人生は一度しかありません。

その人生をいかに自分らしく楽しく過ごせるか日々の生活に関わってきます。

転職を考えたときに今までまったく関わってこなかったいわゆる異業職へ転職したいと思うこともあるでしょう。

同じ系統の業種ではなくて違う業種へ転職することによって新しい自分にで会えるかもしれません。

異業職へ転職するためにまずは応募書類を完成させなければなりません。

志望動機の書き方や異業職の仕事に就くためにはどうすればいいのかご紹介します。

Contents

異業職への志望動機の書き方を解説

考えている女性

志望動機は履歴書の中で最も重要な項目です。

空白が目立ってしまったり文字を埋めようと必死になって意味が伝わらなかったりしては台無しになってしまいます。

志望動機で一番いい書き方はなぜ御社の会社にきたのかという理由が必要です。

このような理由があって御社に就職したいという明確な理由を記載しましょう。

その理由が明白であればあるほど採用担当者も納得がいきます。

どこに行っても志望動機は聞かれますが異業界ならなおさらしっかりと記載するようにしましょう。

志望動機を書いて応募書類を提出することは転職するうえで第一関門です。

この第一関門を突破しないことには次に進むことはできません。

どうしてこの仕事に興味を持ったのか担当者へ説明できれば志望動機が通ります。

志望動機をしっかりと書いて内容のあるものに仕上げましょう。

異業界への転職は難しい?

物思いにふける女性

今いる業界では成長が止まりステップアップできていないと考えたとき全く異なる職種にチャレンジしたい人もいるかもしれません。

ただずっと同じ業界で働いてきたから全く別の仕事に就くなんて無理なのではないかと不安になります。

異業界への転職は自分には難しいのではないかと考えてしまいます。

自分には無理だと誰もが一度は思ったことがあるかもしれませんがそんなことはありません。

他人にもできるのであれば自分にもできるのではと考え方を変えてみましょう。

異業界へ転職したいと思うのなら転職できるためにしっかりとポイントを抑えておきましょう。

無理なんて思わずにポイントさえきっちり抑えておけば転職することは可能です。

 

ワンポイント
異業種へ転職している人も中にはいます。自分には無理とネガティブにならないでください。

異業界への志望動機で意識するべきポイント

納得の女性

たくさん職種や業種がある中でどうしてこの業界に来たのかを伝えなければなりません。

自分さえわかっていればいいという問題でもないためこのポイントは押さえておきましょう。

理由がわからないでは話になりません。

自分が行動を起こしたのなら必ず理由が発生しています。

なぜ異業界を志望したのか明確にしよう

どこの業界にいっても必ず聞かれる項目です。

そのため書類に記載するときにも志望動機は意識して書かなければなりません。

書類を書く際には時間制限などはありませんので納得がいくように時間をかけて書いていても問題ありません。

同じ系統の業種や職種があったと思うのになぜわざわざ異業界を志望したのかについて書く必要があります。

相手を納得させられるような文章にすると、なるほどと思ってくれます。

現場との関連性を探そう

自分が受けようと思っている会社の情報はすでに調べて知っていると思うので自分との関連性を探してみましょう。

共通性を見つけることは大事なことです。

とても重要なことですが志望動機だけに意識しすぎているせいかあまりなされていない方が多いです。

関連性を探すだけでも面接時に会話が弾みますし共通性を見つけることで仕事をするにあたりスムーズに進むでしょう。

志望動機を作成するうえでやっていそうで意外と取り組んでいないことが多いため他の面接者にリードできます。

他にはない自分だけの履歴書を作っていきましょう。

仕事への積極性や意欲を示そう

発言している女の子

実際に会社に足を運んだことがなくても自分が転職したい会社の情報は把握しておかなければなりません。

会社に就職したらこんなことがやってみたいというような積極性をみせましょう。

どうしても働きたいというような意欲をみせると相手にも好印象を残すことができます。

逆に仕事に対して消極的になってしまうと仕事に興味がないのかと思われてしまいます。

興味がないのにこられても迷惑だと相手を怒らせてしまうかもしれません。

御社の会社で働きたいという前向きな姿勢が大事です。

応募企業にマッチしたスキルや経験をアピールしよう

アピールする女性

企業と自分とを見比べたときにお互いにマッチしている場所はどこになるのか調べてみましょう。

自分の持っているスキルや経験と同じか似ている場所がきっとあるはずです。

企業との関連性を考慮しつつアピールすることで物事がスムーズに進みます。

志望動機を書く前に企業を調べたときに自分とマッチしている場所はどこになるのか見つけておきましょう。

見つけておくことで関係のない志望動機の記述にならないはずです。

意識一つで志望動機はより良いものに変わっていきます。

志望動機を書く前の準備

こちらを見つめる女性

志望動機を書く前に必ず準備をしておかなければなりません。

この準備が万全でなければ志望動機にならない文章が仕上がっていることでしょう。

そうならないためにしっかりと材料を揃えておく必要があります。

自己分析しよう

自己分析がなかなかできない人も中にはいるでしょう。

自己分析をしっかりしておかないと面接時に非常に困ります。

自分はこんな人でこんなことができるから御社に来たというアピールをしなければいけません。

自己分析ができていないとアピール材料が減ってしまいます。

面接の場所で困らないようにしっかりと準備をしておきましょう。

企業の求めている人材像を知ろう

必ずどんな人を求めていますという人物像があります。

異業種から転職してきたとはいえ全く異なる人物像では合格することはできません。

求めている人物とは決して雰囲気や見た目ではありません。

自分が今まで行ってきた仕事やできることを吟味した結果それが貴社が求めている人物かどうか判断されます。

知識やスキルも大いに関わってきます。

この人は会社で働いたらどんな活動をしてくれるだろうと会社側は考えるはずです。

自分が求めているイメージに近いような会社かどうかを知る必要があります。

業界が違っても活かせるスキルを見つけよう

何かを探している女性

これまでに経験してきたことや体験してきたことはすべて自分の力となっているはずです。

業界が違っていたとしても何か自分とマッチした部分があるはずです。

それを見つけてみましょう。

業界が違っていたからといってすべて自分と合わないといったことはありません。

自分にも活かせるスキルがどこかに潜んでいます。

それを探し出すことで会社に入社したときに存分に活かすことができるでしょう。

スキルを持っていれば自分が有利です。

自分はこんなことができるけれど相手の企業はどんなものがあるのか相互性を探してみましょう。

活かせるスキルが見つかれば会社に大いに貢献できますし自分にももっと自信がつくことになります。

物事をプラスに考えて行動しましょう。

 

ワンポイント
自分が活かせるものは何かを明確にして志望動機に備えましょう。

志望動機を書く際の注意点

指示棒を持つ女性

ただ志望動機を書いているだけではすてきな志望動機は完成しません。

志望動機を書くときに注意しておくことがあります。

その注意を踏まえた上で書いていけば見栄えのいい例文のような志望動機が完成するでしょう。

なぜその企業なのか明確にしよう

志望動機を書くうえで改めて自分はどうしてこの企業に応募するのだろうと考えてみてください。

もし答えがすぐに浮かぶのならそれが自分の持っている答えです。

答えがすぐに浮かばなければ意味の通らない志望動機が仕上がっている可能性があります。

志望動機を仕上げた時でもどうしてそうなったのかという理由が書かれているかどうかを見直すようにしましょう。

質疑応答でも必ずこうだからと結論づけることがあります。

そうならない場合は違った捉え方をしており回答に至っていない時です。

しっかりと質疑応答をするためにもなぜ企業を選んだのかを明白にしておきましょう。

ちゃんとした理由が答えられていれば面接官も納得してくれます。

入社後どう貢献できるのかを書こう

自分が受けたい会社に応募するときに少し先のことを想像してみましょう。

必ずどんなふうになりたいのかという思いがあるはずです。

その思いに近づくことができるのかどうかを明白にしてみましょう。

会社でできることを書けばいいのです。

ここでは自分のやりたいことではなく会社のために書くことが求められます。

会社という場所はその人が会社で貢献してくれることを願っています。

働き方ひとつでもいいですし何か役に立てるような仕事をこなすことがいいでしょう。

その会社で試験があるならいい成績を残したいでも構いません。

会社にこの人は必要不可欠だと思ってもらえるように働きかけてみることが大事です。

志望動機の例文

まるかばつを持つ女性

志望動機の例文は調べればすぐに出てきます。

ですがそれをそのまま書いていては意味がありません。

例文を見たまま書いたことはすぐに見つかってしまいます。

例文を見た上で自分の言葉に変えましょう。

志望動機の例文〜なぜこの業界に入ろうと思ったのか〜

今まで経験してこなかったものだからこそ違う業界で働いてみたいです。

なにかを行動するときに人は必ず理由を持って行動します。

入ろうとしている業界への理解はあるかどうかが問われます。

その業界への理解が大事です。

今まで経験してこなかった職種でも研究して理解をしていればこの人なら仕事をこなしてくれそうという印象を与えることができます。

例文と解答例を調べることもできますがそれをそのまま伝えないようにしましょう。

面接官は自分の言葉で答えることを待っています。

たとえ完璧な言葉で説明していてもカンニングしていることにすぐに気づかれます。

そのような答えは必要ありません。

志望動機の例文〜どうして違う職種へ転職しようと思ったのか〜

違う職種に転職することで新しい自分を見つけたいからです。

どれだけの意欲でこの場所に辿り着いたのかを問われています。

異業種への転職ですので職種自体も全く異なります。

そのためその人の本気度を見ているのです。

ここで伝えてはならないのが前職のマイナス部分を伝えることです。

マイナス部分を伝えるともしかしたらそのイメージがついてしまうかもしれません。

新しい会社でもマイナスに考えてしまうのではないかと面接官を不安にさせてしまいます。

ここではマイナス発言をするのではなく前向きな言葉で伝えましょう。

前職の経験を経て自分のやりたいことがわかったからとなるとマイナス発言にはなりません。

自分のやりたいことがわかったと前へ進んでいるため好印象を与えることができます。

 

ワンポイント
なぜ、に対して明確な理由を書くことでよりよい志望動機になります。

志望動機のNG例文

スケッチブックで顔を覆う女性

自分では頑張って仕上げたつもりでも他人が見た時に全然だめだと思われる志望動機です。

相手に意味が伝わらない志望動機は志望動機ではありません。

書き上げた時にもう一度志望動機になっているかどうか見直してみましょう。

志望動機のNG例文〜業界を選んだ内容が薄い〜

御社はとても明るく職場もきれいだからこんな場所で自分も働いてみたかったです。

明るくて職場がきれいな会社はきっとどこにいっても見つかります。

それは理由ではなく職場を見たイメージでしかありません。

この人は本当に会社のことを理解しているのかと疑問を持たれます。

志望動機とは本来次に繋がるもの、活かせるものを伝えなければなりません。

相手が納得いくような志望動機でなければなぜ貴社へきたのかわからないからです。

会社の雰囲気も大事かもしれませんがそこで自分は何をするのかこんなことができるから活かしたいなど答えるようにしましょう。

その内容を聞いて誰もが納得する回答でなければ内容が薄いものになってしまいます。

NG例文〜資格欄が空白〜

履歴書には必ず資格を書く欄があります。

よく書かれるのは英語検定や漢字検定ですがそれらも書いていないといったことです。

学業を卒業すると同時にもらえる資格や証明書が一つはあるはずです。

資格はその分勉強してきた証になりますので書いていないとなると今まで何を学んできたのかわからなくなります。

元々履歴書に空白という時点で面接に行く前に落とされてしまいます。

自分はこんな勉強をしてきましたといった出来事をアピールしましょう。

志望動機がまとまらないときの対処法

悩む女性

履歴書を前にして志望動機の書くスペースだけいつまで経っても埋まらないといった人は多くいるでしょう。

何を書けばいいのか悩む人や逆に書く内容の量が多すぎて収まらないといった人などさまざまです。

分量を決められているとなかなか思うように書けなかったりします。

そんな時はポイントをまとめてみましょう。

一番伝えたいことは何か、これだけはどうしても伝えたいといったことに内容を絞り濃く書けば収まります。

志望動機はどうしてこの企業を選んだのかを問われています。

その会社への理解度や会社に就職してどんなことがしてみたいなどをまとめればいいのです。

人に伝えるという作業は慣れないうちは何をすればいいのかと臆病になってしまいがちですが伝えることが大事になってきます。

ゆっくりでも大丈夫ですので自分が思ったことを会社と関連づけて答えるようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

頭を悩ます女性

自分一人ではどうしても無理だといった人のために転職エージェントがいます。

転職エージェントは転職を支えてくれるため相談だけでもいいので取り合ってみましょう。

話をすることで何かアドバイスがもらえます。

転職は自分のことながら自分でもどうすればいいのか分からなくなってしまうものです。

助けて欲しいのにどうすればいいのかと涙する場合もあります。

相談さえすれば何も心配いりません。

転職という大きなものに真正面からぶつかって壁を壊しましょう。

道が切り開けるまでなかなか扉は開いてくれませんが自分で開けるしかないのです。

転職はそれだけ勇気と根性、努力 が必要になります。

仕事をするよりも大変なことかもしれませんが自分で転職を決めたのならやるしかありません。

 

ワンポイント
転職は自分のことながらわからなくなる時があります。転職エージェントとしっかり相談して転職を成功させましょう。

まとめ

初々しい女性ビジネスウーマン

異業種を選んで行動することは大きな勇気が入ります。

挑戦することはとてもいいことでそれが同職種であっても異業者であっても自分がそれでいいと決めたのなら迷うことはありません。

ただ異業種となればそれなりに苦労することも出てくるでしょう。

自分がそれにどれだけぶつかっていけるかが問題になります。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら