歯科事務は高い安定性と待遇の良さから女性の人気が高い仕事のひとつです。

特別な資格がなくても仕事に就くことが可能なため、転職を志す人も多いでしょう。

この記事では、歯科事務の志望動機を作るポイントと志望動機に盛り込むべき要素について解説します。

歯科事務を目指している人はぜひお読みください。

歯科事務の志望動機を作るポイント

笑顔のビジネスウーマン

この記事では、歯科事務への転職活動に使う志望動機を作るポイントを紹介します。

志望動機はただやみくもに作成すれば良いというものではなく、ポイントを押さえることが大切です。

アピールすべき点はしっかりと盛り込む、その仕事や企業への熱意が伝わる文章にするなど気をつけなければなりません。

システムエンジニアとアパレル店員で同じ志望動機が使えないように、歯科事務にも適したものがあります。

歯科事務の志望動機として適切なものを作ることが、歯科事務への転職活動を成功させるカギのひとつです。

歯科事務の仕事内容をまず知ろう

手のひらを見せる女性

まずは歯科事務の仕事内容を紹介します。

志望する仕事の仕事内容について具体的に知ることで、就業のイメージや志望動機の作成がスムーズになります。

サポート業務が主

歯科事務は、医院で歯科医師や歯科衛生士をサポートする役割を担っています。

歯科医や歯科衛生士として働くには国家資格が必要ですが、歯科事務であれば資格は不要です。

患者の治療に直接関わることはなく、それ以外での対応や書類作成等をおこないます。

ほかにも医師や歯科衛生士の指示に応じて、運営や治療のサポートを進めます。

具体的な仕事内容とは

歯科事務の主な仕事内容は以下のとおりです。

  • 受付対応
  • 電話対応
  • 会計業務
  • レセプト業務(診療報酬を請求するための業務)
  • サポート業務

歯科事務は治療に直接関わることはありませんが、それ以外の部分で患者と接します。

受付や問診票の記入依頼、治療後の会計や次回予約の受付などをします。

医院にかかってくる電話の一次対応も歯科事務の仕事です。

また、歯科事務の大きな仕事としてレセプト業務が挙げられます。

医療費の3割または1割は患者が負担しますが、残りは保険機関への請求となります。

この治療費請求のために必要なデータ入力や書類作成などをおこなうのが歯科事務です。

このような事務作業のほか、 治療に使う器具の準備および片付け、カルテ記入等のサポート業務もおこないます。

サポート業務は歯科助手がおこなうこともありますが、歯科事務が兼任する場合も多いです。

 

ワンポイント
治療以外に関する医院での幅広い業務をおこないます。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

歯科事務の志望動機で意識すべきポイント

笑顔でパソコンを操作する女性

歯科事務の志望動機で意識すべきポイントを紹介します。

どのような点に注意するべきかを意識することが大切です。

求められる人材像とは何か

まずは歯科事務に求められる人物像をイメージしましょう。

以下のようなスキルを持つ人物が求められます。

  • 情報処理能力
  • 基本的なPCスキル
  • 正確性・スピード性
  • コミュニケーション能力
  • 優しい雰囲気

歯科事務の仕事では書類作成やデータ入力などを多くおこなうため、情報処理能力が必要です。

PCを使う機会も多いため基本的なPCスキルも求められます。Officeソフトが使用できると良いでしょう。

治療に直接関わらないとはいえ接客対応もします。

ほかにも医師や歯科衛生士と適切なコミュニケーションを取るためにもコミュニケーション能力は必須です。

また、医院で患者と最初に接するのは受付を担当する歯科事務です。患者が安心できる優しい雰囲気だと良いでしょう。

このようなスキルや性質を持っていることをアピールします。

自らの経験をもとに考えること

ポイント

経験者・未経験者に関わらず、自分の経験・実体験をもとにするとオリジナリティの高い志望動機が書けます。

勤務経験があれば、具体的な担当業務や身につけた知識・活かせるスキルなどを具体的に挙げるべきです。

即戦力になると認識されることで、採用の確率が高まるでしょう。

もちろん未経験者であってもアピールできるポイントはあります。

例えば接客経験があればコミュニケーション能力や、それを発揮できたエピソードなどを話しましょう。

別業界であっても、事務職経験があれば情報処理能やPCスキルをアピールできます。

誰でも作れるような志望動機では差別化ができませんし、採用担当者に響きません。

具体性かつオリジナリティを持たせるため、自らの経験をもとに志望動機を作りましょう。

 

ワンポイント
アピールポイントとなるような志望動機を作ります。

歯科事務の志望動機に盛り込むべき要素

ポイント

歯科事務の志望動機に盛り込むべき要素について紹介します。

求められる要素を適切に盛り込むことで、良い志望動機となります。

応募した理由をはっきりさせる

なぜその職種を選んだのか、およびなぜその医院を選んだのか応募した理由をはっきりさせます。

志望理由がはっきりしない志望動機では熱意が伝わりません。

志望動機はその名のとおり志望する理由を明確にするものです。曖昧な内容では意味がありません。

志望するに至った理由をなるべく具体的なエピソードを交えて話すことが大切です。

どう貢献するかを伝える

歯科事務としてどう貢献するかを伝えることも大切なポイントです。

自身のスキルや経験をどう活かすのかをイメージしやすいように話します。

採用確率を上げるためには、採用担当者に「使える人材」と認識される必要があります。

自分はどう貢献できるか、自分を採用することでどのようなメリットがあるかアピールしましょう。

自己PRを書く

パソコンと女性

志望動機を作るにあたって自己PRは欠かせません。自分の強みは謙遜せずしっかりアピールしましょう。

ただしここでも、具体性やエピソードが大切です。

いくら強みをアピールしても、それが口だけのものだと認識されてしまっては意味がありません。

また、歯科事務へ活かせるポイントが見当たらないものであっても評価につながらないでしょう。

過去の経験による具体的なエピソードをもとに、歯科事務の志望動機にふさわしい自己PRを作成する必要があります。

歯科事務に求められる経験やスキル

女性

歯科事務に求められる経験やスキルを紹介します。

まず、患者の不安を和らげられるような優しい雰囲気があると良いです。

歯科医院で最初に患者と接するのは歯科事務です。治療への不安を和らげられるような優しい雰囲気が求められます。

社会人としてのマナーや常識も必須です。

歯科事務に限らず社会人として当たり前の部分ではありますが、円滑な仕事のために欠かせません。

こちらは直接アピールするというよりも面接でなんとなく伝わるものですので、日々の積み重ねが大切です。

すでに触れた内容ではありますが、PCスキルも求められます。

受付・会計・診療情報入力・書類作成などあらゆる場面でPCを使用します。

そのため基本的なPCスキルがないと業務が難しいと判断されてしまいます。

PCの使用経験についてアピールできると良いでしょう。

歯科事務の志望動機の書き方のコツ

女性

歯科事務の志望動機の書き方のコツを紹介します。

仕事に合ったコツを押さえることで、より良い志望動機を作ることができます。

実務経験や接客経験をアピール

実務経験や接客経験があれば積極的にアピールしましょう。

実務経験は大きな武器になります。即戦力として活躍できる可能性が高いため、特に人手不足の医院から重宝されます。

人と接する仕事である以上、接客経験も有用です。接客経験はコミュニケーション能力のアピールにもなります。

円滑な業務や適切な患者対応ができると認識してもらうためにも、経験があれば志望動機の自己PRに盛り込みましょう。

なぜそのクリニック・医院なのか

医療従事者

なぜそのクリニック・医院を選ぶのかを具体的に伝えます。

日本における歯科医院の数はかなり多いですが、そんな中でその医院を選んだことには理由があるでしょう。

魅力的に映ったポイントや自分に合っていると感じた理由があるはずです。

志望動機を作るときには、そこを選んだ理由を具体的にアピールする必要があります。

将来のビジョンと志望クリニック・医院を結びつける

将来のビジョンと志望クリニック・医院を結び付けることも有用です。

まずは歯科事務としてどうなりたいか、あるいはどうステップアップしていきたいかを考えます。

そしてそのビジョンが志望するクリニックや医院で達成できそうが考えます。

もし達成イメージが湧くのであれば、そのビジョンを具体的に文章に起こしましょう。

そうすることで志望動機が明確になりますし、自身がどう貢献できるかをより具体的にアピールできます。

 

ワンポイント
コツを押さえることでより良い志望動機ができます。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

歯科事務の志望動機の例文をチェック

白衣の女性

歯科事務の志望動機について例文を紹介します。

あくまで例ですので、自身のエピソードを交えてアレンジするようにしてください。

実務経験がある場合には、以下のような例文が使えます。

  • 最先端の器具や治療法を用いる貴院でより知識やスキルを磨きたいから
  • ○○(歯列矯正や審美治療等、具体的な治療)に力を入れている貴院で専門性を高めたいから
  • 患者を大切にするという理念に強く共感し、ぜひ一員になりたいと感じたから

なぜこれまでの医院をやめてまでそこに転職したいのかを明確にします。

どのような点に魅力を感じたのかを伝えることが熱意をアピールするポイントです。

医院やクリニックの特徴に触れると具体性が増すので効果的です。

これらに併せて、実務経験で培ったスキルについてもアピールすると良いでしょう。

未経験から歯科事務への転職を目指す場合の例文は以下のとおりです。

  • これまでの事務経験を活かしながらも新たな分野に挑戦したいから
  • 歯科医院に助けられた経験から強く感謝をしており、自分も貢献したいと思ったから
  • 前職で培ったコミュニケーション能力やPCスキルを役立てることができると感じたから

なによりもまずは、なぜ未経験の業種への転職を決意したのかを明確に伝える必要があります。

歯科事務のどこに魅力を感じたのかを伝えることで、志望動機に具体性が出てきます。

歯科医院と関わったエピソードなどがあればそちらを交えるのも良いでしょう。

前職での経験がどのように役立つのか、転職のためどのような努力をしたかも説明できると効果的です。

経験の有無に関係なく使えるのが将来の展望です。

  • 歯科事務として将来通用するスキルを身につけ貢献し続けたいから
  • 自分の性格を活かしてお客様が安心できる雰囲気作りをしたいから

将来と上手く絡めることができると採用担当者もイメージがしやすくなります。

自分の性質などを絡めながら将来の話ができると良いでしょう。

 

ワンポイント
実務経験の有無によってアピールすべきポイントは変わります。

歯科事務の面接で注意すべきこと

医療事務

歯科事務の面接を受けるうえで注意すべきことを紹介します。

ひとつは清潔感です。歯科医院のような医療機関において清潔感は欠かせません。

特に受付は最初に患者と接することから医院のイメージに直結します。

外見で採否が決まることはありませんが、求められる雰囲気があることには注意しましょう。

また、落ち着いて受け答えするよう意識する必要もあります。

歯科医院は静かな雰囲気であるため、歯科事務にも冷静な対応が求められます。

面接時に慌てていると落ち着きがなく、医院に向いていないと判断されてしまうかもしれません。

医院で歯科事務として働くのにふさわしい人であると思わせるよう、落ち着いて面接に臨みましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

アイデアを巡らせる女性

歯科事務への転職活動を成功させるためには、志望動機の練り込みや面接対策が欠かせません。

転職活動中はやるべきことがたくさんあります。

しかし普段やらないことであるため、上手くいかずに手間取ってしまう場面も多いでしょう。

このように、転職活動中は悩みが発生しやすいです。そして悩みを放置して良いことなどありません。

転職活動に関する悩みは、転職エージェントに相談して解消させましょう。

転職エージェントは転職活動のサポートをする役割を果たす存在で、悩み相談もおこないます。

その経験やノウハウから、実用的かつ的確なアドバイスが期待できます。

転職エージェントは転職活動におけるプロです。

悩みを解決させスムーズに転職活動をおこなうためにも、転職エージェントを活用しましょう。

まとめ

ビジネス街の女性

歯科事務の志望動機を作るポイントと志望動機に盛り込むべき要素について解説しました。

どんな仕事であっても、志望動機は採用担当者へアピールするために効果的なものです。

志望動機をどれだけ活用できるかが転職活動の成功率を左右させます。

歯科事務への転職活動を成功させるためにも、ポイントを押さえて良い志望動機を作りましょう。

志望動機の作り方やそのほか転職活動に関する悩みは、ぜひ転職エージェントへご相談ください。

歯科事務への転職活動が成功するよう全力でサポートをします。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する