転職面接において質問への答え方というのは、合否に大きく影響するため注意する必要があります。

特に自己PRと長所に関して質問された場合、同じような質問内容であるため答え方に困ってしまう可能性があるでしょう。

答えが見つからず、抽象的な答えをしてしまうと企業に対策の甘さを感じられてしまうと採用にも悪い影響を与えてしまいます。

そのため企業に好印象を与えられるようにしっかりと対策を行っておきましょう。

今回は自己PRと長所を両方聞かれる場合の対処法について解説をしていきます。

Contents

自己PRと長所を両方聞かれる場合の対処法を解説

考える女性

自己PRと長所というのはどちらも自分の良いところを指す言葉です。

そのため面接で両方聞かれた場合どのように答えれば良いのか戸惑ってしまう方もいるでしょう。

この2つはどちらも同じような意味の言葉ではありますが、転職活動においてはそこに明確な違いがあります。

その違いを理解することができれば、どのように回答するのが良いのかが具体的に分かっていくことでしょう。

今回は自己PRと長所を両方聞かれる場合の対処法を解説していきます。

自己PRと長所の特徴を理解しよう

人差し指を立てる女性

それでは具体的に自己PRと長所の特徴をそれぞれ解説していきます。

この2つのそれぞれの特徴を理解することができれば、面接対策にも大いに役立つことでしょう。

自己PRの特徴

自己PRというのは自分のことをPRするという意味です。

PRというのは「Public Relations」の略であり、宣伝活動を意味します。

そのため、ただ自分の強みを伝えるのではなくその強みがどのように仕事に役立つのかというところをアピールするようにしましょう。

自分を会社が雇用することによってどういったメリットがあるのかを言葉にして伝えることが重要になります。

強みを話すだけで終わるのではなく、そこから更に自分を売り込むという姿勢を大切にしましょう。

長所の特徴

仕事をする女性

次は長所の特徴を紹介していきます。

長所というのは自分自身の優れているところを意味する言葉です。

そのため面接において長所を聞かれた場合には、自分が思う自分の良いところを伝えるようにしましょう。

そのためには自己分析が欠かせません。

企業は長所を聞くことによって応募者が自分のことをきちんと分析できているかを知りたいと考えています。

そのため、自己分析をきちんと行うことで主観ながらも相手を納得させられるような長所を伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
・自己PRでは自分の強みをPRする
・長所では自分が思う自分の良いところを伝える

自己PRと長所の考え方は同じ

ポイント

強みと長所というのはほとんど同じ意味なため、自己PRと長所の考え方自体は同じだといって良いでしょう。

しかしながら自己PRはその強みをPRするという部分に重きを置いています。

つまり根本的な考え方は同じでありながらその伝え方が違うというイメージです。

この伝え方の違いについては企業の目線に立って考えると良いでしょう。

企業は自己PRを聞くことによってその応募者が会社にどういったメリットを与えてくれるのかを知りたいと考えています。

それに対して長所を聞くのは、企業が自社とマッチしているかどうかを知るためです。

企業がこの2つをどちらも聞くのはその伝え方の違いによって応募者の異なる面を知りたいと考えているからでしょう。

 

ワンポイント
自己PRと長所はどちらも自分の良いところを伝えるものですが伝え方が違います。

自己PRと長所の考える時のポイントは?

虫眼鏡を持つ女性

次は自己PRと長所を考える際のポイントについて解説していきます。

以下のようなポイントに気をつけることによって、企業に好印象を与えることができます。

結論から伝えよう

自己PRと長所について伝える際にはまず結論を伝えるようにしましょう。

最初に結論を伝えることによって、質問への答えを明確にすることができます。

もし結論を最初に言わなかった場合、答えが伝わりづらくなってしまう可能性もあるためです。

最後に結論を伝えてしまった場合、採用担当者は答えが分からない状態で話を聞かなければなりません。

順序立てて話を聞けなくなってしまうため、伝えたいことがはっきりと伝わらない可能性があります。

必ず結論から伝えるようにしましょう。

裏付けのエピソードを具体的に伝えよう

ノートパソコンと女性

結論を伝えた後はその結論に辿り着いた理由を話すこととなります。

その際重要なのが裏付けとなる具体的なエピソードを伝えることです。

具体的なエピソードを伝えることによって、面接官は長所や強みが具体的にどういった場面で発揮されるのかが分かります。

また、話が具体的であればあるほど企業はあなたのことを信頼することでしょう。

裏付けとなるエピソードは具体的に伝えることを意識する必要があります。

入社後自己PRや長所をどう活かせるか伝えよう

ノートとペンを持つ女性

経験したエピソードを伝えるだけでなく、自己PRした強みや長所がどのように活かせるのかを伝えるようにしましょう。

そうすることで入社後にどういった形で活躍できるのかが明確になるのです。

これを伝えることによって、企業はあなたが自社に相応しい人間であるのかを見極めるのに役立てることができるのです。

もし話した自己PRや長所の内容からあなたが応募した企業の求める人物像に近いと思ってもらえた場合は効果的なアピールとなります。

あなたは採用に1歩近づくことができるでしょう。

 

ワンポイント
・結論を最初に伝えると分かりやすい
・裏付けとなるエピソードを具体的に話す
・入社後の仕事にどう活かせるかを明確にする

自己PRと長所を両方聞かれた時の注意点は?

悩むビジネスウーマン

自己PRと長所を両方聞かれた場合、どちらでも自身の良いところについて答えなければなりません。

そのため、これらを両方聞かれた際は2つが矛盾しないように注意する必要があります。

また、自己PRで答えた内容とその後の長所がかけ離れていないかも気をつけるようにしましょう。

面接官が、この2つは矛盾していると考えた場合、あなたへの信頼度が低くなる可能性があります。

全く内容が同じというのは避けなければなりませんが、アピールするポイントが全く違うというのも良くないでしょう。

 

ワンポイント
自己PRと長所で内容が矛盾しないように注意しましょう。

自己PRの例文をチェック

仕事を楽しむ女性

次は具体的に自己PRをどのような形で回答すると良いのかを伝えるために例文をご紹介します。

以下の例文をチェックして、自己PRの伝え方を知っておくと良いでしょう。

コミュニケーション能力をPRする場合の例文

「前職ではITシステムの営業を行っておりました。

私はその業務の中で顧客に対して積極的に訪問活動をすることによってコミュニケーション能力を培ってきました。

私の強みはそのコミュニケーション能力だと考えております。

前職の営業活動では新規開拓に積極的に挑戦し、新規顧客を獲得してきました。

競合他社との取引がある訪問先でも自身の持ち前のコミュニケーション能力を活かして、契約まで漕ぎ着けた経験があります。

その結果、社内の営業成績で1位となったこともあり自信に繋がりました。

御社に入社できた暁には自身のコミュニケーション能力を活かし、新規顧客獲得に向けて業務を行ってまいります。」

仕事の効率化をPRする場合の例文

「前職では開発プロジェクトのマネジメントに携わっておりました。

その中で仕事の効率化を行うスキルを手に入れることができました。

プロジェクトマネージャーとして働く中で課題となったのがスケジュール管理です。

納期までの期間が短く、思った通りの成果を出すためには工夫が必要でした。

私はチームのメンバーの特性を見直し、どうすれば最短で成果を出すことができるのかを考えスケジュールを組み直しました。

その結果、無事納期に間に合わせることができ、プロジェクトを成功に導くことができたのです。

御社に入社できたら、効率的に業務を行える環境を整えられるプロジェクトマネージャーとして仕事をしていきたいと思っております。」

PRする強みが抽象的であるNG例

「前職では住宅営業の仕事をしており、その中で私の強みである提案力を培うことができました。

お客様にとって大きな買い物である住宅の購入をサポートし、結果的に満足してもらえることが多かったため提案力には自信があります。

御社に転職できた場合には、自身の提案力を活かして営業ルートの新規開拓を行いたいです。」

長所の例文をチェック

遠くを見る女性

次は長所の例文をご紹介します。

長所の例文を見ることによって自己PRとの答え方の違いを明確に知ることができるでしょう。

面接対策に役立てていただければ嬉しいです。

社交性を長所とする場合の例文

「私の長所は社交性があることです。

前職ではその社交性を活かし、プロジェクトチームのメンバーと積極的にコミュニケーションを行いました。

その結果としてチーム内でのコミュニケーションが円滑に行える状況が生まれ、業務の効率化にも繋がったのです。

御社に入社できた暁には、周囲と積極的にコミュニケーションを取り、業務に素早く慣れていきたいと思っております。」

向上心を長所とする場合の例文

女性

「私の長所は向上心があり、目標に向かって最大限の努力ができるところです。

前職では不動産営業として仕事をしていましたが、入社から2年で店舗内トップの成績を取ることができました。

しかしその成果に満足することなく、営業方法にさらなる改善点を見出して対策を行ったのです。

これにより全国で8位の営業成績を収めることができ、職場でも表彰してもらうことができました。

御社での仕事においてもその向上心を活かし、目標以上の成果を出せるように日々努力していきたいと思っております。」

成果に繋がる具体的なエピソードがないNG例

「私の長所はコミュニケーション能力です。

前職では販売職としてアパレル商品の店舗販売を行っており、お客様と積極的にコミュニケーションを取ることを心がけていました。

御社での仕事でも、そのコミュニケーション能力を活かして営業職として成果を挙げていけるように頑張りたいです。」

面接で好印象を与えるために

ポイント

次は面接で好印象を与えるために必要となることをご紹介します。

以下のことは面接対策において必須といっても良いようなものです。

必ず行うようにしましょう。

自己分析をしよう

自己分析とは自分のこれまでの経験・培ってきた能力やスキル、仕事への価値観などを整理して自分について理解することを指します。

自分についての理解を深めることによって、長所・短所・能力・性質などが明確になるため転職活動に活かすことができるのです。

企業は応募者が自己分析をしっかりと行っていることを前提として採用活動を行っています。

そのため、もし面接においてあなたが自分のことをしっかりとアピールできていなければ自己分析が足りないと思われることでしょう。

また、これは書類選考においても同様です。

転職活動で採用担当者に好印象を与えるためには自己分析が必要不可欠だといえます。

徹底的に行うように心がけましょう。

企業分析をしよう

提案

自己分析と同じくらい大切なのが企業分析を行うことです。

面接で志望動機を伝えたり、自己PRで自分のことを伝えたりする際には企業分析が大いに役立ちます。

企業分析をすることによって、その企業でどういった人材が求められているのかを明確にできるためです。

企業はあなたが自社の基本的な情報については理解していることを前提として面接を行います。

そのため企業分析不足であると思われてしまった場合、自社への志望度が低いと考えられてしまうでしょう。

志望度が低いということは入社への意欲も低いということを意味します。

企業は自社に入りたいと強く思っている人材を求めているため、入社への意欲をアピールするためにも企業分析をしっかりと行いましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンと女性

もし転職に関して悩みがある場合には転職エージェントへの相談を検討してみましょう。

転職エージェントは転職のプロフェッショナルの視点からあなたの転職活動をサポートしてくれます。

今回のように面接で悩んでいることがあっても、エージェントは模擬面接を実施するなどしてあなたへアドバイスを行ってくれるでしょう。

自分だけでは対策が難しいのが面接選考です。

転職エージェントを活用することで面接対策もしっかりと行うことができるでしょう。

転職活動というのは様々な対策が必要であるため、悩むことも多くなります。

悩みを解消し、安心して転職活動を行っていくために転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

女性

今回は自己PRと長所の両方を聞かれた場合の対処法について解説してきました。

この2つは似ていますが、答え方が異なるため今回の記事を参考に対策を行っていただければと思います。

面接というのは志望している企業に入社できるかどうかの大きな分かれ道となる選考です。

しっかりと対策を行っていきましょう。

もし転職活動に不安を抱えている場合には、転職エージェントへの相談を検討してみてください。

転職エージェントはあなたの転職活動を万全の形でサポートしてくれるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら