インターネット社会では女性エンジニアの需要も高まっています。IT業界のエンジニアは男性でなくては…と思われがちです。

こちらでは女性のエンジニアの需要について調査解説しています。女性エンジニアへの転職で成功するポイントもお話ししています。

女性のITエンジニアへの転職希望の方はぜひ参考にして下さい。

女性エンジニアの需要を調査

パソコン

エンジニアと聞くとどことなく男の人の職種のように感じられます。女性は機械に疎いと考える人もまだまだ多いです。

ところがITエンジニアは女性に適した職種であり、女性のエンジニアの需要が増えているというのが現状なのです。

需要に対して、今現在の女性エンジニアは全体のエンジニアのわずか1割強と少ない人数となっています。

やはりエンジニアは男性の職種という思いが根強く残っているのがその理由なのでしょう。

エンジニアという職種が今まで女性に受け入れられていなかったのはなぜか、エンジニアとはどのような職種なのか解説しましょう。

女性はエンジニアに向いていない?

仕事に悩む女性

エンジニアは機械や電気土木などの技術者をいい、どちらかというと理数系のイメージが強いです。

もちろん理数系の女性は多くいますが、エンジニアは特殊な職業と敬遠されてきたのでしょう。

女性は本当にエンジニアには向いていないのでしょうか。実際にエンジニアとして働いている女性について調査してみました。

すると女性エンジニアの意外な動向が見えてきました。女性エンジニアの転職が増えているという現状です。

また理数系のみではなく、文系の女性がエンジニアとして活躍しているという以外な事実もありました。

女性エンジニアの需要も実際に多くなっています。エンジニアは女性に向いていない職業ではないのです。

 

ワンポイント
 エンジニアは男性だけの仕事ではなく女性に向く職業です。

女性エンジニアの転職は活発化している

増加のイメージ

女性のエンジニアの転職は活発化しているといえます。IT業界はもちろん、他の業種でも女性のエンジニアの求人も急増しています。

本来スキルさえあれば、エンジニアはデスクワークとして女性には最適な職業なのです。

それに女性も気付き始めたというところでしょう。エンジニアそのものも全体的に不足していることも要因です。

女性エンジニアの転職率の増加

グラフ

女性エンジニアへの転職が急増しているのは転職率の高さからも窺えます。これは女性がエンジニアに向いている証拠です。

女性エンジニアだけでなくエンジニアそのものが不足している今、女性のエンジニアへの転職はチャンスといえるでしょう。

女性のコミュニケーション能力や周りへの気配りなどが、エンジニアの職種で認められてきたのも転職率の増加の一因なのです。

女性エンジニアの転職が増えている理由

男性が油にまみれて現場で指揮にあたるなどとイメージされやすい、エンジニアという職業は本来デスクワークのスマートな仕事です。

特にITエンジニアの仕事はパソコン入力やプログラミングなど、細かな作業が多く女性の細やかさが必要となることも多いのです。

柔軟な発想や目線の女性エンジニアの転職求人が増えているのは当然といえるでしょう。

理数系の仕事と思われているエンジニアですが、実は文系の女性にもできる仕事だと認識され始めたのも理由の一つです。

女性エンジニアの悩みは?

パソコンと考える女性

男性社会であるエンジニアの中で少数派である女性なので、やはり仕事上の悩みもいくつかあります。

男性社会で何か問題があっても相談する女性友達が少ないことや、女性管理職が少ない為上司にも相談しにくいなどが挙げられます。

また結婚や出産という場面では女性ならではの悩みに直面します。特に出産後は復帰しにくいという悩みがあります。

明確なキャリアパスのもとエンジニアとしてキャリアを積む女性にとっては、このような悩みは切実です。

産休や育休などの福利厚生に手厚い企業や、職場復帰後のフォローをしっかりと行う方針の企業を選ぶと悩みも軽減するでしょう。

仕事内容ももちろん大切ですが、転職先が復帰後のフォローまで考えてくれるかどうかは事前にチェックする必要があります。

 

ワンポイント
 女性エンジニアの悩みは女性管理職が少ないことや出産後の復帰についてなどが多いです。

女性エンジニアに必要なスキル

スキル

女性エンジニアが増加傾向にあり、理数系だけでなく文系の女性もエンジニアとして活躍できますがその場合でもスキルは必要です。

エンジニアとして働く以上たとえ未経験であってもITスキルやPCの知識はしっかりと持っていると転職には断然有利になります。

女性エンジニアに必要なスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。技術的なスキルとともに必要なのはヒューマンスキルです。

ITスキル

まず必要なスキルはITに関するスキル一般です。ITスキル標準と呼ばれる指針もあり、エンジニアにはITスキルは必須となります。

エンジニアは日々ITを利用して活動する為、ITに関する基礎的な知識は必ず必要なのです。

インターネットで必要なルールなどもあわせて身に付ける必要もあります。そういったことも併せて基本的なITスキルと考えましょう。

PCスキル

PCを扱うエンジニアにとってはPCスキルも当然必要な知識です。ITスキルが充分にあってもPCを扱う知識が少ないのでは困ります。

PCに関してはどのような事でもわかるように学ぶことが大切なのです。

日々変化する情報化社会に対応できるのも、エンジニアには大事なことなのです。

プログラミングスキル

パソコン、女性の手

エンジニアの中にはプログラミングスキルを持つ人も多いです。さまざまな産業においてIT技術が使われています。

一見ITとは関係のないように思える産業でもIT技術が使われ、プログラムが組まれているのです。

どのような産業や企業の依頼にも応えられるように、プログラミングのスキルを身に付けておくと有利です。

コミュニケーションスキル

エンジニアはほとんどがグループでプロジェクトを組み活動します。そこでコミュニケーションが重要なスキルとなるのです。

女性ならではの気配りのあるコミュニケーションスキルを身に付けるようにしてください。

常に相手の話に耳を傾けて、わかりやすく提案する為に必要なコミュニケーション能力はエンジニア必須のヒューマンスキルです。

その他クライアントに問題点や解決策をプレゼンするためのプレゼンテーション能力なども必要なスキルといえるでしょう。

 

ワンポイント
 エンジニアになるためには技術面のスキルとヒューマンスキルが必要です。

エンジニアを目指す方法

在宅ワーク 女性

女性がエンジニアを目指すには必要なスキルを身に付けることが必要です。IT全般の知識を身に付け資格を取得するとなお有利です。

採用されてからキャリアを積む方法もありますが、あらかじめ基本的な知識は先に取得しておきましょう。

未経験のエンジニア募集ももちろんありますが、エンジニアに必要なスキルを勉強していることは採用への強みとなります。

プログラミングやコミュニケーションスキル資格などを取得している、もしくは勉強していることは大きなアピールポイントです。

スキルや資格の取得方法は独学というのもありますし、スクールに通ってみっちり勉強する方法もあります。

プログラミングスクールに通う

パソコンを見る女性たち

たとえばプログラミングスクールに通いスキルや資格を身に付ける方法があるように、IT技術のスクールは広く門を開いています。

スクールによっては一定期間を修了すると証明書が発行されるので、スキルを習得したことの証明となり履歴書への記入も可能です。

独学で勉強する

スクールに通わず独学で勉強してスキルの習得をすることもできます。本を読み自分自身で知識を蓄え応募するのも一つの方法です。

ただ独学の場合には証明するものもないので、しっかりとどのようなスキルを身に付けたのかをアピールする必要があるでしょう。

またインターネットでのITスキルなどの講座も多く配信されています。ネット講座でスキルを磨く人も多いです。

女性がエンジニアに転職を成功させるポイント

独学

エンジニアという職種は女性でも充分に転職可能だとお話ししましたが、転職を成功させるポイントについて解説していきましょう。

転職の成功は履歴書の書き方や、面接時のアピールポイントによることが大きいのです。

また自分がエンジニアという職業に適しているのかどうかも応募の前に確認する必要があります。

女性がエンジニアになるためにどのようなことが必要なのか、一つずつ詳しくお話ししていきましょう。

なぜエンジニアを選んだのか明確にしよう

一番大切なのはなぜ自分がエンジニアになりたいと思ったのか、エンジニアという職種を選んだ理由を明確にすることです。

履歴書の志望動機に具体的に記載し、面接時にもはっきりと伝えるようにしてください。

あらかじめ面接での質問を想定して、なぜエンジニアになろうと思ったのかを明確に説明できるようにしておきましょう。

志望動機もできるだけ具体的にわかりやすく工夫して書くことが必要です。

自己分析を丁寧に行おう

自分の性格がエンジニアに向いているかどうか予め確認しましょう。そのためには自己分析をしっかりと行うことが大切です。

自分の性格の細かいことをコツコツと出来るところや、コミュニケーションはしっかりと取れるなどのアピールポイントを確認します。

自己分析を行ったらアピールすべき点を書き出し、面接時に伝えるための準備をしておきましょう。

他にもどのような点がエンジニアに向いているのかをしっかりと分析してアピールするようにして下さい。

業界研究や企業研究をしっかり行おう

エンジニアは転職先によりその仕事内容も大きく変わる職種です。どのような業界で働きたいのか企業研究はしっかりと行いましょう。

自分がどのような仕事を行うエンジニアになりたいのかを明確にすることで、希望する企業が見えてきます。

また将来的にどうなりたいのかも考えた上で、転職する企業を選ぶようにして下さい。

その企業でどういった仕事を行い、どういうキャリアを積み上げていきたいのかも転職では重要な鍵となります。

女性エンジニアの将来性やキャリアパス

パソコンと女性

情報化社会の今ITエンジニアの需要は高まっています。エンジニアは男女の差なく働ける職種で女性のエンジニアの需要も多いのです。

企業や産業においてもネット環境のない会社は少なく、ネット環境がある限りエンジニアの仕事が無くなることはありません。

収入面でも他の職種と比べると高収入となっており、女性の職種としては申し分ないといえるでしょう。

そういった面でも将来性が充分にあるといえます。特に女性の場合は将来在宅での仕事が可能となる点でも最適の職業といえるのです。

将来性

特にITエンジニアは将来的にも充分な需要があり、さまざまな分野での仕事が途切れることがなく将来性は充分あるといえます。

専門性の高い分野よりも総合的なシステムエンジニアやWEBエンジニアの方がどちらかといえば需要が高いといえるでしょう。

女性のエンジニアの需要も年々高まっており、女性ならではの柔軟な目線での仕事が認められるようになっています。

将来結婚や出産後も在宅で仕事が可能なことから、長いスパンで仕事ができるという意味でも将来性が充分あるといえるのです。

キャリアパス

女性のエンジニアが描くキャリアパスはスキルを磨きキャリアアップし、最終的には管理職などが多いようです。

いずれフリーランスとして独立したいと考えている人もいます。

女性だからキャリアパスが描きにくいということはなく、それぞれにキャリアを積み着実にキャリアパスを実現している人は多いです。

ただ、女性の場合結婚や出産で一度その道を離れてしまい、そのまま理想のキャリアを描けなくなった人も少なくありません。

キャリアパス実現のためには、出産休暇や育児休暇などの福利厚生が手厚い企業を選ぶ必要があるでしょう。

 

ワンポイント
 エンジニアの需要は高く将来性もありキャリアパスも描きやすいです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

コールセンター

女性がエンジニアとしての職種に転職することは、IT社会である今では難しいことではなくなりました。

男女の差なくエンジニアの求人は多く、女性の求人も少なくありません。

転職相談は転職エージェントを活用して、エンジニアへの転職を成功させて下さい。

まとめ

女性

女性のエンジニアへの転職は、IT社会の中で需要も高くめずらしくなくなりました。

女性であってもスキルを磨くことでエンジニアへの道はひらけます。

ITスキルやPCスキルとともにコミュニケーションスキルも習得すると有利です。技術面に加えて人間性スキルも必要です。

女性の場合結婚や出産を見据えて、転職する企業を選ぶことでキャリアパスを途切れることなく描くことが可能になります。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する