インターネットの普及によってWeb業界の役割は大きくなりました。

中でもWebディレクターは非常に重要なポジションで、Web業界の幅広い土俵において可能性は無限大の職種です。

では具体的にWebディレクターはどのような仕事を担うのでしょうか。

Webディレクターに求められる資格とともに当記事で解説します。

Contents

Webディレクターの仕事内容を解説

パソコン

WebディレクターとはさまざまなWebプロジェクトを監督する役目です。

Webコンテンツの制作をスムーズに行うため、整理や指揮、管理全てを任される重要な役割といえます。

スケジュール進行管理やメンバー選定、クライアントと現場スタッフの橋渡しなど幅広い業務を担うのが特徴です。

まだ歴史の浅いWeb業界で活躍するには臨機応変に対応する力が必要になります。

そして人を指揮する立場である以上、必要最低限の専門的な知識や技術は必須です。

そんなWebディレクターは具体的にどのような仕事を行うのでしょうか。

具体的な仕事内容を続けて解説します。

Webディレクターの仕事「スケジュール進行管理」

スケジュール

Webディレクターの仕事の1つ目はスケジュール進行管理です。

プロジェクトをスムーズに進めるためには丁寧なスケジューリングが欠かせません。

「スケジュール進行管理」の業務内容

Webサイトが完成するまでの全体設計や細部にわたるスケジュール管理を行います。

これが上手くできないと完成が間に合わないなどトラブルに発展するでしょう。

トラブルが起こらないようあらかじめスケジュールの進行を管理することがWebディレクターの腕の見せ所です。

進行管理はまずプロジェクトの最終地点を決めます。

いつまでに完成させるのか、そのためにはどう予定を組んだらいいのか大まかな流れを考案しましょう。

スタッフの人数や作業量、個々のスキルなど全体を把握する力が試されます。

トラブルにも充分に備え余裕をもったスケジュール管理が重要です。

その後Web制作に必要な各業務にスタッフを割り当て、プロジェクトを開始します。

サイトを立ち上げるためにこれからすべきことを考えなければいけません。

最初に大きくタスク分けした後に細分化し、メンバーの適材適所を見極めていきます。

必要なスキルや経験は?

ポイント

スケジュール進行管理には先を見据える力が必要です。

「なんとなく」という曖昧な考え方はトラブルの原因になります。

効率よくプロジェクトを進められるよう、日ごろからスタッフの個人スキルを把握しておくことがポイントです。

また、独断ではなくスタッフと相談して業務の割り振りをするためコミュニケーション力も必要といえます。

 

ワンポイント
プロジェクトを滞りなく進めるにはスケジュールの進行管理が大切!

Webディレクターの仕事「コンテンツの品質管理」

ガッツポーズ 女性

Webディレクターの仕事の2つ目は品質管理です。

店頭で販売されているさまざまな商品と同じようにWebサイトの制作にも厳しい品質管理が必要とされます。

「コンテンツの品質管理」の業務内容

コンテンツにおける品質管理とはWebサイトのチェックのことです。

サイトデザインや使いやすさ、リンク切れの有無などユーザーが不便になる要素がないか徹底的にチェックします。

品質管理を1人で行うのは難しいのでWebディレクターを中心に複数人で行うのが一般的です。

より確実なWebサイトを作り上げるため品質管理は大きな責任を伴います。

徹底した品質管理を行うためスタッフ間で共有できるガイドラインを作成するとミスが防げるでしょう。

各々の基準で品質管理するよりガイドラインに基づいてチェックした方がより良いWebサイトが完成します。

必要なスキルや経験は?

品質管理は複数人で作業するためメンバーをまとめられるよう求心力が必要です。

また、ユーザーにとって不便がないサイトを作るには客観的な視点で評価する必要があります。

主観だけでは見落とすことも多いでしょう。

Webサイト全体を俯瞰して見ることができるような視点も重要です。

Webディレクターの仕事「メンバーの選定」

未経験歓迎

Webディレクターの仕事の3つ目はメンバーの選定です。

各プロジェクトに見合ったスキルを持つメンバーを選定することが業務をスムーズに進めるポイントといえます。

「メンバーの選定」業務内容

目的ごとにその分野を得意とするメンバーを選定します。

専門外のメンバーを選んでしまうとミスマッチにより業務に支障をきたすでしょう。

日ごろから個人のスキルを把握しておくことが重要です。

必要なスキルや経験は?

メンバー選定には観察力が欠かせません。

個人のスキルによってサイトの完成度が大きく変わってきます。

Webサイトの完成に必要なスキルを持ち合わせた人材を選ぶのはWebディレクターの重要な役目です。

メンバー選定を誤ってしまうとあらゆる場面でエラーが発生するでしょう。

適切なメンバーを選ぶためには観察力が欠かせないのです。

 

ワンポイント
作成するWebコンテンツに見合ったメンバーを選定することがポイント!

Webディレクターの仕事「クライアントと現場を繋ぐ」

電話する女性

Webディレクターの仕事の4つ目はクライアントと現場の橋渡しです。

クライアントと良い関係性を築けるかどうかはWebディレクターの腕にかかっています。

「クライアントと現場を繋ぐ」業務内容

Webディレクターは業務監督のほか窓口係としても機能します。

クライアントからの要望や課題を聞き入れ、それらを現場にうまく伝えなくてはなりません。

クライアントにとっては窓口であり社内のメンバーにとっては現場監督です。

クライアントの要望に沿ったサイトを作成するにはWebディレクターの存在が欠かせません。

必要なスキルや経験は?

クライアントのニーズに応えるには理解力企画力が必要です。

要望を叶えるのはもちろん、要望以上を目指してサイト制作する心掛けが必要になります。

そのためにはクライアントの要望を理解したうえで的確にメンバーへ伝えなければなりません。

また、現場では先頭に立ってたくさんの指示を出さなければならないのでリーダシップ力も試されます。

Webディレクターに求められる資格

女性ガッツ

Webディレクターとして活躍するために特別な資格は必要ありません。

資格よりも知識や経験の豊富さが大切な職種といえるでしょう。

しかし、Webディレクターは多方面での業務をこなす必要があります。

資格が必要ないとはいえWordやExcelなど一般的なパソコンスキルは持ち合わせておきましょう。

また、Webディレクターへ転職を目指すためにおすすめの資格を4つご紹介します。

  • Webライティング能力検定
  • ITパスポート試験
  • Web検定
  • Webディレクター試験

資格取得は必須ではありませんが資格を持っていることでスキルを証明することができます。

スキルを証明できれば周りからの信頼も得られるので取得しておいて損することはありません。

 

ワンポイント
資格取得は必須ではないものの、持っていることでスキルの証明になる!

Webディレクターの年収は?

お金を手に持つ女性

Webコンテンツ作成において大きな責任を伴うWebディレクターの年収はどれほどなのでしょうか。

Webディレクターの平均年収年収を上げるための方法を解説します。

平均年収

一般的な職業にくらべ、専門知識や大きな責任を伴うWebディレクターの平均年収は比較的高いといえます。

Webディレクターの平均年収は20代で男女共に約300万円程度です。

40代になると男性516万円、女性390万円といわれています。

企業にもよりますがWebディレクターの平均年収は300万円後半が多いといえるでしょう。

年収を上げるには?

お金、投資

Webディレクターとして年収を上げるにはスキルの習得が欠かせません。

Webディレクターは実力主義の業界なので、優秀であれば年齢や性別に関係なく高収入を望めるでしょう。

IT化が進む現代の流れに反してWeb業界は人手不足が懸念されています。

したがって、しっかりとしたスキルがあればあらゆる企業から求められる存在になれるでしょう。

また、高度なディレクションをこなすには経験も重要です。

未経験からWebディレクターを目指すより、まずは企業に勤めて実績を作るのがおすすめです。

勤めながらスキルを身につけていくことができれば転職で年収を上げるチャンスが生まれるでしょう。

Webディレクターの将来性やキャリアパスは?

女性,パソコン,ビジネス街

今後ますますIT化が進むと予想されますが、Webディレクターに将来性はあるのでしょうか。

また、どのようなキャリアパスを描くことができるのか具体的に解説します。

将来性

Web業界の将来性は明るいことに比例してWebディレクターの将来性も明るいといえます。

今やたくさんのコンテンツがWeb上に存在し何でもWebで済ませられる世の中になりました。

現在でも技術力は十分高いのですが、Web業界は今後さらに発展するといわれています。

Web業界では知識とスキルを兼ね備える専門家であるWebディレクターの存在は必要不可欠です。

Web業界の発展とともにディレクションスキルを向上させることがポイントといえます。

AIの影響は?

AIの台頭によりWebディレクターの仕事へ影響が出ないか懸念されています。

結論から言うと、すべての仕事に今すぐ影響が出るわけではありません。

たしかに近年は人件費削減などをきっかけにAIを搭載している企業も増えてきています。

しかし、AIはあくまで機械であり私たち人間でなければできない業務もたくさんあるのです。

たとえばクライアントとのやりとりにはコミュニケーションが必要不可欠。

人と人の関わりでなければ伝えられないことがあります。

コミュニケーションのようにAIでは不可能な分野やスキルでWebディレクターが必要です。

逆に言えば目立ったスキルがないWebディレクターは要注意ということ。

AIで補える業務しかできなければ仕事がなくなってしまうでしょう。

AIから仕事を奪われないためにも常に状況を見る力や向上意欲、学ぶ姿勢は大事にしていかなければなりません。

ディレクション業務だけでなく多方面で柔軟に対応できるよう日々スキルを磨きましょう。

キャリアパス

パソコンを操作する女性

WebディレクターとしてのキャリアパスはWebプロデューサーが考えられます。

WebディレクターはWebコンテンツ作成の現場監督ですがWebプロデューサーは事業全体の管理です。

Webプロデューサーへキャリアアップせず、ディレクションスキルを徹底的に磨くのもいいでしょう。

あなた自身の強みを見つけてどんどん強化し実績を積み上げていくことがポイントです。

積極的に外部とコミュニケーションをとり、実績やアピールポイントを知ってもらいましょう。

経験を積むことでより多くの仕事を任されたりヘッドハンティングされたりと明るい未来が待っています。

 

ワンポイント
Web業界のニーズが高いのでWebディレクターの将来性も明るい!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

2人の女性

転職活動は壁にぶつかることがよくあります。

1人で活動していると今のやり方で合っているのか不安になることもあるでしょう。

一度悩んでしまえば負の連鎖に陥り、ネガティブな感情に支配されてしまいます。

そんなときは転職エージェントに相談してみてください。

エージェントは転職のプロなので、あなたの転職が成功するよう的確にアドバイスしてくれます。

転職の悩みは1人で抱えないでください。

エージェントに悩みを相談し、あなたに合った転職先を見つけてもらいましょう。

まとめ

ガッツポーズ、女性

現代において生活の主流になっているWebコンテンツ。

今後ますますIT化が進むことが予想され、世の中には今以上にWebコンテンツがあふれるでしょう。

ユーザーが不便なくコンテンツを楽しめるようにWebディレクターの仕事は欠かせません。

スケジュール進行管理や品質管理など、Webディレクターは多様な業務を担当し重大な責任を伴います。

大変な仕事ですが大きなやりがいを得ることができるでしょう。

Webディレクターとして働くには特別な資格を必要としません。

コミュニケーションスキルや求心力などのスキルを持ち合わせていれば未経験でもチャレンジできます。

転職活動では何度も壁にぶつかり悩んでしまうことがあるでしょう。

そんなときは1人で抱え込まず転職エージェントに相談してみてください。

エージェントをうまく活用して理想の未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら