マーケティングの知識を広げたい、これからもっとデジタル対応技術を高めたいと考えている方は多いでしょう。

もう少し控えめになんとなくデジタルマーケティングに興味がある、経験は無いけど勉強したい方にもぜひお勧めしたい資格がGAIQです。

Googleアナリティクスは無料で使用できる高機能なWeb解析ツールとして広く活用されています。

GAIQはそのGoogleアナリティクス個人認定資格です。

GAIQを取得することはGoogleアナリティクスを使用するためのスキルをGoogle社から公式に認められたことになります。

GAIQを活かせる求人例

キャリア検索

それではGAIQは実際にどのような職種で活かせるか、代表的な例をいくつかご紹介します。

Webマーケター

資料

広告やサイトを運営する上で欠かせない仕事がマーケティング。

マーケティングでは膨大なデータを効率よくシステム上で解析し、市場の動向としてデータの可視化を実現することが必須です。

自社サイトへの流れを作り、購買意欲につなげられるかは、いかにWeb上の動きを捉えるかによる所が大きいといえます。

自社システムやインターネット上のツール、マーケティングシステムを広く使用できる環境は整っていることが多いです。

そのような中でもGoogleをベースにしているGoogleアナリティクスはやはり欠かせないツールなのです。

その理由の一つは複数のデータベースのハブ的な要素としても使うことができることです。

マーケティングは客観的かつ多角的な視点から集客を担っています。

Googleアナリティクスを使用しているだけではなく、その細部に精通しているGAIQを取得していることがアピール材料になります。

Webクリエーター

WebクリエーターもWeb訪問者を意識したサイト作りが必要です。

マーケティングの意向に合わせた内容やデザイナーのセンスは重視しているけれど、使い勝手が悪い。

そんなサイトではユーザーはすぐに別のサイトに移動してしまうでしょう。

インターネット利用者の嗜好をご自身でも分析する手段を持つことは、仕事をする上で大きなプラスになります。

顧客との商談やプレゼンテーションでも、GAIQを取得していればWeb解析結果も自信を持って共有や提案できます。

IT関連

顧客との会話

社内外の顧客の希望を反映するシステムを開発するには、システムと連携する汎用ツールに対する理解も必要です。

直接的な必要性は感じなくても、GAIQの知識を利用して顧客が使用する用語の意味を知り、共通言語を話す。

それにより顧客との距離が縮まり、信頼度アップが期待できます。

 

ワンポイント

GAIQWeb/IT関連の仕事に断然有利。

GAIQを活かせる仕事につくには

アドバイス

GAIQはIT•Web関連の仕事を希望している方にとって、持っていて損はない資格です。

特にWebクリエーター・Webマーケター・Webアナリストなどに歓迎されるスキルです。

もちろん資格が全てではありませんし、資格よりも経験を重視される場合もあります。

GAIQは資格を持っていること自体で、Googleアナリティクスを使いこなす準備ができていることの証明です。

GAIQ取得者はWeb関連業務の従事者またはWeb業界へ転職希望者がメインでしょう。

しかし、今後マーケティング担当者以外にGoogleアナリティクスが広がるにつれ、誰でもWeb分析に通じることが可能になります。

本格的なマーケティング知識や手法を知らなくてもデジタルマーケティングの世界をのぞくことができるのです。

GAIQは、より一般的な資格になる可能性が期待できます。

GAIQの特徴

GAIQはGoogleアナリティクスのスキルや知識に対する公式認証です。

Web分析の経験者でも普段使わない機能には疎い、趣味でWeb解析の経験が豊富でも実績がないなどお悩みですか?

経験・知識・資格のギャップを埋める資格として活用できます。

無料でいつでも受験できる資格ですので、まずはスタートラインに立つような気持ちでぜひ挑戦してみてください。

合格者には認定書が発行され、自身のGoogleアカウントにも表示されます。

GAIQの受験方法

受験方法

Google Partnersから無料でどこからでもオンライン受験できます。

試験時間は90分で随時受付しており、日本語にも対応しています。

GAIQの試験内容

Googleアナリティクスの習熟度を認定する資格です。

Googleアナリティクスの基本的な使い方、各種指標•パラメータ設定など基礎的な解析ツール用語が必須になります。

アナリティクス使用者にとっては馴染みのある内容になりますが、ツールの使い方を知らないと理解しにくい点があります。

勉強を始める前にGoogleアナリティクス使用してみると良いでしょう。

GAIQの難易度

難易度

GAIQの合格ラインは正答率80%(70問中56問以上正解)です。

問題形式は選択形式、不合格の場合も24時間後に再受験可能ですので、挑戦しやすい資格といえます。

 

ワンポイント
  • 受験料 無料
  • 受験方法 オンライン
  • 試験時間 90分
  • 合格ライン 正答率80%

GAIQの資格継続には12ヶ月ごとに再受験が必要

パソコンを打つ女性

GAIQの資格には期限があり、保持するためには12ヶ月ごとに再受験し合格する必要があります。

非常に動きが早いIT業界において何年も前に取得した資格の有効性には疑問を持たざるを得ません。

Googleアナリティクスは進化を続けるツールなので、使いこなすには定期的に知識のアップデートが大切です。

だからこそ錆びないスキルといえるでしょう。

一度GAIQを取得したら、リフレッシュの意味も込めて有効期限が切れるタイミングで再受験し、資格を保持することをお勧めします。

GAIQを取得するメリット

GAIQを取得するとどのような効果が期待できるのか?取得することのメリットについていくつか例をご紹介します。

スキルを証明できる

データ説明

GAIQは、Google社認定の資格です。

そして高度なデジタル解析ツールを使いこなすために必要な知識やスキルを有していることの証明です。

すでに実務でGoogleアナリティクスを使用している方の中には偏った使い方をしている場合があるかもしれません。

GAIQ取得には普段使用しているツールを使いこなすための全般的な知識が必要です。

そのため局所的ではなく幅広い視点でのアプローチ力が身につきます。

GAIQは資格として使えますので履歴書や自己紹介には自信をもって記載しましょう。

IT関連やWebに携わる部署に対しては会話にさり気なく盛り込むことでアピールすることもぜひ忘れずに。

Googleアナリティクスの知識が深まる

発見

GAIQを取得しなくてもGoogleアナリティクスは使用できますが、使いたい機能や知っている機能ばかりを使いがちになります。

経験豊富な方は今更と思うかもしれません。

しかし基本を網羅することは、Googleアナリティクスを使用中の方にとっても新しい機能や使い方を発見する機会につながります。

Googleアナリティクスの使用経験があればそれほど時間をかけずに進められます。

日常的に利用している方も体系的な知識チェックを兼ねてぜひGAIQに積極的にチャレンジして頂きたいです。

実務に活用できる

提案

Google社が提供するGoogleアナリティクスは無償版もかなり普及しています。

そして仕事をする上で社内外を問わず共通のプラットフォームとして幅広く活用されています。

どんなに高度な資格を持っていても、実際に使用できなくては意味がありません。

GAIQの試験では実践的な部分を問われることが多く、想定される目的や目標へのアプローチは実務でも大いに役立ちます。

もちろん習得した知識は実践で十分に活かすことができます。

そもそもGAIQとはGoogleアナリティクスを使いこなせるように設けられた資格です。

ですから取得した時点で何ができるかを理解できている状態です。

資格取得を目標とせずに、何をしたいかという目的意識を持つことも大切であることを忘れずに。

 

ワンポイント

GAIQはスキルの証明。使うことに意味がある。

GAIQを学ぶ前に

GAIQはGoogleアナリティクスに対する認証です。

受験準備としてGoogle Partnersの登録が必要になりますが、登録や受験は無料で行えます。

Googleアナリティクスを使ったことがない人

どうしたら良い?

Googleアナリティクスに登録するとGoogleアナリティクスアカデミーが無料で提供しているオンラインコース が受講可能です。

Googleアナリティクス初心者向けコースを受講してみることをお勧めします。

用語なども覚える必要があるので、動画や関連サイトも勉強に取り入れて効率よく勉強しましょう。

書籍も数多く出版されており、試験対策だけではなくサイト分析~改善の進め方など実践的な内容まで学ぶことができます。

GAIQを取得した後に活用の場を広げたいと考えているかたは、書籍もあわせて活用してみて下さい。

独学では難しいという方や上級者から学びたいという方にはセミナーも開催されています。

自分に合った勉強法を選ぶと良いでしょう。

GAIQはGoogleアナリティクスの認定資格ですので、特有の専門用語が使用されています。

専門用語のイメージを掴むために、受験前にGoogleアナリティクスを実際に操作して、慣れておきましょう。

実際に使用してみることでオンライン受講講座も始め易くなります。

Googleアナリティクスを使ったことがある人

普段使用していない部分の知識をカバーするなど、ブラッシュアップするつもりで挑戦してください。

対策としてはオンラインコースと練習問題を解いてミスをつぶしていくと良いでしょう。

初級コースでは物足りない場合は上級コースも用意されていますので、ぜひ腕試しに挑戦してみてください。

 

ワンポイント

受験前はしっかり勉強。Googleアナリティクスを使って見ることも大切。

GAIQの資格は転職を有利にする?

楽しく働く

今やマーケティングの主流はデジタルです。

目まぐるしく変化するデジタル時代にはいかにデータにアプローチするか、そしてその手法は最新であることが重要です。

その点で資格に有効期限があるGAIQは進化し続ける資格といえます。

ホームページを持つ企業であれば、多かれ少なかれ必ずWebサイト分析を行っています。

サイト分析は業界を問わず活かせる能力です。

GAIQはこのような重要な要素を備えているので、転職に有利な資格であることに間違いありません。

そうは言っても、資格で仕事をする訳ではありません。

どんなに素晴らしい資格を持っていても、使いこなせなければ価値は下がってしまいます。

転職で評価されるためには、GAIQを取得したことに満足しないことが大切です。

目標•目的を意識しながらツールを使い、課題にアプローチしている姿勢をアピールしましょう。

GAIQ試験の問題例を紹介

試験問題例1

サイト上で最も人気が高いサイト(ページ)を特定したい場合、デフォルトでこうした情報を確認できるレポートがあるのはどのセクションですか?

  1. コンバージョン
  2. 検索
  3. 行動
  4. ユーザー
  5. 集客

正解: 3 行動

解説: 行動レポートはサイト内の状態を把握するためのレポートです。

サイトを訪れたユーザー数、どのページが一番多く見られたか、滞在時間、訪問経路をデータとして把握できます。

試験問題例2

リンク先ページの効果が低いことを示しているのは、次のうちどれですか?

  1. 選択肢のどれでもない
  2. 新規訪問の割合が90%未満
  3. 直帰率が90%未満
  4. 新規訪問の割合が90%を超えている
  5. 直帰率が90%を超えている

正解: 5 直帰率が90%を超えている

解説: ユーザーがサイトを訪問し(ランディングと言います)、1ページしか閲覧せずに出ていってしまうことを「直帰」と言います。

複数ページがある場合は、直帰率を高めているページの特定から始めます。

転職相談は転職エージェントを活用しましょう

転職相談

仕事を続けながらの転職活動は大きな負担を伴います。

企業側も採用には多大な労力を費やすことになりますのでできるだけリスクは避けたいものです。

そこで活用したいのが転職エージェント

転職エージェントは転職希望者と採用企業の最適なマッチングを行う会社です。

転職エージェントを利用する最大のメリットは、一般公開されていない求人を持っている点です。

どんなに優秀な人でも募集のない企業へ転職することはできません。

一方で、採用する企業側としてもどんなに優良でも知名度が低いことにより優秀な人材の獲得に苦労しています。

新しい職種にチャレンジしたくても直接募集では経験者以外は書類すら突破することが難しいのが実態です。

転職エージェントは求人票には記載されていない「採用したい人物の詳しい像や能力」を企業の人事から聞き出しています。

転職エージェントは求職者には希望に沿った企業を紹介し、企業に対してはイメージに近い応募者を獲得できる場を提供します。

応募者と採用者双方にとって、より多くの機会に巡り合うチャンスが広がるのです。

また転職エージェントは求職者に対して、書類選考、面接へ進む各段階で細やかにアドバイスしてくれます。

入社が決まった場合には転職先企業との給料や開始日の交渉から、現職の退職手順に至るまでサポートを提供します。

転職エージェントに登録したからと言って、必ず転職しなければいけないわけではありません。

転職について検討を始めるのであれば、自身が希望する仕事を探すパートナーとして、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

まとめ

新しい挑戦

Webマーケティングに必須のウェブ分析で無料活用できるGoogleアナリティクス。

GAIQを取得して得られる知識やスキルは実務や転職に有益な認定資格です。

GAIQの取得自体は、パソコンとインターネットがあれば簡単に始められる認定試験です。

いつでも受験できると思うとなかなか行動に移さなかったりするものです。

スキルアップしたいけど何をすれば良いか悩んでいる、新しい職種にチャレンジするための足がかりか欲しい方。

あるいは何でも良いから新しい資格に挑戦するきっかけがないとお悩みの方などなど。

GAIQを受験したことが無い方はもちろん、すでに資格が切れている方も、この機会にGAIQを取得されてみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら