おしゃれ好きの女性ならスタイリストの仕事に興味を持ったことがある人も多いのではないでしょうか?

好きなことを仕事にできたらとても幸せです。

またスタイリストは芸能人やモデルと仕事をする華やかなイメージもあり、女性の憧れの職業の一つだと思います。

しかしその仕事内容を細かくご存知な人は少ないのではないでしょうか。

こちらではそんなスタイリストの種類や詳しい仕事内容をご説明していきます。

スタイリストの種類を解説

ポイントを説明するスタイリスト

まずスタイリストには大きく分けて企業向けスタイリストパーソナルスタイリストの2つがあります。

ここではそれぞれの違いについて説明します。

企業向けのスタイリスト

アドバイスをする女性

企業向けスタイリストは芸能人・モデルや企業・自治体向けにファッションのコーディネートを行っています。

スタイリストと聞いてまずイメージされるのがこの芸能人やモデルのスタイリストなのではないでしょうか。

芸能人やモデルのスタイリストは映画・CM・テレビなどの企画テーマに合わせてスタイリングを実施するのが仕事です。

また企業向けスタイリストの中には企業や法人向けにコーディネートを行っている人もいます。

この場合、スタイリストは例えば新入社員や営業職の社員などに対して、第一印象をよくしたり、

他者に好感を持ってもらえたりする服装について、指導やコーディネートを実施しています。

パーソナルスタイリスト

パーソナルスタイリストは企業向けスタイリストと違い、個人に対してコーディネートを行います。

もっとおしゃれを楽しみたい、いつも同じイメージのコーディネートになってしまう、

大事な場面でおしゃれに決めたい、など一般人でもファッションに関する悩みを持っている方は多いです。

そんな方々の悩みに合わせて、コーディネート提案をしていくのがパーソナルスタイリストの仕事です。

 

ワンポイント
・企業向けスタイリスト:芸能人、モデルや企業、自治体向けにコーディネートを実施
・パーソナルスタイリスト:個人にコーディネートを実施

企業向けスタイリストの種類

女性 服選び

企業向けスタイリストにも扱う媒体によってさらに細かい種類があり、またコーディネートの際に注意すべき点も異なります。

雑誌(出版社系)のスタイリスト

雑誌のスタイリストは担当する雑誌のテーマやコンセプトに合わせてモデルのスタイリングを行っていきます。

雑誌ではトレンドを取り入れたコーディネートが求められるため、

常に流行に敏感であり、最新情報を収集しておかなくてはいけません。

定期発行の雑誌では個々の専属モデルのイメージやキャラクターにあったコーディネートの実施が必要です。

一方で不定期発行の雑誌では専属のモデルがいないため、スタイリストが自らモデルの選定から

担うこともあるため裁量権が大きいのが特徴です。

また衣装のスタイリングをするだけでなく、実際の撮影の際にも同席し、

制作者たちと協力しながら衣装替えなどの業務を行っていきます。

TV・CM(映像系)のスタイリスト

TV・CMなどの映像系に関わるスタイリストは動きや他の出演者のコーディネートを考慮して、

スタイリングを行うことが求められます。

TV系のスタイリストは番組の出演者の服装の色・イメージなどが被らないよう、

出演者全員のバランスを考えてコーディネートをする必要です。

また出演者個々のキャラクターや、番組のコンセプトも考慮しながら最終的に服装を決定していかなくてはなりません。

またCM系のスタイリストは、打ち合わせにてCMの制作者の意図を理解し、それにあった衣装を準備することが求められます。

CMでは着物やドレスなどの特殊な衣装を扱うこともあるため、常に衣装がベストな状態であるように、

撮影現場へ同行し、衣装の修正や補正などを実施します。

映画・ドラマ系のスタイリスト

映画・ドラマ系のスタイリストは映画に出演する俳優さん・女優さんの衣装をコーディネートします。

時代設定やキャラクター設定などに合わせて特殊な加工が施された衣装が必要なこともあるため準備が大変です。

また撮影の現場へも同行し、シーンの合間に衣装の修正などを行います。

広告系のスタイリスト

打ち合わせをする女性
広告系のスタイリストは企業や自治体のポスターやチラシなどの出演者の衣装をコーディネートします。

他の媒体のスタイリストと同様に制作者と打ち合わせを実施し、衣装を決定しますが、

クライアントによって、自社製品のみを利用してほしい、商品を際立てる色の服装にしてほしい、など様々な要望があります。

スタイリストはその意向に沿ったコーディネートを実施することが重要です。

スタイリストとして働く業界

雑誌を読んでいる女性

企業向けスタイリストの多くは上記のような出版業界やテレビ業界で活躍しています。

しかし近年は様々なメディアの登場により、雑誌の売れ行きが悪かったり、テレビの制作費がカットされていたりする状況です。

そのため雑誌やテレビ番組の制作に関わるスタイリストの給与も減額されるといった影響を受けています。

しかし、限られた資金の中でクオリティを高い制作物を完成させるために、

スキルが高く、実績のあるスタイリストへは依頼が集中している状況です。

自身のスタイリストとしての経験値を上げていくことが

今後もスタイリストとして必要とされるためには重要となります。

パーソナルスタイリストの種類

服選びをする女性

ここからはパーソナルスタイリストについて詳しく説明していきます。

企業向けスタイリストも扱う媒体により細かく分かれていましたが、

パーソナルスタイリストにも「サロン型」「ショッピング同行型」の2種類があります。

仕事内容

サロン型では事前にスタイリストが服装を準備しておきますが、

ショッピング同行型では依頼者はスタイリストと一緒にショッピングに行き、

コーディネートを提案してもらうのが特徴です。

仕事の流れ

「サロン型」の場合には、スタイリストは事前に依頼者から服のデザインやシルエット、

カラーなどの要望のヒアリングを行い、依頼者の希望にマッチしそうな服装を何パターンか準備します。

依頼者はそれらをフィッティングして、好みのものを選択・購入するという流れです。

決まっているものの中から選ぶため比較的短時間でコーディネートを完成させることができますが、

事前に用意したもの以外にはスタイリングができないため、コーディネートの幅は狭くなることがデメリットです。

一方「ショッピング同行型」は依頼者のショッピングに同行してコーディネートを行います。

店舗によって服の雰囲気が異なるため、スタイリストの目線で似合うブランドを教えてもらったり、

気になったアイテムを軸にコーディネートをしてもらえたりするので、

依頼者自身もファッションについて勉強することができます。

しかしコーディネート完成までに時間がかかったり、他人とショッピングに行くことに

抵抗があったりする方もいるため依頼者のニーズにあったサービスを提供することが大切です。

スタイリストに求められるスキルや資格は?

本を持つ女性

ここまでスタイリストの詳しい種類についてご紹介してきましたが、

実際にスタイリストになるとしたらどのようなことが求められるのでしょうか?

求められるスキル

スタイリストに求められるスキルは、依頼者に合ったコーディネートを提案することのできる

ファッションセンス、流行をキャッチする情報収集能力

またクライアントや依頼者の要望を引き出すコミュニケーション能力などです。

スタイリストとして活躍している人たちの中には、服飾系の専門学校や短大を卒業している人もいれば、

元アパレル店員の人など様々な経歴の人がいるのでファッションが好きな方であれば

誰でも目指すことのできる職業と言えます。

求められる資格

カラーバリエーション

ずばり、スタイリストになるために必須の資格はありません

しかし持っておくと就職の際や、キャリアアップで有利になる検定は多くあるため取得しておくと良いでしょう。

まず色の知識を測る「色彩検定」「カラーコーディネーター検定」、

そしてパーソナルカラーを見分ける「色彩技能パーソナルカラー検定」があります。

これらは取得していると実際にスタイリストとして実務をする際にも大変役立ちます。

またスタイリストとして活動の幅を広げるために、洋服のマーケティングや生産に関する知識を証明する

「ファッションビジネス能力検定」を取得するのもオススメです。

 

ワンポイント
スタイリストになるために特別な資格は必要ありませんが、資格を取っておくと就職がしやすくなることがあります

スタイリストになるためには

悩んでいる女性

ではいざ未経験からスタイリストになりたい!と感じたらどのようなプロセスを踏んだらよいのでしょうか?

何から始める?

まず先述の通り、スタイリストになるためは特別な資格などは必要ありません。

重要なのは実務での経験になりますのでなるべく早く現場に出て、実務の経験を積むことが重要です。

スタイリストを目指すルート

はじめからスタイリストとして実績を残すことはファッションの専門学校を卒業した人でも難しいため、

まずは有名な事務所やスタイリストの元でアシスタントとして多くの現場を経験することを目標にしてください。

そのためにアシスタントの求人にエントリーしたり、転職エージェントを利用したり、

スタイリスト事務所に直接交渉してポジションを獲得するようにしましょう。

独学でも目指せる?

学校に通わず、独学でスタイリストを目指すことも可能なのでしょうか?

以前よりもスタイリストという職業がメジャーになったことでスタイリストを目指して大学や専門学校に通う人も多くなりました。

学校ではプロの講師に指導してもらえるだけでなく、講師からの紹介で就職先を決定できる可能性もあります。

そのため学校に進学した場合と比較すると完全に独学でスタイリストになることはとても難しいと言われています。

しかし未経験からアシスタントとして採用活動を行っている事務所やスタイリストもあります。

アシスタントとして実務の経験を積みながら、日々資格試験の勉強などを継続していきましょう。

 

ワンポイント
専門学校や大学に行くことでスタイリストになるための知識を身につけることができますが、努力次第では独学でもスタイリストになることができます

スタイリストへの転職事前準備

情報収集する女性

スタイリストへの転職を実現するためには、まずは情報のインプットが必要です。

先述の通り、スタイリストになるために資格やスキルは必要ありませんが、持っているとプラスになる資格はたくさんあります。

「色彩検定」や「色彩技能パーソナルカラー検定」、「ファッションビジネス能力検定」などの

取得を目指して勉強を行いながら、プラスして最新ファッションやトレンド情報も

日々収集する習慣をつけていきましょう。

 

ワンポイント
スタイリストになるために取っておきたい資格
・色彩検定
・色彩技能パーソナルカラー検定
・ファッションビジネス能力検定など

スタイリストとして転職するために

衣装

未経験からスタイリストにキャリアチェンジするためには、まずスタイリスト事務所に所属したり、

プロのアシスタントになったりすることが必要です。

求人サイトで求人を探して気になるものにエントリーしたり、転職エージェントを利用したりして

未経験からでもアシスタントとして就業が可能なポジションを紹介してもらいましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

呼びかけ

転職エージェントでは求人の紹介だけではなく、書類選考通過に向けて

履歴書・職務経歴書の添削や修正のサポートをしています。

企業との面接日程調整などの面倒なやりとりもエージェントが代行しますので現職が忙しい方でも安心して転職活動に集中していただけます。

面接においてもこれまでの選考情報から、質問内容や面接官の情報を

事前にお伝えすることができるため、万全の準備をして面接に臨んでいただくことができるでしょう。

また選考の中で出てきた不安や、企業には直接聞きづらいこともエージェント経由で聞くことができるため、

安心して選考を進んでいただけるのが特徴です。

内定後の年収や待遇面の調整も、できる限りご希望に沿うものになるようサポートを実施しています。

これらのサービスは全て無料のため、企業への直接応募をメインに

転職活動をしていらっしゃる方でも並行してご利用いただけます。

まとめ

ファッションが好きな女性
いかがだったでしょうか。

スタイリストと言ってもたくさんの種類があり、それぞれに特徴があることがお分かりいただけたと思います。

スタイリストは大学や専門学校にてファッションの勉強をしてきた人だけでなく、

元アパレル店員などファッションが好きな人なら未経験からでもキャリアチェンジが可能な職種です。

はじめはアシスタントとしてサポート業務が多くなりますが、現場の経験を積んでいただいた後には

憧れのスタイリストへの道が待っています。

好きなファッションを仕事にしたい!と考えている人はぜひスタイリストへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら