ホテルフロントの仕事は女性にも人気の仕事です。

今回はホテルフロントの仕事内容や求められるスキルについて紹介します。

ホテル業界への転職を検討している人は是非参考にしてみてください。

ホテルフロントの仕事内容を解説

ホテルフロントの仕事といっても内容は多様です。

ホテルの受付というイメージが強いかもしれませんが実はホテル業務において重要な役割を担っています。

以下の項目を参考にホテルフロントの仕事内容をしっかりと把握しましょう。

電話応対

ビジネスウーマン

電話応対はホテルフロントの大切な仕事の1つです。

宿泊予約の問い合わせや宿泊前確認などホテルフロントは電話を通して宿泊客のニーズに応えることが求められます。

また宿泊客からの電話を受電するだけでなく到着時間などの確認をホテル側から架電することも業務の一貫です。

海外からの問い合わせも珍しくないため英語のスキルを求められる事もあります。

宿泊客の滞在中は室内トラブルのクレームやルームサービスなどの注文を内線で受けるのも仕事です。

ホテルの顧客窓口として柔軟な電話対応をすることが求められます。

予約状況管理

パソコン作業

予約状況の管理もホテルフロントの重要な役割です。

ホテルの予約は宿泊サイトのシステムだけで管理されるわけではありません。

電話での予約を受けつやFAXで問い合わせがある可能性もあります。

複数の窓口から入ってくる予約をダブルブッキングしないように管理することが大切です。

またときにはキャンセルの対応も求められます。

キャンセルの場合はホテルの規定に応じてキャンセル料を請求する場合もあるので注意が必要です。

ホテルのポリシーを十分に把握して予約のマネジメントをするスキルが求められます。

チェックイン・チェックアウト

制服をきた女性

チェックインとチェックアウトの手続きもホテルフロントの代表的な仕事です。

ホテルフロントはホテルの窓口として宿泊客と最初にコミュニケーションをとる必要があります。

ホテルのイメージをを壊さないように笑顔で気持ちよくお客さまへ対応することが大切です。

チェックインでは予約内容を確認しルームキーの手配や客室や館内の案内を行う必要があります。

チェックアウト時は宿泊代金の清算業務も含まれるため慎重かつ丁寧に対応する必要がある仕事です。

 

ワンポイント

多岐にわたる業務を柔軟にこなすのがホテルフロントの仕事です。

さまざまな経験をしてスキルアップしたい人には向いてい仕事といえるでしょう。

ホテルフロントの魅力

ポイント

ではホテルフロントにはどんな魅力があるのでしょうか。

ホテルフロントの魅力の1つはたくさんの宿泊客との出会いがあることです。

ときには有名人が宿泊することもあるため間近で有名人とコミュニケーションがとれることもあるでしょう。

宿泊客と直接コミュニケーションをとり顧客満足度を直接感じることができるため非常にやりがいがあります。

実際に宿泊顧客から「ありがとう」と感謝されることで仕事のやりがいを感じている人も多いのが特徴です。

また接客やコミュニケーションスキルそして語学力などが身につくのもホテルフロントの魅力ではないでしょうか。

普段からホテルの顔として宿泊客に好感を与える対応を意識しなければならないため自然と人間力が身につきます。

多岐にわたる業務から柔軟性も磨かれるため多職種へのキャリアプランも考えられるのがメリットです。

ホテルフロントに向いている女性の特徴

次にホテルフロントに向いている人の特徴を紹介します。

ホテルフロントは誰でも目指せる仕事ではありますが以下のスキルを持っている人が活躍しやすい職種です。

まずはホテルフロントに向いている女性の特徴を把握してホテルフロントに求められるスキルを身につけましょう。

気配りができる

笑顔の女性

気配りができる人はホテルフロントに向いています。

なぜならホテルフロントの仕事は気配りで成り立っているといっても過言でないくらい宿泊客への気配りが必要だからです。

宿泊客が心地よく過ごせるように徹底するのがホテルフロントの仕事でもあります。

そのためには心地よい空間づくりと好感の持てる対応で常に宿泊客に気を配ることが大切です。

臨機応変な対応ができる

書類を回す女性

臨機応変な対応ができる人もホテルフロントに求められる人の特徴です。

ホテルフロントは多岐にわたる業務を同時に対応しなければならないため柔軟性も求められます。

顧客満足度を高めるために宿泊客のトラブルや要望にも臨機応変に対応することが大切です。

またホテルフロントの特徴としてシフト制の勤務形態があげられます。

早朝勤務や深夜勤務などシフトに合わせて臨機応変に自己管理をするスキルも大切です。

優先順位を考えて柔軟に対応できる人にはホテルフロントが向いているでしょう。

接客が好き

スーツの女性

接客力もホテルフロントに求められる非常に重要なスキルです。

宿泊客にリラックスして滞在してもらうためには笑顔で落ち着いて対応することが求められます。

ホスピタリティを持って接客サービスができる人はホテルフロントに向いているでしょう。

接客をする上で大切なことは相手の立場に立って考え行動することです。

宿泊客だけでなく同僚や取引先業者にも気持ちよく対応できる人はホテルフロントには欠かせない存在でしょう。

ホテルフロントの将来性

悩む女性

ホテルフロントは将来性のある仕事といえるのでしょうか。

ここではホテルフロントの将来性についても考えてみましょう。

AIの進化によって多くの仕事が「人」でなくても対応できるようになることが予想されています。

ホテルのフロント業務も今後AIで対応できる職種といわれているのは事実です。

実際にロボットホテルなどチェックイン・チェックアウト業務が機械処理になっているホテルも増えています。

しかしだからといってホテルフロントの仕事が完全に無くなるわけではありません。

なぜなら人による接客サービスを求めて宿泊する顧客も多いからです。

日本特有のおもてなし精神や接客力は世界が賞賛するほど質が高いといわれています。

格式の高いホテルほどその接客やサービスの質が認められているホテルです。

確かにホテルの方針によってはAIに頼り人員削減をする会社もあるかもしれません。

しかし昔ながらの伝統を守るホテルにとっては今後もホテルフロントとして高いスキルを持つ人の需要が高まるでしょう。

 

ワンポイント

将来安定してホテルフロントを継続するには需要のあるホテルスタッフになることも大切です。

常にスキルアップを意識しつつホテル業界の繁栄に貢献しましょう。

ホテルフロントに求められるスキルや知識

ではホテルフロントに求められるスキルと知識について紹介します。

ホテルフロントを目指す人は以下の項目を参考にホテルに求められる人材を目指しましょう。

ホスピタリティ

手のひらの中のハート

ホテルフロントにとってホスピタリティは必須スキルです。

ホスピタリティがある人とは利害や主従関係に関係なく周りの人を大切に思い気遣う行動のとれる人のことです。

ホテル業務は各部署の連携やチームワークにより成り立ちます。

宿泊顧客へサービスをするだけでなく一緒にはたらく仲間や取引先企業の人のことも気遣うホスピタリティが大切です。

語学力

応援のポーズをするビジネスチーム

語学力もホテルフロントに求められるスキルの1つです。

日本に来る外国人旅行者やビジネスマンの大半はホテルに滞在します。

ホテルフロントはホテルの窓口的存在のため外国人宿泊客に対しても気持ちよく対応しなければなりません。

多くの外国人宿泊客は日本語をを話せませんのでホテルフロントが英語で話すスキルが求められます。

英語だけでなく中国語やスペイン語などプラスαの語学を習得しているとホテルフロント就職する際に有利です。

語学力の幅が広い人ほど対応できる幅も広がります。

これからホテルフロントを目指す人は語学力アップも意識して勉強しておきましょう。

ホテルフロントで働く上で覚えること

ホテルフロントの業務は接遇・宿泊予約管理・案内・会計と多岐に渡ります。

ときには人員の足りていない他のポジションのヘルプへまわることも珍しくありません。

以下項目ではホテルフロントとして覚えるべき業務について紹介します。

これからホテルフロントを目指すひとは業務内容を十分に把握しておきましょう。

チェックイン・チェックアウト業務

笑顔の受付の女性

ホテルフロント代表的業務はチェックイン・チェックアウト業務です。

宿泊客が到着したら予約確認をしてチェックイン業務を行います。

館内の説明、食事の案内そして注意事項などを一通り案内して部屋の鍵を渡すのが一連の流れです。

チェックアウトの際は宿泊客の退館手続きを行います。

ホテルによって清算のタイミングは様々ですがチェックアウト時に宿泊料の清算や領収書の発行をするホテルも多いです。

宿泊客のチェックイン・チェックアウト時間を把握して管理することも業務内容に含まれます。

接客マナーやコミュニケーション能力

胸に手をあてる女性

フロントに立つということは常に宿泊客から見られているということです。

フロントスタッフはホテルのイメージを左右するホテルの看板的存在ともいえるでしょう。

身だしなみや立ち振る舞いなどを意識して業務に携わる必要があります。

そして実際に宿泊客と直接会話をする業務のため接客マナーやコミュニケーション力は高いスキルが必要です。

入社後に接客マナー研修を設けるホテルも多いですが接客マナーとコミュニケーション力は磨いておくようにしましょう。

基本的な英会話

指をさす女性

ホテルフロントは海外からの宿泊客を迎えることも多い仕事です。

外国人宿泊客の全てが英語圏の人とは限りませんが英語は世界共通語と認識されているので最低限習得しておきましょう。

とくに業務上必要なレベルの英語は必須ともいえます。

ホテルによっては人材募集に伴い英語レベルの基準を設けているところも多いです。

TOEIC 700点を基準に英語力は常に磨いておきましょう。

ホテルフロントでやりがいを感じる時

腕をあげる女性

ホテルフロントでやりがいを感じる瞬間はたくさんあります。

その中でも1番やりがいを感じることは宿泊客から「ありがとう」を直接聞けることではないでしょうか。

自分の働きで顧客満足度が上がるのは働いていく上でのモチベーションにもつながります。

仲間とチームで協力して目標を達成できるということもやりがいの1つです。

ホテルフロントの業務はホテル全体と連携した対応が求められます。

周囲と連携してチームで良い結果を作ることは決して簡単なことではありません。

だからこそ達成できたときは非常に強い達成感とやりがいを感じられます。

 

ワンポイント

やりがいの感じ方は人によってさまざまです。

まずは仕事を実践しながら自分のやりがいを見つけてみましょう。

ホテルフロントのキャリアパス

ではホテルフロントのキャリアパスについても考えてみましょう。

ホテルフロントのキャリアはホテル業界だけでなく転職する上でも様々な可能性を持っています。

以下の項目を参考にホテルフロントのスキルを活かしたキャリアパスを具体的にしましょう。

キャリアチェンジやキャリアアップ

眼鏡の女性

ホテルフロントのキャリアパスとして考えられる方法は2つあります。

1つはチーフやマネージャーそして支配人などの管理職を目指すことです。

就職先のホテルで頑張りを認められれば時間は多少かかっても上位職へのステップアップの道が開かれます。

もう1つの方法は他職種にキャリアチェンジすることです。

ホテルフロントではホスピタリティや語学力そして柔軟性を培うことができます。

ホテルフロントで求められるスキルはホテルだけでなく他業種にても活かすことが可能です。

まずはホテルフロントを実践しながら自分にあったキャリアパスを考えてみましょう。

別の仕事に活かせる?

進む

ではホテルフロントのスキルはどんな仕事に活かせるのでしょうか。

まずホテルフロントでは以下のようなスキルを強みとしてアピールすることができます。

  • 語学力
  • 接客力
  • 柔軟性
  • 事務処理能力
  • コミュニケーション力

ホテルフロントは接客マナーなどが訓練されているため企業の受付や秘書への転職が可能です。

また事務処理能力を活かして事務職へ転職という可能性もあるでしょう。

コールセンターや営業事務などの職種も目指せる職種です。

語学力が堪能だと外資系企業への転職も有利に働きます。

キャリアチェンジで選べる職種が豊富なのもホテルフロントの魅力ではないでしょうか。

 

ワンポイント

ホテルフロントからのキャリアパスはさまざまな選択肢があります。

女性が活躍しやすい職場であることも魅力の1つです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネスパーソン

ホテルフロントでの就職を検討している人は転職エージェントに相談するのがおすすめです。

なぜなら転職エージェントは非公開求人なども把握しているからです。

転職エージェントに自分の希望と条件を伝えることで効率的に自分にあった企業を見つけることができます。

提出書類の添削から面接対策まで幅広くサポートしてもらえることもメリットです。

まだ転職エージェントを利用したことがない人はこの機会に登録してみてください。

まとめ

転職

ホテルフロントの仕事の内容や必要なスキルは参考になりましたか。

ホテルフロントは人と関わることが好きな人には非常におすすめです。

ときにはクレーム対応などのイレギュラーな対応を求められることもありますが、同時にやりがいも感じることが出来ます。

お客様から直接「ありがとう」といわれることが多いのも特徴です。

未経験からでも目指せる職種ですので積極的に応募してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら