現在SEの仕事で活躍している場合、転職を考える女性も多いのではないでしょうか。

転職の理由は人それぞれですが、どのような選択肢があるのかを知っておいたほうが転職活動がスムーズに始められるでしょう。

今回は女性SEが転職するときの選択肢やポイントを詳しくご紹介します。

SEから転職する女性の選択肢を解説

悩む女性

SEといえばIT業界の中でも高い技術や知識が必要とされる職種の1つです。

そんなSEの仕事は男性社会と見られがちですが女性SEの活躍も目立ってきました。

しかし仕事柄忙しい日々が続きストレスが溜まる女性も多いのではないでしょうか。

「このまま続けていいの?」「将来はどうなるんだろう?」と不安になることもあるはずです。

そのように不安を抱えるとSEを辞めて他の仕事をしようと転職を考えることも。

もちろん「女性が活躍する職場で働きたい」「他の職種に挑戦したい」とポジティブな理由の女性もいるでしょう。

しかしSEの仕事から転職を考える時にどのような職種がいいのか悩む人もいるのではないでしょうか。

今回は女性SEが転職する時の選択肢をIT職種と異業種にわけてそれぞれご紹介します。

女性SEから転職する理由で多いのは?

疑問

女性SEが転職する理由はどういったことが多いのでしょうか。

まずは転職する理由を見ていきましょう。

  • 長時間プログラミングすることに嫌気がさした
  • 忙しく残業が多い
  • 納期や責任というプレッシャー
  • 給料や待遇に不満がある
  • ワークライフバランスが保てない
  • 職場に女性が少ない

これらが女性SEが転職を考える理由として多いものです。

プログラミングに嫌気がさした理由としては、プログラミングそのものより長時間がネックになっています。

SEという仕事柄どうしてもパソコンの画面と向き合う時間が長くなるでしょう。

目の疲れや肩こりだけでなく、同一姿勢でいることによる腰痛に悩む女性もいます。

またSEの仕事は納期が決まっているため、進み具合によっては残業になることは日常茶飯事です。

激務なのに給料が見合っていないと不満に発展しやすいのはもっともだともいえます。

忙しく残業が多いと結婚・妊娠・出産・子育てのようなライフプランを考えた時に不安を感じてしまうでしょう。

そんな中でも活躍する女性管理職や先輩がいれば目標とすることができます。

しかし残念ながら管理職で活躍する女性はまだ少ないというのが現状です。

そのためライフワークバランスを保てる企業に転職したいと考える女性が少なくありません。

 

ワンポイント
女性SEに多い退職理由

  • 忙しく残業が多いのでライフワークバランスが保てない
  • 給料や待遇に不満がある
  • 責任やプレッシャー
  • 女性が活躍する職場で働きたい

女性SEが転職をするメリット

パソコン作業をしながら説明する女性

女性SEが現状を変えるため、将来のために転職を考えることもあるでしょう。

そんな女性SEが転職をするメリットについてご紹介します。

体力的な悩みが少なくなる

体力的な悩みが少なくなるのはSEが転職する大きなメリットといえるでしょう。

SEの仕事は体力勝負なの?と思う人もいるかもしれません。

座ってPC画面に向かっているイメージもありますが実はSEは体力を使う仕事なのです。

集中して作業をするために何時間もPC画面を見ていることもあります。

またそれだけ集中するというのは体力的にも精神的にも疲れるでしょう。

そして残業時間は平均約40時間と他業種に比べて多いのが現状です。

そのため年齢を重ねていくと「SEはキツイ」と思う人が増えていきます。

女性SEが転職するとこういった体力的な不安から解放される可能性が高いです。

ライフワークバランスが保てる

まるを出す女性

先ほど女性SEの退職理由でお伝えしたようにSEの仕事は忙しく残業が多いです。

そのためゆっくりとプライベートな時間を満喫できないこともあるでしょう。

ライフワークバランスが保てないと結婚や子育てに不安を感じる女性は多いです。

出産後は時短勤務や育児休暇の制度が整っている企業だと働きやすいでしょう。

SEであれば難しかったことが、転職するとワークライフバランスが保てるようになります。

プライベートが充実すると仕事のモチベーションを上げることもできるでしょう。

手に職がついているので様々な職種で活かせる

SEはIT業界の中でも専門性の高い知識と技術が必要となります。

そんなSEの仕事をしてきたのですから様々な職種で活かすことができるでしょう。

PCスキルは一度身につけておけば役立つことが多いです。

他の職種でも活かすことのできるスキルをもっているからこそ選択の幅が広がります。

SEから転職する際におすすめのIT職種

オフィスでPC作業をする女性

SEから転職する際の選択肢として、まずはおすすめのIT職種をご紹介します。

同じIT業界の職種だからこそ活かせる経験・知識がたくさんあるのです。

キャリアアップも目指しやすく、給料面で安心できるでしょう。

また待遇面で現職に不満があったとしても、大手企業であれば福利厚生に関する制度が整っている可能性も高いです。

社内SE

SEからの転職でおすすめのIT職種には社内SEがあります。

社内SEは企業のシステムの構築・運用・保守がメインの仕事です。

SEと社内SEの違いは何?と思う人もいるのではないでしょうか。

まずSEはクライアントの依頼を受けて業務を遂行するのがメインです。

一方で社内SEは会社の中で業務を行うので顧客対応がありません。

そのためSEほど納期が厳しくない、自分でスケジュールを立てられるといったメリットがあるのです。

その分SEよりも給料が低くなる場合が多いでしょう。

しかしSEとしての経験をそのまま活かすことができ、ライフワークバランスが保てるという面でおすすめです。

実際にSEからの転職事例が多く、参考にしやすいという一面もあります。

Webエンジニア

エンジニアの仕事

SEからWeエンジニアへの転職もおすすめの1つです。

Webエンジニアとはスマホゲーム・アプリ・ECサイトのようなWebサービスに特化したエンジニアのことをいいます。

プログラミングスキルを求められることが多いためSEから転職する女性もいるのです。

またシステムの構築・運用・保守のノウハウをすでにもっているのでスキルを活かしやすいでしょう。

ソフトウェア開発

SEからの転職にはソフトウェア開発という選択肢もあります。

ソフトウェア開発とは業務システムやゲームソフトなどを製作する仕事です。

プログラミングスキルや人工知能といった高いIT知識が求められるでしょう。

そのためIT業界で経験やスキルを磨いたSEにおすすめの転職先といえます。

 

ワンポイント
女性SEがIT職種へ転職するなら経験やスキルを活かせる職種がおすすめ。

SEから異業種は目指せる?

首をかしげる女性

IT業界で高い知識や技術をもったSEですが異業種への転職を目指す人もいるのではないでしょうか。

しかし異業種というと「大丈夫?」「やっていける?」と不安に思う女性も多いでしょう。

実際はSEという経験がプラスに評価されることが多いです。

特にシステムを扱う企業からは専門知識を持った優秀な人材として評価されるでしょう。

ここではSEが異業種を目指すことができる理由を解説していきます。

SEならではのスキルを活かせる

手に職をつけたSEだからこそ活かせるスキルがあります。

SEとして身につけたパソコン技術は異業種でも役立つことでしょう。

迅速かつ正確なパソコン作業ができればアピールポイントになります。

またIT企業でなくても多くの企業がシステムを導入する時代です。

業務システムやツールなどを使う時にIT知識をもっていれば使いこなすのも早いでしょう。

コミュニケーションスキルもアピールポイント

コミュニケーションをとりながら仕事をする人たち

SEの仕事はクライアントとのやり取りも多いのでコミュニケーション能力が身につきます。

クライアントが求めることを聞き出すためにはヒアリング力が必要です。

またシステムについての提案や説明をする能力も求められるでしょう。

これらのことを経験していくうちに女性SEはコミュニケーション能力を培っていきます。

コミュニケーション能力はどの職種でも必要なビジネスマナーのようなものです。

そんなコミュニケーション能力が高ければ異業種でも活かすことができるでしょう。

ストレス耐性も強みのひとつ

転職では自分の強みを知りアピールすることが大切です。

SEの仕事は迫る納期や責任の重さによるプレッシャーからストレスを感じることが多いでしょう。

それを繰り返すうちにストレス耐性ができる女性もいます。

仕事をする上で多少のストレスを抱えるのは仕方のないことです。

しかしストレス耐性があればそれを強みにすることができるでしょう。

 

ワンポイント
SEで培った経験やスキルを活かせば異業種でも活躍の幅が広がる。

女性SEの転職でおすすめの異業種

OKサインを出す女性
SEとしての経験やスキルを活かせば異業種への転職を目指すことができます。

それでは女性SEにおすすめの異業種を見ていきましょう。

事務

女性SEにおすすめの異業種には事務があります。

事務の仕事にはPC入力や資料作成もあるためSEとして培ったPCスキルを活かすことができるからです。

また事務職は長く働くことができる職種として女性の人気が高いです。

残業が少なく休日もしっかり取れるのでライフワークバランスが保てるでしょう。

これまでSEで激務や残業を経験してきた女性にとってメリットとなるのではないでしょうか。

将来的に結婚や出産を見据えているのなら長く働ける事務がおすすめです。

ご主人の転勤で引っ越すときにも、事務職の経験があれば転職しやすいでしょう。

経理

SEからの異業種転職には経理という選択肢もあります。

経理は簿記の知識が必要ですが一旦身につけておけばずっと使えるスキルです。

日商簿記の資格を取得すれば大きな強みになります。

また経理の仕事は企業のシステムを使うことも多いです。

そんな時にSEとしてのスキルがあれば業務に活かせるでしょう。

経理の仕事はSEと同じく集中してパソコン画面を見ることもあります。

それに慣れているSEなら集中力をもって業務にあたることができるでしょう。

ただし経理は年末調整や企業の決算前が繁忙期となりこの時期は残業があることも想定されます。

繁忙期があるということを踏まえて転職を検討しましょう。

女性SEが転職する時のポイントをチェック

checkの文字と女性

女性SEが転職する時にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

注意点を知らずに転職すると「こんなはずでは…」となることがあります。

SEから転職する時のポイントを押さえて後悔のない転職活動をしてください。

転職理由や目的を明確にしよう

女性SEが転職する時は転職理由や目的を明確にすることをおすすめします。

SEを退職すると決めた時は「辛い」「疲れた」などネガティブな感情だったかもしれません。

しかしネガティブな感情だけでは転職を成功させることはできないでしょう。

また転職活動が上手く進まないとそれ自体が苦痛になってしまうこともあります。

「SEより楽な仕事に転職したい」「とりあえず仕事先を探す」という曖昧な目的では理想の転職先には出会いにくいでしょう。

例えば「PCスキルが得意だからそれを活かしたい」「コミュニケーション能力を活かして販売の仕事をしたい」という前向きな気持ちが大切です。

せっかく転職活動をするのですから目的を明確にして新しい道に進みましょう。

アピールできる強みを把握しよう

転職活動で大切なことに自分の強みをアピールすることがあります。

採用担当者は応募者の強みを見てどのように会社に貢献するかをイメージするのです。

自分の強みをアピールするためには、まず自分自身をよく知る必要があります。

自己分析をして自分の強みを把握しましょう。

結婚や出産を機に転職を目指すには?

考える女性の画像

結婚や子育ては男女問わず仕事のやり方を考え直すきっかけになる人が多いでしょう。

特に女性の場合は結婚して家庭に入るか、出産前に退職するか、あるいは産後も同じ会社で働くかなど選択肢がたくさんあります。

そんな中で結婚や出産を機に転職したいという女性もいるでしょう。

結婚や出産は人生の中でも大きなライフイベントです。

生活に合わせた働き方をしたいという女性も多いでしょう。

しかし結婚・出産を機に転職するのはタイミングを見極めるようにしてください。

例えば結婚と転職を同じタイミングにすると新生活を送りつつ新しい職場に慣れなければなりません。

新しいことが重なるとストレスに感じる女性はタイミングをずらした方がいいでしょう。

また出産のタイミングで退職し産後すぐに再就職を目指す場合も注意が必要です。

採用担当者によっては「すぐに妊娠して休むのでは?」「子供の体調不良で休みが多くなるのでは?」と警戒されることがあります。

自分としては前向きな気持ちで転職活動をしてもタイミングによっては上手くいかないこともあるのです。

育児が少し落ち着いてから再就職する、家族に協力してもらう体制を整えるなど計画性をもって転職活動をするといいでしょう。
 

ワンポイント
ライフイベントに合わせて転職を目指すならタイミングを見極めて計画的に進めよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

指さしをする女性

SEから転職したい時に選択肢となる職種をご紹介してきました。

IT職種でSEのスキルを活かすのもいいですし異業種で新しいことを始めることもできます。

転職を成功させるためには、希望する働き方や今後のキャリア形成など具体的なイメージを持つことが大切です。

しかしどのような職種が合っているのかわからない、といった悩む場合もあります。

そして何より、現職がある場合は転職活動に割く時間などないという方が多いでしょう。

そんな時は転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントは転職者の話を聞いたうえで希望にマッチした条件の求人を探してくれるので安心です。

応募書類の添削や面接対策まで幅広いサポートがあるため、時間がなくても転職活動を始められます。

不安な部分は転職エージェントに相談しながら、二人三脚で転職を成功させましょう。

まとめ

やる気の女性

今回は女性SEが転職をする時の選択肢やおすすめの職種についてご紹介しました。

転職を考える理由はネガティブなものだったかもしれません。

しかしそれをポジティブな方向に変えて転職理由や目的を明確にしましょう。

SEは高いIT知識や技術をもっているのでIT職種でも異業種でも活躍の場があります。

自分の強みや経験・スキルをしっかりとアピールして転職を成功させてください。

転職の不安や悩みがあれば転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら