転職の面接ではスーツや髪形など清潔感のある身だしなみへのこだわりも必要です。

そんな中で面接時に持っていくバッグに悩む女性も多いのではないでしょうか。

今回は転職で使うバッグの選び方について失敗例も踏まえて詳しくご紹介します。

面接で使うバッグの選び方のポイントを解説

困惑した顔の女性

転職の面接では第一印象をよくしておきたいと思う女性は多いでしょう。

面接の場には清潔感があり社会人としてふさわしい服装で行く必要があります。

なぜなら、転職面接では応募者の身だしなみや行動でビジネスマナーもチェックされているからです。

そのためビジネスマナーとしてふさわしいバッグを選ぶことも大切ですね。

しかし「どんなバッグがいいの?」「荷物がたくさんある時はどうすればいいの?」と疑問や不安を抱く女性もいるでしょう。

今回はそんな悩みがちな転職に持っていくバッグの選び方を詳しく解説していきます。

ありがちな失敗例もご紹介するのでぜひ参考にしてください。

転職面接のバッグ選びのポイントやルールを押さえて自信を持って会場に向かいましょう。

女性の転職面接向けバッグの特徴

スーツ姿の女性

転職の面接にはどのようなバッグが向いているのでしょうか。

ここでは色やサイズなど女性の転職面接に向いているバッグの特徴をご紹介します。

バッグ選びに迷ったらまずはこの特徴を押さえておきましょう。

ベーシックな色が基本

面接に持っていくバッグはベーシックな色が基本です。

黒・紺・茶色など周囲から浮かない色のバッグがいいでしょう。

転職の面接では黒や紺色のスーツを着る女性が多いのではないでしょうか。

スーツに合った色のバッグということを意識してください。

そうすれば自ずとベーシックな色のバッグを選ぶことになります。

ビジネスシーンを意識して派手な色や明らかな柄物は避けた方がいいでしょう。

「TPOをわきまえている」ということが大切です。

A4サイズがちょうど入る大きさ

転職の面接時には面接の案内など企業から送られてきた書類を持参することがあります。

また面接直前に確認できるように履歴書・職務経歴書のコピーを持っていきたい女性もいるでしょう。

当日提出する書類がある可能性も考えられます。

これらの書類はA4サイズということが多いですね。

そのためA4サイズがちょうど入る大きさのバッグがいいでしょう。

自立する

面接の場ではバッグを椅子の横に置くのがマナーです。

そして置いた時に自立するものが好ましいとされます。

革・合皮のような素材はへたりにくくスーツにも合うでしょう。

またバッグのマチがしっかりしているものは置いた時に安定するのでおすすめです。

バッグ選びの基本ルール

マルの札を上げる女性

転職の面接は質問対策だけでなく身だしなみや持ち物にも気を使う必要があります。

中でも持っていくバッグは「どんなものがいいの?」と悩む女性も多いです。

まずはバッグ選びの基本的なルールを確認しておきましょう。

革製でA4サイズの書類が入る自立式

転職、女性、鞄

女性のバッグは素材やデザインの種類が豊富なので余計に悩んでしまう人もいるでしょう。

そこで押さえておきたいのが「革製でA4サイズの入る自立式」のバッグです。

A4サイズが入るバッグでもナイロン製のものは避けてください。

素材によってはカジュアルな印象を与えてしまいスーツにも合わないからです。

転職面接のバッグの素材は先ほどお伝えしたように革・合皮を選択しましょう。

またA4サイズの書類を折らずに入れることができる大きさのバッグが基本です。

そして面接時のマナーを考えて自立式のバッグを準備してください。

書類やその他の荷物を入れた時に自立するか確認しておくことをおすすめします。

黒・紺・茶が無難

先ほど女性の転職面接時のバッグの特徴でお伝えしたようにベーシックな色が基本です。

スーツ姿の女性が持っていて自然な色は黒・紺・茶色といえるでしょう。

女性らしい印象や華やかさを意識したい女性もいるかもしれません。

しかし面接の場なのでTPOに合った色を選択してください。

また派手な柄やプリントがあるバッグも面接の場にはふさわしくありません。

肩かけタイプが主流

肩掛けバッグをもつ女性

女性の転職面接用のバッグは肩掛けタイプが主流です。

革・合皮のショルダーバッグやリュックもありますが転職の面接の場には持っていかない方がいいでしょう。

肩掛けタイプなら必要な物をスッと出すことができます。

また面接の場で荷物を置く時にも肩掛けタイプがスムーズです。

 

ワンポイント
女性の 転職面接ではスーツに合う色・素材・サイズで肩掛けタイプのバッグを選ぼう。

あると便利な機能や特徴は

ポイントを説明する女性

ここまでは転職面接のバッグ選びの基本となることをお伝えしてきました。

次にあると便利な機能や特徴をご紹介します。

  • 取り外し可能なショルダーストラップ付き
  • 内ポケットが多い

先ほどもお伝えしたように女性の転職面接時のバッグは肩掛けタイプが主流です。

しかし自宅から面接会場に行くまでの移動で両手が使えないのは不便と思う女性もいるのではないでしょうか。

そんな時に便利なのがショルダーストラップ付きのバッグです。

取り外し可能なタイプなら移動中はショルダーバッグとして使い会場では肩掛けタイプにできます。

また面接前に鏡を確認したり化粧直しをしたり荷物が多くなる女性もいるでしょう。

スマートフォン・モバイルバッテリー・ハンカチ・財布など細かな持ち物のたくさんありますね。

バッグから出そうとした時に「どこに入ってる?」とゴソゴソ探すのは見た目もよくありません。

そのため使いたいものがスッと出せるようにポケットがたくさんあるバッグがおすすめです。

ショルダーとトートの2個持ちはOK?

考える女性

大切な転職の面接に忘れ物をすることは避けたいものです。

化粧ポーチ・手鏡・ヘアブラシなど女性ならではの荷物も持っていきたいですね。

そのため「念のため」「もしかしたら必要になるかも」と荷物が多くなってしまう女性もいるでしょう。

そんな時にショルダーとトートなどバッグの2個持ちをしてもいいのでしょうか。

基本的には転職の面接の場に持っていくバッグは1個にすることをおすすめします。

面接の場に荷物をたくさん持ち込むのは印象がよくありません。

「必要な物を整理できていない」「仕事の時もあんなに荷物を持ち歩くのか」と思われるリスクがあるからです。

どうしても荷物が多くなってしまう場合は「面接会場で必要なもの」「移動中に必要なもの」に分けておきましょう。

そして「面接会場で必要なもの」以外は別のバッグに入れてコインロッカーなどに預けておくのです。

面接会場の最寄り駅などにコインロッカーがあるか確認しておくことをおすすめします。

 

ワンポイント
 転職面接に持っていくバッグは1個にして荷物が多くなる場合はコインロッカーに預けるなどの対策をしよう。

持ち方・置き方などのマナー

手で〇印をつくる女性

面接の時のバッグの選び方のポイントを押さえたら次はマナーです。

ここでは女性が転職面接で気をつけたいバッグの持ち方・置き方のマナーをご紹介します。

基本は手で握って持つ

面接の会場に入る時にはバッグを手で握って持つのが基本マナーです。

ドアをノックする前に肩からおろして手に持ち替えましょう。

入室する時にはお辞儀をしますがバッグの中身が出ないように注意が必要です。

しかし手で握って持つことでお辞儀をした時の傾きがほとんどなく中身が出る心配はないでしょう。

椅子の横に立てて置く

面接官の指示に従い椅子のところまで行きます。

バッグはその椅子の横に立てて置くのがマナーです。

置くタイミングは面接官から着席するように指示された時にしましょう。

椅子の横に置いた時に倒れないように注意が必要です。

もし荷物のバランスが悪く倒れてしまいそうなら椅子の脚で支えるように置きましょう。

自分の膝の上や背中と背もたれの間に置くのはマナー違反です。

しかし面接官から荷物置き場を指定されることもあるでしょう。

その場合はお言葉に甘えて荷物置き場に置いて大丈夫です。

バッグの中身

転職面接の時にはどのような持ち物が必要なのでしょうか。

まずは必ず持っていくべき物を確認しておきましょう。

  • 筆記用具(ボールペン・鉛筆・消しゴム・メモ帳など)
  • 当日提出する書類
  • 面接の案内・企業から送られてきた資料など
  • 会場までの地図
  • 財布(現金)・時計・スマートフォン

次にあると便利な持ち物をご紹介します。

  • 化粧ポーチ
  • ヘアブラシ・手鏡
  • 予備のストッキング
  • モバイルバッテリー

あると便利なものは必要に応じて準備しましょう。

しかし荷物が多くなり過ぎないように注意が必要です。

 

ワンポイント
 転職面接ではバッグの持ち方・置き方や持ち物もチェックしておこう。

ありがちな失敗例

驚く女性

転職面接のバッグにまつわる、ありがちな失敗例をご紹介します。

失敗例を知っておくことでトラブルを回避しましょう。

A4サイズの書類が入った封筒が入らない

鞄に入らず書類を手に持つ女性

バッグの大きさはA4サイズが入るものがおすすめです。

しかしA4サイズの書類・ファイルがギリギリ入るというバッグだと失敗することがあるので注意してください。

書類はA4サイズでも書類を入れる封筒がバッグに入らなければ意味がありません。

封筒が入らなければ手で持ったりバッグを2個持って行ったりする事態になるでしょう。

転職面接で持参する書類は大切なものなのでバッグに入れておくべきです。

そのためギリギリの大きさにならないように気をつけてくださいね。

物がすぐに見つからない

荷物がたくさんあると「物がすぐに見つからない」という失敗もあります。

例えば面接の直前に鏡で身だしなみをチェックしようと思ったのに手鏡が見つからないという失敗です。

「見つからない」ということに焦りゴソゴソをバッグの中を探すのは意外と目立ってしまいます。

鏡ならまだいいですが「スマホがない」「財布はどこだっけ?」というのは避けたいですね。

そんな失敗をしないためには荷物を最低限にし内ポケットを活用して整理しておきましょう。

バッグインバッグを活用するのもおすすめですよ。

大きすぎてスーツとアンバランス

荷物が多く大きめのバッグにするとスーツとアンバランスになってしまいます。

普段使っているバッグの色や素材が無難だからといってスーツに合うとは限りません。

大きすぎるバッグはビジネスシーンを考えた時にふさわしくないでしょう。

スーツに合わない大きさのバッグは面接官に違和感を与えるリスクがあります。

しまったものが傷んでいた

バッグにしまったものが傷んでいたというのもありがちは失敗例です。

傷んでしまった例はこちらです。

  • ペットボトルの水滴で書類が濡れていた
  • 荷物が多くて書類が折れていた
  • 化粧品の匂いが書類に移ってしまった

転職の面接で持参する書類は大切なものです。

うっかり濡らしたり折れたりしないようにバッグの中をしっかり確認しておきましょう。

靴、スーツとのバランス、全体のコーディネートも考えてカバンを選ぼう

スーツ姿の女性

転職面接のバッグの選び方やポイントを押さえたところで全体のコーディネートも見ていきましょう。

面接に持って行くバッグはスーツに合うことが大切です。

また足元にも気を使う必要があるでしょう。

そのためバッグといったアイテムにこだわらず全体のバランスを見ておく必要があります。

フォーマルでベーシックな色のアイテムを揃えてもそれぞれがアンバランスでは見た目がよくありません。

例えば紺色のスーツ・黒色のバッグ・茶色の靴だとどうでしょうか。

色の統一感がなくバランスが取れていないですね。

転職面接の服装やバッグが決まったら鏡で全身をチェックしてみてください。

自分ではわかりにくいという場合は家族や知人に見てもらうのもいいでしょう。

 

ワンポイント
 転職面接の服装やバッグは全体のバランスに気をつけよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩む女性

転職活動では応募書類・面接対策・服装・バッグ選びなど考えることがたくさんあります。

「これってどうすればいいの?」「何に気をつければいいの?」と不安を抱く女性も多いのではないでしょうか。

そんな転職の悩みは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職のプロに相談して少しでも不安を軽減させてください。

まとめ

スーツの女性

今回は女性の転職面接のバッグの選び方をご紹介しました。

転職の面接では身だしなみやビジネスマナーもチェックされています。

そのためビジネスシーンにふさわしいバッグを選ぶようにしてください。

また面接時に必要な書類が傷まないように入れておくことも大切です。

バッグだけでなく全体のコーディネートも意識するといいでしょう。

転職活動で不安や悩みがあれば転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントがあなたの転職をサポートします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら