証券会社の営業と聞くとどのような印象を持つでしょうか。

「堅そう」「難しそう」というイメージをもつ女性も多いでしょう。

今回はどんな証券会社で働く営業職の仕事内容や向いている女性など詳しくご紹介していきます。

Contents

証券会社の営業の仕事内容を解説

ポイント

証券会社が扱う商品は簡単にいうと「現金と同等の価値のある」証券です。

企業は成長するために株式証券を発行します。

そして個人や企業は「これから成長しそう」「投資をして利益を出したい」という理由で株式証券を購入するのです。

この投資してほしい企業と投資したい個人・企業の橋渡しをするのが証券会社といえるでしょう。

しかしただ待っているだけでは、なかなか取引が成立しないことも多いです。

ここで営業職が個人や企業に証券の説明をして取引を進めていきます。

証券会社には営業職以外の職種もありますが、営業の経験をさせる会社も多いです。

それだけ証券会社にとって営業は重要な仕事だということですね。

そして証券会社の営業には「リテール営業」と「ホールセール営業」の2種類があることを押さえておきましょう。

今回は証券会社の2種類の営業について仕事内容やメリット・デメリットなど詳しく解説します。

ぜひ転職活動の参考にしてください。

証券会社の営業の仕事「リテール営業」

中年男性に説明をする女性

リテールとは「小売り」という意味で個人投資家に向けた営業をリテール営業と呼びます。

ここではリテール営業の仕事内容や特徴を見ていきましょう。

リテール営業の仕事内容

個人の顧客に対して営業を行うのがリテール営業です。

対象とする個人顧客は富裕層だけでなく年金・貯金といった資産運用を考える一般の投資家もいます。

個人の顧客に提案・販売するのは「株式証券」「債権」「投資信託」がメインとなるでしょう。

相手の資産や希望する運用方法を伺いながら最適な金融商品を提案していきます。

また既存顧客への営業だけでなく新規顧客の開拓もリテール営業の仕事の1つです。

まずは訪問や電話などでアポイントを獲得していくことになるでしょう。

資産運用や投資を考えている方へ証券会社の口座を開設してもらうよう促します。

金融商品の販売には口座が必要不可欠なので口座開設がスタートラインです。

リテール営業の特徴

リテール営業は担当地域が決められていることが多いので手間をかけた営業ができます。

むしろ個人投資家への営業だからこそ手間と時間をかけなければならないのが特徴です。

対象とする顧客が富裕層だとしても簡単に取引が成立するわけではありません。

金融商品の購入はリターンだけでなくリスクが伴うからです。

そのため営業職は顧客の希望や不安を伺いながら適切なアドバイスをすることが求められるでしょう。

個人顧客が対象なので密接な関わりができ、感謝されることも多いです。

「不安が解消できた」「いい取引ができてよかった」といってもらえるのは営業として嬉しいことですね。

証券会社の営業の仕事「ホールセール営業」

法人営業の女性

ホールセールとは「卸売り」のことで組織を対象とした営業を行います。

顧客がもつ資産や運用の規模が大きいのでリテール営業からホールセール営業にステップアップというパターンが多いでしょう。

そんなホールセール営業の仕事内容や特徴をご紹介します。

ホールセール営業の仕事内容

ホールセール営業は企業・官公庁・法人といった顧客を対象とする営業です。

取引の額は必然的に大きくなるので1回の成約による手数料も高額といえます。

ホール営業が取引をするのは主にこちらです。

  • 金融商品の販売
  • 資金調達のサポート
  • 資産運用の提案
  • M&A(吸収合併)の仲介

リテール営業と同じく金融商品の販売も行いますが他の内容にも注目してみましょう。

資金調達のサポートは顧客の取引先が発行する株式や債券を引き受けることで行います。

これはかなり高額なお金が動くということが想像できるでしょう。

ホールセール営業の特徴

ホールセール営業は高額な資金が動く分、責任が重くなるのが特徴です。

そのため新人が任されることはほとんどなく経験を積んでからホールセール営業につくことになるでしょう。

1つ1つの案件が大きな成果となるのでいかにして取引を成立させられるかが重要といえます。

しかし企業にとって資金調達や資産運用は経営に関わる重要なものです。

満足のいく取引をするためにはメリットやリスクをしっかりと説明することが求められるでしょう。

そのためホールセール営業は顧客である企業の経営状況や業界の動向などを知っておく必要があります。

 

ワンポイント
 リテール営業で経験を積んだらホールセール営業を目指そう。

証券会社営業に向いている女性の特徴は

外回りの女性

老後の資金作りや資産運用など一般投資家にとっても証券会社は身近な存在になりつつあります。

だからこそ証券会社の営業に転職したいという女性も多いのではないでしょうか。

ここでは証券会社の営業に向いている女性の特徴をご紹介します。

他者への貢献意識が強い

他社への貢献意識が強い女性は証券会社の営業に向いているでしょう。

顧客が金融商品を購入する目的は何でしょうか。

個人投資家の場合は老後の資金作りや資産運用という理由があげられます。

また自分の子どもや孫に少しでも多く資産を残すために投資をする人もいるでしょう。

そして企業の場合は経営のためという目的があります。

そんな顧客の希望や伺い目的達成に貢献するのが証券会社の営業なのです。

経済に興味がある

経済について考える女性

証券会社の営業に向いている女性の特徴は経済に興味がある人です。

どのような仕事でも興味がなければモチベーションを保つことができません。

特に経済は複雑な部分もある上に日々情報が変化します。

なぜ株価が上昇した要因は何か?現在の経済状況はどうなっているのか?ということを考えるのは好きでしょうか。

証券会社の営業は顧客が求める情報を提供しなければなりません。

常にアンテナを張って経済情報を把握できる女性こそ証券会社で信頼される営業になるでしょう。

人付き合いが得意

証券会社の営業はお金という繊細なものに踏み込む仕事です。

また新規顧客に対しては直接自宅に訪問することも多く最初は警戒されることも多いでしょう。

そして相手が嫌そうな雰囲気を出しているのに話を進めていくのも避けなければなりません。

お金という繊細な話にどう踏み込むのか、どうやって警戒心を解くのかが仕事をする上で大切です。

そのため人と接するのが好きで相手をよく観察できる女性が向いているでしょう。

 

ワンポイント
証券会社の営業は経済に興味があるだけでなく貢献意識や人付き合いも大切。

証券会社の営業の転職に役立つ資格

メモ帳をもち考える女性

証券会社で営業の仕事をするにあたりどのような資格が必要なのでしょうか。

ここでは証券会社の営業に役立つ仕事をご紹介します。

まず「証券外務員」という資格は証券会社の営業にとって必須の資格だと思ってください。

この証券外務員は株式や債券を売買するための営業活動に必要な資格です。

日本証券業協会主催のこの資格は一種外務員資格試験と二種外務員資格試験があります。

実務経験などの受験資格はないので誰でも挑戦できるのが特徴です。

また外務員として仕事をするためには試験に合格した後に協会に登録申請をしなければならないので注意してください。

他にはどのような資格があると役立つのでしょうか。

  • ファイナンシャルプランナー
  • 証券アナリスト

個人の資産運用には株式投資だけでなく生命保険のような金融商品の知識も身につけておくと役立つでしょう。

ファイナンシャルプランナーの資格があればあらゆる角度から顧客の相談に乗ることができます。

証券会社によっては資格取得を義務づけたり推奨する場合もあるほど注目の資格です。

証券アナリストはホールセール営業に役立つ資格です。

企業財務に関する知識や金融商品の仕組みなど幅広い知識を身につけることができるでしょう。

証券会社の営業には多くの知識が求められます。

そのため資格があることで知識の証明となり資格を活かすことで顧客への説明にも説得力が出てくるはずです。

 

ワンポイント
 保険証券の営業を目指すなら証券外交員の資格を取得しよう。

証券営業の仕事のやりがい

笑顔で握手する営業の女性

営業職というだけで大変そうというイメージをもつ人も多いでしょう。

さらに証券会社という性質上どうしても経済や金融といった専門知識が必要となります。

そんな証券会社の営業のやりがいを見ていきましょう。

顧客に感謝された時の達成感

顧客に感謝された時の達成感にやりがいを感じる証券会社営業は多いでしょう。

営業なので取引を成立させる必要がありますがそこには信頼関係が必要です。

信頼関係を築くために何度もやりとりをしたり、時には拒否されたりすることもあります。

そんな中でも顧客が求める情報提供をし満足のいく取引ができると達成感を得られるでしょう。

「〇〇さんに任せてよかった」「いい取引ができた」という感謝はやりがいにつながるはずです。

金融や経済に関する知識が身につく

証券会社の営業のやりがいには金融や経済に関する知識が身につくことがあげられます。

顧客に金融商品を勧めるのですから自分自身がそれらの知識をもっていなければなりません。

そのためには変動する経済状況や金融情報をチェックし自身をアップデートしていく必要があります。

仕事をする中で自然と身についたり顧客からの質問に答えるために勉強することもあるでしょう。

経済や金融の知識は今後の人生に役立つことも多く決して無駄にはなりません。

証券会社営業の仕事のメリットやデメリットは?

〇と×の札をもつ女性

どのような仕事にもメリットがあればデメリットもあるものです。

証券会社の営業はやりがいがある仕事ですがデメリットが気になる女性も多いのではないでしょうか。

ここでは証券会社営業の仕事のメリット・デメリットをご紹介します。

証券会社営業の仕事の「メリット」

まずは証券会社営業の仕事のメリットを見ていきましょう。

  • 安定した企業で働くことができる
  • 高収入を狙える
  • 成果が見えやすい
  • 規模の大きな取引に関わることができる
  • 企業の経営部分に関わることができる

安定した企業で高収入を狙えるのは証券会社営業のメリットといえます。

平均年収は20代で400万円台、30代後半では700万円台となっています。

もともと金融業の平均年収は高めですが営業職は成果次第で年収アップを狙うことができるでしょう。

最初はリテール営業から始まりますが経験や成果によってホールセール営業にキャリアアップが可能です。

法人を対象にするホールセール営業は規模の大きな取引をするのでやりがいを感じる人も多いです。

また企業の経営部分に関わることで得られる知識もメリットといえるでしょう。

証券会社営業の仕事の「デメリット」

悩む女性

証券会社営業の仕事にはデメリットもあります。

メリットだけでなくデメリットも知っておくことで転職後のギャップを減らすことができるでしょう。

証券会社営業の仕事のデメリットはこちらです。

  • 精神的・身体的負担がある
  • 新規開拓していく必要がある
  • 顧客に損を出してしまうことがある
  • 売りたい商品を売れないことがある

営業の仕事なのでノルマがあったり数字で評価されたりすることが多いです。

そのため強いプレッシャーを感じストレスになる女性もいるでしょう。

リテール営業は担当地域を自分で回るため体力的に大変な面があります。

また金融商品は化粧品のように定期的に購入するわけではありません。

特に個人の顧客は頻回に取引をするのではなく余裕資金ができたときということが多いでしょう。

そのため既存顧客に頼らずどんどん新規の顧客を開拓していかなければならないのです。

新規顧客の開拓はなかなかアポイントが取れない、訪問の時点で断られるという可能性があります。

そして金融商品を扱うのでどうしても損が出るというリスクがひそんでいることを知っておきましょう。

経済や金融の知識があっても「絶対に損をしない」なんていうのは誰にもわからないことです。

証券会社営業は顧客の損や売りたい商品を売れないという面でも負担になる人がいるのです。

証券会社営業の女性の働きやすさは?

OKサインを出すビジネスウーマン

営業職と聞くと「大変そう」「忙しそう」というイメージをもつ女性もいるでしょう。

転職をする時に気になることの1つに働きやすさがあります。

証券会社営業の女性の働きやすさに焦点を当てて解説していきます。

女性の証券会社の営業社員は増えている

証券会社の営業は男性のイメージをもたれがちでした。

しかし近年は大手証券会社の積極的に女性営業社員を受け入れているのです。

女性営業社員の強みは「同性の顧客をつかみやすい」ということがあげられます。

飛び込み営業があった時でも女性の方が警戒心を和らぎやすく話も進めやすくなるというメリットがあるでしょう。

女性ならではの強みを活かしながら証券会社営業としての活躍が期待されているのです。

また結婚・出産・子育てといったライフイベントは女性の仕事に影響を及ぼしやすいです。

ライフイベントに合った働き方ができるよう福利厚生やサポート体制を充実させる企業も増えるでしょう。

女性のキャリアパスは?

顔に指をあてて考える女性

証券会社営業の女性のキャリアパスにはどのようなものがあるのでしょうか。

  • リテール営業のスペシャリストになる
  • リテール営業からホールセール営業にキャリアアップする
  • ホールセール営業で経験を積み企業の経営に関わる

リテール営業で経験を積むとホールセール営業にキャリアアップを目指すことができます。

これは証券会社営業のキャリアパスとして考える人が多いでしょう。

そんな中でリテール営業のスペシャリストになるという選択肢もあるのです。

個人顧客を対象に営業の仕事をすることにやりがいを感じる女性も多いはず。

そこで経験を積んで顧客満足度を高められるリテール営業を目指すというのもいいでしょう。

一方でホールセール営業として経験を積めば企業の経営に関わる責任ある立場になることもできるのです。

 

ワンポイント
 証券会社営業は今後も女性の活躍が期待されている仕事。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコン画面を見て悩む女性

証券会社の営業に興味があっても自分に向いているのか不安な女性もいるでしょう。

また転職活動で自分をどうアピールすればいいかわからず悩む人もいるのではないでしょうか。

そんな時は1人で悩まず転職エージェントに相談するのがおすすめです。

あなたの希望に合った求人の紹介や応募書類の作成サポート、面接対策を行います。

まとめ

パソコン作業をする女性

今回は証券会社の営業の仕事内容ややりがいについて解説しました。

証券会社の営業にはリテール営業とホールセール営業の2種類があります。

入社時は個人顧客を対象にしたリテール営業につくことがほとんどです。

そこで経験を積むことでホールセール営業にキャリアアップすることができます。

近年女性営業社員を増やしている証券会社もあり女性の活躍が期待されるでしょう。

そんな証券会社営業への転職を目指すなら転職相談に登録することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら