映像業界やゲーム制作など様々な業界で活躍するシナリオライターに転職する場合、具体的な自己PRが必要とされています。

特に未経験の方は、熱意のこもった自己PRを行うことが採用を左右するポイントです。

そこでこの記事では、自己PRの書き方についてご紹介します。

併せて自己PRの例文や、上手く書けないときの対処法についてもまとめました。

シナリオライターへの転職を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

シナリオライターの自己PRの書き方を解説

ノートにボールペンでメモ

シナリオライターの自己PRを書くときは、まず採用担当者に「この人に会ってみたい」と思ってもらうことが重要です。

そのためには自分の強みや活かせるスキルを、効果的に記載するのがポイントとなります。

さらに採用担当者が知りたいと思っている項目を、的確にアピールできるのがベストです。

面接につながるような内容の制作を目指しましょう。

ここからは具体的な自己PRの書き方について解説していきます。

 

ワンポイント
 シナリオライターの自己PRに必要なのは自分の強みと活かせるスキル。

自己PRを書く前に

ノートとペンを持つ女性

自己PRを書く前に、まずは大まかな構成を考えてみましょう。

具体的には仕事へのこだわりを明確化し、これまでの実績や経験を整理する作業です。

共通するポイントは、具体的かつ簡潔に表現することです。

応募書類のスペースは限られているうえに、まとまりのない文章では採用担当者が読むのに疲れてしまいます。

特に一つのエピソードを取り上げる際は、順序だてて相手に伝わるかどうかを常に意識しながら作成しましょう。

仕事へのこだわりを明確にしよう

ノートにメモする女性

仕事へのこだわりを明確にすると、自分の強みを上手にアピールできます。

例えば前職での仕事に対する姿勢や、制作の質を高めるための自分なりに行っている工夫などです。

また自主的にライターとしてのスキルを勉強している方は、積極的にアピールすることで職種への熱意が伝わるでしょう。

大切なのは、自分の人間性がわかるようなエピソードを取り入れることです。

どういった状況でどんな行動を起こし、何を思ったかを丁寧に説明しましょう。

これまでの実績や経験を整理しよう

デスクトップと小物

これまでの実績や経験を書くときは、まず内容を整理しておくことが重要です。

実績を単純に挙げていくのではなく、転職後にどう活かせるかを説明できるかがポイントとなります。

また数値や受賞歴など実績の根拠がある場合は、具体的に記載しましょう。

他職種から応募する場合も、シナリオライターが求めらていることと共通するスキルや経験をアピールしてください。

直面した課題に対してどのように考え、行動した結果どんな成果を出したか順序だてて説明しましょう。

シナリオライターは実績が重視される

仕事を楽しむ女性

シナリオライターへの転職では、多くの場合実績が重視される傾向にあります。

クラウドソーシングや業務委託など、少しでも経験がある場合は積極的にアピールしましょう。

実績を持っている方は履歴書や職務経歴書とは別に、ポートフォリオを提出するのがおすすめです。

ちなみにポートフォリオとは、自分の実績を評価してもらうために作成する資料となります。

応募書類に記載しきれない情報がしっかりと伝えられるので、クリエイティブ業界の転職ではよく使われるものです。

 

ワンポイント
 シナリオライターの実績をアピールするにはポートフォリオを提出しよう。

シナリオライターとして活かせるスキル

ペンを持ち考える女性

シナリオライターとして活かせるスキルは、基本的な文章力発想力です。

書くことが好きでなければ続けられない仕事なので、特に文章力は転職前に身に付けておくべきスキルといえるでしょう。

また締め切りを常に意識する必要があることから、執筆スピードも大切です。

さらに業務を行う際はWebデザイナーやディレクターなど、様々な職種と連携するので進行管理能力も活かせます。

制作の質も重要ながら、全体的な流れを掴んで遅滞なく進行させる能力が求められているのです。

自己PRで押さえるべきポイント

ノートを持つ若い女性

シナリオライターの自己PRで押さえるべきポイントは、採用担当者の興味を引く内容にすることです。

「自社ではこういう働き方をしてくれそう」とイメージできるように、効果的なアピールをしましょう。

効果的な例とは、まず応募企業に合った強みを考えることです。

そして強みを裏付けるエピソードと、実績の根拠を明確にして説明しましょう。

最終的には企業にどう貢献できるかに結び付けるまでが、ひとつの流れとなります。

応募企業にあった強みを考えよう

机の上のコーヒーとペン

単純に自分の強みをあげるのではなく、まずは応募企業に合った強みを考えることから始めましょう。

そのためには応募企業の情報収集が欠かせません。

求人サイトや口コミサイトをチェックしながら、どんな人材が求められているのか把握します。

そして自分の経験を振り返り、強みになるものを取り上げましょう。

職種未経験の方でも、活かせるスキルをはじめとした共通する強みがあれば自信を持ってアピールできます。

強みを裏付けるエピソードを書こう

ノートとペンを持つ女性

自分の強みをアピールする際は、裏付けとなる具体的なエピソードを書きましょう。

例えば未経験で前職が事務職だった場合、社内用の情報紙を作成していたというような経験です。

情報紙を作成していたときに苦労したことや、構成で自分なりに工夫した点を丁寧に説明してください。

この具体的な部分が、採用担当者にとって人間性を把握する重要なポイントとなります。

仕事に対する姿勢や意欲をアピールしましょう。

実績の根拠を明確にしよう

原稿用紙と虫眼鏡

前職での実績を書くときは、根拠を明確にすることが重要です。

受賞歴や数値など、誰もがわかるような根拠を提示しましょう。

具体的なエピソードに伴う実績が明確に示せることで、より説得力のある自己PRになるのです。

受賞歴や数値で出すのが難しい場合は、業務を行ううえで自分なりに行っていた工夫と成果を説明します。

また転職先に関連する資格を取得、あるいは勉強中の場合は併せてアピールしましょう。

企業にどう貢献できるのかを書こう

オフィスでミーティング

具体的なエピソードや実績をもとに、最後は自分が企業にどう貢献できるかを書きましょう。

採用担当者が「自社ではこういう働き方をしてくれるのか」と納得できる内容にまとめるのが理想です。

応募企業が求めている人材に合ったアピールができれば、未経験でも採用のチャンスが見えてきます。

多くの企業は転職者に対して即戦力となることを期待しているため、入社後がイメージできる書き方を心がけましょう。

ちなみに履歴書と職務経歴書はどちらも自己PR欄がありますが、異なる内容にした方が相手に本気度が伝わります。

 

ワンポイント
 自己PRは応募企業に合った強みを明確にどう活かすか伝えることがポイント。

シナリオライターの自己PRの例文

万年筆と原稿用紙

ここからはシナリオライターの自己PRに使える例文をご紹介します。

ただしあくまでも参考としていただき、実際に作成するときは自分の言葉に変えて書くことが重要です。

大まかな構成のポイントを踏まえたうえで、自分なりのアピールを行いましょう。

例文に共通しているポイントは、スキルと実績の比率をバランスよくアピールしていることです。

そして応募企業に対する関心の高さや活かせる経験は、情報をリサーチしたうえで積極的に伝えます。

前職の経験をアピールした例文

ノートにメモを取る女性

前職では〇本のシナリオを製作しました。

ときには急な変更を依頼されることもあり、何度も修正した経験から忍耐力が身に付いています。

またスクリプト経験制作も経験し、Illustrator・Photoshopを使用しました。

御社では昨年大きな話題を呼んだ「○○シリーズ」制作に関わりたいと考えています。

今までの経験やスキルを活かし、更なるシリーズの発展に貢献できるよう努力する所存です。

志望動機からアピールする例文

明るい部屋でパソコン操作

前職では事務職を〇年経験しています。

その中で社内の情報紙を作成する業務を担当し、読み手の心に響くような内容にしたいと強く意識するようになりました。

そのためプライベートでは趣味の小説を執筆し、去年応募した〇社のコンテストでは優秀賞を獲得しています。

御社は「○○シリーズ」をはじめ魅力的な世界観がある作品を出しており、自分も制作に関わり活躍したいと考えました。

現在はシナリオライターの勉強を行っており、実践的な知識を身に付けられるよう努力しているところです。

学ぶ意欲をアピールする例文

ノートにメモを取る女性

○○大学を卒業後20○○年に新卒入社し、広告代理店の制作部でコピーライターの業務を〇年取り組みました。

ライティングで力を入れていたのは、読み手を意識した情報収集です。

取引先企業から提供された資料だけではなく、現場担当者から経営陣まで幅広くインタビューさせていただきました。

様々な立場の人の声を聞き、本当に求められているものをつくるという経験はゲーム作りでも活かせると考えています。

前職を退職後は専門スクールに半年間通い、貴社で夢を実現させたいと思い応募させていただきました。

シナリオライターの自己PRのNG例

パソコンを使いながらNG

今度は、気をつけたいシナリオライターの自己PRのNG例をご紹介します。

ポイントは応募企業が求めている人材とはズレたことをアピールすることです。

前職では活かせる一面であったとしても、応募企業ではそれほど必要とされていないということも十分考えられます。

また参考例をそのまま使うのではなく、自分の言葉を入れることも大切です。

採用担当者は多くの応募書類に目を通しているので、心のこもっていない文章では興味を持ってもらいにくいでしょう。

抽象的な強みをアピールするNG例

NGのジェスチャー

「前職では持ち前の明るさを発揮して、職場内のコミュニケーションを図りました。

貴社でも周囲とのコミュニケーションを大切に、協力しながら頑張っていきたいと考えています」

上記の例だと強みが明るさなのはわかるものの、その結果がはっきりとしていません。

コミュニケーション力があるとアピールするなら、その結果仕事にどう影響したのかまでをしっかり話しましょう。

また転職後の意気込みについても、どの会社にも当てはまるような抽象的な表現では印象が薄れてしまいます。

活かせるスキルがズレているNG例

NGのジェスチャー

「前職ではシナリオを〇本作成し、質を重視した制作を心がけてきました。

自分が納得できるまではとことん内容を精査し、情報収集を徹底してきたので悔いのない作品に仕上がっています」

上記の例では品質にこだわる能力をアピールしていますが、企業によってはNG例となるので注意が必要です。

例えば応募企業が進行管理能力を重視して採用を決めていた場合、納期が守れない人なのではと不安な印象を受けます。

応募企業がどんな人材を求めているか、事前の情報収集が非常に重要です。

 

ワンポイント
 自己PRにズレたアピールや抽象的な表現はNG。

自己PRが上手く書けない時の対処法

考え事をする女性

ここからは自己PRが書けないときの場合に、おすすめの対処法をご紹介します。

社会人経験が浅い方は、自己PRに書くべき内容がないと悩んでしまう方が少なくありません。

しかし重要なのは「できる自分」を無理にアピールするのではなく、自分の経験をどう活かせるか考えることです。

そのためには、今までの自分をあらためて振り返ってみる作業が必要になります。

併せて転職エージェントを活用しながら、自分らしい自己PR作成にチャレンジしてみましょう。

自己分析をして強みを把握しよう

考え事をする女性

まずは自己分析をして、自己PRに使える強みを把握することから始めましょう。

そのためには今までの経験で印象に残るエピソードを、箇条書きでいいので書き出してみるのがおすすめです。

そして作成した一覧を確認し、応募企業でも何が活かせるのか考えてみてください。

ピックアップした経験を基に文章を作成すると、自分の伝えたいことが具体的に見えてきます。

文章にする際は起きた物事だけではなく、そのとき自分が何を考えどのように行動したのかを意識して書きましょう。

転職エージェントを活用しよう

パソコンを操作する女性

転職エージェントを活用することも、自己PR作成に有効な対処法です。

自己分析との違いは、エージェントから「他己分析」をしてもらえる点にあります。

他己分析とは第三者の目から評価をしてもらうことで、自分では気づかない良さに気づける貴重な機会です。

自己分析を行っても内容を上手く整理できなかった場合は、ぜひ活用してみましょう。

自己PRに使える内容の幅が広がることから、併用するのも効果的です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンを操作する女性

シナリオライターへの転職をはじめ、転職の悩みは転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは他己分析だけではなく、幅広い求人の中から転職者に合った企業を紹介しています。

中には非公開求人も多く含まれており、個人で探しきれない好条件の企業に出会えるチャンスです。

また転職までのサポートもしっかり行ってくれるので、心強い存在となるでしょう。

効率よく転職するためにも、ぜひ活用してみてください。

まとめ

ノートにボールペンでメモ

シナリオライターは実績が重視される職種なので、何を活かせるか効果的に自己PRすることが大切です。

未経験の方でも応募企業が求めている人材を把握し、ポイントを踏まえたアピールができれば充分チャンスはあります。

例文を参考に、自分らしい自己PRを作成してみてください。

書き方に迷う場合は、自己分析や転職エージェントを活用しながら自分の良さを再発見してみましょう。

シナリオライターに転職して活躍することを目指し、頑張ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら