どんなに準備を万全にしても面接当日の雨の影響で思ったように面接に望めなかったという人もいるのではないでしょうか。

面接当日の天候は誰にも選ぶことができません。

面接会場へ向かう途中に突然の雨が降る可能性は十分にあります。

そこで今回は面接の日が雨だった場合の対策と起こりうるトラブルについて女性の目線で紹介します。

面接の日が雨だった場合にするべき対策

面接の日が雨の場合は事前に雨対策をしておくことが重要です。

仮に面接室に濡れている人が来たら面接官はどう思うでしょうか。

当然悪い印象を抱くことはあっても良い印象を抱くことはありません。

雨に濡れる場合も予測して面接に望むということは就活において当たり前のことです。

面接では第一印象が合否を左右するといっても過言ではありません。

以下の項目を参考に雨対策を万全にする方法を把握しておきましょう。

ストッキング・靴下の予備とタオルを用意

ストッキング

雨の日の面接ではストッキングや靴下の予備とタオルの準備が欠かせません。

仮に大雨に打たれても身だしなみを整えて面接に望めるように準備することが大切です。

ストッキングや靴下が濡れてた場合に備えて必ず予備をカバンの中に入れておきましょう。

特に女性は雨でなくてもストッキングが破れたりするアクシデントが想定されます。

ストッキングやハンカチは天候にかかわらず常備しておくことをおすすめします。

雨が振ってから対策するのではなく、雨を予測して対策することが大切です。

クリアファイルで書類が濡れるのを防ぐ

ポイント

雨の日でも提出書類が濡れないように対策することが大切です。

大雨の日はカバンの中の書類まで雨で濡れてしまう可能性があります。

用意した書類は常にクリアファイルの中に入れて管理する事を心がけましょう。

大雨が予測されているのであればクリアファイルを2重に重ねて絶対に濡れないように対策することも必要です。

提出書類の見た目でも採用担当者は管理能力のある人物かどうかチェックしています。

面接会場ではスマートに整頓された提出書類を提出できるように心がけることが大切です。

長靴で行く場合は面接直前に履き替える

ガッツポーズ 女性

大雨で靴まで濡れてしまうことが予測されるときは長靴で会場付近まで向かい面接直前に履き替えましょう。

濡れたままの靴だと面接会場を水浸しにする可能性もあります。

綺麗な床に泥水の足跡をつけて帰ることは良い印象につながりません。

面接では第一印象が大切ですので、少し手間がかかっても雨を感じさせない状態で清々しく面接に望むようにしましょう。

また長靴から履き替える際は駅のロッカーなどを利用して履き替えた靴は面接会場には持ち込まないようにしてください。

荷物が多いのも第一印象を悪くする原因となります。

多少出費があってもコインロッカーに不要な荷物は入れておくことが賢明です。

濡れるのが不安な場合はタクシーに乗る

指をさす女性

濡れるのが不安な場合はタクシーに乗るのもおすすめです。

交通機関を利用した場合よりも費用は高くなりますが、就活の場面においては必要な出費ともいえるでしょう。

タクシーの利用で雨対策だけでなく面接会場までの道に迷うという不安も併せて解消することができます。

しかし雨の日は交通渋滞なども予測されますので、電車とタクシーのどちらがスムーズか調べてから利用しましょう。

雨の日の転職活動に起こりうるトラブル

雨の日は濡れるだけではなく電車や交通機関に影響がでるなど想定していなかったトラブルが発生する確率も高まります。

雨対策を怠ったばかりに面接当日に遅刻してしまったという人もいるのではないでしょうか。

まずは以下の項目で雨の日に起こりうるトラブルをしっかり把握して天候に関係なく面接に望めるようにしてください。

雨で応募書類が濡れる

バツマークの女性

雨の日の就職活動で起こりうると想定できるトラブルの1つは用意した応募書類が濡れるということです。

どんなに万全の準備をしても書類が濡れてしまう可能性は決してないとはいえません。

万が一書類が濡れてしまった場合の対応として書類のコピーを用意したりUSBにてデーターを持ち運ぶことがおすすめです。

時間に余裕をもって行動していれば近隣の漫画喫茶などを利用して書類の印刷をすることもできるでしょう。

しかしそのような状況に陥らないためにもまずはクリアファイルを徹底して雨対策をしておくことが大切です。

靴が濡れる

仕事に悩む女性

靴が濡れるのも雨の日によくあるトラブルの1つです。

とくに女性はヒールのある靴を使用するため滑って転んだりする危険性もあります。

大雨が事前に予測できるのであれば長靴にレインコートなどを使用して完全防備しておくことをおすすめします。

面接会場へ向かう途中で靴は履き替えて雨を感じさせない人を目指しましょう。

交通機関が遅延する

あたまを抱える女性

雨の日は電車などの交通機関に影響がでる場合もあるので注意が必要です。

交通渋滞によるバスの遅延や雨による電車の遅延なども起こりうるトラブルとして想定されます。

しかし面接に遅刻していくことは絶対にNGです。

雨の日は時間に余裕をもって面接会場に到着できるようにしましょう。

 

ワンポイント

事前に起こりうるトラブルを予測できるようになると天候に左右されずに面接に望めます。

雨の日も慌てずに落ち着いて行動ができるように準備しておきましょう。

雨で書類が濡れてしまった場合はどうする?

疑問

雨の日に面接会場で書類が濡れていることに気づいた場合はどう対応すればよいでしょうか。

どんなに事前に対策をしていてもちょっとしたトラブルで書類が濡れてしまうこともあるものです。

万が一書類が雨で濡れてしまっても慌てずに落ちついた対応を心がけましょう。

面接官に書類を渡す際はハンカチやタオルで書類の水分を最小限に押さえることも大切です。

そして面接官には事情を素直に伝えるようにしましょう。

濡れた書類を提出することで悪印象につながる可能性もありますが、対応の仕方によっては好感を与えることも可能です。

 

ワンポイント
書類が全てではありませんので失敗を引きずらずに気持ちを切り替えて面接に挑みましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

前日からできる雨対策は?

マルを指さす女性

では次に雨を予測できる場合の前日からの対策について紹介します。

事前に面接当日が雨だと分かる場合は以下の準備で対策しておきましょう。

  • 書類はクリアファイルに入れてからカバンに入れる
  • ストッキングや靴下等の濡れる可能性があるものは替えを用意しておく
  • 水滴で濡れた場合に備えてタオルを用意しておく
  • 傘を用意(折りたたみ傘が理想)
  • レインコートや長靴なども準備しておく
  • 余裕をもって面接会場に到着できる時間を設定しておく

面接当日に雨が降ることは仕方がないことです。

しかし事前準備が出来ている人とそうでない人では雨の日の面接会場での姿に差が出ます。

前日から雨が降るとわかっていた場合は十分に用意を済ませておきましょう。

選ぶべき傘の種類・デザイン

雨の日の面接でどのような傘を持っていたらよいのかも悩むポイントの1つではないでしょうか。

傘といっても様々な傘がありますが、面接では面接に適した傘を使用することをおすすめします。

以下の項目を参考に面接で使用すべき傘の種類やデザインを把握しておきましょう。

どんな傘を選ぶべき?

傘を入れるケース

面接に持参する傘としておすすめなのは折りたたみ傘です。

面接会場に着いてからカバンにしまうことができるのでカバンと傘で両手がふさがるのを避けられます。

傘のデザインや色は黒や紺などの派手すぎないものが無難です。

派手すぎるデザインの傘は面接官によってはあまり良い印象を持たないので気をつけましょう。

また折りたたみ傘でない場合は持ち手が腕にかけられるタイプのシンプルな長傘でも大丈夫です。

傘の使用マナー

女性

傘を使用する際はマナーを考えて使用することも大切です。

面接会場で傘の使用マナーが良いと面接官に好印象を与えられる可能性もあります。

まずは以下のポイントを押さえて雨の日のマナーがある人を目指しましょう。

  • 建物の入口で水滴は落とす
  • 落としきれなかった水滴はタオルで拭き取る
  • 無断で傘立てを使用せず面接会場の人の指示に従う

 

ワンポイント

雨の日は特に求職者の立ち振る舞いに差がでやすいものです。

数多くいる求職者の中でも良い立ち振る舞いができるよう意識しておきましょう。

傘の他に用意したいもの

雨の日の面接では傘だけを用意しておけば十分というわけではありません。

先ほども事前の雨対策については触れましたが再度傘のほかに用意すべきものを確認してみましょう。

ビニール袋の予備

首を傾げる女性

ビニール袋の予備は雨の日に非常に役立つアイテムです。

濡れた折りたたみ傘をカバンに入れる際に使用したり、書類をビニールで覆って防水対策したりと多様に使えます。

折りたためばかさばらず、広げたら様々な用途で使用ができるためおすすめです。

雨の日に限らず、ビニール袋の予備はカバンに常備しておいてもよいでしょう。

ストッキング

笑顔で説明をする女性

面接会場に着く前にストッキングが濡れたり破けたりした場合は履き替える必要があります。

女性はスカートで足が見える服装ですのでストッキングの予備は常備しておくことが大切です。

面接会場によっては靴を脱いでスリッパに履き替える可能性もあります。

ストッキングから透けて見える爪まで意識をして綺麗に整えておくようにしましょう。

またスリッパを利用する際は汚さないように自分のタオルで足を拭いてから履き替えるのも1つのマナーです。

雨の日に注意すべきこと

では次に雨の日に注意すべきことについても紹介します。

雨の日は予測できないトラブルが起こりやすいです。

以下の項目を参考にいろんな状況を想定して面接の準備ができるようにしましょう。

交通機関が乱れること

木の車をもつ女性の手

 

雨の日は交通機関のダイヤが乱れる可能性があります。

ダイヤが乱れると到着時間が予定よりも遅れてしまう恐れがあるので注意が必要です。

また雨の日はタクシーを利用する人が増え交通機関が渋滞する場合もあります。

バスやタクシーでの移動を検討している人は交通状況を確認することが大切です。

雨の日に交通機関を利用する際は30分前には面接会場の近くに到着できるように余裕をもって行動しましょう。

髪型や服装が乱れること

頭を抱えるビジネスウーマン

髪型や服装が乱れることも雨の日の懸念事項です。

雨の湿気や水滴でせっかくセットした髪型も台無しになることも少なくありません。

服が濡れることでしわが目立つこともあります。

雨の日は余裕をもって面接会場へ到着し面接前に身だしなみチェックを怠らないようにしましょう。

面接では第一印象が大切ですので整髪スプレーなど簡単に身だしなみを整えられるアイテムを持参するのもおすすめです。

提出書類が濡れること

ファイル、女性

雨の日の提出書類は濡れる可能性があります。

書類はクリアファイルに入れてからカバンの中に入れるように徹底しましょう。

タオルなども一緒に準備しておくとより雨対策ができます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

突然雨が降った場合にやるべきこと

傘をさす女性

事前に雨が降ることを知っていた場合は対策ができます。

しかし突然予想外の雨が降ってきた際はどうすればよいのでしょうか。

面接では予期せぬ出来事も予測するスキルが必要です。

どんな状況に陥っても落ち着いた対応ができるように事前にシュミレーションをしておきましょう。

突然の雨に振られた場合はまず濡れないところへ避難することが大切です。

傘を持ち合わせていない場合は近隣のコンビニなどで傘を購入するようにしましょう。

 

ワンポイント

雨の日に慌てて行動するとトラブルを増やす原因になります。

どんな時も落ち着いて冷静に対応できるように心がけることが大切です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

胸に手を当てる

転職に悩みはつきものです。

転職の悩みや相談はまずは転職エージェントを活用してみましょう。

転職エージェントの目的は転職を成功させることなので、転職に関する様々なサポートをしてくれます。

書類の添削や面接対策そしてアフターフォローまでついているため効率よく転職活動に望めるのが特徴です。

家族や友人ではわからないことも転職エージェントなら解決できる可能性が高いです。

まだ転職エージェントを利用したことがない人は登録することから始めてみましょう。

まとめ

傘をさす女性イメージ

面接の当日が雨だった場合の対策方法は明確になりましたか。

自己管理能力も面接官がチェックするポイントの1つです。

特に雨の日の面接はトラブルが発生する可能性も高く求職者の自己管理能力をジャッジするには好都合でもあります。

面接官に好感をもたれるためにも事前の雨対策は万全にして面接に望みましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら