転職面接は内定を左右する重要な選考だといえます。

そのため面接前には様々な対策をしっかりと行う必要があるでしょう。

気をつけなければいけないことが多いため、完璧に面接対策を行ったと思っていても見落としてしまうこともあります。

そのため、今回は面接対策で見落としがちなことを解説していきます。

面接対策で見落としがちなことを解説

悩んでいる女性

面接対策では外見と内面の両方が重要視されます。

そのためその両方で大切なことを見落とさないようにしましょう。

面接官の印象を良くするためにまず外見がポジティブでエネルギッシュに見えるように気をつける必要があります。

内面では面接官の意図を読み取り、自分のことを伝えられるようにしましょう。

これらは面接対策として基本的な部分ですが、重要なポイントです。

また、それだけでなく事前の準備もしっかりと行う必要があります。

面接中に自分のせいでトラブルが発生したり身だしなみが十分でなかったりすると入社への意欲が低いと思われる可能性もあるでしょう。

面接対策では見落としがちなことが意外にたくさん存在しています。

そのため、今回はその内容を具体的に解説していきます。

面接官は面接で応募者の何を見ている?

考える女性

面接対策を行っていく上で気になるのは、面接官が応募者の何を見ているのかです。

面接官は会社に応募してきた人間が自社にどういったメリットをもたらすのかを見ています。

企業には必ず求める人物像というものが存在しているため、それに合致するのかを確認しているのです。

もしその人物像からかけ離れていた場合、会社にメリットをもたらすことはないと考えられます。

面接官はそれを見極めるためにこれまでの職務経験や培ってきた能力・スキルについて質問をするのです。

また、他にも応募者が自社に入社して働いているイメージが湧くかどうかというのも重要なポイントとなっています。

これはつまりその企業の社風や企業理念と応募者が合致するかどうかを見ているのです。

このようなポイントを重視して面接官は応募者のことを見ています。

 

ワンポイント
・応募者が自社にどういったメリットをもたらすのかを見ている
・自社に入社して働いているイメージが湧くかを確認している

面接前日に確認したい見落としがちなポイント

案内

次は面接前日に確認すべきポイントを解説していきます。

面接自体の対策というものを優先するあまり、それまでの過程の準備というのは疎かになりがちです。

そのため、以下のようなポイントは見落とさないように気をつけましょう。

面接場所の確認

面接対策を入念に行うあまり忘れてしまいがちなのが、面接場所の確認です。

面接をどこで行うのかを確認しておくのを忘れて、当日道に迷って遅刻してしまうということもあり得なくありません。

もし遅刻をしなくても道に迷ったことで動揺してしまい、その後の面接に集中できなくなる可能性もあります。

そのため事前に面接場所をしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

可能であれば事前に面接場所まで行って、道順を確認しておくと安心できます。

面接日の天気

出勤

面接日当日の天気というのも見落としがちなポイントです。

もし面接日が大雨であった場合、電車が止まったり遅れたりすることも考えられます。

電車が動いていなかった場合、代わりとなる手段を考える必要があるでしょう。

また、鞄に入れておいた提出書類が濡れてしまう可能性もあります。

もし書類が濡れてしまった場合、面接官から社会人としてのマナーがなっていないと思われる可能性があるでしょう。

持ち物も再度チェック

持ち物のチェックも欠かしてはいけません。

例えば手帳やペンなどの筆記用具や面接で提出する書類や書類選考で提出した書類の写しは必ず持っておきたい物です。

手帳やペンはスケジュールを管理したりメモを取ったりする際に必要となります。

書類選考で提出した職務経歴書や履歴書は、面接で聞かれる内容の対策に役立つため持っておくと良いでしょう。

また、女性は化粧道具などを持っておくと、化粧が崩れても直せるため安心です。

最低限必要となる持ち物がきちんと鞄に入っているか確認するようにしましょう。

面接前に確認したい見落としがちなポイント

悩む女性

次は面接前に確認したいポイントを解説していきます。

面接直前は緊張もあり、やっておくべきことを見落としてしまうこともあるため要注意です。

以下のポイントは必ずチェックしておくようにしましょう。

身だしなみは入念にチェック

面接において身だしなみというのは第一印象を大きく左右するものです。

そのため入念にチェックしておくようにしましょう。

スーツやブラウスにシワができていたり、靴が汚かったりすると印象が悪くなってしまいます。

だらしない印象になっていないかを最終確認して面接に臨みましょう。

女性であればネイルも身だしなみに含まれます。

派手であったりラメが入っていてキラキラしていたりすると印象が悪くなる可能性があるため避けましょう。

ネイルをする場合には肌馴染みの良い単色にすると好印象です。

あらかじめ確認しておきましょう。

10分前には到着を

面接時間に間に合えば良いと思ってギリギリに会社に到着すると、時間にルーズな印象を与えてしまいます。

そのためなるべく10分前に到着するようにしておきましょう。

社会人のマナーとして遅刻は厳禁です。

特に転職面接というのは自身のキャリアに大きく影響するものであるため、余裕を持って行動するようにしましょう。

転職面接で遅刻してしまうと企業から志望度が低いと見なされる可能性があります。

採用にも影響するということを意識して時間管理をしっかりとするようにしましょう。

スマホの電源は切っておく

面接に臨むにあたって、スマホの電源は必ず切っておくようにしましょう。

スマホの電源が入ったままになっており、面接中にスマホが鳴ってしまうと面接官に悪い印象を与えてしまいます。

特にスマホの地図アプリを使用して会社まで行こうと考えている方は、会社に着いた時に電源を切るのを忘れてしまいがちです。

社会人のマナーとして面接前にはスマホの電源が切れているか必ず確認しておきましょう。

 

ワンポイント
・身だしなみは第一印象を大きく左右するため入念にチェック
・面接ギリギリに会社に到着するのは時間にルーズな印象を与えるため10分前には到着しておく
・面接中にスマホが鳴らないように電源は切っておく

面接対策で女性がやっておくべき対策

働く女性の画像

面接は書類選考とは違って、面接官と直接会話をして自分のことをプレゼンしていく必要があります。

そのため、話し方やマナーなどにも気をつける必要があるでしょう。

例えば、敬語の使い方や話し方などは印象を左右する大きなポイントです。

そのため事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

話が長かったり、要点がまとまってなかったりすると、面接官に話が伝わりにくくなってしまいます。

面接対策として、事前に面接向けに話しているところを動画で撮影して見返してみると良いでしょう。

そうすると自分の話し方の癖がよく分かります。

面接では内容以外にも話し方が大きく印象を左右することを意識して対策を行っていきましょう。

 

ワンポイント
面接では敬語の使い方や話し方が印象を大きく左右する。

女性の身だしなみ対策ポイント

ポイント

次は女性の身だしなみの面接対策について解説していきます。

以下のようなポイントは面接において非常に重要となるため事前にチェックしておくようにしましょう。

髪型やメイク

髪型やメイクというのはその人の印象を大きく左右する要素の1つであるため、入念にチェックを行うようにしましょう。

特に髪が長い場合は重い印象を与えてしまう可能性があります。

フレッシュさを意識するのであれば、アップスタイルにするなど工夫してみると良いでしょう。

髪色に関しても黒髪でなければいけないというわけではありませんが、明るすぎる髪色は悪い印象を与える可能性があります。

ナチュラルな髪色を意識するようにしましょう。

また、メイクに関しては明るさや清潔感を意識することが大切です。

なるべくポジティブな印象を与えられるように表情が明るく見えるようなメイクを心がけましょう。

服装は?

スーツ女性

服装は基本的にスーツであると無難です。

清潔感ある服装を心がける必要があるため、必ず自分の体型に合ったスーツを着るようにしましょう。

肩が合っていなかったり、裾や袖の長さが短かったり長かったりするとだらしない印象を与えてしまいます。

他にもシワが寄っていたりシミの汚れが付いていたりする服装はズボラな印象を与えるため避けましょう。

服装というのは第一印象を大きく左右するため、事前にしっかりと確認することが重要です。

靴も見られている

靴というのも重要なポイントです。

特に女性の場合はパンプスを履くこととなりますが、カジュアルになりすぎないように注意しましょう。

基本的にオープントゥやかかとが出る形のパンプスは避け、素材もエナメルはカジュアルな印象を与えてしまうため避けた方が無難です。

他にもヒールの高さも印象に影響します。

ヒールは5〜8cm程度が無難です。

3cm程度のヒールだとカジュアルな印象を与えてしまうため、フォーマルな場では適切ではありません。

靴というのはあまりチェックされていないと思いがちですが、面接官はしっかりと見ているため対策を怠らないようにしましょう。

転職活動で気をつけるべきこと

仕事をする女性

次は転職活動で気をつけるべきことをご紹介していきましょう。

面接対策に対してばかり気を取られていると転職活動全体に関しての重要なことを見落としてしまうこともあります。

以下のことは必ず確認しておくようにしましょう。

企業ごとに選考スピードが違う

選考は企業ごとにスピードが違うため注意が必要です。

例えば、大手企業とベンチャー企業では選考スピードに大きな差があります。

一般的にベンチャー企業の方が選考開始から内定が出るまでの期間が短いことが多いです。

そのためスケジュール調整をしっかりと行うことを心がけましょう。

ベンチャー企業の内定が出てから大手企業の選考が終わる前までに内定の承諾を迫られることもあります。

このようなことを念頭に置いて転職活動をしていくと良いでしょう。

面接官のタイプ別の対策が必要

企業別の対策というのももちろん重要ですが、面接官のタイプによっても対策が変わってくるでしょう。

例えば、意欲や情熱を重視する人もいればロジカルさを大切にする人もいるため、面接官によって話し方も変える必要があります。

しかしそういった面接官の情報というのは得にくく、なかなか対策も難しいでしょう。

転職エージェントを利用した場合などは、エージェントが企業から聞き出してくれる場合があります。

もし面接官の対策が不安な場合は転職エージェントを利用すると良いでしょう。

面接前に志望動機の確認をしよう

探す

次は面接において、採用を左右するといっても過言ではない志望動機について解説していきます。

面接前には必ず志望動機を確認するようにしましょう。

以下のポイントを押さえることによって、面接官に良い印象を与えることができます。

必ず確認するようにしておきましょう。

転職する理由と矛盾していないか

転職理由と志望動機というのはリンクする部分があるため一貫性が無ければいけません。

もしこの2つが矛盾している場合には自己分析が足りないと見なされてしまいます。

自己分析が足りていないと、自分の能力やスキルについても理解が足りないと思われてしまうでしょう。

そういった人材は入社後の業務においても自身の適性を活かしきれない可能性があります。

転職理由と志望動機は必ず一貫性を保つようにしましょう。

企業が求める人材とマッチしているか

女性

企業が選考を行う際には必ずその企業が求める人物像というものが存在しています。

転職活動ではその人物像というのをしっかりと理解することが大切です。

そのためには企業研究が欠かせません。

企業のことをしっかりと調べることで、その人物像を明確にすることができます。

明確にできたら、次はその人物像に関係する自身の経験・能力・価値観などを積極的にアピールするようにしましょう。

そうすることで、企業の求める人物像にマッチしていると思ってもらうことができます。

企業研究を必ず入念に行うようにしましょう。

 

ワンポイント
・転職する理由と矛盾しないように自己分析をしっかりとやっておく
・企業が求める人材とマッチしていることをアピールするため企業研究を欠かさないようにする

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ノートとペンを持つ女性

転職に関して不安を抱えている方は転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

転職活動というのは入念な対策が内定を左右するといっても過言ではありません。

そのため転職のプロであるエージェントを利用することによって、的確な対策を教えてもらうことができるでしょう。

また、他にも求人の紹介なども行ってもらうことができます。

様々な面からあなたの転職活動をサポートしてくれるため、もし不安な方は活用してみましょう。

まとめ

眼鏡で笑顔の女性

今回は面接対策で見落としがちなことを解説してきました。

面接では質問への回答や逆質問への対応など様々な対策が必要であるため、事前の準備を見落としてしまうこともあります。

そのため今回の記事を参考にして必ずしっかりと見落としがちなポイントも確認を行っていきましょう。

また、転職活動自体に不安を抱えているという方は転職エージェントへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

自分だけではなかなか気がつかないポイントなどもアドバイスしてくれるためおすすめです。

転職エージェントを利用して転職活動をスムーズに行っていけるよう対策をしていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら