ゲーム業界に詳しくない人はゲームスクリプターという仕事のことを知らないかもしれません。

しかし、ゲームスクリプターはゲーム業界においてとても重要な役割を果たしている職業なのです。

今回は、ゲームスクリプターを目指す女性のために、仕事内容を紹介していきます。

ゲームスクリプターに興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ゲームスクリプターの仕事内容を解説

手のひらを見せる女性

ゲームスクリプターとはスクリプト言語を使用してゲームの動作の構築を行う仕事です。

スクリプト言語を使った作業はプログラミングの知識がなくても行うことができます。

それは、スクリプト言語はゲーム会社ごとで作成されていることが多いからです。では、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。

ゲームスクリプターの仕事を大きく4つに分けて紹介していきます。

ストーリーの設定

ソーシャルゲームなどのストーリー性のあるゲームのストーリー設定を行うのは、ゲームスクリプターの仕事です。

シナリオに合わせてキャラクターの動きを設定したり、会話のスピードを調整したりします。

また、カメラワークや字幕の設定もゲームスクリプターが行うのが主流です。

ソーシャルゲームではメインストーリーとは別にイベント用のストーリーも設定されているため、仕事量は多いでしょう。

設定を行うためにゲーム制作メンバーとやり取りをしなくてはならないためコミュニケーション能力も求められます。

キャラクターの個性決め

おすすめをする女性

ゲームに出てくるキャラクターにはそれぞれ個性があるのが特徴です。

ゲームスクリプターはキャラクターの持つ能力によって表情や動きを調整していきます。

基本的に仕様書に沿ってキャラクターの設定を行うため、ゲームスクリプターが自らキャラクターの個性を決めるわけではありません。

キャラクターに個性を持たせることによって、オリジナリティの高いゲームを作ることができるでしょう。

キャラクターのエフェクト決め

キャラクターが必殺技を使ったとき、炎が出たりキラキラしたりする演出があります。その演出のことをエフェクトといいます。

キャラクターの表情や動きに合わせたエフェクト設定を行うのはゲームスクリプターです。

ワンパターンのエフェクトになるとプレイヤーがゲームに飽きてしまいます。

そのため、エフェクトのパターンを増やす必要があるでしょう。

ゲームスクリプターはエフェクトのパターンを多く用意することを求められます。

レベルの設定

解説する女性

ゲームのレベル設定を行うのも、ゲームスクリプターの仕事です。難しすぎるゲームでは初心者が楽しめません。

反対に簡単すぎるゲームだとゲームが得意な人には物足りません。ソーシャルゲームのユーザーのレベルは様々です。

また、無課金ユーザーがいれば課金ユーザーもいます。継続してゲームをプレイしてもらうためにはレベルの設定が重要となるのです。

 

ワンポイント
ゲームスクリプターはゲームをより面白くする。

ゲームプログラマーとの関連性は?

女性

ゲームスクリプターと似た名前のゲームプログラマーという仕事があります。

ゲーム制作について詳しくない人だとその違いが分からないことが多いです。

ここでは、ゲームスクリプターとゲームプログラマーの関連性と違いについて紹介していきます。

ゲームスクリプターを目指す人はチェックしておきましょう。

ゲームスクリプターの役割

ゲームスクリプターは仕様書やシナリオに合わせてスクリプト言語を使用した指示を行います。

使用する言語は基本的にスクリプト言語だけです。プログラミングの複雑な工程と比べると簡単だと感じる人が多いでしょう。

また、基本的にスクリプターの仕事はゲーム作成の仕上げの工程です。

制作するゲームの内容が確定した段階でスクリプターの仕事は発生します。

ゲームプログラマーの役割

人差し指を立てる女性

ゲームプログラマーの役割はゲームのシステムを組み上げることです。C言語・C++・Peal・Rudyを用いてプログラミングを行います。

プログラミングの知識が必要となるため、未経験からゲームプログラマーになることは難しいでしょう。

プログラマーの仕事は企画や仕様が決定するゲーム開発初期段階から始まります。

ゲーム開発の工程のほとんどで関わることになりゲーム開発に必要不可欠な仕事です。

 

ワンポイント
・ゲームスクリプターの役割は指示を行うこと
・ゲームプログラマーの役割はシステムを組み上げること

ゲームスクリプターに向いている女性は?

女性悩む

ゲーム業界は男性の多いイメージが強いですが、活躍している女性もたくさんいます。

しかし、どんな女性でもゲームスクリプターの仕事をこなせるわけではありません。

仕事には向き不向きがあります。特に、ゲーム系の仕事は専門性が高いため適正が重要視されます。

ゲームスクリプターに向いている女性の特徴について紹介していくのでチェックしてみてください。

ゲーム好き

まず、ゲームが好きな人はゲームスクリプターに向いています。

「好きこそ物の上手なれ」ということわざのように、ゲームが好きな人はゲームスクリプターとして活躍することができるでしょう。

ゲームスクリプターの仕事はゲームをより魅力的にするものばかりです。

ゲーム好きな人はプレイ側の気持ちが分かるため、プレイヤーに満足してもらえるような指示を行うことができます。

面白いゲームを作りたい

ゲーム機

面白いゲームを作りたいと思っている女性も、ゲームスクリプターに向いています。

仕事さえすればいいと考えている人は、プレイヤーを惹きつけるようなゲームを作ることはできません。

自分の仕事にやりがいを持ち、面白いゲームをもっと作りたいと思えることが重要です。

また、面白いゲームを作りたいという気持ちを持った人なら未経験でもゲームスクリプターとして活躍することができるでしょう。

ゲーム業界で仕事をするためには、ゲームに対してどれくらいの興味があるかが重要となります。

 

ワンポイント
ゲーム好きな人はゲームスクリプターに向いている。

ゲームスクリプターに必要なスキルは?

ポイント

ゲームスクリプターになるために必要なスキルや資格は特にありません。

ゲーム会社では独自のスクリプト言語を使用している場合が多く、プログラミングの知識がなくても問題ないでしょう。

もちろんプログラミング知識がある方がいいですが、それよりもゲームに関する知識の方が大切です。

スクリプターの仕事はゲームに関わるもので、ゲーム業界にいた経験があればプラス要素となるでしょう。

ゲームスクリプターの年収は?

仕事をする女性

ゲームスクリプターの平均年収は200万円~300万円です。初任給が15万~25万の企業が多いでしょう。

しかし、ゲームスクリプターの収入は企業や部署によって差があります。

ゲームにはスマホゲームやゲーム機を使用したもの、PCでプレイするものなど様々です。

ゲームの種類によってゲームスクリプターに求められるスキルも異なるため、給料にも差ができるでしょう。

また、ゲームスクリプターは正社員として企業に勤める以外にアルバイトや業務委託といったスタイルの働き方があります。

雇用の種類によっても年収が異なるのがゲームスクリプターの給料の特徴です。

ゲームスクリプターの将来性

女性

スマホゲームは日に日に増えています。

多くのゲーム会社が新しいゲームを作り続けているため、ゲームスクリプターの仕事はなくなりません。

将来的に需要が増える職種でしょう。しかし、ゲームスクリプターの仕事だけで収入アップを期待することが難しいのが現状です。

ゲームスクリプターの経験を活かしてステップアップすることも一つの方法となります。

これからゲームスクリプターに転職する人は、シナリオライターやプログラマーなど他のスキルも身に付けていくといいでしょう。

 

ワンポイント
<ゲームスクリプターは将来性のある職業です。

ゲームスクリプターのキャリアパス

3人の女性

ゲームスクリプターはゲーム業界の登竜門ともいわれています。そのため、未経験でも転職可能な職種です。

ゲーム業界で仕事がしたい人の中にはゲームスクリプターに転職をした後に、ゲーム業界の他の職種へと転職することがあります。

では、ゲームスクリプターのキャリアパスにはどのような職種があるのでしょうか。ここでは、3つの職業を紹介していきます。

ゲームディレクター

ゲームディレクターはゲームの企画から完成までのスケジュール管理を行います。

制作スタッフをまとめる役割でもあるゲームディレクターは、重要なポジションとなるでしょう。

ゲームディレクターは企画段階から開発に関わります。そして、企画したゲームの開発にも関わっていくのです。

ゲームの制作では途中でトラブルが発生することもあり、状況によって適切な対応をすることが必要となるでしょう。

ゲームプランナー

女性スーツ

ゲームの企画を制作するのがゲームプランナーの仕事です。

ゲームスクリプターに引き継ぐ前のゲームのルール設定やキャラクター設定、シナリオ制作を行います。

細かい画面のレイアウトやエフェクトの設定まで決めなくてはなりません。

ゲームプランナーの仕事の丁寧さが、ゲームスクリプターの仕事に影響します。

ゲームスクリプターからの転職の場合、ゲームプランナーの仕事の重要さがよく分かっていることでしょう。

イラストレーター

イラストレーターは名前の通りイラストを描くことが仕事です。

キャラクターを描くだけでなくゲームの背景やアイテムなどのイラストも描きます。

仕様書にどんなイラストを描けばいいのか指示があるため、ゲームのイメージにあったイラストを描く必要があるでしょう。

また、イラストを描く際にイラスト作成用のソフトを使用するため、そのスキルも必要となります。

よく聞く専門用語

チェック

ゲームスクリプターは初心者でも転職が可能です。

しかし、ゲームスクリプターの仕事で使用する専門用語をなにも知らないと仕事に慣れるまでに時間がかかってしまうでしょう。

ここでは、ゲームスクリプターの仕事でよく聞く専門用語を紹介していきます。

ゲームスクリプターを目指している人はぜひチェックしてみてください。

CGI

CGIとはWebサーバー上でプログラムを動かすための仕組みです。

「Common Gateway Interface」の略称のことで、ゲームスクリプターがよく使う用語の一つとして使われています。

JavaScriptやFlashはWebブラウザー上で動作しますが、CGIはサーバー上での動作です。

そのため、データをダウンロードすることでパソコンの動作が重くなることを防ぐことができます。

また、CGIの特徴はサイト作成者以外の人でも書き換えることができることです。掲示板をイメージすると分かりやすいでしょう。

Perl

女性、ノートパソコン、Web業界用語

PerlはCGIを実現するためのスクリプト言語の1つです。アメリカで制作されていて幅広く使用されています。

Perlの特徴はテキスト処理が得意なことです。値と文字列の自動変換機能が期待できます。

言語としての歴史が長くバージョンアップが繰り返されているのが特徴です。

使いやすいようにバージョンアップされていることが、多くの利用者がいる理由でありPealの魅力となります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

ゲームスクリプターへの転職は未経験でも可能です。今後需要が高まる職種のため将来性を期待できる転職となるでしょう。

しかし、ゲーム業界未経験者の人からすれば不安なことや悩みが多くなります。

そんなときは、転職のプロである転職エージェントに相談してみてください。

自分の状況や求めている就職先を伝えることで、具体的な相談にのってもらうことができます。

転職エージェントに相談することは、未経験からのゲームスクリプターへの転職を成功させることへと繋がるでしょう。

まとめ

ビジネスイメージ

ゲームスクリプターはゲーム業界の登竜門であり、誰でも挑戦できる仕事です。

将来性もあり、ゲーム業界では貴重な存在となることでしょう。

また、ゲーム業界の他の職種を目指せるキャリアプランに期待できる職種でもあります。

ゲーム業界でこれから頑張ろうという方におすすめの職種です。

不安なことは転職エージェントに相談しつつ、ゲームスクリプターへの転職を成功させてください。

そして、魅力的で面白いゲームを作る一員となりましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら