Webクリエイター職のなかでもマークアップエンジニアは女性の転職先としても人気があります。

今回はマークアップエンジニアとして転職活動する中で必要になる志望動機の考え方を解説していきます。

Contents

マークアップエンジニアの志望動機の考え方を解説

女性、ノートパソコン

マークアップエンジニアはWebサイトをユーザー目線から見やすいものにするために存在します。

ソースコードを書くコーダーと混同されることがありますが、より高度な知識やスキルを求められる職種です。

ユーザーに使いやすいと思って貰えるWebサイトを目指して様々な要素を検証するため、コーダーよりも幅広い知識が必要です。

ターゲットに合わせたWebサイト構築を担うため、リーダーシップをとれるような気質や経験も求められます。

マークアップエンジニアとして求められるポイントは他にも、

  • ユーザビリティに配慮したデザインセンス
  • HTML・CSS・JavaScript・CMSの知識
  • コミュニケーションスキル

などがあります。

IT業界は日々進化を続けており、人材不足の企業も多く存在しているため、スキルを持っていれば未経験でも挑戦が可能です。

ディレクターやコーダーへユーザー目線のフィードバッグを行うことが多いため、協調性も重要な要素といえるでしょう。

志望動機はこういったマークアップエンジニアに必要とされるスキルが自分の強みと共通しているかを考えて作ります。

 

ワンポイント
マークアップエンジニアはWeb制作知識の他にリーダーシップや協調性を求められます。

マークアップエンジニアの主な仕事内容

キーボード、スマホ、SEO資料

マークアップエンジニアはターゲット像に合わせてWebサイトを作る仕事です。

HTMLとCSSを用いてユーザビリティを考慮したWebサイトを構築します。

Webディレクターへ企画のアイデアを出したり、コーダーにユーザーからの要望をフィードバックするのも仕事です。

マークアップエンジニアに必要とされるスキルには様々なものがあり、コーダーと似ていながらより高度な知識を求められます。

HTMLとCSSを使ったコーディングが基本的な仕事ですが、最近はSassを利用した効率的なコーディングも主流になっています。

JavaScript知識を活かしてブラウザ操作のチェックなども行うことがあるでしょう。

マークアップエンジニアにはWebサイト構築に必要な専門知識の他に、SEOに関する知識も必要となります。

ユーザビリティとSEO対策は深い関係性があります。

SEO対策をしなければ作ったサイトは上位表示されず、ユーザーの流入も少なくなってしまうからです。

WordPressをはじめとしたCMSについての知識や操作スキルも必要です。

WordPressではSEOに特化したプラグインなどがあるので、どれを使うべきか把握しておきます。

様々な業務がありますが、これらはすべてユーザビリティを考慮したWebサイトを作るために行うものです。

また、見やすさだけでなく、アクセスしやすい環境を作るのもマークアップエンジニアの仕事になります。

マークアップエンジニアはWebサイトを運営している会社であれば必要とされる職種です。

ネットサービスやWeb制作会社、広告代理店やコンサルティング会社、企業のマーケティング部門など活躍の場が広がっています。

需要が高い職種のため、中途採用の求人も多く存在します。

スキルを活かして働けるマークアップエンジニアの求人情報を知りたい場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントはあなたの経験や強みに合わせたマークアップエンジニアの求人情報を紹介してくれます。

ネットで検索しても出てこない非公開求人も紹介してくれるので、一度利用してみることをおすすめします。

マークアップエンジニアの志望動機を書く際のポイント

人差し指を立てる女性、ノートパソコン

マークアップエンジニアの志望動機を書く際にはどのようなポイントを押さえておくべきなのでしょうか。

ここでは特に大事なポイントを2つ紹介します。

なぜその企業なのか

中途採用者を募集する企業は1社だけではありません。

応募企業はその中からなぜ自社を選んだのかを知りたいと考えています。

企業選びのポイントはその応募者の価値観を物語っているからです。

応募した企業のどこに魅力を感じて応募したのか改めて確認してみましょう。

その際、企業独自の事業展開や製品・サービスの特徴に絡めた魅力を作るようにします。

「その企業でなければならない」という理由の説得力を高めるためです。

企業の魅力については求人情報やWebサイトに加え、企業が提供しているサービスやWebサイトを調べてみましょう。

実際に作られたものに対し、ユーザーとして自分がどう感じ、どこが優れているかなど具体的に書き出してみるのです。

そうすることで自分にとって企業のどういった点が魅力的なのかが見えてくるでしょう。

企業の理念や将来的な事業展開について、自分の価値観や将来像と共通点があればそこをアピールするとより効果的です。

入社後どう活躍できるか

ジャンプするビジネスウーマン

マークアップエンジニアは入社後の成長意欲も重視されます。

Webサイト制作に関わるということは、業界の情勢が目まぐるしく進化していることと同義です。

IT業界の知識は一度覚えて終了するものではなく、むしろ覚えた先から更に新しい知識を仕入れなければなりません。

そのため、マークアップエンジニアに新しいことを積極的に学ぶ意欲は必須とされています。

志望動機を書く際は入社後にその企業で自分がどう活躍できるか具体的に盛り込みましょう。

先述した、企業が実際に提供しているサービスやWebサイトを調べる方法も使うことができます。

企業選びのポイントでは魅力を抽出しましたが、将来性の場合は「自分ならどこを修正するか」をチェックするのです。

修正ポイントを挙げるだけでは説得力がないので、修正する方法についても具体的に記載すると良いでしょう。

ここで注意しておきたいのが、自分の持つ将来像が勝手なものではないかということです。

応募者が持っている将来像が企業の持つ将来像と違っていては、いくら素晴らしい活躍予定を述べても意味がありません。

必ず企業の事業内容や将来性とマッチングさせた内容を書くようにしましょう。

 

ワンポイント
マークアップエンジニアの志望動機はなぜその企業を選んだのか等を意識して作りましょう。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

マークアップエンジニアの志望動機でアピールすべきポイントは?

ポイントの文字、ペンを持つ女性

マークアップエンジニアの志望動機でアピールすべきポイントは3つあります。

これらを押さえて企業に好印象を与える志望動機を作りましょう。

客観的視点

マークアップエンジニアにはユーザー目線でWebサイトの見やすさ・使いやすさを判断する力が必要となります。

作り手側から見て最適なサイトが、ユーザーから見て最適なサイトとは限らないためです。

そのため、ユーザーへの配慮が可能な客観的視点を持っていることをアピールするのが効果的となります。

相手の視点で物事を捉えて残した成果を具体的な内容や数字とともにアピールしましょう。

向上心

マークアップエンジニアが必要とするWebサイト制作知識は日々進化を続けています。

最先端技術を駆使しなければユーザビリティを考慮できないため、身につける知識も進化させていかなければなりません。

幅広い専門知識を積極的に取り入れる向上心があれば、マークアップエンジニアとして適正な人材だと判断されるでしょう。

向上心をもって独学で勉強していることや、前職で身につけたスキルや知識をアピールすることをおすすめします。

また、マークアップエンジニアを経て更に上を目指す姿勢を見せることも向上心のアピールとなります。

チームワークを大切にできる

解析資料、チーム、会議

マークアップエンジニアはディレクターやコーダー、顧客など様々な人と協力しながら仕事を進めていきます。

そのため、円滑なコミュニケーションをしながらチームワークを大切にすることは基本となります。

志望動機ではこれまでの経験の中でコミュニケーションスキルを活かした成果をアピールしましょう。

 

ワンポイント
マークアップエンジニアの志望動機では客観的視点を持っていることや向上心をアピールしましょう。

マークアップエンジニアの志望動機を書く際の注意点

注意マークを持つ女性

マークアップエンジニアの志望動機を書く際に注意しておきたいポイントがあります。

それは転職理由が前向きであることと、自分の強みと企業の求める人材の共通点があることです。

転職理由はどんな転職でも必ず聞かれる質問項目です。

様々な理由から転職を目指しているのは企業側も把握していますが、その理由がネガティブなものだと良い印象を与えられません。

ネガティブな理由は「将来的に同じような理由でまた転職されてしまうのでは?」と思われる可能性があります。

また、アピールする自分の強みが企業の求める人材と共通点があるかどうかも確認しておきましょう。

共通点がないポイントをアピールしても、企業側として求めている人材とはマッチングしていないと思われるでしょう。

 

ワンポイント
志望動機に書く転職理由は前向きなものにして、企業の求める人材と共通点があることをアピールします。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

マークアップエンジニアの志望動機の例文

ノートパソコンに映るビジネスウーマン

では、ここで実際に役立つマークアップエンジニアの志望動機の例文をご紹介します。

異業種から転職する場合

「私は前職で●年にわたり、マーケティング業務を担当していました。

Webマーケティングに関わる機会があり、その奥深さに惹かれ、Web業界の仕事を色々と調べました。

そこでマーケティング経験が活かせる職種としてマークアップエンジニアの存在を知ったのです。

Webサイトのユーザビリティを追及し、多くの成果を残してきた御社でこれまでの経験を活かしていきたいと考えています。

また、ステップアップとしてディレクターやプロデューサーへの道を目指せることも魅力と感じております」

マークアップエンジニアの経験が浅い場合

「私は前職で○○の案件に関するマークアップエンジニアを●年経験してきました。

まだ経験が浅くはありますが、その差を埋めるべく勉強を欠かさず、定期的にセミナーにも通っています。

しかし、前職ではコーダーとしての役割が多く、身につけた知識を活かす場がありませんでした。

自分が学んだことを活かしながら働きたいと思い、転職を決意した次第です。

御社であればマークアップエンジニアとして任される仕事の範囲が広く、能力を活かせると感じました。

また、最先端技術に関する事業に関わることで更に多くのことを学べる機会があるというのも魅力です」

ステップアップを目的とした転職の場合

「私はマークアップエンジニアとして前職で●年働いて参りました。

経歴が長くなり、中堅社員として扱われることが多くなった今、今後のキャリアについて考える事が多くなりました。

今後はJavaScriptの知識を活かし、フロントエンドのパフォーマンス最適化に特化していきたいと考えています。

御社ではマークアップエンジニアからフロントエンドエンジニアへのステップアップも可能であると知り、応募に至りました。

自分の目標を達成することで御社への貢献度を更に上げ、お客様が快適に閲覧できるサイトを構築していきたいです」

マークアップエンジニアの志望動機のNG例

バツを指さす女性

ここまで役立つ志望動機の例を見てきましたが、それとは逆にNG例も存在します。

マークアップエンジニアの志望動機のNG例を見て、自分の志望動機が同じようなものでないか確認しましょう。

企業選びの理由が汎用的

「私はこれまでWeb制作会社で●年勤務し、エンジニアの業務にも触れてきました。

コーディング以外にもやるべきことがあるマークアップエンジニアは、自分の知識を最大限に活かせると考えています。

多彩なビジネス展開をする御社で働くことによって、自分がもっとステップアップできると感じ応募に至りました」

多彩なビジネス展開という表現はどの企業に対してもできるものです。

企業を選んだ理由はその企業独自の事業や製品に関する魅力を絡めてアピールしましょう。

具体性と将来性がない

ノートパソコン、悩むビジネスウーマン

「御社の作る○○というWebサイトはとても素晴らしく、いちユーザーとして私もその使いやすさに感激しております。

私はそのWebサイトのファンであり、ぜひサービスを作るチームの一員となりたいと考えています。

御社の魅力を一番知っている自信があるので、それを業務に活かしたいです」

魅力を感じていることは伝わりますが、なぜ魅力を感じているのかという具体性がありません。

さらに、自分が今後どのように業務へ貢献できるかの将来性のアピールも欠けています。

また、マークアップエンジニアとして働くのなら魅力だけではなく修正点も同時に挙げられるように知識を深めましょう。

NG例の改善ポイントは?

女性の手、電球

これらのNG例の改善ポイント

  • 「なぜその企業なのか」という理由には企業独自の事業や製品に関する魅力を入れる
  • 企業のサービスに対して感じた魅力や修正点は具体的に伝える
  • 入社後に自分がどのように働いていきたいかのアピールも忘れずに

となります。

企業選びの理由は汎用的なものを使うと「雇ってくれるならどこでもいい」という印象を与えてしまいます。

具体性のなさは知識のなさを露呈していることになるため、企業研究と自己分析はしっかりと行うようにしましょう。

もしNG例と同じような志望動機しか作れない時は転職エージェントを利用することで改善ができます。

転職エージェントは客観的な視点からあなたの強みと弱みを分析し、志望動機の作成サポートをしてくれます。

あなただけの強みを活かした志望動機を作ることで、企業の採用担当者に好印象を与えることが可能です。

マークアップエンジニアの自己PRの例

手を差し伸べて案内する女性

転職面接では志望動機の他に自己PRを依頼されることもあります。

自己PRには技術や知識よりも人間性を盛り込むことで自分の魅力を伝えるようにします。

技術や知識に関しては業務経歴や資格、ポートフォリオなどである程度伝えている筈だからです。

適正値の高さをアピールする「協調性」

マークアップエンジニアは一人で遂行する仕事ではありません。

デザイナーやコーダー、ディレクターや取引先など多くの人と関わりながら進めていく仕事です。

そのため、協調性のアピールはマークアップエンジニアとしての適正値の高さをアピールしていることになります。

チームを率いることで残した成果やそのプロセスなどを具体的に伝えると良い印象を与えることができます。

自分のキャリア形成を見据えている「向上心」

マークアップエンジニアという仕事はWeb業界の中ではまだ中盤の役職です。

そのため、マークアップエンジニアを経験した後のキャリア形成について具体的に考える必要があります。

キャリア形成を考えているということは、それを達成するために努力する向上心があるということになります。

自分が入社後にどのような道筋を辿りたいのか明確にアピールしましょう。

Web業界未経験者の場合は、新たな知識を積極的に学ぶ姿勢を見せることで向上心をアピールできます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

人差し指を立てる女性、電球

マークアップエンジニアをはじめとしたWeb業界の職種へ転職しようとする女性は年々増加しています。

しかし、転職活動というものは決して簡単なものではありません。

業界研究・企業研究に加え、企業の求める人材との共通点を探すための自己分析も必要となります。

全て一人でこなしているうちに転職活動自体に疲れてしまう可能性もあります。

そうなる前に、転職に関する悩みは転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは自己分析のサポートはもちろん、業界研究や企業研究についても的確なアドバイスをくれます。

一人で悩みを抱えている転職希望者にとって、強い味方となるのが転職エージェントなのです。
 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

まとめ

笑顔の女性、ノートパソコン

マークアップエンジニアはWeb業界の中でも特に客観的な視点を求められる仕事です。

そのため、志望動機における自己分析や企業研究の具体性を問われます。

応募する場合は必ず自己分析と企業研究をしっかり行い、求められるスキルをアピールしましょう。

志望動機のポイントで悩んでいるときは転職エージェントを利用して効率的に転職活動を進めることをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する