スケジュール管理能力はビジネスの基本であり重要なスキルの1つです。

しっかり自己PRできれば面接官に好印象を与えられるでしょう。

では具体的に何を意識すればアピールできるのでしょうか。魅力的に伝える方法を当記事でご紹介します。

Contents

自己PRでスケジュール管理能力をアピールする方法を解説

ポイント

スケジュール管理能力は1人の社会人として働くうえでなくてはならないスキルの1つです。

忙しいからこそしっかりスケジュール管理することで、業務を効率よく進めることができます。

また、自分のスケジュールを把握できていれば予定がブッキングしたり仕事に遅れが生じたりすることはありません。

自分の時間は自分で管理することが大切です。

時間を守ることは当たり前ですが、スケジュール管理がうまくできていなければ時間厳守とはいかないでしょう。

当たり前のことを当たり前にするためスケジュール管理能力は必要不可欠です。

スケジュール管理能力の大切さ

パソコンと女性

自分自身のスケジュールを管理することは社会人として大切なことです。

スケジュールを把握できていなければ仕事の進捗だけでなく周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

スケジューリングはビジネスの基本

スケジューリングはビジネスの世界では基本中の基本といえます。

数あるビジネススキルの中でもっとも初歩的なスキルでしょう。

しかし、初歩的であるとはいえその重要度は計り知れません。

誰でも簡単にできそうなスケジューリングですが意外とできていない人が多いものです。

スケジューリングができないということは時間を守れないということ。

ビジネスにおいて時間は何よりも大切です。

もし取引先との打ち合わせに遅れてしまえば一瞬で信頼を失うでしょう。

基本的なスキルだからこそ改めて重要性を見直すことが大切です。

スケジュール管理で自分の能力を引き出す

パソコンと女性

スケジューリングがうまくいけば自分の能力を最大限引き出すことができます。

スケジュール管理が上手な人は時間の使い方が上手なので心に余裕が生まれるのです。

慌ただしく行動すれば必ずミスが生じてしまいます。

常に落ち着いて行動するには心に余裕をもたせることが必要不可欠。

そのためにもしっかりとしたスケジュール管理が重要です。

 

ワンポイント
スケジュール管理能力はビジネスの基本でありもっとも重要なスキルの1つ!

スケジュール管理能力をアピールするポイント

女性

ビジネスにおける基本的なスキルであり重要度が高いスケジュール管理能力はどうアピールすればいいのでしょうか。

自己PRで面接官に最大限伝えるための方法を2つご紹介します。

応募する企業が求めている能力かをまず考える

まずは応募する企業がスケジュール管理能力を求めているかどうか考えましょう。

スケジューリングはビジネスマナーとして持ち合わせておくべき基本スキルです。

しかし企業によっては改めてアピールするスキルではないと考えている場合があります。

相手が求めていないことをアピールしても高評価にはつながらないでしょう。

むしろ企業研究が足りていないとマイナス評価につながるかもしれません。

したがって、あなたが応募する企業はどのような社風でどれほどスケジューリングを大切にしているか考えてください。

スケジュール管理を大切にしている企業ならしっかりアピールしましょう。

職種や業種で評価されるようなアピールを心がける

パソコンと女性

あなたが応募する職種や業種で評価されるような方法でアピールしてください。

事務職なら日々の業務内容、営業職なら売り上げ目標というようにアピール方法を変えましょう。

事務職に応募しているのに「売り上げを伸ばすため日々の目標を設定しています。」という伝え方はNGです。

面接官の心に深く刺さるよう、職種や業種に合わせてアピール方法を変えましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

企業が評価するポイントは?

女性

企業側は自分たちの業務とあなたのアピール方法がマッチしているかチェックしています。

単にスケジュール管理能力が高いことをアピールしても高評価にはつながりにくいでしょう。

スケジューリングをどのような場面で活かせるのか具体的に伝えることがポイントです。

転職面接を成功させるコツは企業が求めている人材だとアピールすること。

いくら優秀な人材で多様なスキルをもっていても、企業のニーズに合わなければ採用されることはないでしょう。

応募要項や企業のホームページをくまなくチェックし、企業が求める人材に合ったアピール方法をしてください。

 

ワンポイント
企業のニーズに合った方法でアピールすることがポイント!

スケジュール管理能力を魅力的に伝える方法

女性

スケジュール管理能力は基本的なスキルでほとんどの人は持ち合わせています。

ビジネスマナーとして不可欠なスキルなので、どれだけ魅力的にアピールできるかが面接を成功させるポイントです。

では具体的にどのような表現をすればアピールできるのでしょうか。

スケジュール管理能力を魅力的に伝える3つの方法をご紹介します。

汎用的な「計画性」という言葉を言い換える

「スケジュール管理能力」や「計画性」という言葉は汎用性が高いので多くの人が使用します。

ほかの人と差別化するためにも言い換えて表現することがポイントです。

具体的に使える言い換え言葉をご紹介します。

  • 優先順位を考えられる
  • 目標に向かって行動できる
  • 効率よく行動できる
  • 周りからの信頼を失わない
  • リスクを回避できる

それぞれ微妙なニュアンスの違いはありますが、だいたい同じ意味をもつ言葉です。

何度もスケジューリングや計画性という言葉を使うより言い換えて表現することで好印象を与えられるでしょう。

具体的なエピソードを盛り込む

提案

具体的なエピソードを盛り込むことで面接官もあなたにスケジュール管理能力があることをイメージしやすくなります。

単に「私はスケジューリングが得意です。」と言っても本当に身についているか分かりません。

スケジュール管理能力がどのような場面で役に立ったのか実体験も一緒に伝えましょう。

結論から話し始めた後に具体例的なエピソードを話し、最後にもう一度結論を述べると論理的に伝わりやすくなります。

採用後どう活かせるかを伝える

スケジュール管理能力が採用後どのように活かせるか伝えましょう。

まずはこれまでの経験でスケジュール管理能力が役に立った場面を伝えます。

それに加えて採用後の具体的な場面も想定してスケジューリングが活かせることを伝えるのです。

過去で培ったスキルを未来でも活かせることが分かれば面接官に好印象を与えられるでしょう。

スケジュール管理能力をアピールする際の注意点

ポイント

スケジュール管理能力をアピールすることで心に余裕をもって仕事ができる人材だと伝えられます。

一方で、アピール方法を間違えるとマイナスの印象を与えることになるかもしれません。

スケジューリングを伝える際の注意点を2つみていきましょう。

完璧主義者だと誤解されないようにする

スケジュール管理能力が高い人の特徴として完璧主義な一面があります。

何事も計画を立てることがすべてという思考に寄っているのです。

計画的に行動することは悪いことではなく、物事を順序立てて進めるには効果的といえます。

しかし、完璧を求めすぎると融通が利かない頑固者という印象を与えてしまうかもしれません。

仕事では計画通りに進まないことも多く、突発的な仕事が舞い込んでくることもあります。

したがって、スケジューリングが得意なことをアピールしつつ臨機応変に対応できることも伝えましょう。

心配性だと思われないようにする

何度もスケジュールを確認する人の特徴として心配性な一面があります。

心配だからこそしっかりと計画を立てたうえで行動するのは理にかなっているでしょう。

一方で、心配になりすぎて最初の一歩が踏み出せなかったり臆病になったりすることもあります。

仕事では思い切りの良さが必要になる場面もあるので、スケジューリングに時間をかけすぎると遅れが生じるでしょう。

したがって、計画性があることに加え時には大胆な行動も起こせることを伝えてください。

 

ワンポイント
伝え方を間違えるとマイナス評価につながるので注意しよう!

スケジュール管理能力をアピールする例文

女性

スケジュール管理能力の高さをアピールする例文を2つご紹介します。

アピールポイントを踏まえて面接官の心に刺さるような文章を作りましょう。

営業職の自己PR例文

私の強みは目標達成のために逆算して計画を立てられることです。

前職は○○というメーカーで営業を務めていました。

1か月ごと売上目標が設定されるのですが、あと一歩目標に届かない月が続きました。

闇雲に営業しても目標を達成できないと思ったので、毎月初めに1日ごとの売上目標数を決めるようにしたのです。

その結果、6か月連続でノルマを大きく上回ることができただけでなく、社内で最大の売上数を達成できました。

目標から逆算して計画を立てる力を活かし、御社のお力になれればと考えております。

事務職の自己PR例文

私は物事に優先順位をつけて行動することが得意です。

前職は事務職に携わっていたのですが、課内でもっとも担当業務が多く日々膨大な業務をこなしていました。

仕事に遅れが生じることがないよう、日々のタスクに優先度をつけ仕事に取り組みました。

また、突発的な仕事がいつ舞い込んでもいいよう余裕をもってスケジュールを組むことも意識したのです。

タスクに優先順位をつけること、スケジュールにスキマ時間を設けることでスムーズに業務を進められました。

前職で培ったスケジューリング方法を御社でも活かし、円滑な業務進行の力になりたいと考えております。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

スケジュール管理能力を自己PRしたNG例文

NG

続いてスケジュール管理能力をアピールする際のNG例をみていきましょう。

伝え方を間違えるとマイナス評価につながるので注意してください。

事実を伝えるだけの自己PRはNG

私の強みは仕事を効率よく進められることです。

仕事に優先順位をつけるのが得意なので、業務を円滑に進められると思います。

また、常に時間を意識して行動しているので遅刻することはありません。

時間に遅れるということは周りから信頼を失うことと同じなので、常に注意しています。

また、急な仕事が舞い込んでもいいよう余裕をもってスケジューリングすることも得意です。

計画性の高さを活かし、1日でも早く御社のお力になりたいと考えております。

NG例の改善ポイント

スケジュール管理能力をアピールする時は具体的なエピソードを盛り込むことがポイントです。

また、採用後どのように活かせるかも伝えることで面接官に好印象を与えられます。

NG例はただ事実を述べているだけで具体的なエピソードが書かれていません。

どれだけ能力があることを伝えても、スキルを羅列するだけでは本当に身についているかどうか分からないのです。

過去のエピソードを盛り込むことで、あなたが本当にスキルをもっていることをアピールできます。

具体性を欠いた文章はマイナスの評価につながるので注意してください。

 

ワンポイント
実体験やエピソードを盛り込んで具体的にアピールしよう!

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

相談

転職活動は1人で行うことが多いので不安になるでしょう。

学生の就職活動とは違い気軽に相談できる相手がいないことも不安が増す要因です。

一度抱えた不安は長く引きずってしまいがち。負の連鎖に陥ることで転職活動が思うように進められません。

そんな時は転職エージェントに相談してみてください。

エージェントはこれまで多くの転職者から相談を受け、悩みや不安を解決してきました。

あなたの不安もエージェントに話すことで解消するかもしれません。

転職の不安や悩みは1人で抱え込まないでください。

エージェントをうまく活用し、あなたが理想とする未来を手に入れましょう。

まとめ

探す

スケジュール管理能力はビジネスマナーとして持ち合わせておきたい基本的なスキルです。

それと同時に1人の社会人としてなくてはならない重要なスキルでもあります。

基本的なスキルだからこそしっかり身についていることを自己PRできれば好印象を与えられるでしょう。

効率よく仕事を進められる、優先順位をつけられるなど言い換え言葉を駆使して最大限アピールしてください。

スケジュール管理能力をアピールする時は具体的なエピソードを盛り込みましょう。

転職活動は不安や悩みを抱えることが多くあります。

そんなときは1人で悩まずエージェントに相談してみてください。

転職のプロであるエージェントと連携して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら