転職先で仕事を教えてもらえず、やむなく退職する人も少なくありません。労働力不足の折、信じ難い話ですが現実に起こっている事態です。

早期退職は企業にとって大きな損失であり、転職者にも後味の悪い結末だといえます。なぜ、こういった事態が起こるのでしょうか。

そこで、この記事では転職先が仕事を教えてくれない理由や対処法、女性が意識すべきポイントを解説します。

Contents

転職先が仕事を教えてくれない理由

仕事に悩む女性

何の理由もなく転職先が仕事を教えてくれないことはありません。理不尽な内容であっても、何らかの理由が存在するのが一般的です。

仕事を教えてもらえない事態になると、大抵の女性は自分を責めてしまいます。しかし、自分を責めても解決できるものではありません。

しっかりと対処するには、仕事を教えてくれない理由を特定することが不可欠です。なぜ仕事を教えてくれないのかを考えてみましょう。

慢性的な人員不足

慢性的な人員不足により、育成・研修部門が設置できない会社も多くあります。本来は育成・研修に特化した部署が対応するのが一般的です。

しかし少子高齢化の影響で労働人口は年々減少しています。そのため、要員を配置できず仕事を教えられない事態に陥っているのです。

育成・研修部門を圧縮することは会社の本意ではありません。しかし「背に腹を変えられない」会社が多いのも事実だといえるでしょう。

仕事を教える暇がない

現場の社員に「仕事を教える暇がない」ことも、仕事を教えることができない理由の1つです。

会社の経営方針やルール、大まかな仕事の流れは育成・研修部門で教えます。一方、実際の仕事のやり方や手順を教えるのは現場の社員です。

ところが要員不足が顕著な職場では、転職者に仕事を教える暇が社員にはありません。自分の仕事が忙しくて余裕が持てないのです。

また、多忙な社員の状況を目の当たりにすると、教えてもらうことを遠慮する転職者もいるのも実態だといえるでしょう。

教える側の知識が不足している

本来、転職者へ仕事を教えるのは先輩社員や役職者です。ところが、経験の浅い社員に育成を任せている会社もあります。

この場合だと教える側の知識が不足し、転職者が質問しても答えられない状況に陥ることも少なくありません。

転職者も「聞くこと」に疲れてしまい、曖昧なまま仕事を続けることになります。その結果、業務上のミスが頻発するのは必然です。

経験の浅い社員に転職者の育成を任せる背景には、職場のスタンスに問題があります。

職場内において、育成に対する確固たるビジョンが確立にされていないのが大きな原因だといえるでしょう。

ワンポイント
 転職先が仕事を教えてくれない理由を把握しておきましょう

 

仕事内容は知っていて当然と考える世代も

仕事を聞く女性

職場には様々な世代の社員が働いています。世代によって仕事に対する考え方が異なるのは必然です。

とりわけ昭和の時代に入社した社員は、先輩の姿を見ながら仕事を覚えた世代です。

彼らは転職者であっても、仕事内容は知っていて当然だと考えています。

もちろん、この世代の社員が全てが仕事を教えないわけではありません。

むしろ多くの社員は「教えてもらえない辛さ」を知っており、転職者に対する育成・指導に熱心です。

一部社員の中には古い慣習に捉われている方がいることを把握し、教えて貰う相手を見極めるのが得策だといえるでしょう。

自分の態度が悪い場合もある

落ち込む女性

転職先が仕事を教えない理由の多くは、職場や社員に問題があることを紹介しました。しかし、転職者の態度に問題はないのでしょうか。

多くの職場では慢性的な要員不足の課題を抱えています。その中で無理をしながら育成に時間を割いているのも事実です。

例えば転職者から同じことを何度も聞かれると、辟易とした気持ちになります。聞く側がマナーを守ることも心がけましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

仕事を教えてもらえない時の対処法

対処法を考える女性

理由はどうあれ転職先で仕事を教えてもらえないのは辛いことです。早々と再転職を考え始める人もいるでしょう。

しかし、せっかく入社した会社を簡単に離職することは得策ではありません。ちょっとした対処法を実践するだけで克服できます。

また仕事は「教えてもらうこと」が目的ではなく「覚えること」が目的です。この点を理解しておかないと一人立ちできません。

まずは、実践あるのみです。ここでは、仕事を教えてもらえない時の対処法を2点に絞って考えてみましょう。

自分の態度を見つめ直す

意欲的な女性

今一度、自分の態度を見つめ直してみましょう。「資料があるにも関わらず聞く」「メモすら取らない」といった態度はありませんか。

いわゆる「聞き上手」と呼ばれる人は謙虚で、熱心に相手の話を聞きます。

教える側も相手が熱心に聞いていることがわかると、自然と教えることに熱が入るものです。

また「教えてもらうこと」は当然ではありません。相手は自分の時間を削って教えてくれています。

どんな些細な内容でも教えて貰ったら「ありがとうございます」の一言を忘れないよう心がけましょう。

過去の資料なども確認する

メモ

職場には数多くの資料やマニュアルが作成・保管されています。

資料やマニュアルには、仕事のノウハウが詰め込まれていることは誰もが知るところです。

しかし、これらを確認しないで、安易に教えて貰おうとするのは如何なものでしょうか。

先輩や上司に聞く前に「まずは調べる」といった習慣を身に付けましょう。

すぐに回答が見つからなくとも、別の場面で参考になることは少なくありません。何より、自分の成長ために必要です。

また、資料を確認する姿が周りに認知されれば「仕事熱心」「やる気が伝わる」と評価されるでしょう。

ワンポイント
 仕事を教えて貰えない時は自分の態度も振り返ってみましょう

 

仕事を教えない人の心理が原因のことも

女性の心理

転職先で仕事を教えて貰えないのは、俗人的な心理が原因であることも少なくありません。職場には様々な考え方を持った人がいます。

その中には理解しがたい考え方を持った人がいるのも事実です。

しかし、仕事を教えない心理状況を知っておくことは、有効な対処法を講ずる上でも不可欠です。

ここでは、転職者に仕事を教えない人の心理とはどういったものか考えてみましょう。

自分で仕事をした方が早いと考えている

いわゆる「できる人」は自分で仕事をした方が早いと考えがちです。つまり「教える時間がもったいない」といった心理が働いています。

もちろん職場では間違った考え方です。目先の仕事は片付くかもしれませんが、要員不足が根本的に解消されたわけではありません。

多少、時間がかかっても人材を育て、大きな戦力に育成することが正しい考え方です。

しかし、自分のことを「できる」と思い込んでいる社員には通じません。当たり障りせず、距離を取って接するのが得策だといえます。

仕事をとられたくないと考えている

転職者よりも少し先に入社した社員に多いのが「仕事を取られたくない」といった嫉妬にも似た心理です。

信じ難い心理状況ですが、実際にこういった先輩はいます。嫉妬ほど恐ろしいものはなく、どこで足を引っ張られるかわかりません。

できる限り関わりを持たないのが得策です。また、仕事をとられたくないと考えている社員の大半は、周りから浮いた存在になっています。

あまりにも酷いようであれば、他の先輩や上司に相談してみましょう。きっと、味方になってくれます。

他の人が教えると考えているから

自分でなくても「他の人が教えるだろう」と考えている社員もいます。社員育成の役割分担が、不十分な職場では起こりやすい事象です。

しかし、職場の責任が全てだとは限りません。何事も受け身の姿勢で取り組む社員は、社員育成に関心すら持たないのが特徴です。

こういった社員は仕事に対して消極的であり、学ぶべき点があまりないといえます。

仕事を教えて貰う相手を間違えたと諦めて、他の先輩に聞きましょう。

仕事を教えて貰うために意識すべきこと

仕事を教わる女性

仕事を気持ちよく教えて貰うには、ビジネスマナーを守ることが最低条件です。

「教えて貰うのが当たり前」といった態度は、相手にすぐに伝わります。

女性であることを武器にして、上司や先輩に取り入ろうとする行為もNGです。その場では教えて貰えますが女性社員の反感を買います。

仕事を教えて貰うには、相手に不快感を与える行為は絶対に行ってはなりません。

ここでは仕事を教えて貰う際に意識すべきことを考えてみましょう。

受け身な態度はNG

仕事を教えて貰う際、受け身な態度は慎みましょう。先輩や上司は仕事を教えるために、忙しい時間を割いています。

社員を育成するのは「会社の責務」だとしても、受け身な態度で良いわけではありません。

積極的に自ら仕事を覚える姿勢を意識することが大切です。

また、同じ質問を何度も繰り返さないことも常に心がけましょう。

さらに、仕事を教えて貰う際には、常にメモを取ることも相手に対するマナーだといえます。

要点を絞って質問をする

質問する女性

要点を絞って質問をすることも教えて貰う相手に対するマナーです。繁忙時には誰もが仕事を教える時間的な余裕はありません。

そういった状況下で、仕事を教えてくれる先輩や上司には余計な手間を取らせたくないものです。

まずは「何が聞きたいいのか」要点を明らかにしましょう。

要点を絞って質問をすることで、先輩や上司は的確な回答をしやすくなります。

また、自身においても要点を絞って質問することで、何が弱点なのかを明確にできるでしょう。

ワンポイント
 質問の仕方や自分の態度を改善してみましょう

 

仕事を教えてくれない会社での注意点

チェックする女性

仕事を教えてくれない会社では、どういったデメリットがあるのでしょうか。人材育成の重要度は多くの職場で認知されています。

その一方で、未だに仕事を教えてくれない職場があるのも事実です。改善される余地があるならば離職は回避すべきでしょう。

しかし、自身の今後のキャリア形成を考えれば、結論を先延ばしすることは得策ではありません。

手遅れにならないためにも職場の「見極め」が必要だといえるでしょう。ここでは、仕事を教えてくれない会社での注意点を解説します。

上司や会社との関係性が悪くなる

せっかく転職しても仕事を教えて貰えなければ、いつまでも一人立ちできません。

また、業務上のミスも増えることから、上司や会社との関係は悪化する一方でしょう。

この場合は、早い段階で上司や会社に仕事を教えて貰っていないことを相談すべきです。後になればなるほど状況は悪化します。

ただし、自身の仕事を教えて貰う態度に問題があれば別です。

したがって、日頃から自身の教えて貰う態度は、しっかりと振り返っておくことが大切だといえるでしょう。

実績が作れない

悩むスーツ姿の女性

仕事を教えて貰わない限り、しっかりとした実績を作ることはできません。

転職者の多くはキャリアアップを考えていますが、実績が作れない限り実現は不可能です。

企業にとっても要員不足を解消するために転職者を雇用しているにも関わらず、実績が上がらなければ意味がありません。

自身のキャリアプランを実現させるためにも、また会社に貢献するためにも、実績が作れる職場環境であるか否かを見極めが必要です。

転職も視野に入れよう

職場全体に仕事を教えない風土が根付いているなら、転職も視野に入れましょう。人材は企業にとって、大きな宝であり財産です。

しかし、しっかりと磨きをかけなければ「宝の持ち腐れ」になってしまいます。

このことが理解できていない企業には、残念ながら将来性は期待できません。潔く転職を考えるべきです。

ただし、自分の態度に問題がなかったかは、冷静に振り返る必要があります。そこで参考となるのが、他者に対する教え方です。

誰に対しても仕事を教えない職場であれば、職場風土に根本的な問題があるといえるでしょう。

ワンポイント
 職場に問題がある場合は転職も考えてみましょう

 

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

仕事を教えてくれないのを転職理由にするのは?

仕事を教わる女性

仕事を教えてくれないことを転職理由とするのは、あながちNGではありません。ただし見極めは必要です。

職場全体に社員育成に対する意識が低ければ、転職理由とするのもやむを得ません。

しかし一部の社員であったり、自分の態度に問題があるのであれば転職理由にすべきでないといえるでしょう。

転職理由はあくまでも「前向きな理由」であることが望ましいことを忘れてはなりません。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

相談にのる女性

転職先で仕事を教えて貰えないことは、転職者にとって非常に不幸な事態です。転職先のリサーチが不足していたともいえるでしょう。

しかし、仕事を教えて貰える職場風土であるか否かは簡単に確認できるものではありません。

こういった転職の悩みを解消してくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、多くの案件を扱っており「口コミ」情報も数多く集めています。

職場風土や社員育成に関する情報も数多く持っており、事前にリサーチすることが可能です。

転職先で仕事を教えて貰えるか不安であるなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。

まとめ

前向きな女性

転職先で仕事を教えて貰えない場合、その原因を見極めることが不可欠です。一般的には職場風土、もしくは俗人的な心理の問題が考えられます。

また、仕事を教えて貰う転職者の態度に問題がある場合も少なくありません。相手を不快にさせないことも大切です。

会社の風土に問題があると推察される場合、自分だけでなく他の転職者に対する教え方を観察することで見極めましょう。

他の転職者に対しても満足に仕事を教えていない場合、会社の将来性は厳しいといわざるを得ません。転職も視野に入れるべきです。

俗人的な心理に問題がある場合、相手との距離をとりつつ先輩や上司に相談してみましょう。簡単に問題が解決することもあります。

教えて貰う態度を振り返る場合、受け身の態度を取っていないか、要点を絞って質問しているかをチェックするのがポイントです。

転職先の育成・研修体制は、キャリアパスにも大きな影響を与えます。

事前に転職エージェントを活用して、転職先の育成体制や職場環境をリサーチしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら