IT系の製品などの最終段階で活躍するテストエンジニアに転職する際の方法についてです。

未経験者からテストエンジニアになるためのポイントを紹介します。

また、テストエンジニアに向いている人の特徴なども併せて解説する特集です。

テストエンジニアに未経験で転職する方法を解説

スマホを持つ画像

電子機器やソフトウェアなどの日本製品は世界中で高評価を得ています。その品質に貢献しているのがテストエンジニアです。

テストエンジニアは製品が世に出回る直前に品質管理をしてミスや修正点を見つける役目があります。

完成した製品にテストを実施し動作に問題点・脆弱性がないかなどを検証することが仕事です。

今回はテストエンジニアに未経験でも転職できるかを解説していきます。

テストエンジニアの需要は?

アプリの画像

テストエンジニアの需要はこれからも続くと思われます。

手元に届く製品やサービスには誰しも大きな期待を込めるものです。

そのため、ソフトウェア製品やアプリが正常に動いてくれるかどうかは、企業にとっても死活問題になることです。

もし、テストで不備が出たまま製品化されてしまうと、どのような事態に陥るでしょうか?

テストもされずに世の中へ出て思わぬ事故や事件になってしまったら、大きな損失やダメージに繋がってしまいます。

安心を提供する役割は製品作りに必要です。同時にテストエンジニアの需要がなくなることはありえないでしょう。

テストエンジニアの未経験求人から仕事内容をチェック

タブレットの画像

テストエンジニアとは、完成したサービスや製品が正しく機能しているのかをテストする役目を持っています。

完成した製品に不備がないかを調べて、修正の指示もするといった品質担保の役割を持っている職業です。

ゼロベースから開発をするには高度なスキルが必要ですが、比較的にテストエンジニアは未経験からの転職が歓迎されています。

では具体的に、実際の求人案件の内容を紹介しましょう

具体的に検証していただくのは有名メーカーの製品・システムと、アプリやゲームなどが中心です。

とくに今後はゲームの分野の授業拡大をビジョンとして考えています。

そのため開発者としてなら難しい工程が組まれていく世界です。

その一方で、テストエンジニアとしての正確さを重視しています。

未経験者でも一から育てていく制度・研修が整っているのが特徴です。

手順書も用意されているので、未経験の方の応募もお待ちしています。

ガッツポーズする女性の画像

業務内容は弊社開発アプリおよびシステム全般の品質管理です。

テスト設計からテスト進行管理・開発者へのフィードバック管理・メンテナンス実行と品質改善提案などをします。

未経験分野にはチームでサポートする方針ですので安心しながら仕事ができるでしょう。

女性も働きやすい環境・制度が整っています。

働き方はリモート環境を取り揃えているので在宅でも可能です。

出社する場合は、最先端のデバイスやWEBシステムが扱えます。希望に添って仕事のシフトが調整が可能です。

月単位の長期案件が充実しています。テストは末端の仕事に限らず、計画書作成・設計の案件も可能です。

経験浅めな方や第二新卒の方も歓迎します。

 

ワンポイント
テストエンジニアの求人は未経験優遇が多い。

未経験者に求められることは?

スマホを持つ画像

テストエンジニアは未経験者でも広く募集がされているので、比較的に転職しやすい職種です。

しかし当然ですが、どのような職業にも素質やスキルが必要となり、誰もが適性の判断をします。

テストエンジニアも、一定レベルの条件をクリアできなければ転職が成功しません。

テストエンジニア未経験者に求められている条件やスキルとは何でしょうか?

では、テストエンジニアにはどのようなスキルが必要なのかを紹介します。

コミュニケーション能力

テストエンジニアは地道な印象があります。しかし業務を通じて相手に説明をして納得してもらうという場面も多くあります。

しかもほとんどの現場はチーム制で動いていることが多い世界です。

そのためにもコミュニケーションについての一般的なスキルは重要です。

これはテストエンジニアに限らず、IT系エンジニア全般にもあてはまります。

ExcelやWordの操作スキル

パソコンを打つ画像

通常のパソコンに装備されているオフィス関連ソフトの基本操作は熟知していることもスキルの1つです。

テスト結果を相手に伝えるためのスキルとして、資料作成能力が求められます。

もしテストの結果で問題点や改善点がでたら、わかりやすく質の高い資料を作らなくてはなりません。

テストエンジニアには報告義務も発生し、そのためにオフィスツールは活用されています。

作成するにはWordやExcelの扱いが重要です。普通のオフィスが使えることが望ましいでしょう。

 

ワンポイント
未経験者にはコミュニケーションなど基本的なことが必須となる。

テストエンジニアに向いている女性の特徴

カフェにいる女性の画像

テストエンジニアは特殊な業務でもあります。徹底した正確さや失敗してもめげない強さがないと務まらないでしょう。

地道にコツコツとものごとへの集中を高めることができれば、テストエンジニアとして最適です。

やはり性格上で向いているかいないかの分別をわきまえることが大切です。

そこでここでは、テストエンジニアに向いているタイプの人について、その特徴を解説していきましょう。

単調な作業も飽きずにできる

テストエンジニアに向いている特徴として、単純作業が苦にならない人が最適です。

製品化前の開発段階では、テスト環境が整わないと不具合が判明せず失敗を繰り返すことがあります。

最終的に納得のいく答えを導き出すまで、単調なテスト作業を繰り返さなければならないからです。

これはいつ終わりが見えてくるのか分からないので、その長い時間につきあえる性格が問われます。

単調な作業でも根気強くやり通せる性格の人が向いているでしょう。

作業の要領がいい

男性に説明をする女性の画像

テストエンジニアに向いているのは、仕事の要領がいい人です。

単調な仕事が多いテストエンジニアは、膨大な作業に追われてしまうことが日常的です。

それらをしっかりとこなすためには工夫をしなくてはなりません。

そのため優先順位をつけながら効率のよい考え方で仕事を進行できる人でなくてはなりません。

効率のよさが求められるので、悪い意味での要領のいい人はむしろ向いていません。

大切な作業を面倒だからと省いてしまうなどは、あってはならないのです。

計画を立てるのが得意

常に計画性を持って仕事を遂行できるような人こそ、テストエンジニアに向いていると見なせます。

どうしても膨大な仕事量があるので、業務が混雑になることやマルチタスクも要求されていくからです。

テストエンジニアの業務の中には、テスト計画を立てることも仕事の1つとしてあることも理由といえます。

計画が良ければその後の仕事の進捗もスムーズになっていくことでしょう。

そのため、プライベートでも計画を立てて実践できるくらい計画好きな人ほど、順調に仕事をこなしているのが現状です。

テストエンジニアに向いていない性格や特徴は?

手帳の画像

テストエンジニアの仕事は、テスト作業を単純に繰り返すことが多いこともあり、絵の下の力持ち的存在です。

SEなどのような、社会的に日の目を見るような存在にはなれないデメリットがあります。

しかも、せっかく作り上げた製品へ、客観的でありながらもダメ出しをしなくてはなりません。

転職を志す前に、やはり性格でテストエンジニアに向いているタイプかそうでないかを分別しておく必要があるでしょう。

ここでは、テストエンジニアには向いていなさそうな性格の人について解説します。

単調な作業が苦手

テストエンジニアに向いている人の特徴が、単純作業をしていても苦にならないタイプだと先述しました。

その観点から逆なタイプの人は向いていないでしょう。つまり、単調な作業をしているとすぐに飽きてしまうタイプです。

地道な作業や調査を1人でできない人は、他の職種を選ぶほうがが無難ではないでしょうか?

コツコツと少しずつ積み重ねることが好きではない人には、テストエンジニアは適した仕事ではないでしょう。

単純作業だから楽そうだというのも勘違いです。

細かい違いを見つけるのが苦手

テストエンジニアに向いていない人は、細かい作業や些細な発見をすることが苦手です。

性格が大雑把で面倒くさがりなタイプの人は向いていません。

上述したように、テストエンジニアは単調な仕事をしつつも、正確性を追求する重要な役割があります。

正確な動作をするためには細かい部分にも目が行き届いていることが大事です。

繊細さを保って品質アップに貢献できる人物が望ましいでしょう。

 

ワンポイント
単調なことや繊細なことが苦手だとテストエンジニアには向いていない。

テストエンジニアへの転職に資格は必須?

本を読む画像

テストエンジニアの業務を行なう上で、資格の取得は必須ではありません。

とくに所持していなくても業務そのものは続けていくことができます。

ただし多少でもキャリアアップなどを目指したいのであれば、所得しておくと有利な資格はいくつか存在します。

テストエンジニアとしておすすめの資格にはJSTQB認定テスト技術者資格・IT検証技術者認定試験が代表例です。

他にも基本情報処理技術者試験・ソフトウェア品質技術者資格などもよいでしょう。

未経験者としてテストエンジニアを目指すのであれば、資格取得をしてアピールすることで努力を評価してくれます。

テストエンジニアへの未経験転職を成功させるには

初心者マークを持つ女性の画像

テストエンジニアは未経験でも広く募集が掛けられているので、その気になれば転職が可能なフィールドです。

とはいっても、目を閉じてても内定が出るというわけではなく、そう甘いものではありません。

テストエンジニアに相応しいベースメントな部分を把握しているかが問われます。

当然IT系の職種なので、IT関連のスキルや知識は必須です。他にも未経験で転職を成功させるためのコツがあります。

とても根本的な内容ですが大切な要因ですので解説していきましょう。

自己分析をしよう

あらゆる転職活動で欠かせない行動の1つが自己分析です。

自分がその職に就くために素質があるかどうかは、自分を客観的に判断しないと見つかりにくいからです。

自分はどのような人間なのかをツールで判断することもできます。ネット上で検索すれば出てくるはずです。

他にも、過去の自分を棚卸して、職務経験や実績も整理しておきしょう。

企業研究をしよう

転職活動には企業研究も欠かせない作業です。

自分が応募する会社の情報をチェックして、面接の際に大いに活用できるレベルにしておきましょう。

必ず質問事項として「当社を選んだ理由を聞かせてください」と言われるはずです。

どの会社の面接官も、自社を選んだ理由は聞きたいのが本音といえます。

自分らしさと納得されるような理由付けをしなくてはなりません。

まずは企業研究をして、自分がなぜこの会社を選ぶのかをあらかじめ考えてみるようにしましょう。

転職エージェントを活用しよう

テストエンジニアの転職活動で活用するものは、求人サイトや情報誌、ハローワークなどいくつもあります。

その中の1つに転職エージェントへの登録も加えておき、うまく活用することをおすすめします。

転職についての悩みや些細な質問なども、担当アドバイザーが親切に応えてくれるはずです。

とくに未経験分野については、転職エージェントのアドバイスを守りながら行動ることがベストです。

 

ワンポイント
自己分析や企業研究をしながら転職エージェントも活用してみよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ノートパソコンを見る女性の画像

企業が求める理想像に自分を近づけることは、転職活動で最重要な取り組み方です。

そのためにも転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか?未経験分野での活動は不安がつきものです。

担当アドバイザーは、面接での質問の傾向や回答方法についてのアドバイスもしてくれるでしょう。

転職についての専門性の高い転職エージェントは大いに利用価値があります。

まとめ

パソコンを楽しむ女性の画像

ますます情報化社会となり、ソフトウェアやアプリの製品需要も高まっています。

さらにはAIやIoTといった仕組みが出来上がっていく中で、益々その必要性が叫ばれ始めた頃です。

安全性や快適さを提供するためにテストエンジニアの存在が欠かせなくなってきました。

IT製品にとっての最後の砦であり縁の下の力持ちといえるのではないでしょうか?

とても重責のある仕事としてなくてはならない存在です。

テストエンジニアの必要性は始まったばかりなので、これからも需要は伸びることでしょう。

未経験からでもチャレンジが可能ですので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら