新しいゲームを企画・立案するゲームプランナーは、ゲームが好きな人の憧れの職業といえます。

そんなゲームプランナーに転職するために役立つ資格はあるのでしょうか?

この記事では、ゲームプランナーになるために役立つ資格・資格を取るメリット・資格を活かす方法について解説します。

転職を考えている方は、参考にしていただければ幸いです。

Contents

ゲームプランナーに役立つ資格を解説

ゲーム機

ゲーム業界でも人気の職種であるゲームプランナーですが、必要な資格はありません。

しかし、ゲームプランナーとして活躍できると企業に証明する手段として資格は有効です。

また、最近ではゲームプランナーの業務の幅が広くなっています。

他の人よりも頭一つ抜きん出るために、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

次の項目からおすすめの資格をご紹介していきますので、是非参考にして頂ければと思います。

おすすめの資格「Microsoft Office Specialist」

笑顔でパソコンを操作する女性

ゲームプランナーにおすすめの資格に「Microsoft Office Specialist」があります。

さっそくこの資格についてご説明していきます。

どんな資格?

「Microsoft Office Specialist」は、office系のソフトの基礎から応用まで身につく資格です。

ゲームプランナーは、企画書やその企画の説明のためのプレゼンテーション資料の作成をしなくてはなりません。

そのため、office系のソフトを駆使する必要があります。

「Microsoft Office Specialist」を取得すればoffice系のソフトに詳しいと示せるため、アピールポイントになるでしょう。

難易度や試験の特徴は?

「Microsoft Office Specialist」は、Word・Excel・PowerPoint・Access・Outlookの5科目あります。

さらにWord・Excelは「スペシャリスト」と「エキスパート」の2つに分かれており、自身で科目が選べることが特徴です。

基礎的な知識を得る目的なら「スペシャリスト」、高度なスキルの取得が目的なら「エキスパート」を受験します。

また、規定の科目をすべてクリアするとMOSの称号がもらえますので、よく確認してから受験が必要です。

難易度は高くありませんが、国家資格であるため世界にも通用する資格になります。

 

ワンポイント
MOSの称号も数種類あるため、目的・レベルに合わせて取得をめざしましょう。

おすすめの資格「情報処理技術者試験」

パソコンと女性

情報処理技術者試験」もゲームプランナーにおすすめの資格です。試験の種類が多いという特徴があります。

どんな資格?

情報処理技術者試験は、ITに関する基本的な知識からレべルの高い知識まで習得できる国家資格です。

ゲームプランナーの業務において、ITの知識は直接必要ではありません。

しかし、IT関連部署との連携を深めるためにはITの基礎知識があると大変有利になります。

そのため、転職を考えている場合にはアピールポイントになりますので、おすすめの資格です。

難易度や試験の特徴は?

情報処理技術者試験は段階的にさまざまな種類類ありますので、難易度が低い順にご紹介します。

まずは、情報処理技術者試験の入門編といえる「ITパスポート」です。

ITに関する基本的な知識基礎知識が習得でき、最も合格しやすい資格になります。

次に、「情報セキュリティスペシャリスト」です。

情報セキュリティスペシャリストは、情報システムの基盤整備・情報セキュリティの管理について学べます。

ITパスポートと同様に比較的合格しやすいといわれております。

次に難易度が高いのは「基本情報技術者試験」です。

この試験はITパスポートよりも専門的な知識が習得でき、合格率は約30%といわれています。

更にステップアップすると、「応用情報技術者試験」があります。

この試験は高度な知識を持つIT人材のための資格で、ITに関する応用的な知識や技術を持つことを証明する資格です。

合格率が約20%といわれており、基本情報技術者試験よりも難易度は上がります。

さらに上級者向けの試験

上記以外にも、情報処理技術者試験にはエンジニア系・マネーシャー系に分かれた非常にレベルの高い資格があります。

エンジニア系でいうと、エンべデットシステムスペシャリスト・システムアーキテクト・ネットワークスペシャリストなどです。

マネーシャー系には、プロジェクトマネージャー・ITサービスマネージャー・システム監査技術者という資格があります。

これらは、資格手当が出る企業も多く幹部向けの資格といえるでしょう。

おすすめの資格「プロジェクトマネジメントアソシエイト認定資格」

電話をする女性

国家資格ではないものの、ゲームプランナーにおすすめの資格に「プロジェクトマネジメントアソシエイト資格」があります。

どんな資格?

この資格は日本PMO協会が認定しているもので、プロジェクトマネジメントについての基本的な知識が取得できます。

プロジェクトマネジメントはプロジェクトを達成するための管理手法です。

これは、ビジネスに必ず必要なスキルとして注目されています。

ゲームプランナーを経験した後にゲームプロデューサーなどのマネジメント職をめざす場合におすすめの資格です。

さらにステップアップする場合には、「PMOスペシャリスト認定資格」があります。

難易度や試験の特徴は?

試験内容は、プロジェクトの全体像・プロジェクトマネジメントの重要性を理解しているかが問われます。

また、プロジェクトマネジメントのツールについての知識・技術も試験の出題内容です。

この試験は、オンラインのEラーニング教材で学べる上に認定資格試験もオンラインでも実施ししています。

約75%正解できていれば合格といわれておりますので、比較的手軽で取得しやすい資格といえるでしょう。

 

ワンポイント
この試験のステップアップ試験として、「PMOスペシャリストTM認定資格」があります。

上記以外のゲームプランナーにおすすめの資格

おすすめをする女性

3種類ほどおすすめの資格をご紹介いたしましたが、他にも取得していると有利な資格をご紹介します。

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

Adobeの編集ソフト「Illustrator」を駆使したコンテンツ制作能力を認定する試験です。

グラフィックデザインについて学べますので、ゲームプランナーにも役に立つ資格といえるでしょう。

この試験はスタンダードとエキスパートの2種類あり、目的や自分の能力に合った方を選べます。

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験の合格率は約70%といわれておりますので、難易度は高くないでしょう。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

こちらはAdobeの編集ソフトの「Photoshop」を駆使した、コンテンツ制作能力を認定する試験になります。

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験同様にスタンダードとエキスパートの2種類あり、合格率も約70%です。

こちらもゲームプランナーに役立つグラフィックツールの認定試験で、資格取得をおすすめします。

是非Illustrator(R)クリエイター能力認定試験と一緒に取得をめざしてみてはいかがでしょうか。

資格を取得するメリット

メリット

これまで、おすすめの資格についてご紹介してきましたが、資格を取得するメリットも気になるところです。

メリットを明確にして、資格取得に対するモチベーションを上げましょう。

専門性を高められる

やはり、資格取得するためにはそれ相応の学習・技術向上が必要になります。

資格取得に至るということは、専門性が高まっている証拠です。

企業からみても専門性の高い人材は即戦力になるため、転職の際に有利になるといえるでしょう。

さらには、重要なポジションを任される可能性も出てきますので、資格取得は決して無駄にはなりません。

スキルの証明になる

資格の取得は自分の持つスキルの証明になります。

口だけで自分のスキルを伝えても、信ぴょう性は低くレベルもどの程度なのか曖昧です。

そこで資格を明示することで、客観的に誰に対しても正確なスキルを伝えられるようになります。

重宝される資格は難易度が高い傾向にありますが、自分のスキルを証明するために資格取得を目指してはいかがでしょうか。

未経験者は資格取得がおすすめ

本を読む女性

転職を考えている未経験者には特に資格取得をおすすめします。

やはり企業側は即戦力を求めており、教育する時間を惜しみ経験者を欲しがる傾向があります。

関連資格を取得することで、未経験でも基礎知識を有しているとアピールできるでしょう。

また、資格は努力の成果です。努力する姿勢も合わせてアピールができます。

 

ワンポイント
未経験者は実績のアピールができない分、資格でアピールしましょう。

更にゲームプランナーの知識を深めるには?

解説する女性

もっとゲームプランナーの知識を深めたい場合にはどのような手段があるのでしょうか。

ゲームプランナーに転職したいと考えている方におすすめの方法をご紹介します。

いろいろなゲームをやり込む

スマホゲーム

まずは色々な種類のゲームをやりこみましょう。

そして、グラフィックの美しさ・ストーリ性・キャラクター性について注目してみてください。

やはり、ゲームをつくるにはゲームの楽しさ・素晴らしさを知る必要があります。

人気のゲームの場合、どういった点が人気が出るポイントなのかを知ることも重要です。

ゲームをやりこむと聞くと、遊んでいるだけではないかと思うかもしれませんが、立派な業界研究です。

ゲームが好きな方にとっては楽しみながら業界研究ができますが、くれぐれもやりすぎには注意しましょう。

プログラミングを学ぶ

プログラミングをする女性

基本的にゲームプランナーはプログラミングスキルがなくても問題ありません。

しかし、プログラミングについての基礎知識があることで、プログラマーとの連携がスムーズになります。

そのためゲーム開発の際に役立ち、重宝される知識といえるでしょう。

稀ではありますが、ゲームプランナーがゲームプログラミングを手掛けることもあります。

時間に余裕がある場合は、プログラミングの勉強もおすすめです。

資格をゲームプランナーへの転職に活かす方法

ノートパソコンの前で解説する女性

人気を左右するキャラクターや、そのほかの背景などゲームにはデザインが欠かせません。

そのためグラフィックデザインに関連する資格を持っていれば、デザイン制作時に役立つことを企業へアピールできます。

また、プログラミングに関連する資格も持っていれば、ゲームプログラミングを手助けできる機会も増えるでしょう。

ITパスポートであればITに関する知識やマネジメントに関する知識が取得できます。

そのため、ある程度の役職を狙っている方には特に役立つ資格です。

このように目的と自分の希望やレベルに合わせて、戦略的に資格をとることが大切です。

 

ワンポイント
やみくもに資格取得を目指すのではなく、目的に合った資格を取得しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

キャリアウーマン

転職には悩みがつきものです。自分1人で転職活動をしていると、些細なところでつまずくことも多いでしょう。

一生懸命に転職活動をしていても、やり方を間違えると宝の持ち腐れとなってしまうかもしれません。

悩みがあったり、不安なときには是非頼って欲しいのが転職のプロである転職エージェントです。

自分に合った企業が見つからなくても、転職エージェントなら非公開求人を扱っているため見つけやすくなります。

転職に費やせる時間は多かれ少なかれ限られているのが現状ですので、効率的に転職活動する必要があります。

壁に当たった際には1人で悩まず、さまざまな悩みを転職エージェントに相談しましょう。

まとめ

まとめ

ゲームプランナーはゲームが好きな人にとって非常に人気の職業です。

今回ご紹介したように、ゲームプランナーに転職するために役立つ資格はたくさんあります

資格を所有することは専門性を高めている証拠であり、努力の末の成果物です。

特に未経験者にとっては重要なアピール方法になります。

このメリットを理解して、うまく資格を活かして転職活動を行いましょう

その他にもゲームをやりこんでみるなど、ゲームプランナーについての知識・理解を深める方法があります。

ゲームプランナーに興味のある方は、是非転職先の候補にしてみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら