本との出会いの貴重な架け橋となる表紙や帯のデザインを手がけるブックデザイナー。

本の表紙の印象によって購入する人も多いことから良いデザインは売り上げにも貢献するという背景もあります。

作家さんの世界観を凝縮して視覚的、直感的に表現するという難しくもやりがいのあるお仕事。

憧れで終わらずブックデザインの仕事につくために効果的な志望動機はどんな風に書けばよいのでしょうか。

Contents

ブックデザイナーの志望動機の書き方を解説

図書館に並んだ本

ブックデザイナーの仕事に応募するときにはどんな志望動機を書けば相手に伝わるのかをご紹介します。

ブックデザイナーの仕事内容

本を読む女性

ブックデザイナーは装丁家ともいい、本の表紙をデザインするお仕事です。

カバー、表紙、背表紙や帯、箱入りの書籍は外箱に至るまで本の見た目に内容の世界観を施していきます。

ブックデザイナー一本で仕事をしている人は稀で、多くの場合、出版社やデザイン会社の編集者やイラストレーターが兼務してブックデザインまで手がけることが一般的です。

そのため、新人がすぐに本のデザインを任せてもらえることはあまりなく、本の構成を整えるエディトリアルデザイナーなどの仕事から出版物についての専門的な経験を積み、スッテプアップを重ねていくというキャリアプランになることが多いでしょう。

企業で経験を積み、ゆくゆくはフリーで仕事をする事も可能となります。

また、他には有名なブックデザイナーに弟子入りをして学ぶという選択もあります。

ツールとしてはパソコンのデザインソフトを使って業務にあたることとなります。Illustrator、Photoshopの操作は必須といえます。

ワンポイント
ブックデザイナーの仕事は本の表紙をデザインするだけにあらず。
地道に学びを深めてステップアップをしていこう。

ブックデザイナーに求められる人物像

本が好き

図書館と女性

まず第一に本が好きということ。思わず本の表紙に惹かれて手に取った、そんな経験があったはず。

その本との出会いを、今度は演出する側に回るんだという情熱を伝える事が大切です。

作家さんの想いを、作品の顔である本の表紙に込めて表現する感性が必要とされる仕事ですので好きであるか、興味や情熱を持ち続けていられるかは大きな要素でしょう。

相手の伝えたいことを汲み取る共感力

著者や編集者からの希望をカタチにする表現者という立場であるブックデザイナーは自分の感性だけで突っ走っていいお仕事ではないというのはご存知かと思います。

特に企業に属して動く場合はより顕著です。相手の要求を柔軟に受け止めて最善を尽くせる姿勢も重要となります。

忍耐力

前述のようにブックデザイナーは併せて他の仕事もこなすシーンが想定されます。

思っていたのと違うからとモチベーションが上がらないのではお仕事は厳しいでしょう。勉強熱心さと、忍耐も必要な要素といえます。

コミュニケーション能力

仲間

担当する書籍の作家の世界観を自身が明確に理解している必要があります。そのためにミーティングを重ねたり、会食をかねての意見交換が行われることもしばしば。

作品に著者の想いを正確に乗せるためにもコミュニケーションによるイメージのすり合わせは必須です。

学び続ける姿勢

斬新なアイデアや常に進化するデザインの世界。

新しいことを取り入れる軽やかな遊び心や常に学び続ける気持ちが表現力を飛躍させていくでしょう。

意外な要素が必要と感じた方もいるのではないでしょうか。それでもまずは好きということが大切です。

情熱を持って取り組めば才能は開花していきますし、やってみないことには可能性も広がりようがないですから、興味を持った自分を大いに認めて前向きなチャレンジを続けていきましょう。

志望動機を書く前の準備

応募書類

ブックデザイナーに限らずですが、志望動機を書くときには自己分析をしっかりすることが役立ちます。

なぜ、この仕事をやりたいと思ったのか、深く自分に問いかける時間を取ってみてください。

核がしっかりしているとそこから広げていけるので動機付けがスムーズでしょう。その上で各知識について理解をしていくとよいでしょう。

ブックデザインの知識を深めよう

本
本のデザインを知る上で本を見るのが手っ取り早いです。書店や図書館はインスピレーションの宝庫といえるでしょう。

なんとなく眺めていた本の表紙、デザインに着目して違った角度から見てみると新鮮な発見があるはず。

本には各所にエディトリアルデザインという出版物をキレイに見やすく整える方法が散りばめられています。そういった知識を念頭に入れて見てみるだけでも学びはあるのです。

デザインについての展示会などは頻繁に行われているので、その気になればヒントはあちこちに転がっているでしょう。
また、編集の知識や紙の材質によっても変わる印刷のされ方への理解も求められます。

本のデザインは、使う素材などの選出も含まれるので、より最適なデザインを目ざす上でその点でも広い知識が必要となります。

応募先の企業のことを知ろう

志望動機を綴る上で、相手の企業について調べるというのはとても重要です。

これからその組織の一員となって同じ目的に向かって進むのですから、相性も含めてよく見極める必要があります。

会社ホームページの会社概要や企業理念、社長挨拶などを調べてみましょう。

自分の感性にあっているのか、この会社ならではの魅力や強みはなんだろうかと自分なりに整理してみると動機への理由付けにつながっていきます。

また、自分が応募する職種であるブックデザインの事例を見ておくことも大切です。

実際にその会社が手がけた本を探してみても勉強になるでしょう。

自分のデザイン志向が企業とマッチしているか確かめよう

応募先企業の作品である本を見てみましょう。自分が育もうとしている作品やデザインの仕方にマッチしているか?

その企業の得意とする本のジャンルや、デザインの方向性をしっかり把握しておきましょう。

感性が大切なクリエイティブ系のお仕事では、なんとなくの違和感は後々の不満になることが。

この段階でしっかりと自分にしっくりくる企業なのかはハッキリさせておきましょう。

ズレを感じるのであれば応募はやめておくなど、余計な労力を削らずにも済みます。マッチする企業なら志望動機にも自然と情熱が込められるものです。

ワンポイント
ブックデザイナーへの志望動機を描く上で自己分析と会社研究がものをいう

志望動機で押さえるべきポイント

パソコンを持つ女性

ブックデザイナーの仕事に応募する際の志望動機ではどんな点を考慮して書けば効果的なのかご紹介します。

しっかり志望動機を作ることで面接でも安心して話すことができます。

ブックデザイナーとして働きたい理由を明確にしよう

ブックデザイナーという仕事を目指すようになったきっかけをクリアにしましょう。憧れだけだと他の多くの方も感じることと一緒かもしれません。

そこからなぜ一歩踏み切って企業への応募まで決めたのか。本の表紙をデザインすることで何を実現させたいのか。仕事から何を学んでいきたいのか。

自分がやってきたことで活かしたい何かがあるのか。自己対話も交えて「この仕事だから!」という決め手を見つけてみてください。

その企業でなければならない理由を考えよう

この企業に応募を決めた理由を明確にしましょう。ここでも企業研究自己分析が生きてきます。

会社の強みやこだわりを汲みとって自分はそこにどんな風に共感したのか。自分のどの部分がその会社に貢献できるのかを上手に組み込んでいきましょう。

採用後のビジョンを書こう

女性やる気

企業は即戦力も求めますが、これからどのように成長していきたいのかも重視しています。

特にクリエイティブな会社はその人の夢を一緒に実現させたいという考えを持っているところも多いです。

自分のビジョンで会社と一緒に進歩していこうという意欲が伝わると効果的でしょう。

ワンポイント
その企業を選んだ理由をしっかりと述べよう。
会社に入ってからどうなりたいのかも明確にしておきましょう。

志望動機を書く際の注意点

指摘

「憧れ」だけでは弱いです。どの分野でもデザインというお仕事は人気があり、かつ目指す動機が憧れからくる人が多い職種といえます。

やってみたいんだ!という意欲を伝えることも大切ですが、企業としてはその上で、「では何ができるのか?」現状のスキルや考え、これからどのように発展していくのかを聞きたいのです。

また、自社のサービスや事業にマッチするスキルを持っているのか、目指す方向性が共感できるものなのかも大切なポイントとなります。

企業の求めているスキルをアピールしよう

その意味でも、企業研究として応募先の会社のホームページなどをよく見てみるといいでしょう。

会社の手がけたブックデザインはもちろんのこと、どのような考えや方向性を持って進んでいる会社なのかを会社の経営理念や代表の挨拶を見ることでイメージを持つと、その組織での自分がやってみたいこと役割を思い描きやすくなります。

また、具体的に業務に使うパソコンのソフトの知識は必要といえます。illustratorやPhotoshopの実務経験やそれに相当するスキルがあることが条件の求人がほとんどです。

全くの畑違いの分野からの転職の場合は勉強している、もしくはその知識があるということも付け加えるといいでしょう。

具体的なエピソードを書こう

ブックデザイナーへの転職を希望していて前職もデザインに関わっていた場合には自分の手がけた仕事の具体的な例はアピールポイントになります。

どんな仕事を手がけ、そのデザインについてどんな思いを持っていたのか、気をつけた点や仕事の進め方などについても伝えると企業側も一緒に仕事をする時のイメージを共感しやすくなります。

共通のビジョンが描けるというのは実現力が高いですので非常に有効です。

また逆に、以前はまったくデザインとは違う仕事をしていた場合でも具体例は生きてきます。その人ならではの物事への向き合い方はどんな仕事でも現れるからです。

その上で、これからの仕事にこのように活かしていきたいということを関連つけて記載していきましょう。

今、ブックデザイナーになるべく勉強していることや今後どうなっていきたいかを盛り込むといっそう効果的です。

ワンポイント
企業の欲しい人材であることを具体例を加えてアピールしましょう。

志望動機の例文

女性の手、シャープペンシル、ノート

ブックデザイナーに応募したい場合の志望動機の記入例を挙げています。ぜひ参考にしてみてください。

前職がクリエイティブ系の仕事例

「現在、広告会社でウェブの広告デザインの担当をしております。以前より本に親しむ習慣があり、特に御社の手がける詩集を愛読しておりました。

その表紙の世界観にも惹かれて手に取ったことが印象に残っていて、自分の学んできたデザインをぜひ御社のブックデザインに生かせるチャンスと思い応募いたしました。

仕事で培った最適な素材の選び方には自信があります。

情報収集がネットで完結できる時代の中、本ならではのデザインや素材を柔軟に取り入れて、出版業界を盛り上げていきたいと考えています。」

未経験からの挑戦の例

「私は、日頃より手に取る本のデザインについて興味を惹かれて、どういった意図で作られているのかなどを考えるのが好きでした。

現職は一般事務でマニュアルを作成することもあり、書籍のレイアウトにも関心を深めてまいりました。

御社では専門書を扱っていることが多く、誌面のレイアウト効果による解説のわかりやすさや、洗練されたスマートさと気品やハイセンスを感じさせるブックデザインに魅力を感じ、その技術を学びたくこのお仕事を希望いたしました。

未経験からのチャレンジではありますが自身でもブックデザインに必要な勉強を重点的にしながら、日々の業務から学べることを吸収して、個性あふれる書籍の魅力を打ち出せる本のデザインをできるようになり、本と読者の出会いの架け橋となる仕事をしていきたいです。」

自分の持ち味をアピールする例

「私は本の表紙に惹かれて手に取ってしまうことがよくあります。

中でも御社の本のカバーデザインに惹きつけられるものを感じており、今回ブックデザインの仕事に応募いたしました。

学生時代は専門学校でデザインを学んでおりました。自由な発想力が評価されて、校内のコンクールでも優秀賞をいただいたこともあります。

現在は雑貨店の販売業務をしていて、お店の商品のポップ作りなど、パソコン上でデザインソフトを使った業務には親しんでおります。

また、日常的に接するお客様とのコミュニケーションにおいて、相手の求めているものを正確に把握する力もつけてきました。

御社は幅広い分野で出版をされていて、ブックデザインの仕事やそれに関わる編集の知識も深く学べる環境と思いました。

作家さんや編集の方とのコミュニケーションを大切にして、作品の世界観を一目で感じさせるブックデザインを心がけてより多くの方の手に取ってもらえる本を世に送り出したいと思います。」

志望動機のNG例文

バツを出す女性

NG例:ビジョンが弱い

「私は本を読むことが好きで、また本の表紙の芸術性にも非常に興味を持っていました。

アルバイトの傍ら、独学ではありますが、ブックデザインに必要なデザインの知識を学んでいます。

illustratorやPhotoshopも最低限使うことができるようになりました。御社の得意とされる写真を使ったコミカルなブックカバーを自分も手がけてみたいと思っています。」

将来の展望が書かれていないことと、ブックデザインだけにやる気が偏ってしまっている印象で、後々の食い違いが懸念されてしまいます。

NG例:動機が独りよがり

「私は常々本の表紙を見ては、もっとこのようにしたら内容を暗示できるのに、と思うことがありました。

御社の書籍をよく読ませていただいていましたので、この度自分のそうした才能を活かして、本のデザインに関わらせていただきたく応募いたしました。

本の著者の意図を汲み取ったブックデザインをこなしていきたいと思います。」

志望動機がひとりよがりで魅力を感じてもらえません。

転職の悩みは転職エージェントに相談

今までとは違うお仕事だけどやってみたい、もしかしたらこっちのお仕事の方が自分には合っているんじゃないか。

そんな疑問が浮かんでいる時は転職に対して真剣に考えてみるタイミングかもしれません。未知なる扉を開けるのはちょっぴりこわいもの。

一人では心細いことも転職のプロに相談すれば案外あっさり実現してしまうことも珍しくありません。

効果的な志望動機の書き方のアドバイスなども受けられるので、積極的に活用して憧れのお仕事への切符を手に入れてくださいね。

まとめ

図書館で勉強する女性

ブックデザイナーへの志望動機は目指した理由と学び続ける姿勢をしっかりアピールして将来性を明確に表現しましょう。

今までやってきたことで生かせるスキルを上手に盛り込むことで先方から魅力的な人材と評価されるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら