ITを正しく理解して効果的に活用することのできる力を証明するのがITパスポートという資格です。

この資格をどのように転職に活用していくのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

この記事ではITパスポートが活かせる仕事を解説していきます。

資格を活かせる求人の探し方や転職を有利にするアピール方法もチェックしていきますので参考にしてください。

Contents

ITパスポートが活かせる仕事を解説

女性

ITパスポートという資格をご存知の方は多くいらっしゃるかもしれません。

ITパスポート試験はITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格試験です。

IT業界で活躍するエンジニアやプログラマーの為だけでなく転職やスキルアップを目指す女性にも注目されている資格になります。

具体的にどのような職種にITパスポートが活かせるのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

この章ではITパスポートが活かせる仕事を解説します。

事務職

女性

デジタル化が進み連絡事項などのやり取りにメールを採用している企業は多くあります。

それは社内だけに留まらず企業間の連絡もメールで行うというケースも多いです。

事務職の主な役割である書類作成や伝票整理などもパソコンを使っての作業が一般的だといえるでしょう。

ITパスポートを取得していると、このような業務をスムーズに行える証明になります。

また事務職の中でもITエンジニアやプログラマーのサポート業務を行うITサポート事務はITパスポートの資格が活かせる職種です。

このような事務職への転職ではITパスポートが有利になるでしょう。

IT系の営業職

パソコンと女性

IT系の営業職であればITパスポートを自分の強みとしてアピールできるでしょう。

IT業界の良い点はあまり男女の差を感じる事が少ない点です。

IT系の営業職はITパスポートの知識を活かして女性も活躍できる新たな職種であるといえるでしょう。

テクニカルサポート

女性

IT関係のトラブルを解決するのがテクニカルサポートの業務です。テクニカルサポートにはITの知識が必要になります。

ITパスポートを取得していればITの知識があることを証明できますのでテクニカルサポートへの転職が有利になるでしょう。

電話を通じてのオンラインサポートの場合は女性ならではの細やかな心遣いが重宝されます。

テクニカルサポートはITパスポートを取得している女性が転職を考えやすい職種といえるでしょう。

ITパスポートが人気な理由

パソコン

ITパスポートは履歴書に記入できる資格として転職時に有利です。

それに加えて資格所持者には資格手当をプラスする企業もあります。

ITパスポートはオンラインで学ぶ事ができるため、いつからでもどこででも勉強をする事ができるでしょう。

比較的短時間で取得できるのも魅力の一つです。

個人差はありますが平均勉強時間は概ね50時間ほどといわれています。

比較的短時間での取得が可能であり転職や採用後に有利な資格としてITパスポートは人気があるのです。

ITパスポートを取得するメリット

パソコンと女性

この章ではITパスポートを取得するメリットを紹介します。

転職時にIT関連の知識があることが強みとなりますし、勉強で身につけた知識が採用後も役立つでしょう。

ITの基礎知識が身に付く

パソコンと女性

ITパスポートの勉強をするとITの基礎知識が身に付きますのでIT業界への転職を考える際にはアピールポイントになるでしょう。

IT業界以外の業種においてもIT関連の知識が重要になります。

ビジネスシーンではメールのやりとりは不可欠になりますし社内の文書作成などにも役立つといえます。

正しいIT基礎知識を身につけていますと採用後も業務に活かせます。

IT以外のビジネスの基礎が身に付く

クラウド

ITパスポートの取得はITのスキル専用の基礎知識が身に付くだけでなくビジネス全般の基礎知識に関しても幅広く知る事ができます。

ITパスポートの出題範囲はテクノロジー系だけではありません。

ITパスポートは法務や経営戦略・システム開発のマネジメント方法などに関しても出題されます。

この知識はIT業界だけでなくどの企業にも共通して活かすことができるでしょう。

 

ワンポイント
ITパスポートを取得するとIT関連やビジネスの基礎的な知識が身に付きます。

ITパスポートの出題内容や合格率は?

ポイント

IT業界に憧れはあっても自分は文系だからと苦手意識を持ってしまっている方も多いのではないでしょうか。

実はITパスポート資格取得の学習には理系や文系などという区分けは関係ありません。

学習内容にはテクノロジーに関する項目だけでなく法務や経営戦略・情報セキュリティなども含まれます。

ITパスポートの出題範囲はストラテジー系・マネジメント系・テクノロジー系の3分野に分かれているのです。

ストラテジー系は経営戦略やシステム戦略・法務が出題範囲になります。

マネジメント系はサービスマネジメント・プロジェクトマネジメント・開発技術等が出題範囲です。

テクノロジー系はコンピューターシステムや基礎理論・情報セキュリティやネットワークなどプログラミングに必要な要素が出題されます。

合格率はおよそ50%といわれていますので受験者の半分が合格できる計算です。

取得資格として人気の簿記2級の合格率は約30%ですので、ITパスポートはしっかり学習すれば取得可能な国家資格だといえるでしょう。

ITパスポートの試験はオンラインで受験する事ができます。

開催される都道府県により異なりますが試験の開催頻度も多く自分の都合に合わせやすい受験体制といえるでしょう。

ITパスポートで転職を有利にするアピール方法

女性

ITパスポート取得後は転職を有利にするために有効活用しましょう。

どのようにアピールすればよいのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

この章ではITパスポートで転職を有利にするアピール方法を紹介しますので参考にしてください。

ITパスポート取得の理由をアピールしよう

女性

ITパスポートは初心者からでも比較的短期間で取得可能な資格です。ITパスポートを研修の一環としている企業もあります。

IT関連で働く人にとっては知っていて当たり前の基礎知識のような位置づけだと考えている企業も多いです。

とはいえ入社前に誰もが持っている資格ではありません。

資格を取得しようと考えた理由とともに学ぶ姿勢があるということをアピールしていきましょう。

勉強熱心であるということは採用する企業側にも良い印象を与えます。

なぜITパスポートを取得したのかを明確にして、さらに資格取得にむけた積極性も企業側にアピールしてください。

希望の職種に関連する資格と併せてアピールしよう

パソコンと女性

ITパスポートはIT業界への基本知識が詰まった資格といえます。その知識は様々な職種に活用できるでしょう。

しかしITパスポートはあくまでも基礎知識です。

希望の職種に特化した資格があるのであればITパスポートと併せて取得してアピールしてください。

 

ワンポイント
ITパスポートで転職を有利にするアピール方法
・取得の理由をアピールする
・希望の職種に関連する資格と併せてアピールする

ITパスポートと併せてアピールしたい資格

ポイント

ITパスポートと併せてアピールしたい資格を二つご紹介します。

IT関連の基礎知識を証明するITパスポートに加えて各職種に活かせる専門的な資格があれば自分の強みになるでしょう。

「MOS」

「MOS」はマイクロソフトが認定する資格です。

この資格を取得していればWordやExcelなどのマイクロソフトオフィス製品に関するスキルを証明できます。

IT関連の基礎知識であるITパスポートとオフィス製品を扱える証明になるMOSがあれば事務職への転職でアピールできるでしょう。

「MOS」検定の合格率はスペシャリストで約80%、エキスパートで約60%といわれています。

自分のレベルに合ったレベルの取得を目指してみてください。

「簿記」

メモ

「簿記」は転職時に有利な資格です。経理事務への転職の際には大きなアピールになるでしょう。

転職時に活用するためには簿記2級以上を取得するのが良いとされています。

簿記を勉強することは正しい帳簿の付け方や経営状況の把握などに役立つといえるでしょう。

経理の業務は様々な企業でパソコンに移行されています。

簿記の資格に加えてITパスポートがあればパソコンで経理業務を行っている企業に対して大きくアピールできるでしょう。

 

ワンポイント
ITパスポートと併せてアピールしたい資格
・MOS
・簿記

ITパスポートをアピールする時の注意点

ポイント

取得したITパスポートをアピールする時の注意点について解説します。

ITパスポートを取得しただけでは全ての転職活動に有効ではないことを覚えておきましょう。

基礎的な知識があることはアピールできますので、それ以上にアピールしたいのであれば工夫する必要があるようです。

ITパスポートの内容は基礎知識だということを理解しよう

パソコンと女性

ITパスポートの内容はIT関連の基礎知識です。

そのため現役でIT関係の業務を行っている人にとっては当たり前の知識といえます。

持っていて当たり前の知識だけでは十分な強みとはならないでしょう。

IT業界でITエンジニアやプログラマーとして働くためには、専門的な資格も一緒に取得したほうが良いかもしれません。

履歴書の資格としての記載はアドバンテージとなりますが希望する職種によってはプラスアルファの資格が必要となります。

ITパスポートの資格だけではアピールできない

パソコンと女性

ITパスポートの資格だけを全面に押し出すアピールは注意が必要です。

IT業界の企業では採用担当者もITパスポートがどの様な資格であるかを理解しています。

ITパスポートはITスキルの基礎知識の資格であってプログラミングがすぐにできるような資格ではありません。

ITパスポートはまさにIT業界の入り口へのパスポートなのです。

そのため特にIT企業への転職ではITパスポートの資格だけではアピールできないと考えておいてください。

 

ワンポイント
アピールする時の注意点
・ITパスポートの内容は基礎知識だということを理解する
・ITパスポートの資格だけではアピールできない場合もある

ITサポートの資格を活かせる求人の探し方は?

探す

ITパスポートの資格を活かせる求人の探し方を紹介します。

ITサポートの資格を持っていたとしても活かせる求人をうまく見つけることができなければ意味がありません。

自分の希望する職種ではITサポートを活用できるかも判断しなければならないでしょう。

資格を活かせるような求人を探して転職を成功させてください。

求人サイトで検索してみよう

スマホ

求人サイトを検索してみてください。

IT・ITサポート・ITエンジニアなどIT業界に関連した検索ワードを入力するとIT関連の求人が出てきます。

IT業界にはどのような職種があるかを知る事ができるでしょう。

ただし求人サイトでは求人の数が多くピンポイントで自分の希望する企業を見つけることが難しいかもしれません。

また「意外と数が少ないな」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これは求人には非公開求人というものもあるからです。

転職エージェントを活用しよう

女性

ITサポートの資格を活かせる求人を探すために転職エージェントを活用するのも一つの手です。

転職エージェントは非公開求人も取り扱っています。

また一人一人に的確な求人を紹介できる転職エージェントであれば自分に合った企業を効率良く見つけることができるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

仲間

転職エージェントは様々な転職の悩みをもつ方々からの相談や疑問・悩みを解決に導く存在です。

転職について悩みがあれば小さな悩みでも遠慮なく相談をしてみましょう。

相談をすることにより自分だけでは導き出せなかった答えが見つかることもあります。

一人で悩まず転職エージェントを活用してください。

転職エージェントと一緒に悩みを解決し転職を成功させましょう。

まとめ

相談

ITパスポートはIT業界をめざすならおさえておきたい資格です。基本的な知識があるという証明になります。

IT業界では持っていて当たり前の知識ですので、さらにアピールしたい場合には専門的な資格の取得も考えましょう。

ITパスポートの知識はその他の業種にも活かせます。

パソコンを使用する業務でも活用できますし、テクニカルサポートのようにITの知識を活用することもできるでしょう。

いずれも希望する業種に必要な専門の資格と併せてアピールすれば強みとして見てもらえます。

ITパスポートを活用できる求人を探したり転職の悩みがあったりする場合は転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロに悩みを解消してもらい転職後も活躍してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら