女性の販売職への転職は変わらず人気ですが、販売職は女性がキャリアをつけながら長く働ける職種なのでしょうか。

こちらでは女性が長期に働くために必要なことを販売職の魅力やメリットとデメリットとともに紹介しています。

長期間働ける販売職への転職を希望される方はぜひ参考にしてください。

販売職のメリットやデメリットを解説

メリット

販売職のメリットとデメリットはどのような点にあるのでしょうか。まずメリットからみていきましょう。

メリットはさまざまですが、主なメリットとしてはキャリアを積み比較的早くショップ店長など重要な職につけることが挙げられます。

職場そのものがファッションや商品知識をつける勉強の場なので、スキルやキャリアを磨きやすいというメリットもあります。

接客が好きで人の役に立ちたいと考える人なら、やりがいを持ちながらキャリアアップし思い通りのキャリアパスを進めるでしょう。

デメリットの主なものとしては勤務時間や休日が決まっていないことやお客様からのクレーム対応などが挙げられます。

メリットデメリットに関しては後ほど詳しく解説していきますが、その前に販売職の仕事内容を確認しておきましょう。

販売職の主な仕事内容は?

仕事内容

販売職の主な仕事内容は商品の販売です。接客して商品を勧め購入してもらうのが販売職の一番大切な仕事です。

商品をディスプレイしてお客様の目につきやすくするのも販売員の仕事です。ディスプレイによって商品がよりよく見える工夫をします。

季節ごとに店舗のレイアウトを考え変更してお客様の購買意欲を高めるのも販売職の大きな仕事のひとつでしょう。

販売職は常に商品についての知識を持ちお客様の要望に応える必要があるのです。

 

ワンポイント
販売職の仕事は商品の知識を持ち工夫してお客様に購入していただく事です。

販売職のメリット

メリット

販売職の仕事内容はおわかりいただけたと思います。続いて販売職で働くことのメリットについて詳しくお話ししましょう。

メリットの一番大きなことは、幅広い商品知識を得ることができお客様へ貢献することができることです。これは魅力に繋がります。

その他にもメリットはたくさんあります。いくつか挙げてみましょう。

平日休みが取れる

販売職ではショップに定休日が無い場合が多いので、販売員はシフトを組み休日を決めて働きます。

当然休日が土日ではなくなるということです。平日ゆっくりと休みたい人にとってはメリットになります。

もちろん毎週という訳にはいきませんが、どうしても日曜日に休みたい場合には話し合いで休みを取ることはできますよ。

人脈が広くなる

接客していくうちにいつも来ていただける固定客ができます。販売員のアドバイスを聞き信頼してくれるお客様もおられます。

またデパートや大型モールなどのショップ販売員の場合は他社の売場の人やデパートの人などさまざまな人と関わることになります。

お客様だけでなく他社の人達と関わることも多く、その結果人脈が広くなるというメリットもあるのです。

社内制度が利用可能

会社によっては自社商品を購入する場合に割引購入できる制度があります。主として社内販売と呼ばれる制度です。

自社の新作などをいち早く社内販売で手に入れることが出来るのもメリットでしょう。

社内販売制度は自社の商品を安く購入できる嬉しい制度ですが、一早く自社製品を身に付けるのも大切な仕事の内です。

これは洋服だけでなく、ファッション全般でいえることですが自社製品をお客様にアピールする為の社販であるともいえるのです。

早くから重要なポジションを任される場合も

日々商品の中で過ごしていると自ずと商品知識も早く身に付きます。売上に貢献することも多くなり早いキャリアアップが望めます。

リーダーや店長など比較的早いうちから重要なポジションを任せてもらえるのも販売職のメリットの一つでしょう。

重要なポジションはショップの中だけでなく、ショップでキャリアを積み本社の管理職となる女性も多いのです。

販売職のデメリット

デメリット

販売職のデメリットには仕事内容に対しての待遇面の悪さが挙げられます。頑張ったことに対して相応の収入が無いということです。

収入の面でいえば実績に一番影響を受けやすいのが販売職で、売上が直接ボーナスの有無に関わることが多いのです。

販売職の給与は同じ年の女性の平均給与と比べても少し低いのが現状です。

社販があったとしてもショップで着る洋服は自社製品となっており、すべて販売員の実費なのでこれは痛い出費にもなります。

その他の販売職のデメリットについても挙げてみましょう。

勤務時間がバラバラ

開店から閉店までを数名で働くのですから、時間を分けてこれもシフトで働くことが多くなります。

勤務時間が定まっていないというのは、定刻に帰りたいという家庭を持つ女性にとってはデメリットと言わざるを得ません。

閉店までの時間帯勤務となった場合帰宅時間が夜の10時近くなる場合もあるので家族の理解が必要となります。

大型連休に休みづらい

休日

ゴールデンウィークなど大型連休が販売職は最も多忙となります。この時期の休みが取りにくいのもデメリットとなるでしょう。

もちろんどうしてもという場合には話し合って休めないことも無いですが、気を遣って言いにくいという人が多いのが実情です。

クレーム対応がある場合も

お客様対応でも良い事ばかりではありません。お客様からのお叱りを受けることもあります。

商品に対するクレームも接客態度に対するクレームも、直接自分に関係がなかったとしても心からの対応をする必要があります。

時として理不尽なクレームにも応える必要があるでしょう。クレームをつけるお客様であっても真摯に対応しなくてはいけません。

頻繁にクレーム対応をしていると心が折れそうになる販売員もいるでしょう。これも大きなデメリットといえるのです。

 

ワンポイント
販売職のメリットは身に付く多くのスキル、デメリットには待遇面の悪さなどがあります。

販売職に求められる人物像は?

スーツの女性

販売員のメリットデメリットを踏まえた上で、続いて販売員に求められる人物像についてお話ししていきましょう。

まずコミュニケーション能力のある人が挙げられます。お客様だけでなくショップの店員同士の関係を円滑にできる人です。

明るく行動力のある人、人と関わることが好きな人そして何よりも健康な人でなければ販売職は務まりません。

商品に対して愛着を持ち常に知識を得たいと考える向上心のあることも大切です。

コーディネートやディスプレイの知識のある人、または知識を得ようと勉強している人も販売職に求められる人物像として最適です。

販売職の仕事のやりがいや楽しさ

ビジネスウーマン

販売職としてどのような時に仕事のやりがいを感じるのか、また楽しいと感じるのはどのような点なのかを解説していきましょう。

販売という事からいうと、やはりおすすめした商品を納得して購入してもらえた時は嬉しくやりがいを感じます。

アパレル業界の場合はコーディネートが気に入ってもらえた時や、ブランドの洋服のファンになってもらった時などは喜びです。

自分達の手で目標をたてたり、季節感のあるショップのためにディスプレイを任されレイアウトする時の楽しさは格別でしょう。

結果が出た時

商品を購入してもらえたというのも結果の一つですが、ディスプレイを気に入ってもらえ売上に繋がることもやりがいです。

チームで目標を決めて一丸で目標売上に向かうので、がんばって目標を達成できたときには大きなやりがいを感じます。

目標達成は大変な分チームの結束は強まります。結果を出せて皆で喜びを分かち合うときには販売職を選んでよかったと感じるでしょう。

お客様とのコミュニケーション

販売員として楽しいと感じるのは、お客様に商品についていろいろと提案し購入してもらえた時です。

購入してもらえない場合でも提案したことに対してお礼を言われ、また来ますと喜んでもらえた時には楽しいと感じます。

自分のファッションを褒めてもらう事も自信につながり、直接お客様とのコミュニケーションが取れるのも大きな喜びです。

販売職の魅力

オフィスにいる女性

販売職のやりがいや喜びはそのまま販売職の魅力ともいえます。ある程度は仕事そのものを任せてもらえるのも魅力です。

ショップのディスプレイやポップなどを比較的自由に変更したり書き換えたりができるのも魅力の一つでしょう。

自分達の手で売上目標をたて、商品のセッティングなども自由に出来るので経営者の気分で販売に向き合えるのも魅力といえます。

売上を経営者目線で把握し、どうしたら売上増につながるのかなど話合い売上が上がるという場合の喜びも魅力の一つです。

商品知識や接客スキルが身に付く

バッグショップ

商品をお客様に勧めるのですから、しっかりとした商品知識を持つことが必要です。商品のエキスパートというスキルが身に付きます。

お客様の気持や求めているものを把握して商品を勧めるという接客スキルが身に付くのも魅力の一つです。

アパレル販売ではファッションセンスを磨くことができ、ファッションリーダーとして常に見られていることでより高みを目指せます。

販売職には大変なことも多いのですが、ある程度自由にショップを任せられるという魅力も多いのです。

コミュニケーション能力が向上する

販売職に必要なのはコミュニケーション能力です。販売において培われたスキルは転職する場合にも大きな財産となるのです。

またコミュニケーション能力は本社勤務の管理職となっても充分必要なスキルです。実践から身に付けたスキルは強みです。

さまざまなスキルが身に付くことは販売職の大きな魅力といえるでしょう。

その他メリットのところでもお話ししましたが社販制度も魅力です。好きな自社ブランドの商品が社員価格で購入できるのは魅力です。

 

ワンポイント
販売職の魅力は経営者目線で働けることと多くのスキルが身に付くことです。

販売職として長く働ける?

ライフプラン

販売職は女性に根強い人気職種ですが長期的に働ける職種なのでしょうか。アパレルの販売員の場合は年齢的の若い人が多いです。

その為に長期的に勤めるのは無理なのではと思われがちですが、アパレル業界でも幅広い年齢層に対応するメーカーが多いのです。

特にメーカーではショップスタッフからリーダーや店長を経て、バイヤーやマネージャーとして働く女性も増えています。

販売職でもいろいろと選択肢のある会社を選ぶことで、長期的に働くことが可能になります。

長期的に働く女性はどのようなキャリアを積み、どのような目標を立てているのか販売職のキャリアパスについて解説しましょう。

キャリアパスは?

キャリアパス

販売職の女性はまずショップ店員スタッフとして働きます。商品知識を付けキャリアを積みリーダーから店長へと昇格します。

ショップでは店長が最終目的となりますが、その後ショップでのキャリアを活かし本部のバイヤーやマネージャーなど役職となります。

その後も貢献度を認められれば、本社の生産部門や仕入れなどの管理職として勤務する場合もあります。

ショップスタッフから比較的早い段階でリーダーや店長になり、その後長期にわたって販売職で働く女性も多いのです。

ライフスタイルの変化に対応できる?

選ぶ会社によっては販売職は女性が長期間働くことのできる職種です。キャリアパスもしっかりと立てることができるのです。

ただ女性は結婚や出産でその道筋を外れてしまう場合があります。

福利厚生が充実しているか、転職先を選ぶ時にはライフスタイルの変化に対応できるかを確認する必要があるのです。

出産休暇や育児休暇が取れる会社かどうか、復帰後も元のように働く事ができるのかどうかが見極めのポイントとなります。

転職には、しっかりとライフスタイルの変化に対応してもらえる会社を選びましょう。

 

ワンポイント
販売職で女性が長期間働くためにはライフスタイルの変化に対応できる会社を選ぶことです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

販売職への転職は、女性が長期間働くために女性のライフスタイルの変化に備えられる会社を選ぶことが大切です。

転職で悩んだなら多くの実績を持つ転職エージェントに相談してみませんか。

販売職で長期間働くことのできる会社についてのよいアドバイスが期待できます。ぜひ活用してください。

まとめ

指差し

販売職には商品知識などのスキルが身に付くメリットや、経営者目線でショップを運営できるなどの魅力があります。

スタッフとしてキャリアを積み、比較的早い時期にリーダーや店長といった責任ある仕事を任されることの多いのが販売職なのです。

若い間だけでなく女性が長期的に勤めることももちろん可能です。

女性が販売職で長期間働くためには、出産育児などのライフスタイルの変化にも対応できる会社を選ぶことが重要なポイントです。

女性の転職には幅広い実績を持つ転職エージェントを活用して、長期間働くことのできる販売職への転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら