サウンドクリエイターに転職を希望している場合、転職活動をスムーズに進めるためには志望動機の内容がポイントになります。

サウンドクリエイターに転職する場合の志望動機としてふさわしい内容とはどのようなものでしょうか。

この記事ではとくに女性向けの志望動機の書き方について解説します。

抑えるべきポイントについても紹介しますので参考にしてください。

Contents

サウンドクリエイターの志望動機の書き方を解説

ピアノの鍵盤

サウンドクリエイターは映画・ゲーム・アニメなどで流れる音楽を作曲する仕事です。

こうした職業につくためにはどのような志望動機を書くことが求められるのでしょうか。

クリエイティブで華やかな職業というイメージが強いサウンドクリエイターですが地道な作業を求められることも多くあります。

そのため志望動機に関しても華やかさだけでなく地道な努力ができる点をアピールできるとよいでしょう。

具体的には次の項目から解説していきますので参考にしてください。

サウンドクリエイターの仕事内容

パソコンとヘッドフォン

サウンドクリエイターは、多くの音源から音楽を生み出す仕事です。

テレビ・CM・映画・ゲーム・アニメなどの映像作品に音楽を加えることで作品のイメージを作り出す仕事でもあります。

さまざまなシーンにあわせたサウンドを生み出すためには日常生活にある音に敏感であることも求められるでしょう。

クライアントが求める音がどのようなものなのかを打ち合わせのなかで掴み取るスキルも必要です。

言葉で表現されたものを音として表現するのもサウンドクリエイターの仕事になります。

そのためクライアントとの打ち合わせは何度も回数を重ねることになるでしょう。

クライアントが納得するまで音を作り変えることもあります。

さらには音源の採集もサウンドクリエイターの仕事です。

音源を求めて遠隔地に足を運ぶこともあります。

集めた音源をプログラミングでデータ化していくことも作業のひとつです。

このようにひとつのサウンドを作り出すために多くの工程を経る必要があるのもサウンドクリエイターの仕事の特徴になります。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

志望動機を書く前の準備

楽譜とペン

サウンドクリエイターに転職するためには志望動機をしっかりと作りこむことが大切です。

採用担当者の印象に残る志望動機を作成するためには事前の準備が欠かせません。

志望動機を書く前の準備について解説します。

自分の強みを知ろう

まずは自己分析です。

サウンドクリエイターの場合は企業で正社員として働くケースとフリーランスとして働くケースの2パターンがあります。

正社員でも業務委託で働く場合でも自分の強みをアピールすることは大切です。

そのためには自己分析をしっかり行って自分の強みを知ることが必要となります。

実績があり得意分野がある人はとくに有利です。

音楽に関連した強みはもちろんそれ以外の強みもしっかりアピールしましょう。

クリエイティブな職業であるためクライアントが求める品質に到達するまで妥協しない精神力もアピールポイントです。

柔軟に要求に応えられるコミュニケーション能力や対応力もしっかりアピールしましょう。

自己分析は自分で行うことが難しい作業です。

可能であれば第三者の意見を参考にできるとよい志望動機が作成できます。

おすすめは転職エージェントの活用です。

転職のプロである転職エージェントの力を借りて自己分析をしてみましょう。

企業研究を徹底して行おう

空と音符

自己分析の次に重要なのが企業研究です。

サウンドクリエイターとして転職したい場合には業界研究とあわせて希望する企業についてもしっかり研究しましょう。

サウンドクリエイターは正社員以外にも契約社員・派遣社員・アルバイト・フリーランスなどさまざまな働き方があります。

まずは希望している企業がどのような働き方の求人を出しているかはしっかり確認しましょう。

大手企業で安定した報酬を得ながら働ける正社員は比較的少なめです。

転職試験の倍率も高いことが多いと考えておきましょう。

そのためどうしても転職を成功させたい場合には企業が求める人物像により近づくための努力をすることが重要になります。

即戦力を求める企業も多いのが現状です。

そのため転職する際にはアルバイトでもよいので実務経験を積んでおくことをおすすめします。

実力がものをいう業界でもあるため希望している企業が取り組んでいる業務をしっかり理解しましょう。

企業の方針や業務内容とズレたアピールをしていては採用を勝ち取ることはできません。

企業が求める人材を理解して企業の要望に応えられる人材であることをアピールするようにしましょう。

そのためには企業研究が必要となります。

 

ワンポイント
自己分析と企業研究は志望動機を作成する前に完了させておきましょう。

志望動機で押さえるべきポイント

パソコンとマイク

志望動機を作成する場合、押さえておきたいポイントがいくつかあります。

基本的にはどの志望動機にも共通するポイントです。

ここではとくにサウンドクリエイターの志望動機を作成することを前提に押さえておきたいポイントについて解説します。

サウンドクリエイターになりたい理由を明確にしよう

なぜサウンドクリエイターになりたいのかは志望動機には必ず必要な項目です。

サウンドクリエイターを目指すきっかけとなったエピソードがあれば簡潔にまとめて記載しましょう。

単純に音楽が好きというだけではほかの応募者に差をつけることは難しいです。

音楽が好きなのであればどんなジャンルが好きで自分が作成するとしたらこんな音楽が作りたいという熱意を伝えましょう。

ただなりたい・働きたいという気持ちだけでは採用担当者の印象に残る志望動機は作成できません。

なぜその企業なのかを書こう

MUSICの文字

サウンドクリエイターになりたい理由を書いたら、なぜその企業なのかを記載しましょう。

サウンドクリエイターとして働ければどこでもよいのではないのかと思われてしまうと採用率が下がります。

ここで生きてくるのが企業研究の成果です。

応募先の企業がとくに力を入れている業務などをあげてこの会社でしかできないことをしたいという点をアピールしましょう。

ここでなければダメなんだという熱意をここでも伝えることが大切です。

そのためにもしっかりとした企業研究をしておくことをおすすめします。

企業にどう貢献できるのかを書こう

サウンドクリエイターになりたい理由と企業を志望した理由を伝えたらいかに自分が貢献度が高いかをアピールしましょう。

具体的な実務経験があればそれをエピソードとして伝えます。

そのうえで応募先の企業でどのような貢献ができるのかを具体的に伝えましょう。

採用担当者に自分が企業で働く姿をイメージしてもらえるような内容にすることを心がけてみることをおすすめします。

企業側が求める人物像により近づけた志望動機に仕上げることも重要なポイントです。

 

ワンポイント
サウンドクリエイターに転職したい場合には具体的な志望動機を書くことが大切です。

志望動機を書く際の注意点

音符とギター

サウンドクリエイターの志望動機を作成する場合、注意したい点が2点あります。

具体的に解説しますので参考にしてください。

企業の求めているスキルをアピールしよう

転職の志望動機で重要なのはスキルのアピールです。

すでに職務経験のある人もそうでない人も現在持っているスキルをしっかりアピールしましょう。

ただしここで注意したいのが、アピールするスキルを間違えないようにすることです。

サウンドクリエイターに転職する際にあると便利な資格は次のようになります。

  • 映像音響処理技術者資格認定
  • サウンドレコーディング技術認定
  • ProTools技術認定

こうした資格を持っていると有利です。

応募する企業によっては必要とされる資格やスキルが異なります。

そのためどの資格をアピールすればよいかを企業研究をしながら見極めることが重要です。

スキルについても企業が求める人材を見極めて即戦力になるようなスキルがあればしっかりとアピールしましょう。

具体的なエピソードと絡めて強みをアピールしよう

パソコンとヘッドフォン

サウンドクリエイター業界は実力の世界です。

資格をたくさん保有していても実際によい作品が作れなければ採用にはつながりません。

実務経験がある場合には具体的なエピソードを絡めて強みとしてアピールしましょう。

サウンドクリエイターは自分を売り込む能力も求められます。

自分がこだわり抜いて制作した作品を売り込むスキルも必要です。

ただし得意分野が偏っている場合には似たような作品になってしまっている可能性もあります。

企業で働く場合にはクライアントの要望に応じて柔軟な作品を制作することが求められるでしょう。

この場合は、より多くの実務経験を積むことで実力をつけていくことができます。

実績や実務経験があり幅広い作品を柔軟に制作できる人材であることもサウンドクリエイターに転職するには必要です。

 

ワンポイント
志望動機の作成では自分の強みをしっかりとアピールすると同時に企業が求める人物像を見極めましょう。

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

サウンドクリエイターの志望動機の例文

鍵盤とキーボード

サウンドクリエイターに転職したい人に向けて志望動機のよい例を紹介します。

参考にしながら自分なりの志望動機をしっかりと考えてみましょう。

同業種からの転職の例文

貴社で制作されたゲームサウンドの世界観に魅了されました。

ぜひ貴社でゲームサウンド制作のプロジェクトに携わらせて頂きたいと思い志望いたしました。

前職ではCMのサウンドクリエイターとして5年間勤務しました。

クライアントとのやりとりでは納得いくまで話し合い、クライアントが満足するまでサウンドを作り替えました。

数秒のCMのために多くの時間を費やすことの大変さを感じると同時にやりがいも感じることができる仕事だったと思っております。

こだわり抜いた音源をクライアントが喜んで採用してくださったときの喜びは今でも忘れることができません。

CM効果で商品の売り上げがアップしたことも嬉しい成果として記憶しています。

サウンドクリエイターとして働くなかでゲームの世界観を表現する貴社のサウンドに強く魅了されました。

そのためこれまで身につけたスキルを生かして貴社のゲームサウンド開発に貢献させて頂きたく応募いたしました。

異業種からの転職の例文

イヤフォンとノート

前職ではプログラミングをメイン業務として働いておりました。

ゲームのプログラミングを行うなかでサウンドクリエーターの方と接する機会も多くありこの仕事に興味を持つようになりました。

自分が制作したゲームの音源も自分でこだわって制作してみたいという気持ちが強くなり転職を決意しました。

貴社のゲームサウンドはユーザーに臨場感を与えるとても魅力的なサウンドだと感じています。

転職にあたり前職を退職後、現在はサウンドクリエイターのアシスタントとしてアルバイトをしています。

実際に業務を担当してみてこれほど魅力的な仕事はないと強く感じています。

現在はサウンドレコーディング技術認定に合格するために勉強も行っています。

業界経験は浅いですが、前職でゲームを制作していたときの知識を生かして貴社のプロジェクトに貢献したいと思っております。

未経験からの転職の例文

昔から音楽が好きで自分で作曲をしたり楽器を演奏したりしてきました。

サウンドクリエイターとしての実務経験はありません。

前職ではグラフィックデザイナーとして働いておりました。

描いたイラストが音を加えることで一気に世界が広がり動き出した瞬間の感動がとても好きです。

グラフィックの世界からサウンドの世界への転職は業種が異なるかもしれません。

ただクライアントの意見に耳を傾けるスキルや言葉で表現されたものを可視化するスキルは必ず生かすことができると感じています。

サウンドクリエイターになるためにMIDI検定を受験する予定です。

現在は勉強中ですが必ず貴社で貢献できる人材になって参ります。

サウンドクリエイターの志望動機のNG例

LISTENの文字

同業種からの転職の例文

サウンドクリエータとして3年勤務してきました。

前職では自分が思うような作品を制作することができずなかなか満足できる結果を出すことができませんでした。

ただスキルを身につけることはできたと自負しています。

身につけたスキルをさらに生かして活躍したいと思い転職を決意しました。

これからは資格の取得も目指していきたいと思っています。

社会に貢献できるサウンドウリエイターとして活躍することをお約束します。

異業種からの転職の例文

サウンドミキサー

前職では音楽雑誌の編集をしていました。

音楽の素晴らしさをより多くの人に知ってもらいたく、自分で作品を作り上げるサウンドクリエイターの仕事に興味を持ちました。

前職では多くの音楽に触れてきたためここで培った知識を生かすことができると考えています。

サウンドクリエイターとして自分が生み出す音楽で少しでも多くの人に癒しを与えられる人材になりたいと考えています。

貴社のプロジェクトにもぜひ参加したいと考えているため微力ではありますが頑張りたいと思います。

NG例の改善ポイント

上記で紹介したNG例では、サウンドクリエイターになりたい理由が明確に記載されていません。

具体的なエピソードも記載されていないためどちらの志望動機も曖昧で内容が薄いものとなっています。

エピソードや自分の強みが記載できない場合には自己分析が足りていないと考えましょう。

企業についても具体性のある内容が記載されていません。

企業研究が足らず、この企業でなければならない理由が明確になっていない点もNGの理由です。

この企業でなくてもよいのではないかと思われてしまうと採用率が下がります。

さらに社会貢献という曖昧な理由では採用担当者の印象に残ることは難しいでしょう。

志望動機がまとまらないときの対処法

ピアノの鍵盤

志望動機は転職活動を進めるうえで最初に突き当たる壁ともいえます。

書きたいことが多すぎてまとまらないこともあるでしょう。

逆に書くことがなくて困ってしまうこともあるかもしれません。

志望動機がきちんと作成できなければ転職活動を勝ち抜くことはできないでしょう。

基本となる志望動機を作成する段階でつまづいていてはなかなか前に進むことができません。

志望動機をしっかりまとめるためには自己分析と企業研究をしっかりと行うことが大切です。

 

ワンポイント
志望動機を作成する前には自己分析と企業研究をしっかりと行いましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

音楽を聴く女性

自己分析と企業研究を行うといっても1人で進めるには限界もあるでしょう。

そこでおすすめなのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントは転職のプロであり志望動機の作成もサポートしてくれます。

自己分析も第三者の意見を取り入れることで自分では気がつかなかった強みに気がつくこともできるでしょう。

また企業研究についても転職エージェントに力を借りることがおすすめです。

転職エージェントは豊富な企業情報を保有しています。

自分が希望している企業がどのような取り組みをしているのかという情報も共有してもらうことができるでしょう。
 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

まとめ

CD

サウンドクリエイターとして転職したい場合にはまず志望動機をしっかりと作成することが大切です。

女性のサウンドクリエイターも多く活躍しています。

女性ならではの目線や感受性を生かしてサウンドを作り上げることができる点もアピールポイントになるでしょう。

サウンドクリエイターに転職したい場合には転職エージェントの活用をおすすめします。

転職のプロに相談することでスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら