ヒューマンスキルは企業が転職者に求めるスキルの1つです。

企業側に自身のヒューマンスキルをアピールし業種や職種問わず業務を遂行できる強みを売り込む方法を解説します。

女性が転職時にヒューマンスキルをアピールする方法を解説

ポイント

企業側が転職者に求める条件として円滑な人間関係が構築できるかを重視しています。

どんな仕事においても社員同士の連携は必要であり、それができることが求められるのです。

転職時にこうした対人関係を良好に保つ能力を示すヒューマンスキルは大きなアピールポイントになります。

限られた面接時間の中で、効果的にヒューマンスキルを印象付けることを心がけましょう。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを掴もう

 

自分のヒューマンスキルを把握するには?

文章を書く女性

自分を客観的に捉えることが難しく、自分のヒューマンスキルを把握できない転職希望者は多いでしょう。

その場合、自己分析と第三者の意見、経験や得てきた知識の経験を振り返ることでヒューマンスキルを簡単に把握できます。

ヒューマンスキルは技能であり、具体的に数値化する手段がありません。

そのためこれまでの経験がまさにスキルの証明になります。

簡単にいえば、意識次第で誰でも身につくスキルということです。

例えば仕事でイベントを企画・運営した場合、日程や規模の交渉が「交渉スキル」となり自身のスキルの一部となります。

イベント設営の希望を通すために様々な説明を分かりやすく、上司やクライアント、協力会社へ解説したこともあるでしょう。

分かりやすく、順を追って説明することができていたなら、ロジカルシンキングというスキルといえるのです。

ロジカルシンキングの研修を行う企業も多く存在し、履歴書、経歴書だけでなくアピールでます。

こうしたヒューマンスキルを把握するには、これまで自身がどのような経験をし知識を得てきたかを自己分析しましょう。

その上で第三者に相談し、自分では気付かなかった自分の強み知ることが大切です。

 

ワンポイント
自己分析を深めて自分のヒューマンスキルを知ろう。

人間関係作りの基本になるヒューマンスキル

ヒューマンスキルと聞いてはじめに思いつくスキルの多くはコミュニケーションスキル・ヒアリングスキルです。

基本となるヒューマンスキルがあれば自分の強みとなってくれます。

コミュニケーションスキル

コミュニケーション

まず人関係作りに大切なヒューマンスキルはコミュニケーションスキルです。

単純に人との会話が苦手で、これまでの経験から自分の強みとなるスキルを苦手と誤認していることがあります。

しかし本当は会話が円滑進むだけがコミュニケーションではありません。

その会話の過程で多くの意見や情報を引き出せることこそが企業が求めるコミュニケーションです。

また、表現する技能は優れていると評価できても表情や言葉遣い・行動これらすべてがコミュニケーションといえます。

自分の意見を言葉にして伝えるだけがコミュニケーションスキルの証明ではありません。

意図を組み円滑に柔軟に話を進めるための雰囲気作りもコミュニケーションスキルです。

ヒアリングスキル

女性

コミュニケーションスキルと切り離せないスキルがヒアリングスキルです。

円滑なコミュニケーションが取れても相手の意図を汲み取ることが出来なければスキルとしては不十分でしょう。

意図を汲み取り情報や知識を得るために必要になるヒアリングスキルは、女性の多くは苦手と感じている部分です。

聞くだけできれば基本とすれば、+αの自分が知りたい具体的例や質問を相手から知ることができてスキルといえます。

円滑なチーム運営には欠かせないスキルで、埋もれず目立ちすぎず役立つスキルです。

ヒアリングスキルは、日々の積み重ねで簡単にレベルアップは可能でしょう。

業務で言葉を交わす際「感じのいい人」と思われる少しの機転でスキルを身に着けるチャンスは訪れます。

まずは、相手の目を見て話す・挨拶を交わす・姿勢を正すこれだけで充分印象は上がるものです。

それが出来れば聞く耳を育てることをスタートし、ヒアリングスキルを磨きましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


実用性の高いヒューマンスキル

企業が求める実用性の高いヒューマンスキルは、交渉スキル・プレゼンテーションスキルの2つが挙げられます。

営業職だけでなく、内勤事務でも実用性が高く企業が特に求めるスキルです。

それぞれどのようなスキルなのか解説します。

交渉スキル

相談

交渉スキルとは人や組織の間に立って意見交換を円滑に進める能力です。

それぞれの立場でだされる意見を理解し、まとめることが求められます。

意見が異なる者同士では、意見が衝突してうまくまとまらない場合もあるでしょう。

まとまらない状態では仕事も進められないため、落としどころを見つけて導くことが求められます。

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルも企業の求めるヒューマンスキルの1つです。

プレゼンテーションでは自分の伝えたいことの要点を押さえて分かりやすく説明することが求められます。

意見をうまく伝えられるかどうかで話し合いの進みやすさは大きく異なるものです。

また誰かを説得しなければならない場面でも、相手が納得できる分かりやすい説明ができれば仕事にも活かせるでしょう。

 

無料転職相談をして理想の企業へ転職しよう

 

チームとして活躍できるヒューマンスキル

大なり小なりのチームで活躍していくためにもヒューマンスキルが必要です。

チームの業務効率を左右するヒューマンスキルとは何があるのか解説します。

向上心

女性

まずあげられるのが向上心です。

チームとして活躍するために向上心があることで、チームが活気づきプラス方向へと舵を切ることも可能になるでしょう。

変化を求めず現状に満足していては、チームの活動も停滞し、企業としての成長も止まってしまいます。

向上心を持ち、常に高みを目指して仕事に臨むことで、自分だけでなくチーム全体に良い影響を与えられるでしょう。

こうした仕事に対する前向きな姿勢を企業は求めています。

コーチング

サポート

チーム全体のパフォーマンスをあげるためには、コーチングのスキルも必要とされます。

コーチングと聞くと部活動などの指導する立場にある「コーチ」を思い浮かべる人は多いかもしれません。

しかしここでのコーチングとは指導ではなく相手が主体的に考え行動するためのサポート役を指します。

チームを円滑に運営するためにチーム全体をコーチングする意義を理解した人材も大切です。

答えを教えるのではなく、あくまでも相手が自分で答えを見つけ出せるよう導くことを求められます。

リーダーシップ

リーダーシップもチームで仕事をする上では必要とされるスキルです。

チームでの仕事において、メンバーをまとめ、同じ方向へと導く存在がいるかどうかで過程も結果も異なってしまいます。

リーダーがいなければ目標設定も曖昧でどう進めば良いか分からない状態に陥ってしまうでしょう。

そうならないようにリーダーがメンバーをまとめて仕事を進める必要があるのです。

これは特に管理職クラスには必須のスキルであり、チームの行動を決定する決断力なども求められます。

さらに方向性を決める以上はその責任を担う必要があり、責任感も必要です。

また、例えリーダーではなくてもリーダーシップが取れるからこそ、自分が今どのポジションで動くべきなにか理解できます。

チームを率いていくこともリーダーシップの大きな資質となりますが、チームをまとめ支えておくのもリーダーシップです。

 

ワンポイント
仕事で活かしていたヒューマンスキルを探そう。

ヒューマンスキルアピールのコツ

自分の持っているヒューマンスキルを把握出来たら、履歴書でアピールするコツを押さえましょう。

長所や自己PR、職務経歴部分に自身のヒューマンスキルの経験を記載します。

履歴書でアピールするコツ

履歴書

長所とPRは、ヒューマンスキルを履歴書で唯一文章として伝えることが出来る手段です。

履歴書にも長所・自己PRを記載しますが、職務経歴書にも履歴書に記載したものとは別の長所・自己PRを記載しましょう。

そうすることで、ヒューマンスキルの実例を1つでも多く転職希望先に提示することができます。

履歴書で自分の強みとなるヒューマンスキルをアピールするコツは、自身のヒューマンスキルの実例を記載することです。

例えば、プロジェクトリーダーとして、リーダーシップを発揮し成功させた製造系で考えてみましょう。

この場合は若手育成プログラムに積極的に参加し、後任とコミュニケーションを取りながら作業をコーチングした実績などです。

また自己アピールに第三者の意見が反映された内容であれば企業側には強いアピールとなります。

面接でアピールするコツ

履歴書だけでなく、面接でもヒューマンスキルをアピールすることが出来ます。

面接では自分の長所・短所や自己PR・仕事への姿勢に関わる質問を通してヒューマンスキルをアピールしましょう。

効果的にアピールするにはスキルを裏付けるエピソードを必ず用意し、事前に回答を準備しておくことが大切です。

また回答の内容だけでなく面接官とのやり取りにも気を配りましょう。

ヒアリングスキルがあるとアピールしながら、面接官の話の意図を汲み取れていなければ面接官は矛盾を感じてしまいます。

さらにアピールするスキルが企業の求めている人材に合致していないと、企業研究不足を疑われるでしょう。

企業の求めている人材と面接官の質問の意図を正確に理解し、回答することが大切です。

 

ワンポイント
具体的なエピソードを交えるとより効果的にアピールできる。

ヒューマンスキルのアピール例

ヒューマンスキルをアピールする質問の1つに「あなたの長所と短所について教えてください」という質問があります。

ここで企業側から問われているのは「客観的に自己評価ができているか」「わかりやすく第三者に伝えられるか」の2つです。

その中に自分のヒューマンスキルを盛り込んだ実例を簡潔に話しましょう。

アピールするために第三者の意見を使うことでより具体的に聞こえます。

例①

オフィスでミーティング

私の強みはヒアリング力が高いことです。

前職では営業職として従事しており、多くのクライアントから、細やかな対応ができると評価されたことがあります。

私はクライアントの要望を丁寧に聞き、それを実現するための最適案を提案することを常に心がけていました。

例②

私の強みはチームを組んで仕事をする際にリーダーシップをとって行動できることです。

前職では1つのプロジェクトごとに新たなチームを組むことが多くありました。

チームによってはメンバーが大きく替わる中で、いつもまとめ役を率先して担っています。

その際に心がけているのは、メンバーそれぞれの意見を聞き、決して独断をしないことです。

そのためにチーム全体でコミュニケーションをとり、意見を出しやすい雰囲気作りを大切にしていました。

同僚から、リーダーシップを取ってくれてプレゼンの進みが良かったといわれたことがあります。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


面接官が見ているポイントは?

転職者に対し面接官が見ているポイントを解説します。

面接官が重要視しているポイントは多くはなく、それらを押さえると簡単にアピールするチャンスを得られるでしょう。

ヒューマンスキルの仕事への活かし方

仕事をする女性

面接官は、面接者の発言や態度から自社でのヒューマンスキルの仕事への活かし方を見ているのです。

ヒューマンスキルは、円滑な業務遂行には欠かせないスキルとしてとらえられています。

そのため就職後の実務にアピールしているスキルが活かせるのかを選考段階で注目しているのです。

企業側からどのようなヒューマンスキルを身につけていることが望まれているのかを把握する必要があります。

自社の社員に置き換えられていると考え受け答え、行動することが大切です。

自分の強みを具体的に伝えられるか

提案

面接官は自分の強みを具体的に伝えられるかを履歴書・職務経歴書・面接での質問に対する理解度で精査しています。

スラスラ言葉を紡げなくても自分の強みとなる部分を理解し会話に織り込みましょう。

具体例を織り交ぜながら伝えることで、コミュニケーションのテクニカルスキルをアピールすることも可能です。

将来のビジョンがあるか

もう1つ面接官が重要視しているのは、将来のビジョンがあるかという点です。

今後はどのようなことをしていきたいですかなど直接聞かれることもありますが、他の質問の中に盛り込む必要もあります。

志望動機や自分の強みなどの中に将来自分がその会社でどのように働きたいのかを答えられるようにしておきましょう。

将来のビジョンがあるかどうかで企業側は仕事への意欲を見極めています。

ここで注意したいのは、答えるべきは個人としての将来ビジョンではないという点です。

会社人として、転職先企業に貢献する将来的ビジョンを答えましょう。

 

ワンポイント
面接官の見ているポイントを意識して答えよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職相談

働きながら各企業の情報を集めて、応募する、面接の日程調整をするとなると負担が大きくなります。

その負担を少しでも軽減し、理想の企業へ転職するために転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントはエントリーシート対策・面接対策・転職に関するスキルアップの相談まで相談に乗ってくれます。

また転職エージェントを通すことで、企業とのパイプ役として日程の調整以外にも雇用条件面・給与面を交渉してくれるのです。

転職エージェントを利用すれば、より希望に沿った転職先とのマッチングも可能となり、より円滑に転職活動が行えるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

パソコンを持つビジネスウーマン

今回は女性の転職で特に重要とされているヒューマンスキルについて解説しました。

企業は転職希望者に対し、良好な人間関係を維持できる即戦力となることを期待し、何かしらのヒューマンスキルを求めています。

そのためヒューマンスキルが転職の鍵を握っているといっても過言ではないでしょう。

今回ご紹介したように、ヒューマンスキルには多くの種類があり、きっとそのどれかは身についているはずです。

自分がアピールできるヒューマンスキルを見つけるために、自己分析で自分を掘り下げてみましょう。

それによって企業の求める人材と合致したヒューマンスキルが見つかります。

ヒューマンスキルを効果的にアピールし、転職を成功させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!