インターネットを利用した広告の増加に伴いインターネット上の広告から電話や来店をする方も多くなっています。

これらの広告は営業の有力な武器といえるでしょう。企業が取り組む営業活動を考えるうえで重要な戦略の一部となっています。

広告に反応アクションしてきたお客様に対して行う営業が反響営業です。

反響営業への転職を考えている女性もいらっしゃるかもしれません。

この記事では反響営業へ応募する際の志望動機の書き方や注意するべき点などを解説します。

求められる能力や志望動機のポイント・例文も紹介しますので参考にしてください。

反響営業の志望動機の書き方を解説

履歴書

求人を出した企業には多くの希望者が履歴書を提出します。

履歴書に記載する項目の中でも志望動機は他の希望者との違いをアピールするチャンスといえるでしょう。

アピールするための志望動機を作成するには十分なリサーチが必要です。

注意点など気を配る部分も多くなります。

しかし対策を練った志望動機はテンプレートに当てはめたような文章で提出した人と比べると格段に自分をアピールすることができるでしょう。

自分のアピールを行った志望動機は採用担当者に良い印象を与えることもできます。

採用担当者に良い印象を与えることができるような志望動機を書きましょう。

反響営業の主な仕事内容

女性

反響営業の主な仕事内容に関して詳しく見ていきます。やるべき仕事が分かれば必要なスキルも見えてくるでしょう。

何をアピールするべきか明確になりますし、何に注意しなければならないかも分かってきます。

反響営業の主な仕事内容は大きく分けると以下の2つにわけることができるでしょう。

  • インターネットなどの媒体を使った広告の企画

いかに効率的に見込み客に訴えることがでるかを考えます。

大きな反響を得るためにはどうすればいいのかを考え企画を立案する仕事です。

  • 反響のあった顧客に対する営業活動

広告を見て反応をしてくれたお客様に対して様々な対応をする仕事になります。

反響営業に求められる能力は?

女性

反響営業はお客様とコミュニケーションをとりながら要望を聞き問題の解決方法を正しく伝える必要があるでしょう。

そのため求められる能力は「聴く力」「説明する力」「学び続ける姿勢」です。

聴く力

女性

「聴く力」とは「聞く力」ではありません。

「聞く」とは音として認識するだけの事です。一方「聴く」とは内容を理解しようと真剣に耳を傾ける事を指します。

つまり「聴く力」とは顧客の希望を意識して真剣に対応する力のことです。

説明する力

営業

営業といえば話術で商談を成約される力が必要と考える方もいらっしゃるかもしれません。

営業に必要な話術の本質は顧客が抱えている問題をよく分析してそれに対する回答を順序だててわかりやすく説明することでしょう。

特に反響営業において顧客は何かしらの問題を解決したいと思ってアクションを起こしているのです。

顧客に対してその問題を解決する方法を説明することが非常に大切になってくるでしょう。

学び続ける姿勢

女性

営業にとって日々新しい事を学び続ける姿勢は大切になります。

営業が商品をどうしても売ろうとする姿勢だけですと「売りつけられるかもしれない」と思って身構えてしまう方は多いです。

反対に様々な話題を織り交ぜて会話しながら情報をそれとなく説明してくれる営業であれば身構えることは少ないでしょう。

もしかしたら好感が持てる営業だと思ってもらえるかもしれません。

様々な話題を提供するためには日々新しいことをインプットする必要があります。

営業としての魅力を高めるためにも学び続ける姿勢が非常に大切です。

 

ワンポイント
反響営業に求められる能力
・聴く力
・説明する力
・学び続ける姿勢

反響営業の志望動機を書く時のポイント

履歴書

ここからは具体的に志望動機を作成する際のポイントを見ていきましょう。

この章では反響営業への志望動機を書く時の3つのポイントをご紹介します。

志望動機には必ず必要なポイントになりますのでぜひご確認ください。

なぜその企業を選んだのか

ポイント

「なぜその企業を選んだのか」はどの職種でも非常に大切なことになります。

「企業をよく調べてあり正確に理解している人材だ」と採用担当者にアピールすることができれば他の希望者との大きな差になるでしょう。

「御社のオープンな社風にあこがれて」といった決まり文句を使用する際には注意が必要です。

具体的な理由やそう思うだけの根拠を示さなければ評価が下がってしまうかもしれません。

決まり文句で済ませるのではなく、自分にまつわる具体的なエピソードを添えて選んだ理由を説明できると好感度は上がります。

なぜ反響営業なのか

ポイント

「反響営業に対してどのような魅力を感じているのか」「どうして反響営業を選ぶのか」を明確に述べることも必要です。

「何か仕事がしたいから」「営業職をやってみたいから」といった理由だけでは不十分になります。

  • 反響営業として何をやっていきたいのか
  • どうしてその仕事内容に魅力を感じているのか
  • どんな時に反響営業をやってみたいと思ったのか

といった理由を明確にしましょう。

自分の経験から活かせる能力をアピールしよう

ポイント

反響営業に必要な能力をアピールできるスキル経験があれば積極的に利用しましょう。

「反響営業をどうして選んだのか」「なぜその企業を選んだのか」という理由と絡めることができれば良い印象を与えることができます。

  • ぜひこの会社に入ってもらいたい
  • 反響営業に向いている
  • わが社の人材として活躍しそうだ

このような印象を採用担当者に与えることができるように志望動機を考えるようにしましょう。

 

ワンポイント
反響営業の志望動機を書く時のポイント
・なぜその企業を選んだのか
・なぜ反響営業なのか
・自分の経験から活かせる能力

反響営業の志望動機の例文をチェック

紹介

反響営業の志望動機の例文をいくつかあげていきます。自分自身に合った志望動機を作成するヒントにしてください。

メモ

具体的なエピソードを交えて「なぜ応募した企業なのか」を説明しています。

「私は、システム販売のお客様窓口の業務を5年ほど行っております。

今はクレーム対応が主な業務ですが対応後ユーザーから対応態度を褒められることもあります。

ユーザーの方が納得されて笑顔になられることにやりがいを感じております。

このような経験から、お客様への提案から契約まで担当できる営業職に強く興味をもつようになりました。

また貴社の商品を私の両親も使っておりますが、よい商品ですのでもっと多くの人に知ってもらいたいと思っています。

対応していただいた営業の方は、商品の説明から契約まで丁寧な説明と終始笑顔での対応していただきました。

その姿は私が考える営業担当者の理想でした。

貴社の商品に魅力を感じていることと、お客様と直接かかわれることから、反響営業を志望いたしました。

お客様の声にしっかりと答えていける営業職を目指しています」

ポイント

実際の「社風について感じたこと」を具体的にアピールできています。

「私が貴社の反響営業を志望した理由は商品開発に多くの人に携わるチャンスがあることです。

また様々な人の意見にも真摯に対応する会社の風潮を知ったからです。

昨年の春に貴社のインターンを経験させて頂いたときにこれらの事を経験しました。

対応していただいた先輩社員の優しい態度と、理解するまで根気強く教えていただいた経験も、貴社に入社したいと思う大きな要因です。

貴社に入社できればより魅力がある商品を提案していきたいと考えています。

実際にいくつかの案を考えておりますのでできればその案を発表できるチャンスをいただきたいと思っております」

パソコン

異種業からの転職の例文です。

「なぜ反響営業に興味を持ったのか」「なぜ応募した企業なのか」を具体的に示されています。

「私は現在営業補佐の業務を行っており、顧客に提出する書類や顧客からの問い合わせに対して操作方法や追加の説明資料を作成しています。

人の話をよく聞き自分自身もお客様も納得する様にするにどうすればいいのかを考えて行動することにやりがいを感じております。

そんな経験からお客様に直接会って最初から最後まで責任を持ってやれる反響営業にチャレンジしたいと思う気持ちが強くなりました。

実際に貴社の支店で対応していただいた知人によれば、話を親身になって聞いてもらった事に好感を持っていました。

それを聞き是非貴社の一員として働きたいと思いました」

 

ワンポイント
志望動機は具体的なエピソードを添えて書きましょう。

反響営業の志望動機の時の注意点は?

注意

反響営業の志望動機について注意しなければならないポイントもあります。

ポイントは大きく分けて以下の2つがあります。

  • 書いている内容にアピールポイントがない
  • 志望内容が自己中心的な要望や希望が多い

志望動機にまとまりがなく読みにくいのは大きなマイナスポイントです。

また志望動機では自分のアピールも必要になりますのでしっかりと自分のことをアピールしてください。

「残業が少なさそうだから」「転勤がなさそうだから」といった自分の要望だけの志望動機はNGです。

反響営業の志望動機のNG例

案内

志望動機のNG例を2つご紹介します。提出する前にNG例と比べて同じ様なところがないかよく確かめてみましょう。

悪い

「私は今まで食品製造業に10年携わってきました。今は品質管理部門のサブリーダーをしています。

業務内容は日々の品質と決められたルールが守られているかのチェックです。

営業は未経験ですが時間をかければ業務をこなせると思っています。今の会社の退職理由は会社の業績不振による依願退職になります」

自分自身のアピールポイントが全くありません。また希望する理由なども明確にされていません。

良くない

「貴社のような大企業で福利厚生がしっかりとした会社で働く事を希望しています。給与水準も高く都内でも普通の生活ができるのが魅力です。

残業が少ないと聞いていますので自分の希望するワークライフバランスを実現できそうなので応募いたしました」

志望動機が自己中心的な要望や希望だけになっています。

自分のスキルなどから会社に貢献できる人材であるとアピールできているか読み返してみましょう。

反響営業の志望動機に関する疑問

疑問

志望動機を考えるときに感じる疑問についてご紹介します。

履歴書に記載した内容との差別化や他社との比較などをどう扱うかについて見ていきましょう。

履歴書と同じ内容でいいの?

書類

履歴書と職務経歴書どちらにも志望動機を記述する場合は同じ内容になることもあるでしょう。

その際には職務経歴書に記載する志望動機は履歴書よりも詳しく書くようにしてください。

動機に関しては職務経歴などと連携させるようにすれば良い印象を与えることができます。

「自分をアピールできる場所が増えた」と考えましょう。

競合他社と比較してもいいの?

疑問

志望動機は「その会社で働きたい理由」「その会社を選んだ理由」を書く必要があります。

そのため競合他社との比較は避けて通れません。

同業種の他社と比較することで応募した企業の強みや自分がその企業にどれくらい合っているのかを考えるいい機会になるでしょう。

企業の社風や理念を深く理解することもできますし自分をアピールできるポイントを見つけることにもなります。

ただし他社の悪いところや不満を伝える必要はありません。印象も悪くなってしまいますので注意してください。

 

ワンポイント
職務経歴書に記載する志望動機は履歴書よりも詳しく書きましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコン

反響営業について疑問に思うことがありましたら転職エージェントに相談するのも一つの手です。

転職エージェントは企業の情報や非公開の求人情報も持っています。

転職のプロが客観的にアドバイスを行うこともあるでしょう。

一人で疑問を抱えるよりも転職エージェントに相談して疑問を解消してください。

転職エージェントはきっと転職の強い味方になってくれるでしょう。

まとめ

ポイント

反響営業の志望動機は自分のスキルと仕事に対する貢献度などを明確にする必要があります。

「なぜその会社を志望したのか」を採用担当者に伝わるように具体的に説明しなければなりません。

これらを考える過程で「自分が反響営業に向いているのか」「転職後どのように活躍できるのか」をシミュレーションすることもできます。

しっかりとしたビジョンを持って採用担当者に興味を持ってもらえるような志望動機を作成しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら