皆さんは「マークアップエンジニア」という職業をご存知でしょうか。

マークアップエンジニアとは、HTMLやCSSなどマークアップ言語を用いて、設計通りにWebサイトを構築する仕事です。

本項ではマークアップエンジニアを目指す方々のために、キャリアパスの考え方や伸ばすべきスキルなどについて詳しくご紹介します。

Contents

マークアップエンジニアのキャリアパスの考え方

打ち合わせ

マークアップエンジニアとして経験を積んだ後のキャリアとしては、主に次のようなものがあります。

  • フロント側のデザイナーとしてWebデザイン全般を極める。
  • バックエンド(サーバーサイド)領域に入り込み、PHPなどに精通したプログラマーへ転向する。
  • 関連業務全般への造詣を深め、統括者としてステップアップしたり独立を目指したりする。

仕事の経験を積んでいるうちに自分の得意な分野が見えてきます。

技術面のキャリアアップだけでなく、多くの人と触れ合うことでWebディレクターやWebマネージャーにステップアップする機会も訪れるでしょう。

女性らしい細やかな気づかいを、チームをまとめるための総合的能力として発揮することもあります。

自分の得意分野を活かしたキャリアパスを考えてみましょう。

マークアップエンジニアの主な仕事内容

オフィス

Webサイトを制作するときは、まずWebデザイナーが作成した原案を元にWebコーダーがコードを書きます。

Webコーダーはデザイン通りに組み立てるだけでアレンジはしません。

その組み立てたものをターゲットユーザーの目線に立ってマークアップするのがマークアップエンジニアの仕事です。

ユーザーがより快適にサイトを利用できるように改良します。

コンピューターは人間と違い、文章の意味や内容を理解できません。

コンピューターに文章の構成を判断させるためには、「ここからここまでがタイトル」など目印をつける必要があります。

そのために使われるのがHTMLやCSSといったマークアップ言語です。

元となる文章の中にマークアップ言語の構文を書き入れて、文章構造やレイアウト、装飾などをしていきます。

これらを自発的に考え、リーダーシップをとれるマークアップエンジニアが求められています。

マークアップエンジニアは女性が続けられる仕事?

屋外でパソコンを使う女性

マークアップエンジニアはさまざまな職種の人たちと仕事をするため、細い心配りが必要とされます。

また、アパレル・雑貨やファッション業界を手掛けている会社が多い点などから女性に向いている仕事でもあります。

一般的には残業や休日出勤も少なく、続けやすい職場環境のところが多いようです。

勤務体制もフレックス制やリモード導入されているところも多く、自分に合ったスタイルで働くことができます。

業界自体が比較的新しい業界のため、自分の意見や企画を取り入れてもらいやすい環境もあります。

女性の場合は特に結婚や出産などで、一時仕事を離れることもあるかもしれません。

この業界は20代や30代と若い世代が多く働いているため、育児休暇なども取りやすい傾向にあります。

今この業界は凄まじいスピードで変化しています。

どんな時でも業界のスピードについていけるよう自己研鑽を積むことが必要で、その努力を惜しまなければ長く働くことが可能でしょう。

 

ワンポイント
・アパレル・雑貨やファッションを手掛けている会社が多い
・若い世代が多く自分に合ったスタイルで働きやすい

マークアップエンジニアの具体的なキャリアパス

ビジネスイメージ

マークアップエンジニアのキャリアパスにはどのようなものがあるでしょうか。具体的に解説します。

マークアップエンジニアとしてスキルアップ

Web業界で働く場合の基本として必要なのは、HTMLやCSSといったマークアップ言語という開発言語を使えることです。

Webデザイナーのラフをもとにコードを書く(コーディング)仕事で、Webコーダーと呼ばれます。

ここまではWebコーダーの仕事で、基本的に設計変更はしません。

ユーザー視点で使いやすさにも配慮したサイトに変更するのがマークアップエンジニアの仕事です。

さらに高い技術と幅広い知識が求められるのがフロントエンジニアです。

HTMLやCSSだけでなく、JavaScriptのコーディングスキルやフレームワークの知識も求められます。

マークアップエンジニアはWebコーダーの上位に位置付けられ、その上にフロントエンジニアが位置付けられるといった具合です。

スキルアップすることでこのように仕事内容が変化することが多いようですが、明確な区別がないこともあります。

マネージャーを目指す

女性スタッフ

マークアップエンジニアはクライアントの意向を汲み取るディレクターの役割もします。

その経験を生かしプロジェクトマネージャーになる人もいます。

メンバーがそれぞれの強みを活かせる良いチームを作ることがプロジェクトマネージャーの仕事です。

人の意識を変え動かすことで、メンバーが力を発揮できる環境を作っていくのです。

プロジェクト全体に関わる仕事は特にマークアップエンジニアとしての経験が生きる仕事といえるでしょう。

マークアップエンジニアはJavaScriptやUIを学ぶことで、フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアを目指すことも可能です。

フロントエンドエンジニアは直接ユーザーの目に触れる部分(ボタンリンクなど)を担当します。

バックエンドエンジニアはサーバーサイトやデータベースなどユーザーの目に見えない部分を担当します。

PHPやPython、Rubyといったプログラミング言語を学び、システムエンジニアやプログラマなど、エンジニア系の職種に転向する人もいます。

専門性の高い職種へ転職するためには経験とともに学び続けることが大切です。

 

ワンポイント
・高い技術と幅広い知識を得てフロントエンジニアになる
・良いチームを作ることを目指しプロジェクトマネージャーになる
・プログラミング言語を学びエンジニア系の職種に転向する

マークアップエンジニアの注意点

考える

マークアップエンジニアの将来性や必要なスキルなど気になる点を解説します。

マークアップエンジニアの将来性

AIを活用することで、コーダーやマークアップエンジニアという職種そのものが不要になるのではないか、と言われています。

確かに手書きのデザインを自動的にHTML化するなど、AIが仕事をする領域は増えていくでしょう。

コーディングだけの役割は今後減る可能性があると言えます。

しかしWebサイト作成に必要なのはコーディングだけではありません。

ほとんどの企業は独自のWebサイトを運営しているため、Webサイトの情報や仕様を更新する必要もあります。

これから先この業界がどうなるのか、正直なところは誰にもわからないのです。

マークアップエンジニアの仕事の比重は、今後の技術発展によって大きく変わってくるでしょう。

いずれにしても、Web業界はますます拡大しており人材もまだまだ必要です。

この業界の変化のスピードはとても早いです。

技術の変化や動向をチェックして、自分の技術が足りないならば広げる努力をすることが大切です。

その努力を惜しまない人が企業から必要とされる人材ではないでしょうか。

コーディング以外のスキルが必要

AIのイメージ

スキルアップを目指して学び、新たな知識や技術を身につけることはとても楽しいことです。

スキルアップを目指す時、コーディングに必要なHTMLやCSSの他にどのようなスキルが必要でしょうか。

  • SEOに関する知識
  • ユーザビリティやアクセシビリティに関する知識
  • JavaScriptやPHP、Python、Rubyといったプログラミング言語
  • JavaScriptのコーディングスキルやフレームワークの知識

マークアップエンジニアには、これらの知識や技術を身につけ磨いていく姿勢が必要でしょう。

ハード面の知識や技術だけでなく、コミュニケーションスキルやマネージメント能力など、ソフト面の能力も磨いておくと理想的です。

 

ワンポイント
・Web業界はますます拡大しており人材もまだまだ必要
・変化のスピードが速いため学び続ける姿勢が大切

マークアップエンジニアの平均年収

年収チェック

マークアップエンジニアとしてキャリアアップを目指すにあたっては、年収も気になるところでしょう。

Web業界は20代や30代という比較的若い層が活躍する業界です。

マークアップエンジニアの一般的な年収は、20代でコーダーに近いスキルなら300万円程度が一般的です。

30代の平均年収は約450万円と、20代に比べておよそ150万円の差があり、年収の上がり幅が大きい業界といえるかもしれません。

ただし同じ年代でも300万円〜700万円という所もあり、スキルや経験、キャリアによって大きく異なります。

また、IT業界全般にいえることですが、地域や企業によっても大きく差があるものです。

コツコツと経験を積みスキルアップして年収をアップさせましょう。

マークアップエンジニアが年収アップのために伸ばすべきスキル

増加のイメージ

マークアップエンジニアは年収の幅が広い職業で、スキルの違いが年収の違いを生むといっても良いでしょう。

年収アップのために伸ばすべきスキルとはどのようなものでしょうか。

セマンティックスキル

人間が伝えたい事とコンピューターが理解している情報が異なる場合があります。

この溝を埋めるのがセマンティックスキルです。

何かを検索した時、情報にブレがあって検索しても出てこない。

あるいは大文字と小文字の違いだけでもヒットしないというような状況を解決していきます。

情報を人間が見て解釈できるまで、コンピューター的に可視化させていくのです。

そうすることで検索エンジンやソフトウェアが、機械的に情報を抽出しやすいサイトを構築できます。

検索してくれたユーザーから見つけてもらいやすいサイト作りができるようになると、市場価値の高いマークアップエンジニアになれるでしょう。

そのためにセマンティックを意識できるようになることが大事です。

JavaScript

デザイナーやディレクターの設計・指示を考慮したうえで、より高品質なWebサイトの構築を実現するためにはJavaScriptのスキルや知識が必要です。

このスキルはHTMLやCSSをほぼ完璧にマスターしている人の付加価値として有効です。

JavaScriptは本格的なプログラミング言語ではありませんが、視覚的な演出やユーザーの入力情報に応じた処理ができます。

そのためコーディングの幅を広げてくれるというメリットがあるのです。

「いきなりJavaScriptを学ぶのはちょっとハードルが高い」と感じる人がいるかもしれません。

そんな人は軽量JavaScriptライブラリであるjQueryなどから取り組んでみるのが良いでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション

マークアップエンジニアの仕事は一人で完結できるものではないため、日々のコミュニケーションが重要です。

より良いWebサイトを制作していくために、スタッフとも積極的に意見を交換していく必要があります。

さまざまなポジションの人と企画についてのアイデアを出しあったり、対等に議論したりするような意欲が求められるのです。

コンピューターが相手の仕事は何が起きるかわかりません。

トラブル時、冷静に次のアクションを考えられる総合的な能力が必要です。

常に相手の気持ちを考え、チーム全体で喜びを感じられるような人材が今後企業からは必要とされていくでしょう。

デザイン知識

WebデザイナーのデザインをもとにWebコーダーがコーディングをします。

デザインに修正が入ると当然コーディング側にも調整が求められるため、コーディングとデザインは切っても切り離せない関係です。

デザインの知識があれば、Webサイトのデザインや動きをよりデザイナーの考えに近づけることができます。

マークアップエンジニアの重要な役目には、Webデザイナーに指摘やアドバイスを行うことも含まれるのです。

SEO対策のスキル

検索

マークアップエンジニアの重要な仕事は、ただデザイン的に優れたサイトを作るだけではありません。

そのサイトを検索エンジンで上位表示されるサイトにすることも重要です。

そのためマークアップエンジニアには、サイトの内部構造やURL構造などを最適化するためのSEO知識も必要でしょう。

指定のキーワードで検索エンジンに評価されるために、マークアップの段階で何をすれば良いのかを把握します。

またSEO的に何をしてはいけないかも把握することが大事です。

 

ワンポイント
知識や技術と共に良いチームを作るためにコミュニケーション能力も磨こう。

マークアップエンジニアのキャリアパス事例

ステップアップ

マークアップエンジニアのキャリアパスを考えるとき、自分の得意分野を活かして自分がどうなりたいかを考えてみましょう。

それぞれの得意分野を活かしたキャリアパス事例を紹介します。

例1(プログラミング言語が得意)

プログラミング言語が得意な人は、JavaScriptなどのプログラミング言語を習熟してフロントエンドエンジニアになることができます。

また、PHPやPythonのようにバックエンドで多く使用される言語を学ぶことで、サーバーサイドエンジニアに転向する人も多いです。

例2(人との関わりが得意)

マークアップエンジニアは、Webデザイナーやディレクターともやり取りをすることが多い職種です。

人と多く関わることでコミュニケーション能力やマネージメント能力が磨かれていきます。

そのため、WebディレクターやWebプロデューサーのような職種へとステップアップすることもできます。

例3(デザインスキルが磨かれる)

マークアップエンジニアはWebデザイナーとの接点が多いため、自然にWebデザイナーの考え方やスキルを学ぶことができます。

デザインセンスも必要ですがそれ以上に高く評価されるのが「マークアップを正しく理解したWebデザイナー」です。

マークアップエンジニアとしてキャリアを積むうちに身につけたデザインの力で、Webデザイナーへの転職も可能です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

パソコンを持つ女性

今後マークアップエンジニアとして、どのようにスキルアップをしていくべきか迷うこともあるのではないでしょうか。

そんな時は一度IT・Web業界に特化した転職エージェントのキャリアアドバイスを受けてみてください。

最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが適切にアドバイスします。

年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添ったアドバイスが特徴です。

お仕事の紹介だけでなく、今後のスキルアップの方向性を見つけられるかもしれません。

一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人を多数保有しているのも魅力です。

転職エージェントへの相談があなたの未来を輝かせてくれるかもしれません。

まとめ

パソコンって楽しい

Web業界はまだまだ拡大する将来性のある業界です。

しかし変化のスピードがとても早いので、自己研鑽が必要です。

変化のスピードを楽しめるようになるとより仕事が楽しくなります。

コンピューターと向き合うだけでなく、人との関わりの中でより良いサイトを作り上げていけば、仕事の達成感もひとしおでしょう。

もし自分のスキルの活かし方がわからなくなったら、転職エージェントに相談してみてください。

自分の得意分野を活かし、輝く未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら