ITパスポートはその名のとおりITに関する資格で、情報処理系では入門的な立ち位置にあります。

ITに直接関係のある仕事以外でも活かすことができるもので人気の高い資格です。

この記事では、ITパスポートが事務職への転職に有利であるかを解説しました。

ITパスポートの活かし方や資格を通して身につけられるスキルなどを紹介しています。

事務職への転職を考えている人やITパスポートに興味がある人は、ぜひお読みください。

ITパスポートは事務職へ転職する時に有利か解説

提案

この記事ではITパスポートが事務職へ転職するときに有利に働く資格なのか解説します。

ITパスポートは有名な資格であるため、名前を聞いたことがある人は多いでしょう。

知名度の高さ故に取得を目指す人は多いですが、事務職では活かせるのでしょうか。

転職活動を成功させるポイントのひとつは、その仕事に有利となる資格を取ることです。

ITパスポートの勉強をする前に、まずは活かし方について確認しましょう。

 

無料転職相談をして事務職への転職活動で活かせる資格を知ろう

 

ITパスポートの特徴

ポイント

まずはITパスポートという資格の特徴を解説します。

取得の検討をするためには資格について知ることが大切です。

IT系国家資格の代表格

ITパスポートはITに関する国家資格の代表格といえます。

ITに関する基礎的かつ幅広い知識が問われる資格であり、IT社会である現代では必須レベルです。

ITというとエンジニアなどの専門職を想像するかもしれませんが、ITの知識はどの仕事でも欠かせません。

IT社会である現代において、ITの知識が不要な仕事などないのです。

むしろ専門職であるITエンジニアなどにとっては知っていて当たり前の内容といえます。

そのため専門職ではない一般人向けのIT系資格です。

ITパスポートの目的

PCと女性

ITパスポートの目的は「ITを利用する全ての人が備えておくべきITの知識を証明すること」です。

ITパスポートの資格はITの基礎的知識を有している人に与えられます。

この資格を持っていれば、ITを使用するために必須の知識を兼ね備えているといえます。

転職活動などの場においては少ない情報から判断しなければなりませんが、人の持つ知識はそう簡単にわかりません。

そんなときに資格があれば、その分野における一定程度の知識があると認識できるのです。

ITパスポートの資格は、ITの知識を証明するために必要となります。

 

ワンポイント
基本的なITの知識を証明する資格です。

事務職の主な仕事内容は?

女性

事務職の主な仕事内容は以下のとおりです。

  • 書類作成・整理
  • データ入力
  • 電話対応・来客対応
  • 備品管理

ひとくちに事務職といっても、業種によって仕事内容は大きく異なります。

経理事務であれば会計処理や帳簿作成、医療事務であればカルテ整理なども加わります。

共通点としては、PCを使用する業務が多いことです。

先に挙げたデータ入力には基礎的なPCスキルが必須、会社によってはソフトを使用した特殊業務も加わります。

特殊とはいえPCに関する高い専門知識は必要ないものの、基礎的な部分ができなければ仕事になりません。

事務職においてもPCスキルやIT知識は必須です。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


事務職でもITパスポートは必要?

女性

事務職に転職するためにITパスポートは必要なのでしょうか。

ITパスポートの必要性や活かし方を解説します。

必須ではない

事務職へ転職するにあたって、ITパスポートは必須ではありません

ITパスポートの資格がなくても事務職としての就職は可能です。

ただし事務職として働くためにはITパスポート程度の知識は必要とされます。

ITの基礎的知識やPCスキルがない状態で転職してしまうと、入社後に苦労する恐れがあります。

そのため資格の取得自体はしなくても問題有りませんが、最低限の知識はつけましょう。

知識の証明になる

先述したとおり、事務職であってもITパスポートレベルの知識は必要です。

そのため勉強をするに越したことはありません。

採用担当者が求職者にITの基本的な知識があるかを判断することは難しいです。

ですがITパスポートの資格があれば少なからず知識を持っているという証明ができます。

知識の証明として、ITパスポートの資格を取得しておくのも良いでしょう。

転職活動で有利になる場合も

ガッツポーズ

ITパスポートの資格がなくても問題ありませんが、持っていると転職活動で有利になる場合もあります。

繰り返しになりますが、ITの知識は事務職でも必須です。

そのため企業によってはITの知識を取得しているかどうかを重視することもあります。

そのような企業からは、知識を証明するITパスポートが非常に魅力的に映ります。

転職活動で共有できる少ない情報から知識の有無を判断することは難しいです。

そのため知識を重視する会社への転職活動では、資格を持っていることそのものが有利に働きます。

ITパスポートの取得は独学でできる?

女性

ITパスポートは基本的な知識を問われる資格です。

勉強の範囲は広く最初は難しいかもしれませんが、難易度自体はそこまで高くありません。

独学であっても十分に合格を狙えます。

まずは参考書で基本を固め、それからは繰り返し過去問を解いて対策をしましょう。

難易度が高くないとはいえ、少ない勉強量で済むわけではないことに注意が必要です。

時間をとってしっかり勉強をしITパスポートに関する内容を正しく理解しましょう。

 

ワンポイント
内容自体はさほど難しくないので、問題なく勉強を進められるはずです。

ITパスポート取得で身につくことは?

仕事をする女性

ITパスポートの取得で身につくことを紹介します。

どのような知識が身につくか具体的に知っておくことがスムーズな資格取得のポイントです。

情報セキュリティや情報モラルに関する知識

情報セキュリティや情報モラルなど、情報管理に関する知識が身につきます。

ITを使って業務を進める際、特に注意しなければならないのが情報関連です。

インターネットは便利ですが、情報漏洩リスクが付き纏うため注意しなければなりません。

正しい知識やモラルがないと莫大な損害を起こす可能性もあります。

それほど専門性が高いものではなく、情報を漏らさない・ウィルスなど不要な情報を取り込まないといった基本的なものです。

ITの利用にあたって必須の情報管理に関する知識を、ITパスポートの資格を通して身につけられます。

企業コンプライアンスや法令遵守に貢献する正しい知識

企業コンプライアンスや法令遵守に貢献する正しい知識もITパスポートで身につく知識です。

企業コンプライアンスとは企業が法律・規則・社会的規範などに従って活動をおこなうことをいいます。

ITパスポートの試験で特に問われるのは、個人情報保護法・情報倫理・ITに関する各種基準です。

ITを正しく活用するためには法律や社会的規範などを遵守する必要があります。

ITパスポートではこれらの知識も身につきます。

経営全般に関する基礎知識

経営全般に関する基礎知識もITパスポートで得ることが可能です。

ITパスポートでは経営戦略や経営管理の問題も出題されます。

その理由は、現代における経営全般業務にはITの知識が必要不可欠だからです。

電子商取引やICカード・システム監査などはすべてITと関連づいています。

そのため一見関連性が薄そうに見える経営全般に関する基礎知識も、ITパスポートと決して無関係ではありません。

業務に必要なITの基礎知識

ノートパソコンと女性

業務に必要なITの基礎知識が身につきます。

ITパスポートの「ストラテジ系」にあたる部分でITの基礎知識に関する問題が出題されます。

具体的にはコンピューターの構成や機能、ネットワークやデータベースの技術などです。

こちらも基礎知識ということで特別専門性が高いものではありません。

PCを日常的に使う人であればイメージしやすいでしょう。

ITを使った業務には必須レベルの知識です。

 

ワンポイント
基本的な知識が幅広く身につく資格です。

資格以外にも事務職に必要なスキル

疑問

事務職として働くには、ITパスポートのような資格以外にも求められるスキルがあります。

事務職に必要なスキルを紹介します。

パソコンの操作スキル

ITの知識だけでなく、パソコンの操作スキルも必要です。

いくら知識があっても実務に活かせなければ意味がありません。

タイピングによる文字入力やデータの保存・開封など最低限のスキルは事前に身につけておくべきです。

業務でよく使用されるMicrosoft Officeの操作スキルがあるとなお良いでしょう。

知識だけでなく、実際にパソコンを活用できることが大切です。

コミュニケーション能力

事務職は基本的に内勤業務となりますが、コミュニケーション能力は欠かせません。

組織に属して働く以上、コミュニケーションは必要不可欠です。

いくらITの知識やPC操作のスキルがあっても、コミュニケーション能力がなければ高い評価は難しいでしょう。

決して高度なコミュニケーション能力が求められているわけではありません。

円滑な業務遂行のために最低限必要とされる、基本的なコミュニケーション能力があれば大丈夫です。

 

ワンポイント
転職活動時には、これら必要なスキルを身につけていることもアピールしましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


ITパスポートの資格を活かして転職する方法

注意

ITパスポートの資格を活かす方法を紹介します。

せっかく取得した資格ですから存分に活用しましょう。

自己分析をして強みを把握する

ただ資格を持っているだけではメリットを活かしきれません。

自己分析をして自分の強みを把握することが大切です。

ITパスポートの勉強を通して、自分の得意不得意やもともと持っていた素質などに気づけたのではないでしょうか。

自己分析をすることで、自分が企業にアピールできるポイントを見つけられます。

強みを把握することは転職活動を成功させる大きなカギとなります。

ITパスポートの資格を有効活用するためにも、自己分析をおこないましょう。

企業研究をして求めている人材を把握する

分析が必要なのは自分だけではありません。

企業研究をして、企業が求めている人材を把握することも大切です。

企業が求めている人材を把握できれば、それに近いポイントや要素をアピールすることができます。

ITに強い人材を求めているのなら、ITパスポートの資格やPCスキルのアピールが重要です。

逆に知識そのものより協調性や人柄を重視する企業ならばコミュニケーション能力のほうが強みとして活かせるでしょう。

どのようにアピールするか方向性を決めるためにも、企業研究は必須です。

 

無料転職相談をしてITパスポートの活かし方を知ろう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ポイント

資格取得を目指した勉強やスキルの習得など、転職活動中はやるべきことが多いです。

そのほとんどは神経を使うことのため、ストレスや悩みの原因になります。

しかし転職活動に関する相談を誰にすればいいかわからない人もいるのではないでしょうか。

かといって一人で解決することも困難なため、結果として悩みを抱え込んだままになってしまう可能性が高いです。

そこで、転職活動に関する悩みは転職エージェントへ相談することをおすすめします。

転職エージェントは多くの転職相談に乗ってきた存在です。

経験に裏付けられた転職活動に関する知識やノウハウを持つため、実用的なアドバイスができます。

転職者は無料で活用できるため、負担になる心配もありません。

悩みを抱えたままの状態を放置して良いことはないです。

転職活動に関する悩みは転職エージェントに相談して速やかに解消させましょう。

 

無料転職相談をして転職活動の悩みを解決しよう

 

まとめ

紹介

現代社会において、ITの知識が必要ない仕事はほとんど存在しません。

それは事務職も同じでITパスポートレベルの基礎的知識は必須とされます。

知識の有無を判別させるのは難しいですが、資格があれば簡単に証明が可能です。

そのためITに関する基礎的な知識が必要とされる事務職では、ITパスポートの資格が有利となります。

また資格の勉強を通して幅広い知識を身につけることもできます。

資格の勉強は転職活動に使うためだけではなく、知識を得るための手段そのものとしてもかなり有用です。

スムーズな転職活動や知識習得のためにも、ITパスポートの勉強をおすすめします。

もし資格取得や転職活動で困ったことがあればいつでも転職エージェントへご相談ください。

転職活動がスムーズに進むようサポートします。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!