面接の手法の1つとして以前から使われている圧迫面接

これは面接担当者が必要以上に大きな声で怒鳴ったり、わざと話を無視したり面接者を威圧するようなやり方で行われます。

応募者のストレス耐性を見極めたり、不測の事態への対応能力を見たりするために有効だとされ、多くの企業で使われてきました。

しかし、最近ではコンプライアンスが厳しくなっているため、たとえ面接の場でも許されないという風潮になっているのです。

昔に比べれば減っていますが、それでも応募者が圧迫面接を受けたと感じるケースは今でもあります。

そんな圧迫面接の状況に遭遇してしまった場合でも慌てないよう対処法について解説していきます。

最終面接で圧迫面接をされた場合の対処法を解説

ポイント 女性

面接の際に、面接官が急に怒鳴り始めたら誰でも驚いてしまうでしょう。

ただ、そういった圧迫面接のやり方もある程度決まったパターンというのがあります。

あらかじめそのパターンを想定して、対応方法を考えておけば大きく動揺することなく対処できるでしょう。

志望理由を聞かれたらこう答える、というのと同じように面接官が大声で威圧したらこう対応すると決めておけばよいのです。

どういったパターンがあるのか理解した上で、パターンごとの対応方法を自分の中で決めておきましょう。

 

ワンポイント
圧迫面接のパターンを理解した上で、パターンごとの対応方法を決めておく。

企業が圧迫面接をする理由は?

威張る 女性

企業側が圧迫面接を使う理由は、前述の通り応募者のストレス耐性対応能力を見極めるためです。

面接では明るくハキハキとしていても、採用後にストレスを感じたらすぐに辞めてしまうようでは元も子もありません。

ですので、実際のトラブル対応をどのように行うのか応募者の本心を探るために圧迫面接は行われてきました。

また、面接の解説本に出てくるような質問だけでは、同じような回答しか返ってこないため差を付けづらいという理由もあります。

そうしたマニュアル通りの対応ができないように意図的に圧力をかけ、とっさに出る表情やしぐさを判断材料として使うのです。

 

ワンポイント
圧迫面接は志望者のストレス耐性や対応能力を、とっさに出る表情やしぐさで見極めている。

圧迫面接のよくあるケース

就活生 

圧迫面接のやり方には一定のパターンがあります。

その代表的な例について解説していきましょう。

意見の否定

ストップのジェスチャー

まず1つ目が、志望者の意見についてことごとく否定をするやり方です。

どんなに前向きな発言をしても「うちの会社に向いていない」「そんな理由では続かない」というように真っ向から否定されます。

否定され続けると自分に落ち度があったように感じてしまい自信を無くしてしまうことがあるでしょう。

質問攻め

責める 女性

次に、発言について「なぜ?」を繰り返し次々に質問をする方法です。

深く掘り下げられ続けると、何を答えればいいのか分からず戸惑ってしまう場合があるでしょう。

これも否定され続けるのと同様に、質問を繰り返されることで自分の意見に自信が持てなくなってしまう場合があります。

興味のない対応

頬杖つく 女性

言葉だけでなく態度で表される場合もあります。

熱心に意見を伝えても、聞いていないようなそぶりをされたり、まったく関係の無い話に変えられたりするのがその例です。

そうした態度が続くと、志望者は自分の意見が伝わっていないように感じてしまい不安に思います。

女性特有の質問

結婚式

結婚や出産など女性ならではのライフイベントについての質問です。

男性に比べこういった結婚などで女性は退職する可能性が高いということを念頭に置き、どう考えているか言及されます。

あまりにストレートに聞かれたり、退職すると決めつけて話を進められたりすると不快に感じることもあるでしょう。

 

無料転職相談をして圧迫面接のパターンを聞いてみよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


圧迫面接でとってはいけない態度

マルバツを出す女性

面接中にこうした圧力をいきなりかけられると戸惑ってしまう場合も多いでしょう。

しかし、そうした反応の中でもとってはいけない態度というのもあります。

泣く

大きな声で怒鳴られたり厳しく問い詰められたりした場合に泣いてしまうというのは避けたほうがよいでしょう。

日常生活でそういった激しい態度で責められた経験が無いと泣き出してしまうのは分からなくもありません。

しかし、泣いてしまうとその後の面接を続けることが難しくなってしまうので、最悪の場合その時点で打ち切られてしまいます。

打ち切られないとしても、感情のコントロールができず平常心が保てないという印象を与えてしまうでしょう。

黙り込む

厳しい追及をされた時に対応に困り黙り込んでしまうというのも避けるべき対応の1つです。

追いつめられているとはいえ、返答せずに黙りこんでしまっては対応能力が無いと判断されてしまうでしょう。

どんな意地悪な質問をされたとしても、うまく切り返す機転が必要となります。

露骨に不機嫌な態度をとる

面接官の威圧的な態度に露骨に不機嫌な顔をしたりムッとしたりするのも避けなければなりません。

どんなに挑発的な言葉を投げかけられたとしても、面接の場であることを忘れないことが重要です。

社会人として自身の感情をコントロールし冷静に対応することが必要となります。

 

ワンポイント
圧迫面接だとしても泣いたり黙り込んだりしては対応能力がないと判断されてしまう。

圧迫面接の対処法と会話例

応対する女性

圧迫面接であってもその特徴を理解し対応方法を頭に入れておけば落ち着いて対処しやすくなります。

その対処法について会話例も交えてご紹介しましょう。

意見の否定→面接官の言葉を一度肯定し、その上で反論

意見が否定される場合では、まず相手の否定意見を受け止めてから、その上で反論するという方法があります。

否定されていることをさらに否定してしまうと言い争いのようになってしまうでしょう。

一度相手の意見を受け止めることで、相手の意見を聞く冷静さと自分の非を認める素直さが評価の対象となります。

面接官 「うちの会社に向いていないんじゃないですか?」

回答例 「ご指摘の通り私の実力は不足しているかもしれません。

私は御社の企業理念である顧客第一の精神に深く共感し、前職でもお客様を大切に思うことを一番に考えてきました。

そうした、誠意ある対応を行うことでお客様にも感謝して頂くという経験をすることもできました。

微力ではありますが、私も御社の一員として少しでも多くのお客様に満足していただけるよう努めていきたいと考えます。」

質問攻め→質問へ丁寧に回答する

自分の回答について「なぜ?」を繰り返し続けるような場合では、落ち着いて丁寧に回答するのがよいでしょう。

理由を答えているのに、それに対してさらに「なぜ?」と問われると答えようがなく戸惑ってしまいがちです。

そんな時でも落ち着いて、自身のさらに深い思考を説明をすることができれば好印象を与えられるでしょう。

面接官 「お客様に満足していただけるサービスとは具体的に何ですか?」

回答例 「お客様のニーズを引き出した上で、状況に合わせた最適なサービスを提供することです。」

面接官 「最適なサービスとは何ですか?」

回答例 「お客様との対話を十分に行うことで、何を考え何を求めているのか判断しいきたいと考えます。

一般的に最適なサービスではなく、そのお客様それぞれの個性に合ったものが最適なサービスだと思います。」

興味のない態度→明るく逆質問をする

面接官が興味のない態度で話を聞いていないようなそぶりである場合には、明るく逆質問をするという方法があります。

こういった場面は実際の現場でも考えられ、顧客がそっけない態度を取るというのはよくあることでしょう。

面接官を顧客に置き換えて考えると、興味のない態度でもどう対処すればいいか考えやすくなるのではないでしょうか。

話を聞いていないような様子であれば、こちらに興味を持ってもらうことが必要となります。

そうするために明るく回答して、相手の反応がないようであれば逆質問をしてみましょう。

逆質問をすることで、相手は否が応でも反応することになるので自然と会話のやり取りを行える展開に持ち込むことができます。

女性特有の質問→将来設計を話す

結婚や出産などについての女性特有な質問については、自身の具体的な将来設計を示しましょう。

ストレートに「結婚したら辞めてしまうのでは?」と聞かれる場合もあれば、言い回しを変えて聞く場合もあります。

その質問の意図は、長く働くつもりがあるかどうかということを聞きたいのです。

長期で働く意思が示せれば企業側も安心して採用することができるので、自分の意志をしっかりと示しましょう。

面接官 「結婚や出産後も仕事を続けられますか?」

回答例 「私はたとえ結婚をしても仕事は続けたいと考えています。

結婚や出産をして子どもが生まれても、夫婦で協力できればお互い仕事を続けていくことも難しくはありません。

将来結婚する相手にも協力して仕事を続ける希望をしっかりと伝えていきます。」

 

無料転職相談をして圧迫面接の対処法を聞いてみよう

 

圧迫面接を乗り切るための準備

ノートパソコンを操作する女性

圧迫面接を乗り切るためには、しっかりとした準備が必要となります。

どういった準備を行えばよいのか具体例を解説していきましょう。

自己分析

自分の回答を掘り下げられた時でも対応できるように、まずは自己分析を念入りに行いましょう。

自分がどういう思考の経緯をたどったのか、自分に向かって面接をするような気持ちで深掘りしておくと対応しやすくなります。

そうした自己分析を行うことで、自分の中で新たな気づきを得られることもあるのです。

思考の裏側を見つめ直すことは、その後の転職活動の方向性を決めるのに役立てることにもつながるでしょう。

また、主観ではなく客観的視点で自分を見れるようになると、冷静な判断能力も養われます。

志望理由やスキルなど転職に関係することだけでなく、趣味や行動パターンなどさまざまな切り口で自己分析をしてみましょう。

企業研究・業界研究

自分を知るのと同じように、志望する企業の情報もしっかりと研究しておく必要があります。

志望企業が1社のみであればやりやすいですが、複数面接を受ける場合ではその研究がおろそかになりがちです。

どこの企業を受けたとしても通用するような答えを用意してしまうと、手慣れた面接官には見透かされてしまいます。

企業理念や業務内容だけでなく、事業規模やサービスの提供方法、企業の最近の動きなどさまざまな情報を調べておきましょう。

圧迫面接で強い口調で詰められている状況では、知らないことを聞かれるとさらに動揺してしまいます。

どんな質問が来ても対応できるように、企業研究は入念に行いましょう。

 

ワンポイント
・自己分析をすることで自分を客観的な視点で見ることができる
・企業研究を念入りにすることで、面接官のさまざまな質問にも動揺することなく回答できる

圧迫面接でよくある質問

怒る 女性

これまでに挙げた例の他に圧迫面接で使われるよくある質問の例をご紹介します。

  • 君の話は長すぎるね
  • この大学の名前は聞いたことがないけど、どうしてこんなとこ入ったの?
  • 何かおもしろい話してよ
  • お父さんの年収はどれくらいなの?

志望者のプライベートに踏み込んだり、相手を挑発したりするような質問がよく使われます。

面接官としては、そうした状況でも冷静に対応できるかどうかを判断したいという意図があるのでしょう。

しかし、あまりにひどい場合には答えたくなくなるのも無理もありません。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


圧迫面接を受けた場合は入社するか再考しよう

悩む 女性

面接の場だからといって、どんな質問でも許されるわけではありません。

相手のプライベートに踏み込んだり、侮辱するような発言をしたりすることは本来禁止されています。

また、前述の女性特有の質問というのも「男女雇用機会均等法」に抵触する可能性があるのです。

面接官にそういった法律の知識がない場合には、現在でも禁止行為が平然と行われてしまっています。

その背景としては、たとえ圧迫面接だとしてもあくまで採用を目的として行われているということが前提になっているのです。

ですので、悪意などはなく業務の一環として捉えられるので基本的には違法ではないという判断になりやすいとされています。

ただし、そうした禁止行為を平然と行う会社であれば入社後もハラスメント行為が行われるのではないかと不安になるでしょう。

あまりにひどい圧迫面接の場合は入社後のことも考慮すると、入社するかどうかもう一度考え直す必要があるかもしれません。

 

無料転職相談をして転職に関する情報を聞いてみよう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

接客するビジネスウーマン

このような面接のルールというのも、経験や知識が少なければどこまでが許される範囲なのかその線引きが分からないものです。

初めて受けた面接がこうした圧迫面接であれば、それが普通で我慢しなければならないものかと悩んでしまう可能性もあります。

そうした転職の知識で分からないことがあれば転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは企業の情報だけでなく、面接のルールや法律などの知識を豊富に持っています。

圧迫面接の状況を伝えれば、どの程度のものが禁止行為なのか教えてもらえるでしょう。

その事実を踏まえて入社するかどうか冷静に判断することができます。

また、転職サイトの情報では分からない企業の評判も転職エージェントは知っている可能性もあるのです。

そのため、場合によっては圧迫面接を行う企業を事前に回避できるということもあります。

まとめ

ガッツポーズ 女性

圧迫面接は志望者のストレス耐性対応能力を図るために以前から多くの企業で使われてきました。

しかし、その後の風評被害などを考慮すると最近では企業側があえて圧迫面接を行うことは少なくなってきています。

それでも、面接官が意図せず質問の掘り下げ問い詰めることで志望者が追い込まれる感情を持つことは現在でもあるようです。

そうした状況でも冷静に対応するには入念に事前準備を行い、企業の情報を広く集めることが重要となります。

何か分からないことがあれば、転職エージェントに相談を行い納得のいく転職活動が行えるようにしましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!