転職するにもそれなりに勇気がいるものです。

特に異業種への転職はどんな回答をすれば正しいのか不安です。

全く別の職種で働いていたから新しい会社でやっていけるのかどうかも分からないと思っている人もいるでしょう。

自分で転職を決めたのなら後ろ向きになってはいけません。

新しい会社で働く前にまずは面接に突破する必要がありますがどんな質問がこようと受けて立つという姿勢でなくてはなりません。

異業種への転職面接で志望動機やアピールポイントはどうすればいいのでしょうか。

面接対策や志望動機の答え方などをご紹介します。

Contents

異業種への転職の面接対策を解説

人差し指を立てる女性

就職にしても転職にしても会社に就職するためには面接を突破できなければ話になりません。

面接は個人面接の場合と集団面接の場合の二種類があります。

企業によってやり方はそれぞれ違いますがどちらにしても自分をアピールすることを忘れてはなりません。

面接が行われるのは自分が入ろうとしている会社です。

会社に到着した時から身だしなみをきちんとしておきましょう。

そこからすでに面接は始まっているのです。

女性は髪の毛を無意識のうちに触っていることがあります。

自分では気づいていないためわかりませんが転職面接で髪の毛を触っていたらだらしないとマイナス点が加算されます。

印象良く見せることも面接をしていう上では当たり前のことですので気をつけておきましょう。

スーツをきちんと着こなした正式な場所になりますのでマナーのある態度で質疑応答をする必要があります。

座り方から話し方まで面接官は見ています。

失礼のないように面接が終わるまできちんとしておきましょう。

異業種転職でよく聞かれる質問は?

考え事をしている女性

どんな質問がきてもいいように準備しておく必要があります。

人は不意打ちで投げかけられた質問に咄嗟に対応できません。

気合いや根性でやり切れるものでもありません。

よく聞かれる質問についてご紹介します。

転職理由

なぜそうなったのか、という物事に対して理由が必ず発生しています。

こうだからという結論を説明する必要があります。

理由もないまま転職しようと思う人は滅多にいません。

自分の意志のもと、転職に踏み切った理由が必ずあるはずです。

そしてこの転職理由は転職者であれば面接で一番に聞かれる質問でしょう。

面接官を納得させられるような回答を用意しておく必要があります。

ここであいまいな理由であったり何か話さなければと思って適当に話しているだけでは回答していることになりません。

ただ何か話しているというだけで終わってしまいます。

面接官が質問するにはそれなりに意味があって質問しています。

その意図を見抜くことで正しい回答例をいうことができるようになるでしょう。

明確な理由が話せるようにしておく必要があります。

業界を選んだ理由

たくさん業界はあるけれどどうしてこの会社を選んだのかといった質問です。

職場がきれいだったから、面白そうだと思ったからといった不透明な回答はしてはなりません。

自分のやりたいことがこの業界にあったからというように近い将来やりたいと思っていることに紐づけましょう。

業界はたくさんあるためその中でもその業界を選んだ理由があるはずです。

自分がこれから活かせること、知識やスキルでも構いません。

成功体験・失敗体験

マルとバツのプラカードを持つ女性

これまでに自分が成功したことあるいは失敗したこといろいろあると思いますがその中でとっておきのエピソードを披露しましょう。

中には失敗体験だけを聞かれる場合もあります。

失敗体験は恥ずかしかったりミスをしてしまったから答えるのは気が引けると思いますが面接官には意図があって聞いています。

失敗をどう乗り越えることができたのかということです。

人間ですので誰にでも失敗はあります。

その失敗を乗り越えることによって人は強くなっていくのです。

マイナスに捉えられたらどうしようと転職者は難色を示しますが堂々と答えるようにしましょう。

転職理由を聞く企業の目的は?

考える女性

転職をすると必ずさまざまな理由を尋ねられます。

どうして、なぜといったことに対して一つずつそれに結論づける理由を答えていかなければなりません。

なぜそんなに転職するだけで理由を求められるのでしょうか。

面接官は転職者にいじめようというわけではありません。

転職する理由を聞くにはわけがありこの会社のことを本当に理解しているのだろうかと思うからです。

イメージや憧れだけで応募したのではないのかと問うためです。

業界や職種、仕事についてどれほどの理解を持って転職しているのかを確かめています。

どんな質問がきてもいいようにそれなりの回答を持ち合わせなければなりません。

また会社の知識や理解も持っておく必要があります。

 

ワンポイント
面接官は意図があって質問しています。転職者がこれから会社で貢献してくれるか様子を見ています。

業界を選んだ理由はなぜ聞かれるのか

いいねポーズをする女性

質問の中にはなぜこのようなことを聞くのかと思うこともあります。

面接官には意図があって質問をしています。

考えなしに質問を投げかけているのではありません。

業界への理解度を知りたい

理解があるのかどうかこの人はどこまでの理解があって転職してきたのだろうと思われます。

理解度が低ければ何がしたくて会社に入社しようと思っているのかわかりません。

会社への理解が高ければその分しっかりと準備してきてくれたことがわかります。

ただ理解したように見せかけるのはいけません。

嘘をついている、あいまいだということは面接官にすぐに見抜かれてしまいます。

業界を知ることは仕事をしていく上でも必要なことですのでしっかりと理解しておきましょう。

面接官から突っ込まれた質問をされた時に何も答えられなくなります。

せっかく面接まで進めたのですからここで終わりとなってしまってはすべて台無しです。

そうならないように業界への理解度を高めましょう。

抱いているイメージにギャップがないか確認したい

パンフレットや資料を見てその会社のことを知ったけれど実際の社内の雰囲気が違ったイメージがどうかを聞かれます。

写真で見た雰囲気と実際に社内を見た時とでは思っていたよりもイメージが違ったということもあるかもしれません。

中にはまったく違ったという場合もあります。

写真ではいい雰囲気が出るように写しているだけで単なるイメージにすぎません。

そのため実際に社内の雰囲気を知った時とではイメージ違いだったということもあるでしょう。

この回答には正直に答えた方がいいです。

ですがたとえイメージが違っていたとしても働く意欲は変わっていないという前向きな姿勢でいるようにしましょう。

面接に臨む前の準備

悩む女性

何の準備もしないで面接に臨むと涙して帰ることになります。

必ず準備をして面接に備えましょう。

面接が自分をアピールできる最後の場所です。

しっかりとアピールができるようにしておきましょう。

自己分析・企業研究をしよう

面接を受ける前にこの二つを行わないと面接に踏み切ることができません。

自己分析や企業研究はとても大事なことです。

どちらも難しく考える必要性はありません。

難しい方向へ持っていくから苦手意識がついてしまうのです。

面接に向かう前段階として自分をアピールすることと企業を知るということをしましょう。

自分の強みをアピールすることでも構いません。

人よりもここが長けている、こんなことができますと自分を売りにだすことです。

自分のいいところを探すことはとても難しいことかもしれませんが面接をクリアするためにしっかりとおこないましょう。

企業研究はその会社のアピールポイントをみつけましょう。

会社のここがみてほしいという場所を探すとみえてくるものです。

経験やスキルを活かしていることでも仕事面でも大丈夫です。

まったく自分の会社のいいところがないという会社はありませんので何か一つでも探すようにしましょう。

業界研究をしよう

異業界から来たものですので業界のことを知るところから始めた方がよさそうです。

この会社はどんな業界なのかを調べます。

会社をみたときにどんなことをしている会社なのかがわかれば職種や業界のことまでわかってしまうという人もいるでしょう。

職種はわかっても業界まではわからないといった人でも調べればすぐにわかるようになっています。

すべてわかる必要はありませんので自分が受ける会社の業界だけでも知っておくようにしましょう。

面接を受ける前に知っておかなければなぜこの業界に来たのかを質問されたときに答えられなくなります。

業界が違っても活かせるスキルをみつけよう

納得の女性

転職しようと新しい会社に応募して面接したけれど業界が自分の希望のものとは違ったということもあるかもしれません。

せっかく次が面接といった場面であきらめてしまうのは非常にもったいないです。

ここまでの自分の努力がすべて水の泡になってしまいます。

たとえ業界が自分の希望ではなかったとしてもその会社と自分との関連性をみつけましょう。

知識やスキルなどでもいいです。

スキルを仕事で活かせるならその会社に就職したときに十分活かせるものになりますので有利になります。

異業種のためその仕事は未経験ですがスキルを持っているのであれば未経験であっても会社に貢献できます。

経験を活かしてもっとスキルが活かせるようにしましょう。

面接での注意点

手で顔を覆う女性

思わず口が滑ってしまったでは手遅れです。

言わなくていいことまで言ってしまうとずっと引きずってしまいます。

後悔しないように注意すべきことを見ておきましょう。

ネガティブな転職理由は避ける

いくら理由を聞かれたとはいえネガティブな発言をしてはいけません。

前職で嫌な思いをして散々だった、社内の雰囲気が最悪だったなど前職に対するネガティブな発言は相手を不快にされます。

またもし会社に入社したときに同じようにネガティブな発言をするのではないかと疑われます。

面接の場ではネガティブな発言は厳禁です。

気分が落ち込むような時があったり嫌な思いをしたこともあるかもしれませんが前向きでポジティブな発言をするようにしましょう。

暗い話よりも明るい話の方がその場の空気も明るくなります。

入社後どう貢献できるのかを伝えよう

面接では転職するために理由ばかりを尋ねられるわけではありません。

もし我が社へ入社が決まったときどのように貢献できるのかを聞かれます。

たとえ異業種でもこんなに仕事経験があるといったことや知識やスキルがあるから活かしていきたいでも大丈夫です。

少し先の話になるためまだわからないと思いますが少し先の未来を見据えて話をしてみましょう。

会社に受かるかどうかばかりに気が取られがちですが入社後のこともしっかり考えられる人だと印象が良くなります。

どのように会社に貢献できるかという質問は面接の最後の方によくある質問です。

回答を用意していなかったということがないように前もって想像しておきましょう。

未来像についてはとても大事なことです。

転職できたら自分はどのようになれるかどうかは別としてはっきりとしたビジョンを掲げられるかを面接官は見ています。

 

ワンポイント
面接ではマイナス発言はしないようにしてどれほど会社で貢献できるか回答を用意しておきましょう。

異業種転職での面接を成功させるポイント

気合いを入れている女性

ポイントを押さえておかなければ面接のループに取り込まれてしまいます。

できれば面接は一回で終われるようにしたいものです。

面接を成功させるためにポイントを押さえて勝ち取りにいきましょう。

仕事への熱意を伝える

態度や言葉によってその人がどのような状態かがある程度わかります。

めんどくさい、嫌だといった人ならだるそうでやる気がないといった感じです。

一方でこの仕事がしたい、どうしても受かりたいといった人は一生懸命でやる気に満ち溢れています。

誰の目からもその姿勢は現れますので面接の場では熱意をもって質疑応答を受けましょう。

そうするとこの人はやる気があっていいなと思ってもらえます。

マイナスの面を与えるのではなくプラスの面を与えるようにしましょう。

熱意や積極性を伝えることによって採用される確率も上がります。

ただ熱意があったとしても熱すぎるのは注意が必要です。

熱心になりすぎて話しすぎたり空回りしたりする可能性があるからです。

熱意に伝えることと勢いに任せて伝えることは違います。

必死すぎるのも相手が引いてしまう可能性があるため仕事に対しての熱意をぶつけましょう。

自主的に取り組む姿勢をみせる

転職を進める上で大事なことは自分から取り組むことです。

未経験なら仕事がわからなくて当然です。

経験やスキルがあったとしても前職とはまったく違う職種になるためなにもわからないが当たり前になります。

そんな中で人にいわれてから動くという人になってはなりません。

わからないなりに行動してみることはとても大事です。

転職にしても面接で質問を求められる場面が出てくると思いますが何もないから黙っておくではいけません。

ここで自分から何でもいいから質問してみましょう。

それができるかどうかによって転職者の見方が変わってきます。

ビジネスマナーを徹底しよう

姿勢が良い女性

どの業種、職種にいってもマナーというのは守らなければなりません。

ビジネスマナーを一から学ぼうとするととても幅広いため最低限のビジネスマナーを知っているだけでも違います。

これは転職者だからというわけではなく女性であれば習得した方がいいスキルです。

 

ワンポイント
面接を成功させるために自分から動いてみたりマナーをしっかりと身につけておきましょう。

異業種転職を成功させるには業界への理解を深めよう

マルのプラカードを持つ女性

転職を成功させたいのであれば業界についての理解が必要です。

この会社が行なっている事業はどういったものなのか知っておきましょう。

そのうえで自分がどの業界に適しているのかを知っておくと転職していくために自分に合っているものがなにかすぐに見つけることができます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩み込む女性

転職を試みることはあってもそれを実行に変えることはなかなかできることではありません。

人生において大事な決断をするわけですから気分や転機の問題ではありません。

転職エージェントに相談すれば一緒に道を歩んでくれますので困ったことがあれば思い切って相談してみましょう。

転職エージェントは転職者の困ったという問題を解決してくれます。

転職ができないからといって自分を責める必要はないのです。

転職は長い道のりになるかもしれませんが新しい職場に転職できるようにエージェントとともに行動してみましょう。

 

ワンポイント
困ったのであれば転職エージェントに相談して解決に導きましょう。

まとめ

ガッツポーズする女性

異業界へ転職しようと思っている人ももちろんいます。

いろんな場所でいろんなことを学ぶことはとてもいいことだと思いますしそれもまた自分の人生です。

志望動機や面接でのやりとりが功を成すかどうかは自分次第で決まってしまいます。

ポイントさえ押さえておけば異業界にでも転職することはできるのです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら