモーション業務に携わった経験が問われます。

Web制作では優良ECにて、所定の条件以上にECサイト制作かつ運用業務に携わった経験が必要です。

運営では優良ECにて、所定の条件以上に運営業務に携わった経験が問われます。

それぞれ専門知識の他、定常業務に関する知識も欠かせません。

「レベル2」

パソコンで仕事する女性

レベル2はECサイトに関する実践的な知識が求められるレベルです。

実際に起きているネットメディアやEC業界の動向やECビジネス上における一定水準の必要な基礎知識が問われます。

ECにおける顧客管理・受注処理・サイト運用の実例も把握することが大切です。

さらにECの集客に関係する一定水準の必要な専門知識や集客の実例の知識も求められます。

単純なECサイト構築に必要な知識ではなく、業界の動向に関する幅広い知識が必要です。

「レベル1」

レベル1で求められるものはEC業界で最低限必要な基礎知識です。

EC業界で働くためにどれくらいの知識が必要か、またどのような業務を行っているかを把握しておく必要があります。

また、その知識を活かし、指示に従ってどれだけ処理できるかの素養を見られるでしょう。

さらにECページの構成・要素を最低限でも理解しておくことが大切です。

EC専門のスタッフと業務上のコミュニケーションを取るため、専門用語を最低限は覚えておく必要があります。

 

ワンポイント
レベルのよって求められる知識や実務経験が異なる。

ネットショップ実務士の試験内容は

ネットショップ実務士はレベルごとに細かく段階が分かれており、それぞれ出題内容は異なります

しかし基本的にはECサイトに関わる知識が問われるため対策はしやすいでしょう。

具体的にどのような試験内容なのか解説します。

試験の内容

文章を書く女性

各レベルによって試験内容と求められるスキルが変わります。

レベル3で問われるのはマネジメント・プロモーション・Web制作・運営の4つの職種に分類されECの実践能力です。

それぞれの専門領域の試験となるため、出題内容も変わります。

まずマネジメントはEC事業に適した論理的思考や業務の仕組み化をして、業務を効率化できる能力が必要です。

業務を効率化するための基礎となる専門知識の問題も出題されるでしょう。

次にECで特に重要とされるプロモーションです。

プロモーションサービスの知識はもちろん、プロモーションの実施能力やその成果を正しく評価ができるかも問われます。

またプロモーション実施や評価をするためのツールを上手く使いこなせるかも重要です。

Web制作では良い素材やその配置を評価できるかなどセンスが問われます。

またwebサイト制作の基本的な実務やそれに使う主なツールを上手く使えるかも重要とされるでしょう。

運営の項目では運営の仕組みや流れを理解できているかが問われます。

運営を構築する能力、またその実施や改善点やイレギュラーが起こった時の対処など効率改善能力も重要です。

また内部だけでなく、顧客とのコミュニケーションをちゃんと取れるかが問われるでしょう。

難易度

ネットショップ実務士の難易度はECサイト運営の経験の有無によって大きく左右されます。

ネットショップを運営したことのある人であれば、基礎知識などは自然と身についている人も多いでしょう。

普段の実践で行っているものは体が覚えているけれど知識や理論として正確に把握できていない人もいるかもしれません。

しかし経験をしているならば普段の実践内容を整理して知識として身につけることでレベル1であれば対応できるでしょう。

レベル2・レベル3であればさらに踏み込んでECサイト業界の知識も必要です。

またより高度にサイトを運営し成長させていくための戦力を練ることができるほどの実用的な知識が求められます。

そのためレベル1であれば難易度としては低めですが、レベル2・レベル3と上がるごとに難易度も難しくなるでしょう。

試験範囲としてはネットショップに関連するものばかりですので学ぶ必要のある知識も限定的です。

そのため他のWeb関連の資格と比べればそれほど難易度は高くないともいえます。

ネットショップ実務士の合格率は?

悩む女性

ネットショップ実務士の合格率は非公開となっています。

受験者数も非公開となっているためどの程度なのか推し量ることは現在はできません。

なおレベル1の合格点は全70門中49問以上の正答と合格評価カテゴリごとに50%の正答率が必要です。

レベル1で問われるはネットショップの基礎知識程度ですので、合格率は高いと予想できます。

ネットショップ実務士の資格を活かせる仕事

考える女性

ネットショップ実務士はレベルごとに証明できるスキルが異なります。

レベル1段階では基礎知識があるという程度です。

そのためまずはECサイトに関わる企業に入社して、自分の方向性を見つけ出すという手もあるでしょう。

入社後に経験を積んでレベル2を取得し、運営・Web制作・プロモーションの3つの職種から選んで働くのもひとつです。

一定の実践経験があり、レベル3以上があれば、前出の3つの職種に加え、専門家としてマネジメントのチャンスも得られます。

資格自体がECサイトに関わる知識・実務経験の証明のため、仕事に活かす場合はECサイトに関わることになるでしょう。

ネットショップ実務士の資格は転職で有利になる?

ノートパソコンを見る女性

この資格はマイナーな資格に分類されるため、この資格があるからと転職で劇的に有利になることは望めないでしょう。

しかしECを全く知らない方の場合、せめてレベル1くらい取得するとしないでは大きな違いがあります。

いずれのレベルでも実践に役に立つ情報が詰まっている資格です。

身の丈に合ったレベルの資格を取れば、転職活動で差別化が図れます。

 

ワンポイント
転職時にはこの資格とプラスαの強みや実績をアピールしよう。

ネットショップ実務士を転職に活かす方法

ネットショップ実務士はECサイトの運営知識実務経験の証明になります。

レベル3以上を保有していると特定職種の実践経験と知識あるため、転職でも有利になるでしょう。

この資格をどのように転職に活かすのか、その方法を解説します。

転職に役立つのはレベル何から?

面接

この資格が転職に役立つのは実務経験を経てからしか取得できないレベル3からでしょう。

レベル3を取得していれば知識だけでなく実務経験もあるため、企業としては即戦力として期待できます。

レベル1・レベル2であっても資格を取得していれば知識があることの証明にはなるでしょう。

そのため未経験者の応募が可能な求人であればアピールポイントの1つになります。

転職エージェントを活用しよう

この資格をどう転職に活かせば良いか分からないという場合は、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは、転職活動には欠かせない存在です。

転職希望者の希望に添った求人情報の紹介や応募先企業との交渉も行ってくれます。

さらに応募書類の書き方や面接対策も相談できるため、この資格をどうアピールすれば効果的なのかも相談できるでしょう。

相談し第三者の視点が入ることで、新たなアピール方法にも気付くことができます。

ネットショップ実務士を活かした転職を成功させるポイント

ネットショップ実務士は取得レベルによって証明できる知識や実務経験が大きく異なります。

このを活かして転職を成功させるためにも、必要なポイントを押さえましょう。

企業の情報を集めよう

PCと女性

ネットショップ実務士を活かして転職するならばECサイトの運営に関わる企業へ転職する必要があります。

そのためには企業の情報を集めることが大切です。

ECを専業としている企業もあれば、メーカーや商社などでEC部門がある企業もあります。

自分の好きなものから調べても構いませんし、転職サイトで検索したり、または転職エージェントに相談も選択肢の1つです。

多くの企業の情報を集め、その中かから自分の理想の企業を探してみましょう。

自分の強みが何かを考えよう

ノートとペン

企業に応募する際、自分の強みが活かせる企業かどうかは大きな判断基準になります。

また企業としても就職後に活かせる強みがあるかは注目しており、選考時には最大限アピールしなければなりません。

これまでの経験を振り返り、自分にとって何が強みか考える必要があります。

現職または前職でどのような仕事をしてきたかを客観的に捉えるために書き出してみましょう。

仕事を通しての経験や成功体験・やりがいのあった仕事・苦手だった仕事など思い出せる限り書き出します。

さらに自分の性格・スキル・取得している資格なども書き出し、それらを客観的に捉えましょう。

それによって自分の強みが分かり、さらにどの企業に対してどの強みが活かせるのかも分かります。

自己分析をしっかり行おう

前項では強みに焦点を当てました。

ここでは、強みの他に自分の弱み自分のしたいことを考えてみましょう。

特に弱みは、前項の強みと表裏一体です。

例えば、強みとして「決断が早い」というのがあるならば「短気」とも言い換えられてしまいます。

しかし、弱みを隠すことなく何らかの強みでカバーするという姿勢さえあれば弱みは補えるものです。

また自分のしたいことは、仕事を振り返るだけでなく、趣味や学生時代に取り組んできたことからもヒントを得られます。

一例として、Web制作を目指す場合、デザインソフトを趣味で使用していればしたいことだけでなく強みにもなるでしょう。

 

ワンポイント
自分の強みと企業が求める強みを合致させてアピールしよう。

ネットショップ実務士の資格の将来性は?

ポイント

日本のEC市場規模は2010年から2019年を比べると、2倍以上に増えています。

スマホの普及によりネットが身近な存在になったことで急成長しており、今後も成長が見込めるでしょう。

このようにたった10年でEC市場が大幅に変化したことから、専門知識の高い人材の確保も急務です。

ネットショップ実務士は国家資格でないものの、現場としては需要が高まりつつあるといえるでしょう。

特に、レベル3以上のスキルを有した人材が即戦力として求められます。

 

ワンポイント
ECサイトの普及とともに求められる可能性も高くなる。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

自分1人では、募集企業、書類や面接の攻略方法、EC業界動向を調べるのに苦労するかも知れません。

転職エージェントはそれらに関するアドバイスしてくれる心強い存在です。

1人で抱え込むのではなく、分からないことがあれば物おじせず何でも聞いてみましょう。

先述した通り転職エージェントは転職希望者にあった求人の紹介もしてくれます。

もちろん、転職エージェントが紹介した企業や職種が気に入らなければ辞退しても構いません。

自分のスキルを活かして、自分らしく働ける企業へ転職するためにも転職エージェントの利用をぜひ検討してみてください。

まとめ

キャリアウーマン

今回はネットショップ実務士がどのような資格か説明しました。

ECで働く上で、専門知識と実践経験を証明することのできる資格です。

さらに自身の経験・強み・したいことと照らし合わせて、どのレベルから取り組んでみるか選択できます。

また、ECサイトが増加していることから、人材ニーズが高まってきている分野です。

ネットショップ実務士という資格は、自分の強みを活かしながら、自分の新たな専門性を開花させられるチャンスとなるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら