Webアナリストはアクセス解析やデータ分析などを専門に行う仕事です。

アナリスト業務を行ううえでWebアナリスト検定の資格を保有していることは大切といえます。

今後ますますWebコンテンツが世の中に増えていくことが予想されますから、アナリスト業務は必要不可欠です。

ではアナリスト業務を有利にするWebアナリスト検定を活かせる仕事は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

資格を活かせる求人例と一緒に当記事で解説します。

Webアナリスト検定を活かせる仕事を解説

笑顔の女性とパソコン

Webアナリストとはアクセス解析やデータ・ユーザー分析などを専門に行う仕事です。

GoogleアナリティクスやAdobeアナリティクスと呼ばれるツールを使用できる知識が必要といえます。

Webコンテンツ作成やWebサイト運営にはWebマーケティングが欠かせません。

自社商品やサービスの売上を最大化するため、競合調査やアクセス解析など重要です。

Webマーケティングで求められるスキルを学ぶためにはWebアナリスト検定の資格を取得することが近道といえます。

収入の面から見ても平均年収が400万円から600万円前後とWeb関連の職種の中でも高い方です。

専門性が高いので経験を積むほど年収も高くなる傾向にあります。

Webアナリストのニーズは高まることが予想されるので、資格を取得すれば転職の幅が広がるでしょう。

Webアナリスト検定の概要

情報収集する女性

アナリスト業務に欠かせないWebアナリスト検定の概要をご説明します。

Webアナリスト検定の主催は日本Web協会です。

1日5時間の講座で80分の試験、試験直後すぐに合否判定が出るため比較的難易度が低い資格といえそうです。

検定試験の出題内容は?

Webアナリストについて体系的に学んだうえで基礎から専門的な内容、実践に適した技術までまんべんなく出題されます。

Webアナリスト検定のカリキュラムでは初めにWebアナリストに求められることなど基礎的な知識からスタート。

一般的なことを学んだらWeb解析の進め方など専門的な勉強に移ります。

講座の終わりの方では検定試験対策として演習問題も行うので記憶が定着しやすいでしょう。

アナリスト業務の基礎を学んだらいよいよ本格的な分析について4つのフェーズごと詳しく学びます。

  • 集客フェーズ
  • 回遊フェーズ
  • コンバージョンフェーズ
  • リピートフェーズ

Webサイト運営や集客方法として欠かせないソーシャルメディア分析も学ぶのでより実践に近い講座といえるでしょう。

そして最後にデジタルマーケティング概論としてコミュニケーション設計などを学んでカリキュラム終了です。

試験の難易度は?

試験の難易度はそれほど高くありません。初心者でもしっかり講座を受講すれば高確率で合格できます。

試験の前に行われる5時間の講座で講師がヒントをくれるので、重要なポイントを聞き逃さないことが大切です。

Webアナリスト検定は講座がすべてと言っても過言ではありません。

講座の中の各カテゴリーにおいて40%以上かつ全体の75%以上の正解でWebアナリスト検定合格となります。

未経験からのチャレンジなら専門用語を理解することを意識しましょう。

専門用語が分かるだけでWebアナリストの理解度が大きく変わってきます。

 

ワンポイント
Webアナリスト検定は難易度が高くないので初心者でも挑戦しやすい!

Webアナリスト検定の資格取得のメリット

呼びかけ

アナリスト業務やマーケティング業務に携わるうえで分析力や解析力は欠かせません。

ではWebアナリスト検定の資格を取得するメリットは何があるのでしょうか。

具体的に2つのメリットをご紹介します。

Web解析の知識が身に付く

Webアナリスト検定の資格を取得すればWeb解析の知識が身につきます。

Web解析の知識とはWebマーケティングにおいて成果につながる業務が効率的に行えるということ。

一言でWebマーケティングといっても、企業のHPやECサイトなど非常に複雑化・多様化しています。

数多くのWebサイトの中からいかに企業の収益を上げ、さらにユーザーの満足度も上げるかが重要です。

そのためにはアクセス解析やデータ分析・ユーザー分析は経験を積む事であなたの実力となっていくでしょう。

スキルの証明になる

PCで学ぶ女性

知識があるだけでなく、データ解析やデータ分析を行うにあたり複数のツールを使いこなせるようになるでしょう。

代表的なものでGoogleアナリティクスがあります。

サイトの検索順位を管理することができるGoogleサーチコンソールも有名です。

知識があることで専用ツールを使えるようになり、さらに資格があればスキルを目に見える形として証明できます。

経験を積むとGAIQ(Googleアナリティクス個人認証資格)やWeb解析士などの資格も取りやすくなるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

Webアナリスト検定は転職に有利?

学習する女性

Webアナリスト検定の資格を保有していることで転職は有利になるといえるでしょう。

データ分析やデータ解析に関する知識があることを証明できるからです。

Webマーケティング業界はとてつもない速さで発展しており、それに比例するように需要は増えています。

広告がユーザーのニーズに合っているか、投資利益率はどうかなどWebサイト運営において分析は欠かせません。

Webアナリストの資格はWeb業界だけに留まらず、メディアや金融業界からも注目されている資格です。

さまざまな業界で応用できるWebアナリスト検定の資格を保有していることで転職も有利になるといえるでしょう。

 

ワンポイント
Webアナリスト検定は転職活動に有利な資格!

Webアナリスト検定を活かせる職種

提案

Webアナリスト検定の資格はさまざまな業界から注目されています。

未経験から資格を取得し転職するなら、広告代理店やコンサル企業に応募するのがおすすめです。

また、Web制作などに携わることができる制作会社でキャリアを積むのもいいでしょう。

その場合はWebディレクターやWebマーケターという職種でアクセス解析の実績を重ねることも可能です。

ITの発展に伴い各業界でWeb関係の需要が高まっています。

金融関係ではリスニングポストの分析、ECサイトでは新たなWebサポートの構築などです。

Webアナリスト検定の資格はさまざまな角度から転職活動を有利に進められるといえます。

Webアナリストに必要なスキル

受験方法

Webアナリストとして活躍するにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

具体的なスキルを4つご紹介します。

アクセス解析スキル

Webアナリストに必要なスキルの1つ目はアクセス解析スキルです。

Webサイトおける最大の目標は、自社商品やサービスの売上を最大化すること。

ユーザーに対して企業が望むアクションを起こしてもらえるかがポイントです。

コンバージョンと呼ばれる最終的な行動にいたるまでの問題点や改善点などをすべてクリアしなくてはなりません。

そのためにはアクセス解析スキルが必要不可欠です。

ユーザーの行動原理や流入・離脱経路などツールを使いながら分析します。

ただWebサイトを運営するだけでは売上を伸ばすことはできません。

アクセス解析も同時に行うことで売上の最大化につなげられるのです。

Webマーケティングスキル

グーグルの画像

Webアナリストに必要なスキルの2つ目はWebマーケティングスキルです。

WebマーケティングスキルはWeb上で集客し、商品やサービスの購入を促す技術が必要となります。

具体的には、集客施策・アクセス解析・市場調査からのリピーター獲得です。

Webマーケティングスキルがなければ自社商品やサービスの利用者は増えないでしょう。

その結果売上も伸び悩むことにつながるので、アクセス解析とあわせてWebマーケティングスキルは欠かせません。

プレゼンスキル

サポート

Webアナリストに必要なスキルの3つ目はプレゼンスキルです。

多くの情報を分析した結果見つかった問題点などを評価し、それらを改善するためプレゼンを行います。

単純に事実だけ述べても売上を伸ばすことはでいないでしょう。

どのように改善すべきか、具体的かつ熱意をもって伝える必要があります。

プレゼンスキルがなければ提案は受け入れてもらないでしょう。

自身と根拠をもってプレゼンできるよう話す力も持ち合わせておく必要があります。

コミュニケーションスキル

Webアナリストに必要なスキルの4つ目はコミュニケーションスキルです。

データ解析やマーケティングで得た情報をチーム内で共有するにはコミュニケーションが欠かせません。

ただデータを伝えるだけでは無機質な感じでチームのモチベーションも上がらないでしょう。

自社の売上を最大化するには日ごろからコミュニケーションを取る必要があります。

社内で良い関係性を築くためにも普段から積極的にコミュニケーションを取りましょう。

 

ワンポイント
さまざまなスキルを身につけWebアナリストとして活躍しよう!

転職に活用できる他のWebアナリストに関する資格

オフィスの女性

Webアナリストとして活躍するため、Webアナリスト検定以外にもおすすめの資格があります。

転職後に活用できる2つの資格をみていきましょう。

Web解析士

Web解析士には3つのランクがあります。

  • Web解析士:解析やマーケティングの知識を習得
  • 上級Web解析士:KPI(重要業績評価指標)・戦略立案・コンサルティングスキルを習得
  • ウェブ解析マスター:ウェブ解析士の育成や講師のスキルを習得

WebアナリストとあわせてWeb解析士の資格もスキルの証明になるでしょう。

ネットマーケティング検定

インターネットマーケティングに関わる知識や技術を習得します。

Webマーケティングに似ている部分があるでしょう。

集客から商品の購入やサービスの利用までネット上で完結する時代になりました。

ユーザーが不便を感じず自社商品やサービスを利用できるよう、ネットマーケティングは欠かせないスキルです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

Webアナリスト検定を活かせる求人情報を解説!

パソコン作業をする女性

Webアナリストは主に Webメディアを運営している企業から多く求められています。

アクセス解析や提案はツールを使えば誰でもできますが、Webアナリストはより専門性を求められる職種です。

そんなWebアナリスト検定を活かせる求人例を3つご紹介します。

大手インターネットの広告代理店

Webアナリストとしての知識を存分に発揮できるのが広告代理店です。

広告代理店はその名の通り宣伝広告を代理して行うこと。

クライアントの売上を最大化できるようマーケティングスキルを駆使します。

一言で広告代理店といっても企業こと担当する業務は異なるでしょう。

ただ、ベースとなるのは分析力や解析力であることに変わりありません。

Webアナリスト検定を存分に活かせる求人として広告代理店を探してみてください。

ECサイト運営

ECサイトとは商取引が行えるWeb上のサイトのことです。

ユーザーは商品の確認や購入、決済などすべてWeb上で完結できます。

サイトのアクセス解析や集客施策の提案、コンバージョンを増やすためのテストなど幅広い業務に携われるでしょう。

どの業務においてもWebアナリスト検定を活かせることは間違いありません。

メディア

メディアではオンラインキャンペーンの計画に対するアナリスト業務の需要が見込めます。

データの分析や解析は日常茶飯事なので、Webアナリスト検定の知識は役立つでしょう。

 

ワンポイント
Webアナリストとしてのスキルを持っていると仕事の幅が広がる!

Webアナリスト検定を転職に活かす方法

パソコンを持つビジネスウーマン

Webアナリストは分析のプロフェッショナルです。

Webアナリスト検定の資格を保有していればデータの分析が得意であることを証明できるでしょう。

口頭で「データ分析が得意です。」と言っても本当に身についているか分かりません。

資格という目に見える形でスキルを証明することで転職活動にも活かすことができます。

あなたが世間の流行に敏感で論理的思考を持っているならWebアナリストとして働くことに向いているでしょう。

スキルを存分に発揮し理想の未来を手に入れてください。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

スタッフ

転職活動は壁にぶつかることがよくあります。

今のやり方で正しいのか、本当に転職は成功するのか不安になるでしょう。

そんなときは転職エージェントに相談してみてください。

エージェントはこれまで培ったノウハウをもとに、あなたの転職が成功するよう的確にアドバイスしてくれます。

転職の悩みは1人で抱え込まないでください。

エージェントとうまく連携してあなたに合った転職先を見つけましょう。

まとめ

女性

Webアナリスト検定の資格を保有していることでアナリスト業務に携わりやすくなります。

資格を取得することはスキルを証明することにつながるので転職活動でも有利になるでしょう。

Web業界は世の中のニーズに反して人手不足が懸念されています。

スキルを持ち合わせているなら未経験でも挑戦しやすい業界です。

あなたに合った転職先を見つけるため、エージェントと連携しながら転職活動を進めていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら