面接の手法の1つとして以前から使われている圧迫面接

これは面接担当者が必要以上に大きな声で怒鳴ったり、わざと話を無視したり面接者を威圧するようなやり方で行われます。

応募者のストレス耐性を見極めたり、不測の事態への対応能力を見たりするために有効だとされ、多くの企業で使われてきました。

しかし、最近ではコンプライアンスが厳しくなっているため、たとえ面接の場でも許されないという風潮になっているのです。

昔に比べれば減っていますが、それでも応募者が圧迫面接を受けたと感じるケースは今でもあります。

そんな圧迫面接の状況に遭遇してしまった場合でも慌てないよう対処法について解説していきます。

最終面接で圧迫面接をされた場合の対処法を解説

ポイント 女性

面接の際に、面接官が急に怒鳴り始めたら誰でも驚いてしまうでしょう。

ただ、そういった圧迫面接のやり方もある程度決まったパターンというのがあります。

あらかじめそのパターンを想定して、対応方法を考えておけば大きく動揺することなく対処できるでしょう。

志望理由を聞かれたらこう答える、というのと同じように面接官が大声で威圧したらこう対応すると決めておけばよいのです。

どういったパターンがあるのか理解した上で、パターンごとの対応方法を自分の中で決めておきましょう。

 

ワンポイント
圧迫面接のパターンを理解した上で、パターンごとの対応方法を決めておく。

企業が圧迫面接をする理由は?

威張る 女性

企業側が圧迫面接を使う理由は、前述の通り応募者のストレス耐性対応能力を見極めるためです。

面接では明るくハキハキとしていても、採用後にストレスを感じたらすぐに辞めてしまうようでは元も子もありません。

ですので、実際のトラブル対応をどのように行うのか応募者の本心を探るために圧迫面接は行われてきました。

また、面接の解説本に出てくるような質問だけでは、同じような回答しか返ってこないため差を付けづらいという理由もあります。

そうしたマニュアル通りの対応ができないように意図的に圧力をかけ、とっさに出る表情やしぐさを判断材料として使うのです。

 

ワンポイント
圧迫面接は志望者のストレス耐性や対応能力を、とっさに出る表情やしぐさで見極めている。

圧迫面接のよくあるケース

就活生 

圧迫面接のやり方には一定のパターンがあります。

その代表的な例について解説していきましょう。

意見の否定

ストップのジェスチャー

まず1つ目が、志望者の意見についてことごとく否定をするやり方です。

どんなに前向きな発言をしても「うちの会社に向いていない」「そんな理由では続かない」というように真っ向から否定されます。

否定され続けると自分に落ち度があったように感じてしまい自信を無くしてしまうことがあるでしょう。

質問攻め

責める 女性

次に、発言について「なぜ?」を繰り返し次々に質問をする方法です。

深く掘り下げられ続けると、何を答えればいいのか分からず戸惑ってしまう場合があるでしょう。

これも否定され続けるのと同様に、質問を繰り返されることで自分の意見に自信が持てなくなってしまう場合があります。

興味のない対応

頬杖つく 女性

言葉だけでなく態度で表される場合もあります。

熱心に意見を伝えても、聞いていないようなそぶりをされたり、まったく関係の無い話に変えられたりするのがその例です。

そうした態度が続くと、志望者は自分の意見が伝わっていないように感じてしまい不安に思います。

女性特有の質問

結婚式

結婚や出産など女性ならではのライフイベントについての質問です。

男性に比べこういった結婚などで女性は退職する可能性が高いということを念頭に置き、どう考えているか言及されます。

あまりにストレートに聞かれたり、退職すると決めつけて話を進められたりすると不快に感じることもあるでしょう。

圧迫面接でとってはいけない態度

マルバツを出す女性

面接中にこうした圧力をいきなりかけられると戸惑ってしまう場合も多いでしょう。

しかし、そうした反応の中でもとってはいけない態度というのもあります。

泣く

大きな声で怒鳴られたり厳しく問い詰められたりした場合に泣いてしまうというのは避けたほうがよいでしょう。

日常生活でそういった激しい態度で責められた経験が無いと泣き出してしまうのは分からなくもありません。

しかし、泣いてしまうとその後の面接を続けることが難しくなってしまうので、最悪の場合その時点で打ち切られてしまいます。

打ち切られないとしても、感情のコントロールができず平常心が保てないという印象を与えてしまうでしょう。

黙り込む

厳しい追及をされた時に対応に困り黙り込んでしまうというのも避けるべき対応の1つです。

追いつめられているとはいえ、返答せずに黙りこんでしまっては対応能力が無いと判断されてしまうでしょう。

どんな意地悪な質問をされたとしても、うまく切り返す機転が必要となります。

露骨に不機嫌な態度をとる

面接官の威圧的な態度に露骨に不機嫌な顔をしたりムッとしたりするのも避けなければなりません。

どんなに挑発的な言葉を投げかけられたとしても、面接の場であることを忘れないことが重要です。

社会人として自身の感情をコントロールし冷静に対応することが必要となります。

 

ワンポイント
圧迫面接だとしても泣いたり黙り込んだりしては対応能力がないと判断されてしまう。

圧迫面接の対処法と会話例

応対する女性

圧迫面接であってもその特徴を理解し対応方法を頭に入れておけば落ち着いて対処しやすくなります。

その対処法について会話例も交えてご紹介しましょう。

意見の否定→面接官の言葉を一度肯定し、その上で反論

意見が否定される場合では、まず相手の否定意見を受け止めてから、その上で反論するという方法があります。

否定されていることをさらに否定してしまうと言い争いのようになってしまうでしょう。

一度相手の意見を受け止めることで、相手の意見を聞く冷静さと自分の非を認める素直さが評価の対象となります。

面接官 「うちの会社に向いていないんじゃないですか?」

回答例 「ご指摘の通り私の実力は不足しているかもしれません。

私は御社の企業理念である顧客第一の精神に深く共感し、前職でもお客様を大切に思うことを一番に考えてきました。

そうした、誠意ある対応を行うことでお客様にも感謝して頂くという経験をすることもできました。

微力ではありますが、私も御社の一員として少しでも多くのお客様に満足していただけるよう努めていきたいと考えます。」

質問攻め→質問へ丁寧に回答する

自分の回答について「なぜ?」を繰り返し続けるような場合では、落ち着いて丁寧に回答するのがよいでしょう。

理由を答えているのに、それに対してさらに「なぜ?」と問われると答えようがなく戸惑ってしまいがちです。

そんな時でも落ち着いて、自身のさらに深い思考を説明をすることができれば好印象を与えられるでしょう。

面接官 「お客様に満足していただけるサービスとは具体的に何ですか?」

回答例 「お客様のニーズを引き出した上で、状況に合わせた最適なサービスを提供することです。」

面接官 「最適なサービスとは何ですか?」

回答例 「お客様との対話を十分に行うことで、何を考え何を求めているのか判断しいきたいと考えます。

一般的に最適なサービスではなく、そのお客様それぞれの個性に合ったものが最適なサービスだと思います。」

興味のない態度→明るく逆質問をする

面接官が興味のない態度で話を聞いていないようなそぶりである場合には、明るく逆質問をするという方法があります。

こういった場面は実際の現場でも考えられ、顧客がそっけない態度を取るというのはよくあることでしょう。

面接官を顧客に置き換えて考えると、興味のない態度でもどう対処すればいいか考えやすくなるのではないでしょうか。

話を聞いていないような様子であれば、こちらに興味を持ってもらうことが必要となります。

そうするために明るく回答して、相手の反応がないようであれば逆質問をしてみましょう。

逆質問をすることで、相手は否が応でも反応することになるので自然と会話のやり取りを行える展開に持ち込むことができます。

女性特有の質問→将来設計を話す

結婚や出産などについての女性特有な質問については、自身の具体的な将来設計を示しましょう。

ストレートに「結婚したら辞めてしまうのでは?」と聞かれる場合もあれば、言い回しを変えて聞く場合もあります。

その質問の意図は、長く働くつもりがあるかどうかということを聞きたいのです。

長期で働く意思が示せれば企業側も安心して採用することができるので、自分の意志をしっかりと示しましょう。

面接官 「結婚や出産後も仕事を続けられますか?」

回答例 「私はたとえ結婚をしても仕事は続けたいと考えています。

結婚や出産をして子どもが生まれても、夫婦で協力できればお互い仕事を続けていくことも難しくはありません。

将来結婚する相手にも協力して仕事を続ける希望をしっかりと伝えていきます。」

圧迫面接を乗り切るための準備

ノートパソコンを操作する女性

圧迫面接を乗り切るためには、しっかりとした準備が必要となります。

どういった準備を行えばよいのか具体例を解説していきましょう。

自己分析

自分の回答を掘り下げられた時でも対応できるように、まずは自己分析を念入りに行いましょう。

自分がどういう思考の経緯をたどったのか、自分に向かって面接をするような気持ちで深掘りしておくと対応しやすくなります。

そうした自己分析を行うことで、自分の中で新たな気づきを得られることもあるのです。

思考の裏側を見つめ直すことは、その後の転職活動の方向性を決めるのに役立てることにもつながるでしょう。

また、主観ではなく客観的視点で自分を見れるようになると、冷静な判断能力も養われます。

志望理由やスキルなど転職に関係することだけでなく、趣味や行動パターンなどさまざまな切り口で自己分析をしてみましょう。

企業研究・業界研究

自分を知るのと同じように、志望する企業の情報もしっかりと研究しておく必要があります。

志望企業が1社のみであればやりやすいですが、複数面接を受ける場合ではその研究がおろそかになりがちです。

どこの企業を受けたとしても通用するような答えを用意してしまうと、手慣れた面接官には見透かされてしまいます。

企業理念や業務内容だけでなく、事業規模やサービスの提供方法、企業の最近の動きなどさまざまな情報を調べておきましょう。

圧迫面接で強い口調で詰められている状況では、知らないことを聞かれるとさらに動揺してしまいます。

どんな質問が来ても対応できるように、企業研究は入念に行いましょう。

 

ワンポイント
・自己分析をすることで自分を客観的な視点で見ることができる
・企業研究を念入りにすることで、面接官のさまざまな質問にも動揺することなく回答できる

圧迫面接でよくある質問

怒る 女性

これまでに挙げた例の他に圧迫面接で使われるよくある質問の例をご紹介します。

  • 君の話は長すぎるね
  • この大学の名前は聞いたことがないけど、どうしてこんなとこ入ったの?
  • 何かおもしろい話してよ
  • お父さんの年収はどれくらいなの?

志望者のプライベートに踏み込んだり、相手を挑発したりするような質問がよく使われます。

面接官としては、そうした状況でも冷静に対応できるかどうかを判断したいという意図があるのでしょう。

しかし、あまりにひどい場合には答えたくなくなるのも無理もありません。

圧迫面接を受けた場合は入社するか再考しよう

悩む 女性

面接の場だからといって、どんな質問でも許されるわけではありません。

相手のプライベートに踏み込んだり、侮辱するような発言をしたりすることは本来禁止されています。

また、前述の女性特有の質問というのも「男女雇用機会均等法」に抵触する可能性があるのです。

面接官にそういった法律の知識がない場合には、現在でも禁止行為が平然と行われてしまっています。

その背景としては、たとえ圧迫面接だとしてもあくまで採用を目的として行われているということが前提になっているのです。

ですので、悪意などはなく業務の一環として捉えられるので基本的には違法ではないという判断になりやすいとされています。

ただし、そうした禁止行為を平然と行う会社であれば入社後もハラスメント行為が行われるのではないかと不安になるでしょう。

あまりにひどい圧迫面接の場合は入社後のことも考慮すると、入社するかどうかもう一度考え直す必要があるかもしれません。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

接客するビジネスウーマン

このような面接のルールというのも、経験や知識が少なければどこまでが許される範囲なのかその線引きが分からないものです。

初めて受けた面接がこうした圧迫面接であれば、それが普通で我慢しなければならないものかと悩んでしまう可能性もあります。

そうした転職の知識で分からないことがあれば転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは企業の情報だけでなく、面接のルールや法律などの知識を豊富に持っています。

圧迫面接の状況を伝えれば、どの程度のものが禁止行為なのか教えてもらえるでしょう。

その事実を踏まえて入社するかどうか冷静に判断することができます。

また、転職サイトの情報では分からない企業の評判も転職エージェントは知っている可能性もあるのです。

そのため、場合によっては圧迫面接を行う企業を事前に回避できるということもあります。

まとめ

ガッツポーズ 女性

圧迫面接は志望者のストレス耐性対応能力を図るために以前から多くの企業で使われてきました。

しかし、その後の風評被害などを考慮すると最近では企業側があえて圧迫面接を行うことは少なくなってきています。

それでも、面接官が意図せず質問の掘り下げ問い詰めることで志望者が追い込まれる感情を持つことは現在でもあるようです。

そうした状況でも冷静に対応するには入念に事前準備を行い、企業の情報を広く集めることが重要となります。

何か分からないことがあれば、転職エージェントに相談を行い納得のいく転職活動が行えるようにしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら