面接で転職理由を聞かれたらどこまで本音を話したら良いか判断がつかないことは多いのではないでしょうか。

転職理由は人によりさまざまですが、多くは今の会社・職場・人間関係・給与水準に嫌気がさして転職活動を始めるのではないでしょうか。

そうした不満を面接で話すことはマイナスと考えられます。

ではどのように転職理由を話せば面接官の心証を悪くしないで内定がもらえるのか解説します。

面接が不安だという方は必見です。

Contents

面接で転職理由を本音で話してよいのかを解説

笑顔のビジネスウーマン

日本人ほど本音と建前を多用する国民は少ないのではないでしょうか。

日本人は知らないうちに本音と建前を使い分ける国民性があります。

建前は相手に嘘をつくことと捉える風潮がありますが、ビジネスでは相手を傷つけず人間関係を円滑に保つために必要な時もあります。

転職の面接で思っていることを正直に本音で話すと相手の心証を悪くするかもしれません。

一方で建前だけを話していると中身が嘘っぽいと思われる可能性もあります。

本音と建前をどう使い分けるかで面接の合否が決まることもありますから注意したいものです。

特に転職の面接で本音だけで話すのはどうしてもマイナスに捉えられがちですから避けた方が無難でしょう。

よくある転職理由の本音は?

タブレットを見る女性

転職理由の本音といえば人間関係・職場環境・労働時間・給与・人事評価の不満などではないでしょうか。

このように本音とは一般にネガティブなものが多いといえるでしょう。

いくつか転職の本音について見ていきましょう。

職場の人間関係がうまくいかなかった

女性

転職理由で多いのが職場の人間関係に起因するものです。

同僚・上司など職場の人間関係は複雑で、場合によってはそのストレスで体調を崩してしまう人もいるくらいです。

面接で人間関係が原因で転職したいと本音で話せばどうなるでしょうか。

面接官はこの人が入社してもまた人間関係でうまくいかなくなる可能性があると感じるでしょう。

人間関係のこじれ問題は多くの企業も抱えている問題ですから、それを転職理由にすることは避けましょう。

また、職場には大なり小なり人間関係の問題はあると心して転職活動することも大切です。

労働環境へ不満があった

悩む

転職理由では労働環境への不満もあります。

経営状態が悪化してサービス残業が増え、休日出勤するなど企業によっては労働環境も悪化してるところもあります。

労働環境が悪化し残業が恒常化すれば心身に異常をきたす人もいて社会的な問題になっているくらいです。

この状態に陥るとこれ以上はこの会社で働けないと感じるのも当然ですが、そのまま本音を面接で話すのは避けましょう。

大切なのはこの状況を自力でどう克服しようと努力したかということ、その結果、転職することになったと話せば説得力は出てきます。

やる気を出して頑張っていたという姿勢を相手に示せるかどうかが大切です。

精神的に弱いと思われないように強気な姿勢で望むことも重要です。

給与などの待遇面で不満があった

女性

待遇面の不満を理由に転職を考える人も多いでしょう。

しかし、面接で給与が低かったから転職したいではマイナスの印象しか面接官に与えかねません。

自分がこれまで果たした実績を述べて、それに見合う正しい評価をしてもらえる企業で強みを発揮したいと前向きな姿勢を示すことが大切です。

自分の人生設計と絡めて、今の収入よりもっと上を目指したいと伝えれば印象も良くなるでしょう。

仕事内容が面白くなかった

考える女性

本音でただ仕事が面白くなかったから転職したいと話せが面接官の心証を害する可能性があります。

本来仕事が面白いかどうかは本人の感じ方で、会社で働くなら仕事は自分でチョイスはできません。

応募者がどのような仕事でもポジティブに考えて働けるか面接官は判断します。

決して個人の感情で仕事をするのではなく、いかなる仕事でも会社の業績にどう貢献できるかがポイントになります。

例えばつまらない仕事が与えられたらどうしますかと質問されたらどう答えますか?

どのような仕事であっても自分の成長には欠かせないものであり、何より会社の発展には必要な仕事といえるでしょう。

仕事があるから人は成長できるし、人が成長できればより質の高い仕事ができるようになります。

 

ワンポイント
 面接には常にポジティブシンキングで臨もう。

転職理由から企業がみているポイント

ノートとペンを持つ女性

面接の時には必ずといっていいほど転職理由を聞きかれます。

面接で転職理由をあえて聞くのは、応募者が入社してから会社にどう貢献してくれるかを見極めるためです。

不平・不満だけを話す応募者を面接官は決して入社後活躍してくれる人材とは判断しません。

逆に同じ理由でまた会社を辞めるのではないかと危惧するのは当たり前でしょう。

企業がみるポイントは入社後に意欲を持って会社のために自己実現できる人かどうかです。

仕事がうまくいかない時に会社・同僚・上司の責任にせず自力で問題をどう解決できるかが大切だといえます。

仕事はほとんどの場合チームでやり遂げるもので、成果をあげていくためには協調性・コミュニケーション能力も必要になります。

すぐに辞めてしまわないか

転職の面接で面接官がみるのは仕事の重圧に耐えられる忍耐力があるかどうかです。

入社後にすぐに辞めてしまう人を入社させても意味がないからです。

社員には多くの時間とコストをかけて将来は会社の柱になってもらえるように育成します。

何か不満や些細なことで辞められては会社にも大きなダメージです。

そのためどのような状況に置かれても会社の発展のために前向きな姿勢・熱意・粘り強い社員を求めるのです。

「他責」思考が強くないか

次に面接官がみるのは悪いのは自分ではなく、まわりの人・会社・顧客・社会というように他責する思考が強いかどうかです。

他責とは自分を正当化しようとする心理的自己防衛行為です。

他責する傾向が強い人は他人のアドバイスに耳を貸さないこともあります。

チームとして協調性が何より大切なのですが他責する人はチームには馴染めず、本人は疎外感でいっぱいになる傾向が強いのです。

他責は精神的な疾患と診断されることもあります。

そういう人が入社すると本人にとっても会社にとっても不幸だといえます。

転職理由でウソをつくのは厳禁

女性

転職の面接で自分を売り込みたい気持ちからウソをつく行為はどうなのでしょうか。

建前とウソは全く違いますし、面接で何があってもウソをつくのは厳禁です。

ウソはプロの面接官には通用しませんし、仮にうまく入社できても内容によっては内定取り消しになるケースもあります。

例えば経験がない仕事は正直にないと答えましょう。

その上で経験はなくても関心があるので前向きに取り組みたいという前向きな姿勢を見せることが重要です。

ウソをついたために入社後に自分の立場が悪くなり短期間で会社を辞めるようなことになれば自分のキャリアに傷をつけることになります。

 

ワンポイント
 転職理由がネガティブでもポジティブに変換させよう。

転職理由がネガティブな場合の対処方

女性

本当は転職する理由がネガティブな場合もあるでしょう。

実際その方が多いのではないでしょうか。

しかし、そのままの気持ちを面接官に伝えれば不合格になる可能性は大きくなるでしょう。

どのようなネガティブな理由で転職するにせよ前向きな表現にすることで面接官の心証は違ってきます。

不満を志望動機とあわせてポジティブに表現する

提案

転職理由は人によっていろいろありますが多くは不満が多いのでないでしょうか。

しかし、面接では必ず転職理由を質問されます。

面接官が転職理由を聞くのは応募者の不満を聞きたいからではなく、仕事に対する前向きな姿勢をみたいからです。

人間なので不満があっても当然ですが、面接でそれを話すのは自分から不合格にしてくださいといっているようなものです。

自己を正当化するネガティブな理由ではなく、志望動機とあわせてポジティブな表現にしましょう。

それだけで心証は良くなります。

仕事への意欲や熱意を示す

ガッツポーズ 女性

不満はある意味仕事に前向きだからこそ、その思いが果たせなくやるせない気持ちから出てくる感情です。

そこを冷静に考えれば自分のこれからのキャリアの方向性が見えてくるのではないでしょうか。

転職活動で大切なのは自分の棚卸しです。

これまで満たされなかった思いを実現させるためには会社ではなく自分がどうすればいいかです。

そうすれば仕事に対する意欲や熱意も自然に表れてくるはずです。

転職理由を伝える際の注意点

女性ガッツ

転職理由を面接で話すのは難問であり、面接ではここが一番重要なポイントになります。

面接官は何を聞きたいのかその意図を理解すれば、的外れな回答もしなくてすむでしょう。

そうすれば転職理由を伝える注意点もみえてくるのではないでしょうか。

そして必ず志望動機と結びつけることで仕事に対してどれくらい意欲があり向上心があるかが面接官に伝わります。

前職の悪口・愚痴は言わない

面接で注意したいのは前職の悪口・愚痴です。

面接官との会話が思った以上に弾むとつい口に出てしまうのが前職の悪口・愚痴だったりします。

しかし、悪口・愚痴ばかり言う人を企業は迎え入れるでしょうか。

確かに昨今はブラック企業が話題になっていますが、たとえ事実だとしても悪口・愚痴を聞かされる方は不愉快な気持ちになるでしょう。

愚痴を語る時間がもったいないと思いませんか。

できる社員ほど自己満足しないといいます。

つまり次のステップをみているので、不満・愚痴を言う時間がないのです。

不満・愚痴を言う社員はすでに過去の存在になっているといえるのではないでしょうか。

面接ではくれぐれも不満・愚痴をこぼさないように注意してください。

志望動機と結び付ける

転職理由をポジティブに伝える方法として、志望動機に結びつける方法があります。

例えば資格取得やスキルアップで何か取り組んでいることがあればPRしましょう。

その目標実現のために転職があり、入社してどういう姿勢で仕事に取り組むのかを伝えればやる気・熱意を感じるでしょう。

面接には転職の志望動機にポジティブな姿勢を絡めれば入社へ大きく前進できるでしょう。

 

ワンポイント
 転職の成功例を参考にして面接対策をしよう。

転職理由の例文

女性OK

転職理由には具体的にはどういったものがあるのでしょうか?

中には過酷なブラック企業・パワハラが横行する職場などで耐えられなくなって転職するといった切実な理由もあります。

しかし、転職理由でそのまま話すことは避けたいものです。

希望を抱いて転職活動しているのに、ネガティブなことばかり話すのはやめましょう。

効果的な転職理由の例文を紹介するので是非参考にしてみてください。

社内の人間関係で転職したい

どの企業の採用面接でも人間関係が原因で転職すると言わない方がいいでしょう。

面接官はどうせすぐに辞めてしまうのではないか感じます。

女性で人間関係が理由で今の会社を辞める場合、人間関係がよく風通しが良い職場で働きたいという感じに置き換えてみましょう。

チームワークを活かしながら仕事にやりがいを感じ働きたいと結びつければどうでしょう。

例えば「私はコミュニケーションを取りながら仕事するのが好きなのです。

チーム一丸となって目標に向かって、成果を出したいという思いが強くなり転職を考えました」などいかがでしょう。

サービス残業が多いので転職したい

人員は限られているのに仕事の量は増加し、サービス残業が増える企業も多くあります。

仕事をこなすためには残業も避けられませんが、積み重なると不平不満になり退職を決意する人も少なくありません。

転職しても残業はつきもので、残業が嫌で転職すると思われてはマイナスの印象になりかねません。

そこで、オンとオフをつけてメリハリのある働き方をすれば、仕事の効率も上がり残業も減らすことができると考えてはどうでしょうか。

例えば、「残業するのは嫌ではありませんが、メリハリを持って仕事すれば効率的にこなせてもっと高い成果が出て会社にも貢献できます」などいかがでしょう。

給与が安すぎるから転職したい

給与への不満はある意味尽きない問題でしょう。

周囲と比べて自分の給与が低くい・生活が苦しい・残業もしているのに評価されないなどが転職へのきっかけになる人もいます。

ただ転職の面接で給与の不満はマイナスに受け取られてしまうので注意しましょう。

給与が低いということは自分を正当に評価してくれていないということ、つまり自分の実力を認めてくれる会社でバリバリ働きたいとすればどうでしょうか。

新たな環境に中で成長して会社に貢献したいと伝えればいいのです。

例えば、「前職は実力主義で評価されなかったので、モチベーションが上がらないままでした。

成果を正当に評価してくれる実力主義の会社に転職して自分の力を存分に発揮したい」などいかがでしょう。

 

ワンポイント
 転職理由の失敗例は実は一番の参考例です。

転職理由のNG例文

オフィス

転職理由で絶対NGなものとして、志望動機と転職理由に対して一貫性がないものは避けるべきです。

例えば「今の会社ではワークライフバランスに満足ができないのでキャリアアップを実現したいために転職します」

この転職理由はどう感じますか?

もっともらしく聞こえる理由ですが、実は面接官はどちらを優先したいのか理解できないでしょう。

ワークライフバランスとは仕事と生活のバランスがとれた状態です。

仕事にまい進しながらプライベートな家族や趣味の時間も充実させることです。

ワークライフバランスとキャリアアップは相容れないキーワードなので一緒には使わない方がいいでしょう。

志望動機と転職理由に一貫性がない応募者を面接官はどうみるでしょうか。

難しいキーワードは使わず、自分の中から湧き出た言葉で丁寧に話せば、面接官は応募者が今後どういう姿勢で仕事に取り組みたいのか伝わります。

過去の経験をどう志望動機につなげるのが大切かおわかりいただけたでしょうか。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接 女性

転職活動について誰に相談したらいいか悩んでいる方は多いでしょう。

すぐに転職先が決まれば幸いですが、長期戦になる人もいて体力・精神力の戦いにもなります。

初めての転職ならなおさら不安が大きいのではないでしょうか。

こうした時はプロの転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントには転職活動で必要なノウハウ・転職事例・豊富な求人もあります。

求職者の適性を判断して最適な求人を紹介できるのが転職エージェントです。

また分野別に専門のキャリアアドバイザーがいて大切な応募書類の正しい書き方や面接の指導も提供しています。

特にネガティブな理由で転職する方には参考になります。

また今すぐ転職しなくてもキャリアプランをどうしていけば転職に活かせるかなどの相談にも応じてくれるのでじっくり転職の準備ができます。

まとめ

笑顔

転職に成功するにはコツがあります。

特に面接では転職理由が大きなポイントになりますから、ネガティブな理由もポジティブに捉えて自信を持って面接に臨みましょう。

後悔しない転職なら転職エージェントを活用してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら