シナリオライターはテレビドラマや映画を映像化するために必要なシナリオを執筆します。

最近ではYouTubeなどの動画のシナリオの制作に携わる人も増えているのが現状です。

そんなシナリオライターに転職を希望している場合、志望動機はどのような内容を記載すればよいのでしょうか。

この記事ではシナリオライターに転職したい女性に向けて志望動機の書き方について解説します。

シナリオライターの志望動機の書き方を解説

考える女性

映像作品の基本となる流れを制作するのがシナリオライターの仕事です。

シナリオライターに転職するには転職したい理由を採用担当者にしっかりと伝えることが重要なポイントになります。

なぜシナリオライターになりたいのかという点はとくに明確にしておきましょう。

具体的なエピソードがあると印象に残りやすくなります。

自分の強みや適正についても記載できるとよいでしょう。

志望動機にはシナリオライターになりたい理由とあわせてなぜこの企業なのかという点も明記します。

応募先企業でなければならない理由を明確に記載できていることが志望動機のチェツクポイントです。

シナリオライターの仕事内容

パソコン作業をする女性

シナリオライターは映像を制作するクライアントと打ち合わせを行うことから仕事が始まります。

映像化したい企画の内容をしっかりと把握してからシナリオを作成するのがシナリオライターです。

たとえば小説やマンガを映像化する場合には脚色と呼ばれる作業をすることになります。

すでに出来上がっているシナリオを映像にするために書き加えていく作業です。

シナリオライターは映像化するものにあわせて柔軟に文章を組み立てていくことが求められる仕事になります。

最近ではYouTubeなどのシナリオを担当する人も増加傾向です。

フリーランスでシナリオライターとして活躍する人もいるほどメジャーな職業にもなってきています。

シナリオライターに求められる人物像

考える女性

シナリオライターは何ごとにも興味を持てる人が向いています。

もちろん文章を書くことが好きということも求められる性質です。

ただこれは必須の性質であってここができなければシナリオライターには不向きだといえるでしょう。

文章を書くのが好きで自分の文章を誰かに伝えたいという気持ちが強い人ほど向いています。

さらには新しいことが好きでいろいろなことにチャレンジする好奇心の旺盛さもシナリオライターには必要です。

場合によってはインタビューや取材を行うこともあります。

そのためコミュニケーション能力の高さも求められる性質です。

志望動機を書く前の準備

パソコン作業をする女性

シナリオライターに転職するためには志望動機の作成をしっかりと行うことが大切です。

採用担当者の印象に残る志望動機を作成するためには事前の準備が欠かせません。

志望動機を書く前の準備について解説します。

自分の強みを把握しよう

志望動機の作成を行う間に必ずしておきたい準備は自己分析です。

シナリオライターは正社員とフリーランスの2パターンの働き方が選択できます。

いずれの場合も自分の強みを把握してアピールしましょう。

そのためにも自己分析をしっかりと行って自分の強みを洗い出します。

得意分野や実績のある人はとくに有利です。

文章で何か実績や賞をとったことがある人はしっかりアピールしましょう。

クライアントが要求する品質に仕上げるスキルも必要となるのを忘れないようにすることも大切です。

クライアントの要望に柔軟に対応できるコミュニケーション能力もアピールポイントになります。

とはいえ自己分析は自分だけではなかなかうまくできないことも多いでしょう。

可能ならば第三者の意見を参考にできるとしっかりとした志望動機が作成できます。

そこでおすすめなのは転職エージェントの活用です。

転職のプロである転職エージェントにサポートしてもらうことでスムーズに志望動機を作成することができます。

企業研究を徹底して行おう

パソコン作業をする女性

自己分析ができたら応募先の企業についてしっかりと企業研究をしましょう。

シナリオライターに転職したい場合には業界研究と企業研究は時間をかけて行う必要があります。

まずは応募先の企業がどのような働き方の求人を出しているかを確認しましょう。

シナリオライターの転職試験は倍率も高いことが多いことも理解しておくことが大切です。

どうしても転職を成功させたい場合は企業が求める人物像により近づくための努力をすることが重要になります。

シナリオライターの業界は即戦力を求める企業も多いのが現状です。

転職する際にはアシスタントでもよいので実務経験を積んでおくことをおすすめします。

実力主義の業界でもあるため応募先の企業が取り組んでいる業務をしっかり理解しましょう。

企業の方針や業務内容とズレている志望動機では採用を勝ち取ることはできません。

企業が求める人材を理解して企業の要望に応えられる人材であることをアピールするようにしましょう。

 

ワンポイント
自己分析と企業研究は志望動機を作成する前に終わらせておくことが必要です。

志望動機で押さえるべきポイント

原稿用紙とペン

シナリオライターの志望動機を作成する場合、押さえておきたいポイントがいくつかあります。

どのような業種でも共通していえるポイントです。

ここではとくにシナリオライターの志望動機を作成することを前提にポイントを解説します。

シナリオライターとして働きたい理由を明確にしよう

シナリオライターとして働きたい理由は志望動機には必ず必要な項目です。

シナリオライターを目指すきっかけとなったエピソードがあれば簡潔にまとめて記載しましょう。

単純に文章を書くことがが好きというだけではほかの応募者に差をつけることは難しいです。

文章を書くことがが好きなのであればどのような文章を書くことができるのかを具体的にアピールしましょう。

こんなシナリオが作りたいという熱意も伝えられるとなおよい志望動機にすることができます。

なぜその企業なのか明確にしよう

考える女性

シナリオライターとして働きたい理由を記載したら、なぜその企業で働きたいのかを記載しましょう。

シナリオライターとして働ければどこでもよいのではないのかと思われてしまうと採用率が下がります。

ここでは企業研究で得た情報を最大限に生かしましょう。

希望している企業がとくに力を入れている業務はなんでしょうか。

その企業の得意分野を把握して、その会社でしかできないことをしたいという点を強くアピールしましょう。

貴社出なければダメなんだという熱意をしっかりと伝えることが大切です。

そのためにもしっかりとした企業研究をしておくことをおすすめします。

入社後にどう活躍できるかアピールしよう

シナリオライターに転職したい理由と志望理由を伝えたらその企業に自分がどのように貢献できるかをアピールしましょう。

シナリオライターとしての具体的な実務経験があればエピソードとして伝えることが重要です。

応募先の企業でその経験を生かしてどのような貢献ができるのかを具体的に伝えましょう。

採用担当者に自分が企業で働く姿をイメージしてもらえるような内容にすることがポイントです。

企業側が求める人物像により近づけた志望動機に仕上げることも重要になります。

 

ワンポイント
シナリオライターに転職したい場合には具体的な志望動機を書くことが大切です。

志望動機を書く際の注意点

メガネとノート

シナリオライターの志望動機を作成する場合、注意したい点が2点あります。

具体的に解説しますので参考にしてください。

企業の求めているスキルをアピールしよう

転職の志望動機で重要なのはスキルをしっかりアピールすることです。

実務経験があればある程度のスキルを身につけているでしょう。

実務経験がない人でも文章を書いたことがない人はいないはずなのでアピールできるスキルを探してください。

実務経験がある人もそうでない人も現在持っているスキルをしっかりアピールしましょう。

ここで注意する点は、アピールするスキルを間違えないことです。

シナリオライターに転職する際に必ず必要な資格はありません。

そのためスキルのアピールが難しいと感じることもあるでしょう。

シナリオに関してはコンクールやコンペなどが多く開催されているためこうしたものに応募して実力を試しておくことも必要です。

転職に関してもこうした賞レースで業界関係者の目に留まったことがきっかけでシナリオライターになれるケースもあります。

企業が求める人材を見極めて即戦力になるようなスキルがあればしっかりとアピールしましょう。

具体的なエピソードを書こう

パソコン作業をする女性

シナリオライター業界は実力主義の世界です。

実務経験がある場合には具体的なエピソードを絡めて強みとしてアピールしましょう。

シナリオライターは自分を企業やクライアントに売り込む能力も必要です。

傲慢さを感じさせないようにうまく自分を売り込むことができるスキルは重要なポイントになります。

得意分野がある場合は強いアピールポイントになりますがこれがデメリットになることもあることを理解しておきましょう。

偏った知識や文章は場合には作品に変化がないと感じられてしまう可能性もあります。

企業で働く場合にはクライアントの要望に応じて柔軟に作品を作り出することが求められるでしょう。

シナリオライターはより多くの実務経験を積むことで実力をつけていくことができる仕事です。

実績や実務経験があり幅広い作品を柔軟に制作できる人材であることもシナリオライターに求められる性質になります。

 

ワンポイント
志望動機の作成では自分の強みをしっかりとアピールすると同時に企業が求める人物像を見極めましょう。

志望動機の例文

考える女性

シナリオライターに転職したい人に向けて志望動機のよい例を紹介します。

参考にしながら自分なりの志望動機をしっかりと考えてみましょう。

同業界からの転職の例文

貴社のシナリオライターさんが制作された作品をいつも拝見させて頂いております。

さまざまなジャンルの作品を拝見して、クオリティの高さはもちろん引き込まれる世界観に魅了されています。

ぜひ貴社でシナリオライターとしてプロジェクトに携わらせて頂きたいと思い志望いたしました。

前職ではテレビ番組のシナリオライターとして5年間勤務しました。

クライアントさまとの打ち合わせでは企画をさらに魅力的にできる提案ができるように常に心がけてきました。

私が制作したシナリオで高視聴率を獲得できたときの喜びが自信につながっています。

短時間の番組を制作するために多くの時間を費やすと同時にやりがいも感じることができる仕事だと思っております。

こだわり抜いたシナリオをクライアントが喜んで採用してくださったときの喜びは今でも忘れることができません。

シナリオライターとして働くなかでより幅広いジャンルのシナリオを制作したい気持ちになり転職を決意しました。

これまで身につけたスキルを生かして貴社のプロジェクトに貢献させて頂きたく応募いたしました。

異業界からの転職の例文

パソコンとコーヒー

前職ではイラストレーターとして5年間勤務していました。

イラスト制作をするなかで自分が制作したイラストを映像化してシナリオを作成してみたいという気持ちが強くなりました。

貴社のシナリオにはいつも強い感動を与えていただいております。

転職にあたり前職を退職後はシナリオの学校に通いながら書店でアルバイトをしています。

勉強すればするほどシナリオの魅力にとりつかれ現在はオリジナルの作品を制作しています。

業務経験は浅いですが前職で培ったスキルも生かして貴社のプロジェクトに貢献したいと考えております。

未経験からの転職の例文

昔から文章を書くことが好きでオリジナルの小説を執筆したりしてきました。

シナリオライターとしての実務経験はありません。

前職は書店の店員として働いておりました。

過去の作品から最新作まで読んでいない本はないといいえるほど本を読んできました。

ジャンルを問わずに活字ならなんでも読みます。

そのため偏らずに幅広いジャンルの知識を有している点は自負しております。

書店員としてお客さまの対応を任されることもありコミュニケーション能力についてもスキルアップしてまいりました。

クライアントさまの意見にしっかりと耳を傾けながらよりよいご提案ができるシナリオライターとして活躍したいと考えております。

 

ワンポイント
志望動機を作成する前には自己分析と企業研究をしっかりと行いましょう。

志望動機のNG例文

ノートとペン

シナリオライターに転職したい人に向けて志望動機のNG例を紹介します。

同業界からの転職の例文

シナリオライター歴6年です。

前職では自分らしい作品が制作できるような仕事ができませんでした。

得意分野を生かした斬新な作品を制作したいと思い転職を決意しました。

文章を書く能力は誰にも負けません。

不得意な分野もありますがこれからしっかり勉強していきたいと思っています。

社会貢献できるシナリオライターとして活躍したいと思います。

異業界からの転職の例文

前職は事務職をしていました。

日々単調な作業の繰り返しで刺激のない職業だったため華やかな職業に憧れてシナリオライターを目指しました。

副業としてライターの仕事はしていましたので文章を書くことには慣れています。

テーマを提示して頂いてそれにあわせた文章を書くという仕事をしていました。

シナリオライターとしてはこれからですが文章力を生かしてしっかり活躍していきたいと考えております。

NG例の改善ポイント

文章を書く女性

上記で紹介したNG例では傲慢さが全面に出てしまっている内容になっています。

シナリオライターになりたい理由が不明確です。

具体的な実績もなく、具体的なエピソードも記載されていません。

さらに自分の強みも曖昧なものになっており魅力を感じる点がありません。

これは自己分析ができていない証拠です。

さらに企業の取り組みについても記載がありません。

これは企業研究ができていないためこの企業でなければならない理由がまったく記載されていません。

この企業でなければできない仕事があるという点をアピールしなければ採用率が下がってしまいます。

さらに社会貢献という曖昧なフレーズはあまり使わないようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコン作業をする女性

シナリオライターに転職を希望している場合は転職エージェントの活用がおすすめです。

他業界への転職でも転職エージェントの活用はおすすめですが、シナリオライターは狭き門といわれているため活用しましょう。

専門性の高い職業であるため自己分析や企業研究も自分だけでは難しい点が多くあります。

転職のプロである転職エージェントなら書類添削だけでなく面接対策もしてくれる点が魅力です。

スムーズにシナリオライターに転職を希望する場合には転職エージェントを活用しましょう。

まとめ

パソコン作業をする女性

シナリオライターへの転職を希望している際の志望動機の書き方について解説しました。

シナリオライターは専門性の高い職種であるため自己分析と企業研究はしっかりとしておくことが必要です。

ほかの希望者と差をつけるためにも転職のプロである転職エージェントに相談することをおすすめします。

ライバルと差をつける志望動機の書き方を身につけて書類選考を突破しましょう。

志望動機の書き方で迷ったら転職エージェントの活用がおすすめです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら