転職面接が大事であることは誰しもわかっていることですが、うっかり忘れてしまう場合も時にはあるでしょう。

そんな時にはどうふるまうのがベストなのでしょうか。

いざという時に慌てふためかないよう、事前にしっかりと対策について知っておきましょう。

Contents

女性が転職面接を忘れてた時の対処法を解説

ペンを持ち考える女性

転職のために受ける面接は、とても重要な予定といえます。

しかし最大限に気を付けていても、うっかり忘れてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。

今回は、転職面接をうっかり忘れていた場合の対処法について具体的に見ていきましょう。

面接に行かないことで考えられるリスクや、謝罪連絡の方法のほか、忘れないための対策法などもご紹介します。

大事な転職面接を大失敗で終わらせないためにも、あらかじめ心の準備をしておきましょう。

面接に無断で行かないリスクは

バツ

うっかり面接の予定を忘れてしまっていた場合、連絡をすると余計に怒られそうで躊躇してしまうこともあるでしょう。

では、面接に無断で行かなかった場合はどのようなリスクがあるのでしょうか。

連絡せず面接をすっぽかしてしまうとどうなるのか、具体的に確認してみましょう。

企業に迷惑がかかる

面接を行うために、企業の担当者は予定を空けて待ってくれています。

その担当者というのは一般的に、採用面接を行うためだけに存在しているわけではありません。

忙しい業務の合間を縫って面接のために時間を作り、その分の仕事を他の時間で賄っているのです。

応募者が連絡なく面接をすっぽかした場合、担当者はその時間ずっと他の予定を入れられず待っていなくてはなりません。

それに加え、その後応募者に対して連絡を取り、また別の日に予定を合わせるという作業が発生してしまいます。

無断で欠席することで、企業には大きな迷惑が掛かってしまうのです。

同じ企業に再応募できなくなる

もし連絡せずに面接を無断欠席した場合、その企業からの評価は当然悪くなるでしょう。

面接をすっぽかして何の連絡もないというのは、普段の仕事や取引先とのつきあいでは到底認められない行いだからです。

当然、そのような人物を採用しても企業の利益にはならない、むしろ害になると判断されてしまうおそれがあります。

したがって、後日同じ企業に再度応募しようとした場合、先方から断られる可能性があるでしょう。

面接に無断で行かないことで、志望企業に採用されるチャンスが2度となくなってしまうリスクがあります。

グループ会社へ情報共有される可能性

相談する女性

面接を無断欠席したという情報が、志望企業のグループ会社へ情報共有される可能性もあります。

グループ会社というのは関連のある業種や職種であることが多く、その場合は志望者が重複することも多いものです。

そのためグループ内で志望者の情報を共有する場合もあり、特に無断欠席という重大なペナルティについては真っ先に共有されます。

また社内にそういった仕組みがなくとも、面接を無断ですっぽかされたということは顔見知りの職員にはつい話してしまうものです。

志望企業内やその関連企業内で広くうわさが知れ渡ってしまうというリスクも考えておきましょう。

今後その企業と関わる場合も

もし志望業種や職種が絞られている場合は、同業他社や近隣の関連企業に採用されることもあるでしょう。

一定の業界内というのは意外と狭い世界ですから、同業種に勤めていればいずれどこかで顔を合わせる機会がないとも限りません。

そのような時に、面接時の悪印象が原因で取引先との関係が悪化などしたら、仕事での成功を大きく阻害してしまいます。

人の縁はどこでどうつながっているかわかりません。

先々のことを考え、応募先の企業にはくれぐれも無礼を働かないように注意しましょう。

 

ワンポイント

面接を無断欠席する場合のリスク

  • 企業に迷惑がかかる
  • 同じ企業に再応募できなくなる
  • グループ会社に情報共有されるおそれがある
  • 今後その企業と関わる場合に不利になる

面接を忘れてた時のすべきこと

スーツ女性 ポイント

では、実際に面接を忘れていた場合はどのように行動したらよいのでしょうか。

以下のことを頭に入れておき、いざという時は迅速に行動しましょう。

電話とメールで連絡をしよう

面接を忘れていたと気づいた場合は、必ず連絡を入れる必要があります。

この時に、連絡手段は電話かメールのどちらがよいか迷うこともあるでしょう。

メールだとすぐに読んでもらえない可能性があるため、まずは電話することをおすすめします。

電話で担当者に直接謝罪し、必要があれば別日に予定を再設定してもらいましょう。

電話だと怒られそうで怖いと感じる人もいるでしょうが、ミスやうっかりは誰にでもあることです。

ミスをしたらそれを放置せず、すぐにリカバリーするという姿勢が重要ですので、ためらわずに連絡を入れましょう。

もしも電話がつながらない場合や、担当者が不在で折り返すといわれた場合には、改めてメールを送っておくのがおすすめです。

メールなら相手の都合のいい時に見てもらえますし、ゆっくり考えて言葉を選べる分、謝罪の気持ちも伝わりやすいといえます。

気づいたらすぐに連絡をしよう

電話

面接を忘れていたことに気づいた場合の連絡は、早ければ早いほどいいでしょう。

例えば「今から向かっても間に合わないが、予定時間には余裕がある」という場合には、担当者の拘束時間を最小限に留められます。

面接の開始時間を過ぎていても、途中で連絡すればそれ以降担当者が待たずにすむため、連絡は早ければ早いほどいいのです。

また気づいてすぐに連絡をすることで、「ミスを放置しない誠実な面がある」というプラスの受け止め方をしてもらえることもあります。

言い訳をせず謝罪しよう

うっかり面接を忘れてしまったことを恥ずかしく感じても、自分を正当化するために言い訳をするのはやめましょう。

このような時に言い訳をだらだらとしてなかなか謝罪しない態度をとれば、自己中心的な人という印象を与えてしまいます。

相手の立場で考えれば、たとえどんな理由があろうと面接を予定通りできなかったことには変わりありません。

まずはしっかりと謝罪し、予定を変更しなければならないことや相手に迷惑をかけることに対して誠心誠意お詫びしましょう。

 

ワンポイント
面接を忘れていた場合は、すぐに電話とメールで謝罪の連絡を入れましょう。

面接を忘れてた時の謝罪連絡の例をチェック

手のひらを見せる女性

それでは、連絡を入れる際には具体的にどのように伝えたらよいのでしょう。

電話の場合とメールの場合に分けて、謝罪の例をご紹介します。

電話連絡の例

電話連絡の場合には、まずは自分の名前と担当者名を伝え、担当者に代わってもらいます。

その後、面接を忘れていたことを簡潔に伝え、迷惑をかけたことについて丁寧に謝罪しましょう。

「お世話になっております。本日面接に伺う予定だった○○と申します。採用担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか?」

(担当者に代わってもらう)

「お世話になっております。○○(名前)と申します。」

「本日面接に伺うことになっておりましたが、確認が至らず予定を失念しておりました。誠に申し訳ございません。」

「お忙しい中お時間をいただいていたにもかかわらずご迷惑をおかけしてしまい、本当に心苦しく思っております。」

「つきましては、誠に身勝手なお願いではありますが、改めてお時間を取っていただくことは可能でしょうか。」

このように、理由は簡潔に述べた上で丁寧に謝罪し、予定を変更してもらえないかどうか確認しましょう。

メール連絡の例

パソコンと女性

メール連絡の場合にも伝える内容は電話と同じく、簡潔な理由説明と丁寧な謝罪が必要です。

件名は一目でわかるように「面接欠席のご連絡 ○○(氏名)」のように記載しましょう。

以下は本文の例文となります。

株式会社○○ 採用担当 ○○様

お世話になっております。本日面接に伺う約束をしておりました○○と申します。

この度はお忙しい中お時間を頂戴していたにもかかわらず無断で欠席してしまい、誠に申し訳ございませんでした。

私の確認が至らず、面接の日程を失念しておりました。

ご多忙中に多大なご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

つきましては、誠に身勝手なお願いではございますが、再度機会をいただくことはできますでしょうか。

その際は二度とこのようなことがないようスケジュール管理を徹底し、必ずお伺いすることを約束いたします。

何卒ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

面接を忘れないための対策方法

ポイント

面接を忘れた場合の対処法について解説してきましたが、そもそも面接を忘れないのが一番重要なことはいわずもがなでしょう。

それでは、大切な面接予定を忘れないためにはどのような対策をすればよいのでしょうか。

スケジュール管理を徹底しよう

大切な予定が入っている場合は、普段以上にスケジュール管理を徹底しましょう。

スケジュール管理と口で言うのは簡単ですが、予定を忘れないように覚えておくのは難しいと考える人もいるようです。

重要なポイントは、「普段目にするところに予定を書いておく」ことといえます。

例えば普段スケジュール帳を目にしない人は、スケジュール帳に書き込んだとしてもそのこと自体を忘れてしまいます。

そういった場合は「パソコンまわり」や「トイレ」など、毎日必ず目にする場所にカレンダーを置くのがよいでしょう。

こまめに予定を確認しよう

最近ではスマホで予定を管理している人も多いでしょう。

2日前や前日にアラームで知らせてくれるようセットしておけば、忘れてしまうことを防ぐことができます。

スマホを活用しないという人は、毎週日曜に次の週の予定を確認するなど、定期的に予定を見直す習慣をつけましょう。

もちろん、毎日予定を確認することができれば万全といえます。

 

ワンポイント
面接を忘れないために、日頃からスケジュール管理を徹底し、こまめに予定を確認しましょう。

面接の無断欠席もNG

良くない

面接を忘れていたのではなく、他者に採用が決まるなどして面接を辞退したいという場合にも無断欠席はNGです。

「辞退すればその会社とは縁が切れるから自分には関係ない」という考え方をしないように注意しましょう。

無断で欠席することで、前述のように担当者が面接のために確保した時間や場所、資料などがすべて無駄になってしまいます。

欠席の理由が分からなければ再度日程調整が必要なのか判断もできないため、余計に無駄な時間を取られてしまうのです。

しかし応募者が辞退するということさえわかれば、企業側もすぐに次の採用計画を進めることができます。

無断欠席せずに面接辞退するには?

疑問

上記の理由から、面接を辞退したい場合にも、やはり事前の連絡は必須といえます。

連絡するタイミングは、辞退すると決めた時点から早ければ早いほどよいでしょう。

面接まで日程に余裕があれば、メールだけの連絡でもそれほど無礼にはなりません。

もし当日や面接直前に辞退を決めた場合は、急ぎの連絡になるため、電話で連絡を入れた方がいいでしょう。

辞退する理由は、よほど相手を不快にさせる内容でなければ正直に伝えて構いません。

しかし、もし気が引ける場合は「一身上の都合」「諸般の事情」などと伝えてもよいでしょう。

とにかく面接には行けないという事実をわかりやすく簡潔に伝え、丁寧に謝罪の気持ちを述べることが重要です。

無断欠席しないためにやるべきこと

スーツの女性

面接の無断欠席は、社会人としてあるまじき行為といえます。

無断欠席してしまわないためにはどのようなことに気を付けたらよいでしょうか。

事前に心がけておきたいことについてまとめました。

企業研究を徹底して企業を深く知ろう

無断欠席を招いてしまう理由の1つとして、企業研究が徹底できていないことが挙げられます。

例えば企業分析ができていない状態で適当に応募してしまい、志望動機などが考えられていないという場合もあるでしょう。

それゆえに面接を受ける準備が全くできておらず、面接に行く気がなくなってしまいます。

または、選考が進むにつれて自分が思っていた企業のイメージと違っていたなどの理由で面接を辞退したくなる場合も同様です。

これらのケースでは、応募前にしっかりと応募先企業について理解を深めておくことでそのような事態を防ぐことができます。

選考途中でのトラブルを避けるためにも、企業分析は十分に徹底して企業について深く知っておきましょう。

時間に余裕を持って行動しよう

無断欠席を招いてしまうもう1つの大きな理由として、時間に余裕がないことも挙げられます。

時間ギリギリに行動してしまうせいで、出先でなにかトラブルがあった際に到着時間が遅れてしまうといった場合です。

このような不慮のアクシデントから結果的に面接をすっぽかしてしまうという事態につながってしまいます。

これを避けるためには、常に時間に余裕をもって行動するように心がけましょう。

よく5分前行動と耳にしますが、転職面接の場合はせめて10分前には会社近くに到着しておきたいところです。

普段足を運ばない場所ならなおさら途中で何があるか予想できないため、30分ほど時間に余裕をもって移動するよう心がけましょう。

 

ワンポイント
無断欠席しないように企業分析を徹底し、時間に余裕をもって行動しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ノートパソコン、口に手を当てる女性

転職活動を進める上で、面接でのふるまいかたや企業とのやりとりの仕方など、分からないことはたくさん出てきます。

そんな場合は一人で悩まずに、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントではプロのキャリアアドバイザーが転職に関する様々な質問にわかりやすく答えてくれます。

また、模擬面接や応募先企業の選定・企業とのやりとりも含め全面的にサポートしてくれる、とても心強い存在です。

転職エージェントは無料で利用できますので、まずは気軽に問い合わせてみることをおすすめします。

まとめ

メモ

面接を無断欠席することで、企業側にとっても応募者にとっても様々なリスクが伴います。

うっかり忘れていたとしても、気づいた時点で必ず連絡を入れましょう。

また、大事な予定をうっかり忘れることのないように、日々スケジュール管理を徹底することも大切です。

これらのことに気を付けながら効率よく準備を進め、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら