休職期間が終わり復職したものの、様々な事情から転職を考える人もいるでしょう。

復職後は何かと不安が多いうえ、すぐに辞めて転職することには抵抗があるかもしれません。

この記事では、復職後の転職活動の方法や留意すべき点を解説します。

復職後であっても転職は可能ですが即断は失敗を招きやすいため、まずは考えることが大切です。

より快適に仕事を進めるためにもポイントを押さえましょう。

Contents

復職後に転職する方法を解説

考える女性

この記事では、復職後に転職する方法を解説します。

何らかの事情で休職して復職を遂げたものの、結果として転職を考えることもあるでしょう。

しかし長く会社を休んでいたという罪悪感が、転職をためらう気持ちにつながってしまうでしょう。

会社とのトラブルも心配です。

復職後であっても安心してスムーズに転職活動ができるよう、考えるべきことやポイントを紹介します。

この記事を読むことで、転職活動に関する不安な気持ちを和らげることができれば幸いです。

復職後に転職せずに仕事をしていける条件

相談にのる女性

復職後に転職せず、その企業で仕事をしていけるか判断する条件として以下が挙げられます。

  • 休職するに至った原因が解決できているかどうか
  • 育休明けなどの場合、勤務形態を配慮してもらえるかどうか
  • 会社と意思の疎通ができるかどうか

休職に至ったまでには、なんらかの理由があるでしょう。

その理由が解消されているか、同じことで悩み続ける必要がないかは大きな判断基準となります。

また、産休・育休による休職であれば、勤務形態に配慮してもらえないと復職は難しいです。

もし会社との意思疎通が上手くいかなければ、仕事を続けていくことに不安を覚えるでしょう。

復職後の会社が、この先仕事を続けられそうな環境であるかを確認するべきです。

 

ワンポイント
困難な環境で無理して働き続ける必要はありません。

復職後に仕事を辞めたいと感じる理由は

どうしたら良い?

復職後に辞めたくなってしまう理由として大きなものを紹介します。

まずは自分の気持ちについて知ることが大切です。

復職後に異動することになりそれが嫌だったから

復職後、これまでいた部署から異動することになる場合があります。

その異動が嫌だと感じる場合は、自然と仕事を辞めたい気持ちになるでしょう。

異動によって環境が改善するのであれば良いですが、必ずしもそうとは限りません。

復職前と後、つまり異動後で環境が変わりすぎることがストレスになる場合もあります。

復職後の環境変化に対応できないのは、辞めたいと感じる理由になりやすいです。

休職して気持ちが落ち着いたため

休職期間を経て、気持ちを落ち着けることもできるでしょう。

そうなると現職を続ける必要性を感じなくなることもあるかもしれません。

気持ちを落ち着けて客観視できたことで、他の選択肢が見つかることがあります。

これまで見えてこなかった生き方に気づけるということです。

休職して気持ちを落ち着けることで選択肢が広がり、結果として転職したいという気持ちになりやすいでしょう。

根本的な原因が解決しなかったから

考える女性

休職となった根本的な原因が解決しなかった場合も、今いる会社の退職を考えることになります。

仕事を休んだからといって、問題が解決していなければ結局同じことの繰り返しです。

原因が残ったまま我慢して仕事を続けてしまうと、再び休職に追い込まれる可能性が高いでしょう。

休職したことの意味を感じられず会社に不安が残った状態であれば、辞めたくなるのも当然です。

自分の居場所がみつからなかったから

休職したことで環境が変わり、以前とは別会社かのような気持ちになることがあります。

そうなると自分の居場所を見つけられず、居心地悪く感じてしまうでしょうm。

組織内で自分の居場所が見つけられないというのは大きなストレスです。

たとえ休職の原因が解消されていたとしても、それでは働きにくいでしょう。

結果、仕事を辞めたいという気落ちが生まれてしまいます。

 

ワンポイント
まずは辞めたくなった原因について考えてみましょう。

復職後に辞めたくなった場合はどうするか

女性

復職後まもなく会社を辞めたくなった場合に取れる方法を紹介します。

無理して働き続けることは精神衛生上良くありませんので、我慢せずに対策をとりましょう。

また休職すること

方法のひとつは、会社に再度の休職を認めてもらうことです。

もし休職することで問題解決が見込めるのであれば、辞める前に改めて休職しても良いでしょう。

その場しのぎの休職では同じことの繰り返しですが、そうでなければ休職は一定の効果があります。

ただし短期間での休職の繰り返しは認められないこともあるので注意しましょう。

事前に就業規則の確認をしておくと安心です。

転職すること

女性

休職しても問題の解決につながらない場合は転職も効果的です。

会社の数はたくさんあり、それぞれ条件や環境が違います。

休職せず無理なく仕事を続けられるような会社も存在するでしょう。

心身を壊して再び働けない状態になってしまう前に転職を検討するのもひとつの手です。

業務量を調整すること

以前と同じ仕事が負担であれば、業務量の調整を相談してみるとよいでしょう。

復職した人にどれくらいの業務量を任せたらよいのか、周りの人も判断がついていない場合もあります。

もし業務量が理由で仕事が辛いのであれば、思い切って相談するのも有用です。

無理せず働くためにも周りに協力してもらうのは決して悪いことではありませんので安心してください。

休職中に転職活動は認められるか

ポイント

休職中の転職活動は可能なのかを解説します。

転職活動を始める前にまずは要件や実態を知っておくことが大切です。

転職活動は可能

休職中の転職活動は法律的には問題ありませんので、基本的には転職活動は可能です。

ただし、いくつか注意する点があります。

まず、休職中の転職活動を就業規則で禁止している会社も存在することです。

就業規則が原因のトラブルは少なくありません。

もし就業規則で決められているのであれば転職活動を避けた方が無難でしょう。

また、転職活動がストレスとなり体調が悪化してしまうおそれがあります。

そうなると休職している意味がなくなってしまうので、無理は禁物です。

休職中の転職活動にはリスクがあることを把握する必要があります。

休職中に転職するのは不利?

休職は原則的に復職を前提とした制度であり、健全に仕事をするための休養期間といえるものです。

当然ではありますが、転職活動のために用意された期間ではありません。

そのためあまり好ましく思われないことが多いです。

転職先の会社にとっては採用を躊躇する原因にもなってしまいます。

休職の事実を隠して転職した場合も、後でその事実が判明したらトラブルになるかもしれません。

休職期間中に退職するか、いったん復職してから転職するのが無難です。

休職の経験があると応募企業はわかる?

頭を抱える女性

転職活動の際に気がかりなのは、休職経験が採用に影響するのではないかということです。

休職経験の有無が応募企業に伝わるのかを解説します。

自分から伝えなければわからない

基本的には応募先の会社には自分から伝えなければわかりません

履歴書に書く必要もないので基本的にバレる心配は低いです。

たとえ休職中であってもその会社に在籍していたことには変わりないため、虚偽情報の申告にもあたりません。

しかし源泉徴収票の年収の少なさや健康保険組合の疾病手当金の受給履歴で休職歴が判明する可能性はあります。

基本的に自分から伝えなければわかりませんが、リスクが0ではないことは把握しておきましょう。

休職を伝えずにもらった内定は取り消しになる?

良くない

休職期間を履歴書に記載する必要はないので、聞かれない限り伝える必要はありません。

のちに発覚しても簡単に内定取り消しになる可能性は低いです。

ただし、面接時に休職歴を聞かれて正直に答えなかった場合は虚偽申告となります。

病気を隠した結果勤務に支障が出た場合などは問題となる可能性が高いです。

虚偽申告や業務への支障は内定取り消しにつながる可能性があり、このようなときは素直に受け入れざるを得ません。

転職のタイミング:休職中・復職後・退職後

パソコンと女性

休職中・復職後・退職後といったそれぞれのタイミングによるメリット・デメリットを紹介します。

タイミングを見計らって転職活動を進めましょう。

タイミングによるメリット・デメリット

それぞれのタイミングによるメリット・デメリットを紹介します。

まずは休職中というタイミングで転職活動をする場合かです。

転職活動の時間がとれること、転職が上手くいかなくても復職できる場所があることがメリットでしょう。

転職活動に専念できますし焦燥感を持つことなく進められます。

デメリットは、推奨されていない時期に転職活動をすることによるリスクや体調面の心配です。

ストレスとなり結局体調が悪化してしまうという恐れがあります。

続いて復職後の場合です。

なによりも、体調面やリスクを心配せず転職活動をできるのが大きなメリットでしょう。

在職中に転職活動をする人は多いです。復職直後とはいえ基本的な条件はそのような人とほとんど変わりません。

デメリットは時間的な制約や、会社との気まずさがあることです。

忙しい中で転職活動を進める必要があるうえ、多少なりとも罪悪感が生まれてしまうリスクがあるので注意しましょう。

退職後に転職活動をおこなうメリット・デメリットも挙げます。

退職後であれば会社に対する罪悪感やきまずさ・時間的制約がなく転職活動が可能です。

心理的なしがらみがなく転職活動に専念できることがメリットでしょう。

デメリットは不安や焦りを感じやすいことです。

転職活動が長引くと仕事への焦りや経済的な不安が生じてしまい、ストレスとなってしまいます。

情報収集は早く始める

休職中の転職活動はお勧めできませんが、下準備として情報収集することは問題ありません。

むしろ転職を決意した瞬間からしっかりと情報収集することをおすすめします。

情報収集だけしておいて、実際に活動をはじめるのは復職後もしくは退職後でも良いでしょう。

情報収集を早く始めることが転職活動の成功につながります。

 

ワンポイント
転職活動を成功させるにはタイミングや情報収集も大切です。

復職が上手くいかなかったら?

マルバツ

復職が上手くいかなかったら無理して働き続ける必要はありません

今いる会社を辞め、別の会社に転職することが効果的といえます。

休職した手前会社を辞めることに罪悪感があるかもしれませんが、大切なのはあなた自身です。

もし無理して働き続けて心身を壊してしまったら、会社を休んでいた意味がありません。

自分を守るためには無理せず環境を変えることが大切です。

転職をして環境を変え、心機一転新たな場所で頑張ることも選択肢に入れましょう。

 

ワンポイント
上手くいかないのであれば、無理して働き続ける必要はありません。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性

復職後に転職活動をするのであれば、いろいろ考えなければならないことが多いでしょう。

会社の辞め方や転職活動の進め方を考えなければなりませんし、転職対策も必要です。

休職していたという事実が理由で不安が大きい人も少なくありません。

不安や悩みを放置して転職活動を進めるのはストレスの原因になりますし、スムーズに進まなくなる場合もあります。

転職活動に関する不安や悩みはそのままにせず、転職エージェントへ相談しましょう。

転職エージェントは多くの転職者をサポートしてきた転職活動のプロです。

転職相談にも多く乗ってきたため、経験やノウハウを活かした的確なアドバイスができます。

不安や悩みは早めに解消させるに越したことはありません。

転職活動で何かあれば、すぐに転職エージェントへ相談しましょう。

まとめ

ポイント

休職後にやっぱり辞めたくなってしまっても、自分を責める必要はありません

無理して仕事を続けても自分のためになりませんし、復職したら辞めてはいけない決まりなどないです。

ただし短絡的な判断はせず、原因を見つめ直したり解決できないか考えたりする時間は必要といえます。

そのうえでやっぱり仕事し続けるのが難しいようであれば、転職活動をしましょう。

復職した会社で働き続けることだけが選択肢ではありません。

ストレスなく豊かな生活を送るためにも、転職活動を検討してはいかがでしょうか。

どんな形であれ、あなたが前向きに働けることを願っています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する