サウンドクリエイターに転職を希望している場合、まずは書類選考を通過することが必要となります。

履歴書には志望動機と同時に自己PRを記載しなくてはならないケースが大半です。

自己PRは何を書いてもよいというわけではなくサウンドクリエイターになるためのアピール内容というものがあります。

この記事ではとくにサウンドクリエイターを目指す女性に向けた自己PRの書き方を解説します。

自己PRのポイントについても紹介しますので参考にしてください。

サウンドクリエイターの自己PRの書き方を解説

履歴書

自己PRは自分の強みを企業に対してアピールする項目です。

実務経験がある場合には具体的なエピソードを交えた文章を作成するようにしましょう。

抽象的な内容よりも具体的なエピソードがあるほうが採用担当者の目に留まりやすくなります。

自分が得意な分野がある場合にはそれも具体的に記載しておきましょう。

実務経験がない場合は、業務に関連する自分の強みを探して記載することをおすすめします。

業務とあまり関係ない自己PRを記載しても採用担当者の印象に残ることは少ないでしょう。

自己PRではいかに採用担当者に興味を持ってもらうかがポイントです。

自分が採用するとしたらという目線で作成することもコツとなります。

サウンドクリエイター求められる素質

音楽を聴く女性

サウンドクリエイターとして働きたい場合には当然、音楽に対する興味や技術が求められます。

できれば偏ったジャンルではなく幅広いジャンルの音楽に対する知識があるほうが有利です。

サウンドクリエイターはクライアントからの要望を作品として仕上げることが仕事になります。

そのため求められている内容をしっかりと把握できるだけの理解力とそれに対応できる知識量が求められるでしょう。

ただ音楽が好きというだけではサウンドクリエイターは務まらないと考えてもよいでしょう。

さらにクライアントや社内チームのメンバーと円滑なやりとりができることも必要です。

コミュニケーション能力の高さはスムーズな業務進行には欠かせません。

加えて常に新しい情報にアンテナが張れる人もサウンドクリエイターに向いているといえます。

進化し続けるデジタルサウンド技術に対しても気遅れすることなく取り組める意欲も必要です。

 

ワンポイント
サウンドクリエイターには音楽の知識だけでなくコミュニケーション能力も求められます。

自己PRを書く前の準備

パソコン作業をする人

自己PRは何も考えずに書き始めるとうまくまとめることができずに行き詰まってしまいます。

そのため事前に準備をしてから書き始めるようにしましょう。

事前にどのような内容を書くかをある程度まとめておくことでスムーズな作成が可能です。

自己PRを書く前に準備しておきたい内容について解説します。

これまでの実績をまとめよう

実務経験がある場合にはこれまでの実績についてまとめてみましょう。

サウンドクリエイターとしてどのような実績を積んできたのかを書き出しておくとうまく整理できます。

そのなかで特にアピールしたい実績がどれなのかを選別しましょう。

実績が複数ある場合にはダラダラと実績だけを並べ立てる内容にならないように絞り込むことが大切になります。

より大きな実績を具体的なエピソードを交えて記載しましょう。

企業の特性にあった実績がある場合には大小に関わらずそちらを選んだほうがよいケースもあります。

実務経験がない場合でも音楽に関連した実績がある場合には具体的に記載しましょう。

業務とまったく関係ない実績は記載してもあまり意味がありません。

企業の特性にできるだけ近い実績を記載できるように自分の実績の洗い出しをしっかりと行いましょう。

企業の求めている人物像を知ろう

音楽を聴く女性

自己PRが自己満足で終わっていないかは重要なチェックポイントです。

自分ではよくアピールできていると感じても採用担当者の目に留まる内容でなければ意味がありません。

企業がどのような人物像を求めているのかを事前に調べておくことが必要です。

自分が企業が求める人物像であることをアピールすることが自己PRを充実させるためのコツになります。

企業が求める人物像は企業の公式ホームページなどを確認することで把握できるでしょう。

企業研究が自分だけではスムーズに進まない場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは多くの企業の情報を保有しています。

そのため転職エージェントに登録して企業研究をサポートしてもらいましょう。

 

ワンポイント
自己PRの制作前には企業研究と自己分析が必要です。

自己PRのポイント

履歴書

自己PRは構成が重要なポイントになります。

ダラダラと書いていては最終的に何がアピールしたいのかがわからない文章になってしまう可能性が高くなるでしょう。

まずはしっかりとした構成を組み立ててから作成を開始することがおすすめです。

自己PRを書くときの順番について解説します。

結論を先に書こう

自己PRは結論から先に書くことが大切です。

自分が何をアピールしたいのかを最初に持ってくることで採用担当者も何が言いたいのかを最初に知ることができるからです。

結論がわかっていれば読み進めるうえでの理解度も高まります。

自分にはどのような強みがあるのかという点をまず記載しましょう。

私は○○が得意です。

私の強みは○○になります。

などわかりやすく端的な表現で書き出すことがポイントです。

具体的なエピソードを書こう

結論を記載したらそこから具体的なエピソードに入ります。

実績があればその実績に絡めた具体的なエピソードを端的に記載しましょう。

実績だけをダラダラと記載するのはNGです。

ただの自慢のようになりマイナスの印象になる可能性もあります。

実績は1つに絞り、その実績に付随したエピソードを具体的に記載することがポイントです。

そこから何を学んだのか・何を感じたのかなどを記載するとよい好印象となります。

入社後にどう貢献できるのかを書こう

キーボードとピアノ

結論・具体的なエピソードまで記載できたら将来についてを記載しましょう。

応募先の企業でなければ実現できないことをしっかりとアピールします。

入社したら具体的にどのような貢献ができるのかを記載しましょう。

採用担当者にとってこの人と一緒に働いてみたいという印象を持ってもらえるような内容にすることが大切です。

そのためにも徹底した企業研究が必要となることは理解しておきましょう。

 

ワンポイント
自己PRには具体的なエピソードと入社後に貢献できる内容を記載しましょう。

自己PRを書く際の注意点

ボイスレコーダーとマイク

自己PRを書いてみるとわかると思いますが自分のことをアピールするのはなかなか難しい作業です。

謙遜しすぎてはアピールになりません。

逆に大きなことを書きすぎても自慢のようになってしまいます。

そのため企業にとってより自分を魅力的に感じてもらえる文章を作成するためのコツを掴むことが大切です。

自己PRを書く際の注意点について解説します。

実績は大きな評価ポイント

実績がある場合は必ず記載するようにしましょう。

実績は評価上で大きなポイントになります。

より具体的なエピソードを交えながら記載することで採用担当者の印象に残る文章が作成できるでしょう。

複数の実績がある場合には、応募先の企業の業務内容にあう実績を選択することがポイントです。

複数の実績をダラダラと記載することはNGになります。

これだと自己満足にしかならず、具体的にどのようなことができる人なのかがわかりにくくなってしまうでしょう。

実績は1つまたは2つにとどめてできるだけ具体的なエピソードを記載するようにすることがポイントです。

企業の求めている人材にあわせたアピールしよう

自己PRで陥りやすい間違いは企業の求める人物像とズレていることに気がつかないという点です。

自分の強みをアピールしたいがために企業側の目線を忘れてしまう人が多いでしょう。

自己PRは自分の強みをアピールする項目です。

とはいえ自己満足なアピールをしていては採用率をあげることはできません。

企業に興味を持ってもらえる内容に仕上げていくことが採用率アップにつながる点を理解しておきましょう。

そのためにも企業が求める人材がどのような人なのかについて事前に調べておくことが大切です。

難しい専門用語を多用しない

ヘッドフォンとスマホ

自己PRでは自分をよく見せようとしてしまう人が多い点も注意点になります。

自己PRは自分をよく見せる項目ではなく、その企業で自分がどのような貢献ができるのかを伝えるための項目です。

ここを勘違いすると企業側の意図とズレた内容の自己PRを作成してしまいます。

とくに知識があることを示したくて難解な専門用語を多用する人が多くいますがこれはNGです。

専門用語を用いると知識が豊富な印象を与えられると考えがちですが実は逆効果になることもあります。

自己PRに記載した内容は面接で質問されることを前提に記載することが大切です。

難しい専門用語を多用していて面接でその部分について質問されたときにうまく答えられないケースもあります。

本当に知識が深く、何を聞かれても困らない人であれば問題ありません。

ただ深く突っ込まれて困るような場合には平易な言葉で記載しておくほうが無難です。

自己PRは面接にも影響を与えるという点は忘れないようにしておきましょう。

 

ワンポイント
背伸びせずに企業が求める人材であることを平易な言葉で記載することが自己PRをうまくまとめるポイントです。

サウンドクリエイターの自己PRの例文をご紹介

MUSICの文字

サウンドクリエイターに転職する際の自己PRの例文を紹介します。

参考にしながら自分らしい自己PRを作成してみましょう。

同業からの転職

私の強みはコミュニケーション力と提案力の高さです。

サウンドクリエイターとして5年の実務経験があります。

実務経験を重ねるなかでクライアントさまとの交渉や打ち合わせをスムーズに進められるようになったことが今の私の強みです。

大手企業のCMサウンドをチームリーダとして担当した実績があります。

ひとつの商品をより魅力的に見せるためのサウンドを作り出すためにかなりの時間の打ち合わせを繰り返しました。

クライアントさまのご要望を忠実に再現しながらさらにこちらからのご提案をお伝えしていくことは大変な作業でした。

それでも多くのユーザーさまにクライアントさまの商品を利用して頂きたいという気持ちで頑張りました。

クライアントさまからはメーカーでは気がつかない点での提案をしてもらえてよかったと喜びの声を頂きました。

CMが流れたときの反響はとても大きく商品の売り上げにも貢献できたことが私の自信にもつながりました。

貴社でもチームでのプロジェクトを進めておられます。

スキルを生かしてチームメンバーと協力しながらより魅力的なご提案のできるクリエイターになりたいと考えております。

類似業界からの転職

私はゲームに関する知識は誰にも負けない自信があります。

前職ではゲームクリエイターを10年経験しました。

ゲームと一言でいってもさまざまな種類があります。

テレビゲーム・アプリゲームなどデバイスが違えば作成するものも異なってきます。

10年間であらゆるデバイスのゲームを作成してきました。

ジャンルについてもほとんどのゲームジャンルを経験しています。

そのためゲームサウンドを聞いただけでゲームタイトルがいえるのが私の特技になりました。

ゲームサウンドはゲームを楽しむユーザーさまにとっても大きな要素です。

私はクリエイターとして働くなかでゲームサウンドの魅力を強く感じることが多く、自分でサウンドの制作も行うようになりました。

ゲームクリエイターとして働きながら鍛えた耳を生かして貴社のゲームサウンドの制作に貢献したいと考えております。

未経験からの転職

マイク

私の特技は音を聞いたら音階で表現できることです。

サウンドを聞いただけですべて音階で表現することができます。

幼少期からピアノを習っており、今でも趣味でピアノの演奏をして作曲も行っています。

楽譜のない曲を即興で演奏することもできます。

サウンドクリエイターとしての実務経験はありませんが、このスキルを生かして働きたいという意欲は強くあります。

学生時代にはMIDI研究会に所属し、サウンドの制作にも携わっておりました。

MIDI検定も取得しております。

企業での実務経験はありませんが自宅で個人的に作曲を行っており最低限の知識は有していると自負しております。

貴社の新規プロジェクトに非常に興味があり自分のスキルを生かして後見させて頂きたいと考えております。

サウンドクリエイターの自己PRのNG例

履歴書

サウンドクリエイターに転職する際の自己PRのNG例文を紹介します。

同業からの転職

サウンドクリエイター歴は3年です。

ゲーム・映画・CMなどのサウンド制作に携わってきました。

クライアントに言われたとおりに制作することにこだわりできるだけクライアントの言葉に忠実なサウンドを作ってきました。

どんなジャンルの音楽でも制作できます。

自分自身もいろいろな音楽を普段から聞いているのでどんな仕事でもこなすことができます。

音楽が好きなのでサウンドクリエイターとしてキャリアップしたいと考えています。

類似業界からの転職

映像を制作する仕事をしていたため、この技術は誰にも負けません。

次は映像にあったサウンドを作りたいと思い自分で作曲もするようになりました。

作曲に関しても昔からギターを弾いていたため得意です。

ギター歴は15年です。

ある程度のジャンルの曲であれば弾くことができます。

バンド活動もしていたので人前で演奏することも得意です。

よいサウンドを作れるようにこれからしっかり勉強していきたいと考えています。

サウンドクリエイターへの転職面接対策

面接の様子

自己PRが作成できたら面接対策をしましょう。

転職の面接では志望動機や自己PRを参考に質問されるケースが大半です。

そのため自己PRは面接で質問されることを前提に作成しておくことも大切なポイントになります。

面接で聞かれて困るような内容は記載しないようにしましょう。

自分の強みとしてしっかりと具体的なエピソードが語れる内容を記載することが大切です。

突っ込まれてもきちんと回答できることが面接対策として重要な要素になります。

自己PRに記載した内容はコピーを取っておき、面接でどのような質問が行われるかを想定して練習することも大切です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ピアノの鍵盤

自己PRを自分でまとめようとすると自分を客観的に見る目が必要となります。

可能であれば第三者の力を借りることが自己PRを充実させるためのポイントです。

家族や知人に頼んでみてもよいでしょう。

もうひとつは転職エージェントの活用です。

転職エージェントは転職のプロであるため自分が気がつかなかった点を教えてくれることもあります。

さらに書類添削や面接対策もしてもらえるため転職エージェントの活用はおすすめです。

まとめ

耳をすます女性

サウンドクリエイターに転職したい人に向けた自己PRの書き方について解説してきました。

採用担当者の印象に残る自己PRを作成するためには自己分析と企業研究が必須です。

企業が求める人材であることをしっかりとアピールできる内容に仕上げていきましょう。

そのためには転職エージェントの活用がおすすめです。

プロであり第三者である転職エージェントにサポートしてもらうことで自己PRをしっかり仕上げることができます。

自己PRは転職面接にも大きく関連するためしっかりと対策を練っておくことも必要です。

転職エージェントを活用してスムーズにサウンドクリエイターに転職しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら