テストエンジニアはテスト工程に携わるエンジニア職であり、IT業界において重要な職種です。

今後更にIT化が進んでいくことが予想され、テストエンジニアの需要も高まると考えられます。

今回はそんなテストエンジニアの資格に関する記事です。

テストエンジニアに役立つ資格を解説

仕事をする女性

テストエンジニアは技術職であるため、転職においても自身の能力やスキルを積極的にアピールする必要があります。

その際に役立つのが資格です。

資格というのはある領域における専門知識が備わっていることを証明するものだといえます。

そのため、もし転職活動時にテストエンジニアに関係する資格を取得できていれば応募企業に自身の適性を伝えることができるでしょう。

もし未経験でテストエンジニアに転職しようと考えている場合、資格の重要性は更に高まります。

今回の記事ではテストエンジニアに役立つ資格を具体的に解説していきましょう。

テストエンジニアの主な仕事内容

注意

資格について紹介していく前にテストエンジニアの主な仕事内容を解説していきます。

テストエンジニアというのは、システムやソフトウェア開発などにおいてテスト工程を担当する職種です。

テスト工程というのはシステムやソフトウェアが安定して動作するかを確認するためのものとなっています。

IT業界では技術の進歩によって開発が複雑化しているため、以前よりもトラブルが起こりやすくなっているのです。

そのためテスト工程の重要度は以前よりも高くなっています。

テストエンジニアは開発業務の中でそのシステム・ソフトウェアの完成に欠かすことができない存在です。

おすすめの資格「JSTQB認定テスト技術者資格」

ポイント

ここからは具体的におすすめの資格を1つずつご紹介していきます。

まずは「JSTQB認定テスト技術者資格」です。

この資格は国際ソフトウェアテスト資格認定委員会(ISTQB)に加盟している「JSTQB」が運営する技術者資格となっています。

資格の特徴と難易度をご紹介していきましょう。

資格の特徴

「JSTQB認定テスト技術者資格」では開発テスト全般に関する知識やテスト工程におけるマネジメントなどの知識が問われます。

この資格を取得すればテストエンジニアとして働く上で欠かすことのできない知識を証明できるでしょう。

試験は「Foundation Level」と「Advanced Level」に分けられています。

「Foundation Level」は基礎的な知識が問われ、「Advanced Level」では応用的な知識が問われます。

「Advanced Level」はテストマネージャとテストアナリストで試験が分かれているのが特徴です。

こちらは受験資格があり、テスト工程に携わる職種に3年以上業務経験を積んでいる必要があります。

もし職種未経験であれば、まず最初は「Foundation Level」から受験すると良いでしょう。

この資格取得に向けての勉強では、テスト工程についての知識を基礎から学ぶことができます。

資格取得の難易度は?

「Foundation Level」ではテスト工程に関する基礎的な知識を問われるためそこまで高くはありません。

合格率は60%前後となっているため、対策をきちんと行えば合格するのは難しくないでしょう。

対して「Advanced Level」は合格率が20%前後となっておりかなり難しいことが分かります。

応用知識を問われるため、テストエンジニアとして経験を積んでから資格取得に向けて勉強すると良いでしょう。

 

ワンポイント
・試験は大きく「Foundation Level」と「Advanced Level」の2つに分かれている
・「Foundation Level」の合格率は60%前後
・「Advanced Level」の合格率は20%前後

おすすめの資格「IT検証技術者認定試験(IVEC)」

遠くを見る女性

次にご紹介するのは「IT検証技術者認定試験(IVEC)」です。

この資格は国際ソフトウェアテスト資格認定委員会(IVIA)によって運営されています。

資格の特徴と難易度を具体的に解説していきましょう。

資格の特徴

この資格の特徴はテスト工程の現場での実務を重視していることです。

この資格を受験することで現場でソフトウェアテストに携わるエンジニアとして十分なスキルレベルに達しているかを確認できます。

レベルが1〜7まで存在していますが、現在まで実施されているのはレベル5までとなっているのも特徴です。

レベルが高ければそれだけ要求される知識の難易度も高くなります。

レベル1・2は受験資格がなく、誰でも受験することが可能なためここから受験していくこととなるでしょう。

レベル3以降には受験資格があり、レベル3は1・2の合格者、レベル4は1〜3の合格者、レベル5は3・4の合格者のみ受験可能です。

まずはレベル1・2の取得を目指して勉強を行っていきましょう。

レベル1・2ではテスト実行計画からテスト実行・その後の不具合報告・テスト報告・プロジェクト管理まで幅広く問われます。

資格取得の難易度は?

女性

レベル1の合格率は7〜8割程度となっており、参考書などで勉強すれば合格は難しくないでしょう。

また、レベル2も6割前後であるため、レベル1よりは難しくなりますが対策を行えば取得できる範囲内です。

IVECのホームページでは過去問と回答が配布されています。

参考書での勉強と併せて、そちらも解いておくと良いでしょう。

 

ワンポイント
・テスト工程の実務を重視しているのが特徴
・レベル1の合格率は7〜8割、レベル2は6割前後

おすすめの資格「基本情報処理技術者試験」

笑顔の女性

次は「基本情報処理技術者試験」についてご紹介します。

この資格は情報処理推進機構(IPA)が運営しているものです。

IT業界では認知度の高い資格となっています。

資格の特徴

この資格は今まで紹介してきたものとは違い、ITエンジニア全員に必要となる基礎知識が問われるものとなっています。

テストエンジニアとしての専門知識というよりもエンジニア職として必要不可欠な知識を習得するための資格だといえるでしょう。

エンジニア職である以上、ITに関しての幅広い知識というのは欠かすことができません。

この資格を取得することでエンジニアとしての適性があることを証明することができるでしょう。

資格取得の難易度は?

基本情報処理技術者試験の合格率は20%台で推移しています。

しかしながらIPAの行っている試験の中でレベル2に相当するこの資格は、特段難しいわけではありません。

前述した通り、エンジニアとしての基礎知識が問われるものとなっています。

そのためしっかりと勉強を行えば資格取得は難しくないでしょう。

しかしながら、ITに関しての幅広い知識が必要となるため学習には時間がかかると考えられます。

事前にしっかりと学習時間を確保して臨むようにしましょう。

 

ワンポイント
・ITエンジニアの基礎知識が問われる資格
・合格率は20%台で推移している

おすすめの資格「ソフトウェア品質技術者資格」

前向きな女性

次に紹介するのは「ソフトウェア品質技術者」です。

この資格は日本科学技術連盟が主催しています。

この資格の特徴と難易度について解説していきましょう。

資格の特徴

この資格ではソフトウェアの品質向上を目指すために必要となる知識が問われます。

ソフトウェアの品質に関する知識全般が必要となる資格です。

テストエンジニアはソフトウェアの品質にも関わる職種であるため、この資格で得た知識も業務に大いに役立つことでしょう。

試験は初級と中級に分かれており、どちらも受験資格はありませんので誰でも受験が可能となっています。

資格取得の難易度は?

電話を掛ける女性

この試験の合格ラインは初級・中級で共通しており、問題の70%以上を正解していることです。

初級は四肢択一形式となっているため、70%という合格ラインはそこまで厳しいものではないでしょう。

しかし中級は選択式の問題以外に記述式の問題もあるため注意が必要です。

合格ラインは同じでも難易度は中級の方が高くなるでしょう。

試験にも慣れることができるため、まずは初級から受験するのがおすすめです。

 

ワンポイント
・ソフトウェアの品質向上に関する知識が問われる
・問題の70%以上を正解するのが合格ライン

資格を取得するメリット

PCと女性

次は資格を取得することのメリットについて解説をしていきます。

資格を取得すれば転職など以外にも大いに役立つため、積極的に利用していきましょう。

知識やスキルの証明になる

資格を取得した際に最も期待できるメリットが知識やスキルの証明になることでしょう。

資格取得というのはそれまでの工程において必ず学習する必要が生じます。

もし事前に業務などである程度学習していたとしても、資格取得に向けて学ぶことで知識を体系的に習得することができるのです。

そうして習得した知識・スキルはその後の業務においても活かすことができます。

ただ証明できるだけでなく、実際に活用できるというのも大きなメリットであるといえるでしょう。

給料アップに役立つ

このように知識・スキルが業務において大きく役立つということもあり、企業も資格取得を推奨している場合が多いのです。

中には資格を取得することによって資格手当を支給している企業もあります。

他にも昇給の条件として資格取得を設定している場合もあるのです。

資格取得は知識・スキルが向上するだけでなく、給与の向上にも影響を与えます。

給与が向上すると仕事へのモチベーションにも繋がることでしょう。

転職やキャリアアップに役立つ

また、この記事の冒頭でも解説しましたが、資格の取得というのは転職において大きな効果を発揮します。

もし未経験な場合、企業はあなたがどれだけテストエンジニアとしての能力・スキルを持っているのかが分かりません。

しかし資格を取得しておけば、どの程度能力・スキルを持っているのかが明確に分かります。

そのため未経験であっても内定に漕ぎ付けられる確率が上がるでしょう。

また、テストエンジニアとして既に働いている方でも、難しい資格を取得すればキャリアアップに役立ちます。

前述したように資格というのは知識・スキルの証明になるためです。

目には見えない技術を資格という形で可視化することが可能となるため積極的に取得していきましょう。

テストエンジニアに求められるスキル

パソコンを持つ女性

次はテストエンジニアに具体的に求められるスキルを解説していきます。

資格を取得する他、以下のようなスキルを持っていれば企業からの評価に繋がるでしょう。

開発関連のスキル

テストエンジニアは開発したシステムやソフトウェアをテストする職種です。

そのため開発関連のスキルがあることでどういった部分を重点的にテストすれば良いか分かるでしょう。

開発関連のスキルを習得すれば、どういった視点でテストすれば良いかが明確になります。

テストエンジニアはテスト工程全体を担う存在です。

その仕事がシステム・ソフトウェアの安定性に大きく影響します。

テストの精度を高めるために開発関連のスキルは必要不可欠です。

コミュニケーション能力

面接する女性

テストエンジニアはエンジニア職ではありますが、テスト結果の報告や品質改善案のプレゼンなどで周囲と関わることの多い職種です。

そのためコミュニケーション能力というのは欠かすことができないでしょう。

テストエンジニアとして働く以上、どうすれば相手にテスト結果をより的確に行えるのかを考える必要があります。

的確に伝えるためにコミュニケーション能力を高めることを心がけましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ポイント

もし転職に関しての悩みを抱えている場合には転職エージェントの活用を検討してみましょう。

テストエンジニアのような技術職への転職では、どのように自分のことをアピールするのが良いか分からない場合もあると思います。

そんな時は転職エージェントに相談すれば具体的な選考対策も行ってくれるため、選考面での不安の解消に繋がるでしょう。

他にも模擬面接を実施してくれたり、非公開求人を紹介してくれたりと様々な面からサポートしてくれます。

自分だけで転職活動を行うのが不安だという方は転職エージェントへ相談してみましょう。

そうすることでスムーズに転職活動を行っていけるはずです。

まとめ

提案

今回はテストエンジニアに役立つ資格を解説してきました。

業務においても転職においても、大きな効果を発揮するのが資格です。

テストエンジニアへの転職を目指されている方は積極的に資格取得に向けて学習していきましょう。

また、転職活動に不安を抱えている場合には転職エージェントの利用を検討してみてください。

あなたが転職活動をスムーズに行える手伝いをしてくれます。

きっと働きやすい職場を見つけることができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら