よく街でみかけるチラシやDMそしてパンフレットやカタログのほどんどはグラフィックデザイナーがデザインを手掛けています。

美的センスが問われるグラフィックデザイナーは女性にも大変人気な仕事の1つです。

今回はグラフィックデザイナーを目指す人向けに志望動機の書き方や面接でよく聞かれることを紹介します。

Contents

グラフィックデザイナーの志望動機の書き方

ポイント

グラフィックデザイナーの志望動機を書く際は「なぜグラフィックデザイナーになりたいか」を明確にする必要があります。

志望動機は書類でも面接でも合否を判断する重要な材料となりますので採用担当者に分かりやすく伝えることが大切です。

志望動機を書く際は要点や結論を最初に伝えるようにしましょう。

要点の後に自分の考えや実績そして具体例などを補足すると採用担当者に内容が伝わりやすいです。

グラフィックデザイナーの志望動機であればなぜグラフィックデザイナーになりたいかを冒頭で記載しましょう。

採用担当者は多数の応募者の志望動機に目を通すため志望動機の冒頭だけ読んで合否を判断する人もいます。

内定のチャンスを逃さないためにも志望動機の書き方を工夫することも大切です。

志望動機を書く時に意識すべきこと

志望動機を書く際に意識すべきポイントがいくつかあります。

ポイントを把握して志望動機を作成すると採用担当者の印象に残りやすい志望動機を完成させることが出来ます。

以下のポイントを参考に転職の成功に役立つ志望動機の書き方をマスターしましょう。

グラフィックデザイナーになりたい理由を明確に

PCと女性

まずはグラフィックデザイナーになりたい理由を明確にすることが大切です。

自己分析をしっかりとしてなぜ自分がグラフィックデザイナーになりたいのかを具体的にしましょう。

グラフィックデザイナー以外にもWebデザイナーやDTPデザイナーなどデザインに関する職種は多岐にわたります。

数多くある職種と差別化しなぜグラフィックデザイナーになりたいのかを伝えることが大切です。

なぜその企業なのか具体的に

解説する女性

なぜその企業で働きたいのかも採用担当者が知りたい志望動機です。

ただグラフィックデザインの仕事がしたいという理由だけでは他の応募者と差別化できません。

志望動機を書く前は企業研究をしっかりと行いその企業で働きたい理由を明確にすることが大切です。

企業研究をすると企業が求める人材像を把握できるようになります。

志望動機では自分が企業の求める人材にあてはまるということをアピールすることも大切です。

入社後に活かせるスキルをアピール

デザイナー

入社後に活かせるスキルをアピールすることも効果的な志望動機を書くスキルの1つです。

入社後のビジョンや働き方がイメージできる志望動機は採用担当者も一緒に働くイメージをいだけます。

また仕事に活かせる自分のスキルをアピールすることで志望動機が自己PRにもなり効果的です。

志望動機の最後は入社後のビジョンを伝えて締めくくるようにしましょう。

 

ワンポイント

志望動機を作成する際は「なぜその職種か」と「なぜその企業か」を明確に説明することが大切です。

また「入社後に活かせるスキル」もアピールすることで自己PRにつながる志望動機を作成しましょう。

志望動機を書く時の注意点

では次に志望動機を書く時の注意点について紹介します。

以下の項目を把握して誤った志望動機を作成しないよう気をつけましょう。

憧れだけを理由にしないこと

女性、注意

「グラフィックデザイナーになることが憧れでした」などの抽象的な表現は志望動機には向きません。

新卒採用の人は「~が夢でした」などの表現も使いがちですが、あいまいな理由は採用担当者に志望動機が伝わらないためNGです。

志望動機は常に具体的に分かりやすく記載することを心がけましょう。

具体的な説明があることで志望動機の信憑性が高まり採用担当者の印象にも残りやすくなります。

企業が求める人材やスキルをチェックしておくこと

虫眼鏡を持つ女性

どんなに良い志望動機を作成しても企業が求める人物像とかけ離れた内容だと内定にはつながりません。

志望動機を作成する際は事前に企業研究を行い企業の求める人材やスキルについて把握することが大切です。

採用担当者に企業のニーズと一致する人材だと思ってもらえるような志望動機の作成を心がけましょう。

 

ワンポイント

志望動機は企業と求職者のお見合いのようなものです。

志望動機は具体的に記載し自分のスキルやビジョンが企業のニーズと一致することをアピールできるようにしましょう。

グラフィックデザイナーの志望動機の例文

では実際にグラフィックデザイナーを目指す人のために志望動機の例文を紹介します。

以下の志望動機例文では項目別に盛り込む内容を変えてみました。

まずは志望動機の書き方の特徴をつかんで各項目の例文を参考に自分を1番よくアピールできる志望動機を完成させましょう。

自己アピールを盛り込んだ志望動機例

スーツ女性

多くのクライアントのためではなく自分の好きなブランドのためにデザインスキルを活かしたいと思いました。

私は専門学校でグラフィックデザイン科を卒業し、その後フリーランスとして活動しています。

もともとパソコンでデザインをすることが好きで、Webサイトのデザインコンペで入選してから多くの依頼を請け負うようになりました。

現在はスタジオのロゴ作成や企業の広告作成の仕事を請け負っています。

クライアントの希望に柔軟に対応することでより良いデザインを作成し喜んでもらうことがやりがいです。

今後は自分の好きなブランドをより拡大するために力を発揮したいと考えています。

貴社では商品はデザインに統一性を持たせながらもデザイナーの個性が活きている商品が多く以前より注目していました。

私が入社したら既存の商品のイメージを保ちながらより革新的なデザインでブランドのファンを増やしたいと思います。

私のデザイン力フリーランス経験で培った柔軟性を活かして貴社の商品の売り上げ向上に貢献したいです。

目標や夢を盛り込んだ志望動機例

パソコン

デザインのスキルを活かして多くの人を笑顔にすることに貢献できる仕事がしたいと思い志望しました。

私の目標は自分で考案したデザインが人々の生活に必要とされ多くの人に喜んでもらうことです。

貴社のグラフィックデザイナー職では主に地域の人の生活をサポートするロゴ作成や広告を取り扱っていることに魅力を感じました。

私は現職にて3年間広告代理店にて住宅に特化した広告のグラフィックデザインを担当しています。

現職の業務でもクライアントや顧客に喜んでもらうことがやりがいです。

しかし今後キャリアアップをするにあたりもう少し幅広いジャンルで人に貢献できるデザインを提供したいと考えるようになりました。

採用後はデザインスキルを活かして貴社が目指す地域活性化を実現することに貢献したいです。

惹かれた理由を盛り込んだ志望動機例

手で光を支える女性

グラフィックデザインの善し悪しで人々の商品に対するイメージを大きく変えることができことに魅力を感じて応募しました。

私は学生時代よりパソコンでのイラスト作成やデザイン作成に興味があり大学祭のチラシのデザインを担当したことがあります。

その際のデザインが好評で多くの反響を得たことから大学祭の集客人数も前年の120%を達成することに成功しました。

もちろん集客人数が増えたのはデザインの力だけでなく広報担当スタッフや集客担当スタッフみんなで協力した結果です。

しかし私にとってこの成功体験がグラフィックデザイナーを目指すきっかけとなりました。

私の考案したデザインでより多くの人に貴社の商品の良さを知ってもらうきっかけを作りたいです。

経験の有無別志望動機例文

グラフィックデザイナーの志望動機では経験の有無も記載することが求められます。

もちろん経験者は即戦力として採用される確率が高くなりますが、未経験だからといって目指せないわけではありません。

以下の例文を参考に志望動機に経験の有無を記載する方法も把握しましょう。

同業界・同職種からの転職

人差し指を立てるビジネスウーマン

コンテンツ企画からプランニングまで幅広く多岐にわたるクライアントの対応ができることに魅力を感じて応募いたしました。

私は現職にて5年間○○社のインハウスグラフィックデザイナーとして主に健康食品の広告デザインをしています。

現在はチームで立案した案件でデザインだけでなく製作進行とディレクションの担当になりました。

プランニング業務に携わるようになり、もっと企画の立案やプランニングスキルを活かしてスキルアップをしたいと考えています。

貴社の求人で「企画からプランニングまで積極的に参加できる人材を募集」と記載があり、私の経験を活かして貴社に貢献できると思いました。

同業界・異職種からの転職

ノートパソコン、女性、オフィス

WEB広告だけでなくチラシ広告のデザインも手掛けたいと思い志望しました。

私は現職にて3年間WebデザイナーとしてWeb広告などのデザインを担当しています。

Webデザイナーの仕事で実績を積むなかでデザインにこだわった仕事にやりがいを感じるようになりました。

今後はもっと幅広いジャンルのデザインを手掛けることを希望しています。

貴社ではWeb広告とチラシ広告の両方の業務を任されるため私の経験やスキルを最大限に活かせると考えました。

異業界・異職種からの就・転職

黒板前の講師

専門学校で学んだグラフィックデザインスキルを教育業界に活かしたいとおもい応募しました。

前職は3年間が私立高校の事務員として勤務しており、事務員の業務では校内回覧資料謝恩会のポスターなどの作成業務が得意でした。

もともとパソコンでデザインをすることに興味があったため退職してから専門学校にてグラフィックデザインを学び、現在に至ります。

貴社の求人を拝見した際に、未経験からスタートできて教育機関関連のクライアント案件があったので貴社にて働きたいと思いました。

もともと学校事務として働いていたスキルとデザイナースキルを活かしてより良いデザインの作成を実践します。

グラフィックデザイナーの志望動機のNG例

女性、NG

「私はデザインが好きなのでグラフィックデザイナーになりたいと思いました。

学生時代にはデザインコンテストで入賞したことがあります。

私は貴社の提供するデザインが好きなので貴社にてグラフィックデザイナーとして活躍したいです。」

なぜグラフィックデザイナーになりたいかやなぜその企業で働きたいかが明確でない志望動機はNGです。

またあいまいな表現ばかりでは面接官の印象に残りません。

「~が好きなので」という理由を使うのであれば具体的にどうして好きなのかが分かるエピソードも盛り込むことが大切です。

上記のような志望動機は作成しないように気をつけましょう。

面接で志望動機を伝える時のポイント

女性

面接で志望動機を伝える際は発言内容だけでなく身だしなみや立ち振る舞いにも気を配ることが大切です。

面接官に好感を持ってもらえるよう清潔感のある服装と髪型で堂々と立ち振る舞うようにしましょう。

また志望動機を伝える際は要点から伝え、相手に分かりやすいように簡潔に話すことが重要です。

書類で提出した志望動機に少し具体的エピソードを盛り込み面接官に納得してもらえる志望動機にしましょう。

面接で緊張してしまう人は事前に志望動機を暗記して面接の練習をしておくことをおすすめします。

企業が求める人物像をしっかりと把握して自己PRが最大限にできるよう準備しておきましょう。

 

ワンポイント

面接での志望動機は書類で提出した志望動機と一貫性があることも大切です。

面接官に一緒に働きたいと思ってもらえるような内容を考えてみてください。

面接でよく聞かれること

グラフィックデザイナーの仕事は人間性やスキルだけで内定をもらうのが難しい仕事です。

グラフィックデザイナーとしてのスキルや経験があっても会社の方向性に合うデザインができないと意味がありません。

そこで面接では以下のような質問を聞かれることも多々あります。

面接では自分のデザイナーとしての傾向や方向性をしっかりと表現できるように準備しておくことも大切です。

ポートフォリオに関して質問されたとき

立つ女性

グラフィックデザイナーの面接ではポートフォリオに関して質問されることも多いです。

なぜなら採用担当者にとって求職者が実際にどのようなデザインをどのように手掛けたのかを知るのは重要な事だからです。

ポートフォリオに関して質問されたときは自分のデザイナーとしてのスキルやセンスを自己PRできるチャンスでもあります。

どんなツールソフトを試用してどれくらいの期間でどのように作成したのかを具体的に応えられるようにしましょう。

好きなグラフィックデザイナーや作品について聞かれたとき

鉛筆を持つ女性

面接では好きなグラフィックデザイナーや作品について聞かれることもあるでしょう。

この質問では企業の求める方向性と近いグラフィックデザイナーや作品について回答するのが無難です。

同時に自分が企業の求める人物像に近い感性をもっていることもアピールできます。

面接対策では必ず企業研究をしっかりとして面接官に気に入られる回答ができるように準備しましょう。

 

ワンポイント

転職成功の秘訣は企業の求める人物像を把握して自己PRをすることです。

面接で自分の魅力が最大限活かせるように事前準備は十分にしておきましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

意欲的な女性

転職の悩みや相談は転職エージェントを活用することをおすすめします。

グラフィックデザイナーの仕事は未経験でもチャレンジできる仕事です。

しかし未経験だとポートフォリオの作成や志望動機などを工夫する必要もあります。

転職エージェントでは過去に未経験から転職を成功させた実績などもあり、アドバイスをもらいながら挑戦することが効率的です。

仕事の紹介以外にも転職前のサポートから転職後のサポートまで幅広くしてもらえることもメリットです。

まだ転職エージェントを活用したことがない人はこの機会に是非登録してみてください。

まとめ

パソコン作業をする女性

グラフィックデザイナーの志望動機の書き方は明確になりましたか。

女性は男性にくらべ美的センスに優れているといわれています。

グラフィックデザイナーの職種は女性ならではの美的センスを活かせる職種です。

自分の魅力を最大限にアピールして志望動機を作成できるように努力しましょう。

デザインに関する仕事はグラフィックデザイナー以外にもたくさんあります。

まずはなぜ自分がグラフィックデザイナーになりたいのかを明確にして転職に挑みましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら