スマートフォンが生活必需品レベルで浸透している近年において、アプリ開発の仕事はかなり需要が高いです。

社会への貢献を強く実感できる仕事でもあるため、やりがいを感じたい人から注目を集めています。

この記事では、志望動機の書き方やアピールポイントなど、アプリ開発の面接対策を解説します。

アプリ開発業務を希望する人は、ぜひお読みください。

Contents

アプリ開発の面接対策を解説

笑顔のビジネスウーマン

この記事では、アプリ開発の面接対策について解説します。

アプリ開発の仕事に限らず、転職活動で大切なのは正しい面接対策をすることです。

販売職の面接で医療の知識をアピールしてもあまり意味がないように、ポイントを押さえる必要があります。

その仕事や企業に合った面接対策をとることが、転職活動の成功につながります。

アプリ開発の仕事へ転職をするためにも、適した面接対策をおこないましょう。

アプリ開発の仕事に求められる適性

ガッツポーズする女性

アプリ開発の仕事に求められる適性を紹介します。

適したスキルや性質を持っていれば、その仕事で大いに役立てることができます。

問題解決力・論理的思考力

問題解決力・論理的思考力はアプリ開発の仕事において必須です。

アプリ開発の仕事ではユーザーニーズの把握や細かい計画のほか、プログラミングもおこなわれます。

プログラミングの世界ではバグは日常茶飯事ですし、アプリの不具合なども多く発生します。

トラブルがつきまとう仕事なため、問題解決力がないとそのような場面で適切な対応ができません。

また、問題を解決する・より良いアプリを作り上げるためには論理的思考力も求められます。

根拠となる事実が不足したままにアプリ開発を進めてしまうとどこかで問題が発生する可能性が高いです。

感情で動くのは逆効果になる可能性が高く、事実に基づいた論理的な考えが必要です。

向上心

笑顔でパソコンを操作する女性

新作アプリは日々多く開発されています。

そんな中で人に受け入れられるアプリを作るためには、流行や情報の収集・市場調査が必要不可欠です。

これらの作業を積極的におこなうには、より良いアプリを作りたいという向上心が必要です。

向上心のないままにただ必要だからという理由だけで作業を進めてもモチベーションが保てません。

熱意を持たずにおこなった仕事には一定以上の結果は出ないでしょう。

仕事で良い結果を出すため・自身のモチベーションを保つためにも向上心は必須です。

新作アプリに限らず、既存のアプリをより良いものにするためにも、上を目指したいという気持ちが求められます。

アプリ開発のような仕事において、向上心がある人は適性が高いといえます。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力がある人は、アプリ開発の適性が高いです。

会社でアプリ開発をするのであれば、通常多くの人が関わります。

関わる人のすべてが共通認識を持ち、情報やイメージに差がない状態をつくるには、コミュニケーションが必須です。

意図を汲み取る力や正しく認識する力、そして自分の意見や考えを詳細に伝える力が求められます。

コミュニケーション不足の状態でアプリを開発してしまうと、企画に合わないものができてしまう可能性があります。

情報が伝わっていないために必須となる機能がついていない場合もあるでしょう。

アプリ開発の仕事はプログラミングなど直接的な作業だけでなく、人と関わる場面も多いのです。

 

ワンポイント
求められる適性を把握しておきましょう。

アプリ開発の面接で人事が見ていることは?

ポイント

アプリ開発の仕事における面接で、人事はどこを見ているのでしょうか。

以下のようなポイントは見られていると認識しておくべきでしょう。

  • アプリ開発の適性があるか
  • 仕事に役立つスキルや資格を持っているか
  • 志望動機に熱意がこもっているか

アプリ開発の場面で力になるかという意味で、適性やスキル・資格などは絶対に見られています。

先述した適性のほか、プログラミングに関する知識や仕事で役立つ資格などがあると有利です。

ただし、どんなに適性が高く仕事で力になりそうだとしても、志望動機が弱いと評価が低くなります。

熱意のない人は現場の士気を下げる原因になりますし、そもそも人事に響きません。

「ぜひこの人を採用したい!」と思われるために、志望動機はかなり大きな意味を持つのです。

アプリ開発の面接で人事がどこを見ているのかを意識したうえで対策を練るようにしましょう。

 

ワンポイント
人事がどこを見ているかを意識することが大切です。

アプリ開発の面接でのアピールポイント

パソコンと女性

アプリ開発の面接でアピールするべきポイントを紹介します。

経験の有無によって違いますのでそれぞれ見ていきます。

経験者の場合

経験者の場合はアプリ開発の実績や具体的なエピソードをアピールするべきです。

前職で開発に関わったアプリや担当した業務についてはなるべく詳しく紹介しましょう。

人事は経験者相手に面接をするとき、即戦力になるか・自社で活かせるスキルを持つかに注目します。

そのためアプリ開発の仕事で経験してきたことを具体的に伝えます。

数を伝えることも大切ですが、ひとつひとつのエピソードが軽くなってはいけません。

簡潔にわかりやすくまとめながらも、情報をしっかり盛り込むことが大切です。

未経験の場合

未経験であればアプリ開発に直接関わる実績はありませんので、適性や勉強してきたことなどをアピールします。

先述したアプリ開発の仕事に求められる適性の中で自分に当てはまるものがあれば必ず伝えるべきでしょう。

別の職種であっても、PC経験や論理的思考力などを活用してきた経験があればアピールポイントとなります。

勉強した資格や持っている知識を伝えることも効果的です。

未経験でも戦力になり得る素質を持つと認識させる必要があります。

アプリ開発の面接の注意点

落ち込む女性

アプリ開発の面接で高評価を得るための注意点を紹介します。

面接の際は以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 落ち着いた受け答えをする
  • 経験に基づいた具体的なエピソードを使う
  • アプリ開発の場で活かせるスキルをアピールする

アプリ開発の面接に限りませんが、面接は冷静さが大切です。

緊張するのは仕方のないことですが、なるべく落ち着いてしっかりと受け答えをすると評価につながります。

また、何が言いたいのかわからないぼんやりした話は、人事からの印象を下げる原因になります。

具体的なエピソードを使いながら明瞭な回答をしましょう。

アプリ開発への転職活動である以上、仕事で活かせるスキルのアピールも大切です。

スキルをどのように活用させることができるかを伝えられるとなお良いでしょう。

 

ワンポイント
面接を成功させるためにも注意点を押さえましょう。

アプリ開発の志望動機の伝え方

女性

アプリ開発の志望動機の伝え方を紹介します。

ポイントを押さえた志望動機はアピールとして存分に活かせます。

活かせるスキル

絶対に伝えるべきことのひとつが、アプリ開発の仕事で活かせるスキルです。

「アプリ開発の仕事に求められる適性」で紹介したようなスキルがあれば積極的にアピールします。

スキルがあると口で言うのは簡単ですが、それだけでは本当にスキルがあるか伝わりません。

そのスキルを持っていると自信を持って言える理由やエピソードも併せて紹介できると説得力が高まります。

業種・企業を選んだ理由

女性

アプリ開発という業種やその企業を選んだ具体的な理由も伝えます。

業種や企業を選んだ具体的な理由はアピールにつながり、人事からの高評価となるポイントです。

こちらもイメージが伝わるよう、具体的なエピソードも挙げられると良いです。

働く意欲が強い人ほど業務に対して積極的であり、企業はそのような人材を求めます。

熱意を伝えるためにも、志望するに至った理由をしっかり伝えましょう。

自分の将来性

自分の将来性についても触れることができると高評価となります。

アプリ開発を通して得たいスキルや活かし方など、将来の話も大切です。

転職活動を成功させ入社したらすべて終わりというわけではありません。

企業に長く勤める前提であり将来について考えていることも、アピールするべきポイントです。

自分を採用することで企業が将来どのような恩恵を得られるかイメージさせられれば、かなり高印象となります.

アプリ開発の志望動機の例文をチェック

女性

アプリ開発での志望動機の例文を紹介します。

あくまで例ですので、実際に志望動機を作るときにはエピソードを交えながら自分の文章を作成しましょう。

前職での知識や経験を活かし、御社を通じて社会の役に立つアプリを開発したいから

アプリ開発の経験者であれば、知識や経験を活かしたいとアピールできます。

しかしそれだけではどこの企業でも使える志望動機になってしまうので、その企業である理由も添えます。

その企業が何らかの専門分野に特化している、もしくは特有の技術を持っているのであればぜひ触れたいところです。

スキルをどう活かせるか、企業と自身双方のメリットは何かなど具体的なアピールも必要です。

例文はあくまで軸として使用し、オリジナリティのあるエピソードも付け加えましょう。

魅力的なアプリを開発した御社に、スキルを活かして自分も貢献したいと思ったから

アプリ開発未経験であれば、その企業を志望するに至った理由を使うと効果的です。

アプリに強く惹かれて企業に憧れを抱くようになったこと、自分も同じフィールドに立ちたいと思ったことを伝えます。

ただしこれだけではただの欲望ですので、アプリ開発で活かせるスキルについても触れます。

企業や仕事に対する熱意と業務において活かせるスキル、その両方をアピールできる志望動機です。

NG例

良くない

NGな志望動機としていくつか例を挙げます。

  • アプリ開発の仕事は需要がありそうだから
  • 自分に合いそうだと思ったから
  • 今後役に立つスキルが身につけられそうだから

これらは具体性がない曖昧なイメージや、ただの欲望のみを挙げたものです。

志望動機では熱意や自分を採用するメリットをアピールする必要があります。

ぼんやりとした理由では熱意が伝わりませんし、利己的な欲望だけを伝えても魅力的に映りません。

志望動機という名ではありますが、本心であればなんでも良いというわけではないことに注意しましょう。

アプリ開発の面接で有効な逆質問

仕事をする女性

アプリ開発の面接で有効な逆質問を紹介します。

逆質問の時間を上手く活用できれば高印象につながります。

御社で仕事をするにあたって取っておくべき資格はありますか

企業の役に立つ人材になりたいという気持ちをアピールするために、資格について聞くことは有効です。

この逆質問では、向上心や意欲を伝えることができます。

ほとんどの仕事において、質を高めるためには勉強が欠かせません。

中でも資格の勉強は専門性を高めることに直結しますし、資格そのものも知識の証明として有用です。

企業や仕事に役立つ資格について聞いておくと良いでしょう。

私は◯◯という強みを持ちますが、御社でこれを活かすことは可能でしょうか。

自分の長所と企業の役に立ちたい気持ちを伝えることができます。

質問という形式ではありますが大きなアピールポイントにもなります。

ここでの注意点として、企業や仕事に関係のなさそうな長所を挙げることは逆効果になり得ることです。

ゲームアプリ専門の企業で医療の知識が豊富なことをアピールしてもあまり関連性がないでしょう。

それどころか企業研究が足りない・ミスマッチだと判断されてしまう可能性もあります。

企業で活かせそうだという自信をある程度持てる長所についてアピールしましょう。

 

ワンポイント
逆面接の場面でも自分をアピールすることができます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

転職活動をスムーズに進めるためにやるべきことはたくさんあります。

今回紹介してきた面接対策はその最たる例です。

他にも企業研究や資格の取得など、転職活動中はとにかく多忙になりがちです。

ただ忙しいだけでなく、悩みが生まれやすい時期でもあります。

悩みを抱えたままの転職活動はストレスになりますしわからないことを放置しても良いことはありません。

転職活動で悩みが生まれたら、すぐに転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職者をサポートする過程で、転職相談にも多く乗ってきました。

そのため的確で実用的なアドバイスをすることが可能です。

転職エージェントに相談して悩みを解消させ、転職活動をスムーズに進めましょう。

まとめ

女性、オフィス

面接対策をするときに大切なのは、職種や企業に適した方法をとることです。

アプリ開発の面接対策であれば、アプリ開発で活かせるスキルや経験をアピールする必要があります。

面接の中で熱意や自身を採用することのメリットを伝えることが、転職活動成功の可能性を高めます。

今回紹介したポイントや注意点に気をつけながら、アプリ開発に適した面接対策を進めましょう。

志望動機の作り方など、転職活動で悩みが生まれたらぜひお気軽に転職エージェントでご相談ください。

アプリ開発への転職活動が成功するよう、全力でサポートします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら